あぶない刑事

投稿日:

映画/邦画『あぶない刑事』の「あらすじ」「動画を無料視聴する方法」をご紹介していきます!

↓『あぶない刑事』の動画を今すぐ無料で見たい方はこちらをクリック↓

映画/邦画『あぶない刑事』を見る邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

あぶない刑事を無料で視聴する!

映画/邦画『あぶない刑事』とは?(あらすじ・見どころ)

映画(詳しくは邦画・日本国内映画)『あぶない刑事』の作品概要邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

まずは、『あぶない刑事』とはどんな作品なのか?、作品の概要をご紹介します。

あらすじ

舘ひろし&柴田恭平の名コンビぶりで人気を博した、刑事ドラマの劇場版シリーズ第1作

■見どころ
テレビドラマの大ヒットを受けて製作された劇場版の第1作。
舘ひろしと柴田恭平のコミカルな掛け合いや迫力アクションに加え、バブル時代の雰囲気が楽しめるのもポイント。

■ストーリー
大手製薬会社で抗がん剤を開発していた博士と助手が殺される事件が発生。
鷹山と大下は目撃証言などから破壊工作のプロ・豹藤を追いかけていたが、取り逃がしてしまう。
二人は捜査から外されてしまうが、この襲撃事件で巨額の利益を得ていた人物の存在を知る。

U-NEXTキャンペーン『あぶない刑事』を無料で見る!>>邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

映画/邦画『あぶない刑事』の特別動画(特典映像)

映画(詳しくは邦画・日本国内映画)『あぶない刑事』の特別動画(特典映像)邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

ここからは、映画/邦画『あぶない刑事』の特別動画(特典映像)をご紹介します。

[動画]あぶない刑事 Blu-ray発売【告知】

[動画]30周年記念特別企画 「あぶない刑事」 スペシャルフィルムコンサート ー予告映像ver.2ー

[st-kaiwa-kaisetsu-woman-no1]『あぶない刑事』の
「テレビ放送を見逃してしまった!」
「フル動画をできるだけ安く見たい!」

…そんなあなたは必見♪[/st-kaiwa-kaisetsu-woman-no1]

U-NEXTのキャンペーンを使えば動画を無料視聴できる!!

31日間の無料トライアルで視聴する!

邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

↑『あぶない刑事』をおトクに見る♪

映画/邦画『あぶない刑事』の作品紹介(キャスト・視聴率・OST・DVD情報)

映画(詳しくは邦画・日本国内映画)『あぶない刑事』の作品紹介(キャスト・スタッフ・視聴率・相関図・OST・DVD情報)邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

ここからは、『あぶない刑事』について、より詳しく作品紹介をしていきます。

映画/邦画『あぶない刑事』の出演者(キャスト・スタッフ紹介)

映画/邦画『あぶない刑事』のキャスト(出演者)やスタッフをご紹介します。

映画(詳しくは邦画・日本国内映画)『あぶない刑事』の出演者(キャスト・スタッフ紹介)邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

キャスト
(出演者)
舘ひろし(役:鷹山敏樹)横浜港警察署捜査課所属。階級は巡査部長または巡査長
柴田恭兵(役:大下勇次)横浜港警察署捜査課所属。階級は巡査部長または巡査長
浅野温子(役:真山薫)通称「カオル」。横浜港警察署少年課。巡査 ⇒ 少年課長。警部 ⇒ 重要物保管所所長
仲村トオル(役:町田透)横浜港警察署捜査課。巡査 ⇒ 捜査課長。通称「トオル」
木の実ナナ(役:松村優子)鷹山と大下の良き理解者。
中条静夫(役:近藤卓造)捜査課長。階級は不明。通称「タヌキ」。
山西道広(役:吉井浩一(パパ))階級・役職は不明であるが、現場で指揮を執ることが多いため、捜査係長(警部補)クラスと思われる。
ベンガル(役:田中文男(ナカさん))階級・役職は不明。捜査課の最古参で、取調官を務めることが多い。
長谷部香苗(役:山路瞳(瞳ちゃん))庶務(「もっとも」まで) ⇒ 通信室(「リターンズ」) ⇒ 捜査課長秘書(「さらば」)。階級は不明。通称「瞳ちゃん」。
スタッフ 監督:長谷部安春
音楽:志能研三
脚本:柏原寛司、大川俊道

映画/邦画『あぶない刑事』の相関図

映画/邦画『あぶない刑事』の人間関係をまとめた相関図です。

映画(詳しくは邦画・日本国内映画)『あぶない刑事』の登場人物の人間関係・相関図・チャート邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

映画/邦画『あぶない刑事』の平均視聴率・最高視聴率

映画/邦画『あぶない刑事』の視聴率を調べました。

最高視聴率 26.4%
平均視聴率 20.4%

映画/邦画『あぶない刑事』のOST(オリジナルサウンドトラック・主題歌)

映画/邦画『あぶない刑事』のOST(オリジナルサウンドトラック)の情報です。

映画(詳しくは邦画・日本国内映画)『あぶない刑事』のOST(オリジナルサウンドトラック・主題歌)邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

