12人の優しい日本人

投稿日:

映画/邦画『12人の優しい日本人』の「あらすじ」「動画を無料視聴する方法」をご紹介していきます!

↓『12人の優しい日本人』の動画を今すぐ無料で見たい方はこちらをクリック↓

映画/邦画『12人の優しい日本人』を見る邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

12人の優しい日本人を無料で視聴する!

映画/邦画『12人の優しい日本人』とは?(あらすじ・見どころ)

映画(詳しくは邦画・日本国内映画)『12人の優しい日本人』の作品概要邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

まずは、『12人の優しい日本人』とはどんな作品なのか?、作品の概要をご紹介します。

あらすじ

三谷幸喜の初期代表作を『櫻の園』の中原俊監督が映画化したシチュエーションコメディ

■見どころ
名作『十二人の怒れる男』をモチーフにした三谷幸喜脚本による傑作法廷劇。
軽妙な会話、二転三転するストーリーに引き込まれる。
豊川悦司は本作で一躍脚光を浴びた。

■ストーリー
ある殺人事件の審議のために12人の陪審員が集められた。
被告が若くて美人であることから、陪審員全員が無罪の決を出し、審議は早々に終了するかに見えた。
しかし、陪審員2号が無罪の根拠を問いただし始めたことから、審議の様相は混迷をていしていく。

U-NEXTキャンペーン『12人の優しい日本人』を無料で見る!>>邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

映画/邦画『12人の優しい日本人』の特別動画(特典映像)

映画(詳しくは邦画・日本国内映画)『12人の優しい日本人』の特別動画(特典映像)邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

ここからは、映画/邦画『12人の優しい日本人』の特別動画(特典映像)をご紹介します。

[動画]12人の優しい日本人の注文とは

[st-kaiwa-kaisetsu-woman-no1]『12人の優しい日本人』の
「テレビ放送を見逃してしまった!」
「フル動画をできるだけ安く見たい!」

…そんなあなたは必見♪[/st-kaiwa-kaisetsu-woman-no1]

U-NEXTのキャンペーンを使えば動画を無料視聴できる!!

31日間の無料トライアルで視聴する!

邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

↑『12人の優しい日本人』をおトクに見る♪

映画/邦画『12人の優しい日本人』の作品紹介(キャスト・視聴率・OST・DVD情報)

映画(詳しくは邦画・日本国内映画)『12人の優しい日本人』の作品紹介(キャスト・スタッフ・視聴率・相関図・OST・DVD情報)邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

ここからは、『12人の優しい日本人』について、より詳しく作品紹介をしていきます。

映画/邦画『12人の優しい日本人』の出演者(キャスト・スタッフ紹介)

映画/邦画『12人の優しい日本人』のキャスト(出演者)やスタッフをご紹介します。

映画(詳しくは邦画・日本国内映画)『12人の優しい日本人』の出演者(キャスト・スタッフ紹介)邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

映画(詳しくは邦画・日本国内映画)『12人の優しい日本人』の出演者(キャスト・スタッフ紹介)邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

キャスト
(出演者)
塩見三省(役:陪審員1号)40歳の女子高校体育教師。陪審員長。
相島一之(役:陪審員2号)28歳の精密機械製造会社従業員。
上田耕一(役:陪審員3号)49歳の喫茶店店主。 真面目な議論や会議が苦手な、甘党でアル中の中年男。
二瓶鮫一(役:陪審員4号)61歳の元信用金庫職員。 被告は無罪という意見を終始一貫して変えなかった2人のうちの1人。
中村まり子(役:陪審員5号)37歳の商事会社庶務係。 公判の内容も全てメモしているというメモ魔。
大河内浩(役:陪審員6号)34歳の医薬品会社セールスマン。早く仕事に戻りたいらしく、審議も上の空である。
梶原善(役:陪審員7号)32歳の職人。 べらんめえ口調で気性が激しく、被害者の男性を非難する。
山下容莉枝(役:陪審員8号)29歳の主婦。 来月5歳になる息子がおり、陪審員の中では被告に近い境遇。付和雷同しやすい。
村松克己(役:陪審員9号)51歳の開業歯科医。議論好きな自信家で、議論のために有罪説を展開する。
林美智子(役:陪審員10号)50歳のクリーニング店経営者。 気弱だが純真。
スタッフ 監督:中原俊
音楽:エリザベータ・ステファンスカ
脚本:三谷幸喜と東京サンシャインボーイ
製作:岡田裕