曲順 タイトル
1 Chase You Down
2 Still Of The Night
3 RUNNING SHOT
4 Save Your Love
5 Till It’s End(The City Law)
6 A Man Like You(Needs A Woman Like Me)
7 再会のJoker
8 Night Walker/Instrumental
9 Need Your Love
10 冷たい太陽

あぶない刑事のOST 1 あぶない刑事エンディング(ステレオバージョン)冷たい太陽

あぶない刑事のOST 2 There Oughta be a Law

あぶない刑事のOST 3 If You Gotta Run

あぶない刑事のOST 4 Speed Of Night

あぶない刑事のOST 5 A MAN LIKE YOU (NEEDS A WOMAN LIKE ME)

あぶない刑事のOST 6 I'm the Law

あぶない刑事のOST 7 Want You Back Again

あぶない刑事のOST 8 Must Be

あぶない刑事のOST 9 On The Run

あぶない刑事のOST 10 Rock With Me

あぶない刑事のOST 11 The Stranger

映画/邦画『あぶない刑事』のDVD&ブルーレイ発売情報

映画/邦画『あぶない刑事』のDVD・ブルーレイ発売情報です。

映画(詳しくは邦画・日本国内映画)『あぶない刑事』のDVD&ブルーレイ発売情報邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

[DVD/ブルーレイ]あぶない刑事 [DVD]

出演:舘ひろし, 柴田恭兵, 浅野温子, 仲村トオル, 木の実ナナ
監督:長谷部安春
形式:Color, Dolby, Limited Edition, Widescreen
言語:日本語
リージョンコード:リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
ディスク枚数:1
販売元:TOEI COMPANY,LTD.(TOE)(D)
発売日 2013/11/01
時間:99 分
価格:2,698円
【スペック】
●映像特典
◆フォトギャラリー◆オレたち要注意人物◆予告篇

[DVD/ブルーレイ]あぶない刑事 [Blu-ray]

出演:舘ひろし, 柴田恭兵, 浅野温子, 仲村トオル, 木の実ナナ
監督:長谷部安春
形式:Color, Widescreen
言語:日本語
リージョンコード:リージョンフリー(全世界共通)
画面サイズ:1.78:1
ディスク枚数:1
販売元:TOEI COMPANY,LTD.(TOE)(D)
発売日 2016/01/06
時間:99 分
価格:2,500円
【スペック】
●映像特典
◆スタッフ座談会 ―あぶデカをつくった男たち―(丸山昇一×柏原寛司×一倉治雄)
◆オレたち要注意人物 ファッショナブルワンダーランド
◆『あぶない刑事』劇場6作品予告編集
◆フォトギャラリー

『あぶない刑事』を見たい!と思っても、
DVD/ブルーレイはちょっと高い…(^_^;)

でもNEXTのキャンペーンなら『あぶない刑事』を全話無料で視聴できる!!

31日間の無料トライアルで視聴する!

邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

↑『あぶない刑事』をおトクに見るチャンス♪

映画/邦画『あぶない刑事』の口コミ(感想レビュー・ネタバレ注意)

映画/邦画『あぶない刑事』のネタバレ感想・レビュー・口コミ・クチコミ・評判)邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

映画/邦画『あぶない刑事』の口コミ(感想レビュー※ネタバレを含むため注意)

ここでは、『あぶない刑事』を見た人の口コミ(感想レビュー※ネタバレを含むため注意)をご紹介します。

完璧なテンポとユーモアとかっこよさ

ストーリーは映画『あぶない刑事』シリーズでもある種リアリティーのある内容で、事件に現実味がある一方で、そこからラストにかけて大アクションが展開されていく、盛り上がり方の良さは、実に絶妙であると思う。
展開としてはある種、悲劇的かつハードボイルドな展開を見せるが、その後の、アクションの見せ方の抜群のかっこよさ、スピード感、テンポ、アングル、凶悪犯を倒すという、アメリカ映画的な展開を、日本映画で自然に見せるのはなかなか難しい部分があるが、その不自然さを自然に見せてしまう術を、当時の長谷部安春監督、脚本の柏原寛司氏は熟知していたのか、ごく自然に見れる。見れてしまう。その面白さ。マジック。その原点は何なのだろう。
また、主人公二人の葛藤と激突が見れるのも唯一この作品だけ。それもドラマに深みを加えている。ユージはやっぱり憎めないキャラで、タカは愛すべきワイルドハートの持ち主なのだ。
あぶない刑事は各キャラクターの役割がはっきりしているのが面白い。
舘さん演じる、鷹山はブラックスーツを着こなし、クールかつハードに時にちょっぴりかわいくユーモアを言いながら、それでもスマートに犯人に迫り、
大下は抜群に面白いユーモアを快調に飛ばしまくりながら、スピード感とキレのアクションで決定的ガンガン決めてくる。それがゆえに、時に見せる、情感的な表情や、影のあるハードかつダンディーな表情が抜群に光る。これは柴田恭兵さんの功績大だと思う。
薫(カオル)はある種、サバサバしたキャラと美人なのに美人な顔をしないのが逆に好感触。『もっともあぶない刑事』以降コスプレキャラに移行していくも、それすらもごく普通にああカオルならあり得ると思ってしまうのは、浅野温子さんならでは。
トオルは、へなちょこでボケで、とろくて救いようのない情けない性格なのになぜか、かわいらしさがある。とぼけたこのキャラはやっぱり仲村トオル氏にしか出せないものがある。今の仲村さんとはだいぶイメージが違うので今の人が見たらびっくりするかも。
松村課長はいざという時のタカ&ユージの助っ人役。かっこいいキャリアウーマンの代表といっても良いかもしれない。
近藤課長はいつも主人公ほか捜査課の面々に手を焼き、怒鳴り散らしながら、本当はだれよりも部下を愛している。
そのほか、ベンガルさん、山西道広さん含め、
そういう数々のキャラクターを隅から隅まできちんと生かしている作品。
無駄なセリフもシーンも全くなし。アクションも隅から隅までかっこいいし、ギャグもすべてが面白いし、台詞も隅から隅までかっこいい。音楽も決まっている。
最初から最後までアクションエンターテインメントとして楽しめる一品になっていると思う。
アクション映画は一過性のもので、すぐに忘れられると思われがちだが、テレビシリーズ『あぶない刑事』から派生した、本作『あぶない刑事』と第三作『もっともあぶない刑事』の二本の映画作品に関しては
個人的に、20年、30年たっても色褪せない映画の中の名作、としての魅力があると思っている。