映画/邦画『12人の優しい日本人』の相関図

映画/邦画『12人の優しい日本人』の人間関係をまとめた相関図は見つかりませんでした。
(※公式サイトでも用意されていませんでした。)

映画/邦画『12人の優しい日本人』の平均視聴率・最高視聴率

映画/邦画『12人の優しい日本人』の視聴率を調べました。

最高視聴率 不明
平均視聴率 不明

映画/邦画『12人の優しい日本人』のOST(オリジナルサウンドトラック・主題歌)

映画/邦画『12人の優しい日本人』のOST(オリジナルサウンドトラック)の情報です。

映画(詳しくは邦画・日本国内映画)『12人の優しい日本人』のOST(オリジナルサウンドトラック・主題歌)邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

曲順 タイトル
1 Liverty Song Ver1
2 Liverty Song Ver2
3 Curtain Call Jam Ver1
4 Curtain Call Jam Ver2
5 Curtain Call Jam Ver3

映画/邦画『12人の優しい日本人』のDVD&ブルーレイ発売情報

映画/邦画『12人の優しい日本人』のDVD・ブルーレイ発売情報です。

映画(詳しくは邦画・日本国内映画)『12人の優しい日本人』のDVD&ブルーレイ発売情報邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

[DVD/ブルーレイ]12人の優しい日本人【HDリマスター版】 [DVD]

出演:塩見三省, 相島一之, 松村克己, 林美智子, 豊川悦司
監督:中原俊(監督), 三谷幸喜と東京サンシャインボーイズ(脚本)
形式:Color, Dolby, Widescreen
言語:日本語
リージョンコード:リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
画面サイズ:1.78:1
ディスク枚数:1
販売元:オデッサ・エンタテインメント
発売日 2012/03/30
時間:116 分
価格:2,698円

『12人の優しい日本人』を見たい!と思っても、
DVD/ブルーレイはちょっと高い…(^_^;)

でもNEXTのキャンペーンなら『12人の優しい日本人』を全話無料で視聴できる!!

31日間の無料トライアルで視聴する!

邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

↑『12人の優しい日本人』をおトクに見るチャンス♪

映画/邦画『12人の優しい日本人』の口コミ(感想レビュー・ネタバレ注意)

映画/邦画『12人の優しい日本人』のネタバレ感想・レビュー・口コミ・クチコミ・評判)邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

映画/邦画『12人の優しい日本人』の口コミ(感想レビュー※ネタバレを含むため注意)

ここでは、『12人の優しい日本人』を見た人の口コミ(感想レビュー※ネタバレを含むため注意)をご紹介します。

シチュエーションコメディの秀作

シドニー・ルメット監督(オリエント急行殺人事件)、ヘンリー・フォンダ(黄昏)主演の法廷密室劇へのオマージュ作品。
もし日本に陪審員制度(12人)があったらという架空のお話を三谷幸喜脚本で映画化。
法廷のシーンはなく、陪審員室のみの完全な密室劇(トイレのシーンあり)。
出演者は14人…初めの評決が無罪からスタート(本家は有罪)するも各自の主張が二転三転していき、流されやすい日本人をよく表現しています。
主義が一貫している人はわずかで、中には議論がしたくて少数派に肩入れするメンドくさい人もいます。
とにかく全員一致が原則なので、どんどん時間が過ぎて陪審員たちも追いつめられていきます。
彼らに名前はありません。すべて「陪審員○号」です。
豊川悦司さんや梶原善さん、相沢一之さんなど当時無名に近かった名優たちが出ています。
本家のパロディ(トイレ休憩とか)もあり、比べてみるのもよいかと思います。

リメイクだけど傑作

この映画は古びないね。
久々に見たけどやっぱり面白い!

パロディだが完成度高し。

本家の「十二人の怒れる男」を後に観たのですが本家が既に出来上がってますね。こちらは事件や登場人物は違いますがほぼそれを下敷きにして作られてます。議論に飽きて遊び出す人達なんて細かいところも本家にあるんですね。
ただ本作が勝ってるところは事件の真相に(といっても陪審員達の推測ですが)ちゃんとオチをつけているところ。
コチラにあってアチラにはないものです。
じゃあ真犯人は誰なのかというところまでは「怒れる男」は突っ込んでいないので。
そして笑いの要素も。非常にさらっと表現されていて個人的に舞台版よりも好みです。
成り立ちとしてはパロディとして作られたものでしょうが完成度は高く、見るたびに発見があります。いい映画の要素ですね。
強いて言うなら会話の中で陪審員全員の仕事が解るような作りになっていたらもっとよかったかなと。最後まで不明な人が何人かいますので。

議論の出来ない優しい?日本人。イライラ!

非常に面白い。何だかんだと言って、結局は議論ができない日本人なのだ。どうしてまた議論を嫌うのだろうと以前から不思議に思っていた(意見を言うと袋叩きにされる社会)が、この映画では、議論から逃げる「日本の」12タイプに類別してある。でも12人というのは先の『12人の怒れる男』のオマージュだから、ちょっとこじつけではある。
議論から逃げる日本人を大別すると、
議論能力がない(からっきし自信がない)
議論が嫌い(意見を持たない方がいい)
感情が先に立つ(いらいらする)
責任回避(反撃が怖い)
事なかれ主義(議論は喧嘩のように見える)
と、このように分類されている。
それでいて大きな事件があると、わんわと文句をいう。しかし、表立っては言わない。裁判員に招請されようものなら逃げ回る。そういう日本人を良く描いている。結構棘のある映画だ。『優しい』『日本人』というのは強烈な皮肉だ。

視点

まず視聴する前提として、自分とは考えの違う12人の人間が登場するということを了解しなければならない。
「こんなのはあり得ない」とか「人物に共感できない」というレビューを見ると、この映画から何も得ることができなかったのだなと感じる。果たしてそのレビューをしている自分も同じ穴の狢だという事に気付いていない。
さておき、誰しも考えの違う人間には多少の違和感や憤りを感じるものなのだろう。
それを逆手に取って描いたという点で、評価の低いレビューを見るとしめしめと思えるだろう。
論理は絶えず盲目である。何を数で表し、何を表さないか。それを理解しない者が多すぎる。
飛躍は踏まえど良い映画だと認めたい。ジンジャエール

エンディングの清涼感は踏襲してるね。

久々の鑑賞です。2時間近くの映画で少し長いのですが、脚本が優れているので自分は最後まで飽きずに楽しめました。2時間の密室劇は例え見本があったにせよ、大変に難しい作業だと思います。本作をリメイクと捉えるとリメイク映画の稀有な成功例だと思う。
公開当時、日本にはまだ裁判員制度(映画では陪審員)がなかったので、今見返すと制度の問題点など、パロディを超えてなかなかにいい着眼点でした。
裁判員制度は市民感情に則した量刑(有罪の場合)を決める為のものなのかもしれないけれど、その市民にもいろいろいるので難しい問題です。本編のオチが端的に物語っているし、第一、考え方の偏っていない人間なんて本当に居るのかという気もする。自分は偏っていない!と言い張る人間がいたとしたら、お金をもらってもそんな人間にだけはなりたくない(笑)。
結果的に本作は日本アカデミーには見向きもされなかったけれど、黙殺されたというよりは見識の低さの表れだと思う。
結局、優しいと優柔不断は同義語で、これは日本人に対する賞賛であり警鐘とも取れる。

責任をとりたがらない人々。

大笑いさせていただきましたが、これが自分の裁判だったら笑えないよオ。
冒頭、無罪に手を挙げていながら「本当はやっていると思うけどね」って(笑)。
「いいのかそれで?」と突っ込みたくなるが、人の人生を決めるのは恐ろしい。引き金は弾きたくない。うん、皆”優しい日本人”。
オマージュを捧げられた作品はまだ観ていないけど、
こちらは一人ひとりの言動にあるある感満載で、笑っちゃうと同時にわが身を振り返りヒヤリ(^_~;
いろんな日本人が出演します。
証拠を検証するディベートではなく、日本でのよくある会議の縮図。
感情論あり、意見の押し付けあり。でも意外な人物が一番肝心なポイントを見ていたというオチあり。
意見を言えるように支えあう場面も”優しい日本人”。
裁判としてみると穴がたくさんありすぎる。
けど、後半の謎解き物のような展開や、各人物勢力のどんでん返し、くっついたり反目したり、そんな人間模様に笑わせられながらも、手に汗握る。
芸達者達の饗宴。
トヨエツの仕草の綺麗さ。あの人のあの…と日本がほこる役者達。見応えあります。

でも、本当の本当は誰にもわからない。

結局、最終的には無罪と判断。でも、もしかしたら計画的な犯行だったかもしれない。全ては可能性に過ぎない。何かの法律ドラマで「推定無罪の法則」なんて言葉を聞いたことがありますが(HEROだったかな?)、しっかりとした証拠がない限り、有罪にすることは出来ないよなあと改めて思いました。だって、死刑が行われた後「やっぱり無罪でした」なんて言うことは出来ないですもんね。
さて、とってもおもしろかったです。タイトルにある「優しい」には色々な意味が込められているんでしょうね。12人全員が、個別の優しさを持っているということになるんでしょうか?
でも相島さんの役は、どうなんでしょうか?被告に奥さんを投影して、最後は狂気すら感じさせる想いを爆発させていましたよね。(多分、とっても奥さんの事好きなんだろうなあ・・・。)
この映画の登場人物たちを見ていると、人間はどうしても「過去」の影響を良かれ悪かれ受けてしまうんだなあとしみじみと感じました。
でも他人の意見を聞いて、それを自分の中に落とし込んで考えて、何かしらの結論を出していく。
物事って難しいですね。

原点

まだ三谷幸喜も塩見さんも相島さんもしらないサブカル臭にかぶれてた若かりし頃、桜の園の中原監督繋がりで見ました。
現代でも始まった「陪審員制度」をテーマとしてコミカライズに仕上げてあります。
陪審員たちが議論しあう部屋「だけ」しか場面がほぼ出てきませんが、飽きることなく最後まで見入ってたのを今でも覚えてます。
三谷さんの作品をTVや映画で見るたび、「あれ?なんか既視感?」とよく思いました。自分にとってはここが原点です。
ラストのトヨエツのあの台詞でスカッとしたのは今でもいい思いでです。
秋の夜長にほっこり見れる、そんな映画だと思います。良作です。

面白かった。

「十二人の怒れる男」をモチーフにしたコメディ。
オリジナルとはまた違った魅力で楽しめました。
登場人物が皆、個性豊かで面白かった。
豊川悦司がイイね!
陪審員制度、考えさせられました。

映画/邦画『12人の優しい日本人』のネタバレ感想(ツイッター・Twitter)

つづいて、『12人の優しい日本人』を見た人の声や感想(※ネタバレを含むため注意)をご紹介します。

映画/邦画『12人の優しい日本人』をテレビ放送を見逃した!できるだけ安く見たいあなたに!

[st-kaiwa-kaisetsu-woman-no1]『12人の優しい日本人』の
「テレビ放送を見逃してしまった!」
「フル動画をできるだけ安く見たい!」

…そんなあなたは必見♪[/st-kaiwa-kaisetsu-woman-no1]

U-NEXTのキャンペーンを使えば動画を無料視聴できる!!

31日間の無料トライアルで視聴する!

邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

↑『12人の優しい日本人』をおトクに見る♪

  

-邦画(日本国内映画)

テキストのコピーはできません。

Copyright© Qooqle , 2019 All Rights Reserved.