『銀幕』。

スーパーシリーズの記念すべき劇場版第一作
TVシリーズの長所と映画ならではの派手さ、その絶妙加減ををTV版でも数多く手がけた長谷部監督が絶妙のタッチで小気味良く描いておりますです、ハイ
初めてぶつかり合うタカとユージ
いざという時にはヤル男、トオル
なんだかんだでいい女、薫ちゃん
そして瞳ちゃんと実は個人的には結構好きな好美ちゃん(笑)
パパにナカさん、吉田、谷村他のレギュラー陣
そしてTEAM港署を実は温かく見守る近藤課長
でもって、族に顔利く美脚の松村課長・・・
ホント、安定してますな
それとやはり音楽が非常にセンスがいいのもこのシリーズの特徴です
今回も鉄板でした!
族の集会のロックコンサート、カッコ良かったな~
小野みゆきさんも‘いい女’でした
アブデカに必要な要素もきっちりと散りばめられておりました!
しかし恭兵さんが魅せるダンスに改めて
「恭兵さんって劇団出身やもんなぁ~」と感動してしまいました
舘さんは相変わらずクールで格好良かったデス
豹藤との一騎打ちはタカの魅力が全開でしたね
途中の風俗店やラストのおふざけは映画ならではのご愛敬かと思います
何かと世話しないこの時代・・・
アブデカが活躍していたあのキラキラしていた80年代後半~
そんなアラフォー世代に改めてオススメいたします
有る意味『もいっかい あぶない刑事』です(笑)
※因みに「瞳ちゃん、お茶!」の瞳ちゃんは長谷部監督の実娘さんです

好きな刑事コンビ第4弾!!

観たのは、かなり前やけど、当時めっちゃオモロイと思いながら見てた、TVシリーズも長い事やってたし、今更語る必要無い位人気のあった番組で、タカ(舘 ひろし)とユージ(柴田 恭兵)のコンビは刑事らしからぬ程に、軽くカッコ良く平気で銃をぶっ放す。で、その2人にいつも振り回されるトオル(仲村トオル)も面白いなぁ~その3人を意外と手玉に取るカオル(浅野温子)2人のせいでいつも怒ってる課長(中条静夫)この人が亡くなってとても残念…結構主役級ばかりの豪華な組み合わせが当時凄い良かった。
ちなみに私の所では、当時赤ラーク(たばこ)とレパード(あぶ刑事バージョン)が目茶目茶はやった

面白すぎ!!

自分は14歳ですけどこの時代の映画の映画でこんな楽しいものがあるなんて知りませんでした。
自分は古いものはキライなので新しい物ばかり見てましたが1980年代の映画でも最高です!
まだまだあぶない刑事から見ましたが、どうしても気になりこの作品も見ました。
ありえないほど面白い。
ただちょっと昔の映画だからかR指定はなく一部過激なシーンがあった。(何とはいいませんがモザイクなし・・)
でも最高に面白いです。
ぜひ見てください!!
十分楽しめます!

80年代ってすごい

あぶ刑事らしさが凝縮されています。80年代の横浜ってほんとにこんな感じだったんですかね。夜の街やらファッションやら、拳銃撃ちまくりのRPGぶっぱなしやら、見ごたえあるわー。

リアリズムよりダンディズム

突っ込みどころは満載。
80年代のファッション・色遣いも、笑いの種になるか、懐かしいと思うか、温故知新となるか…。
当時柴田さんがCMに出ていたポッカコーヒーや、舘さんがCMに出ていたポカリスエットも懐かしい。ケンタッキーフライドチキンはスポンサー?
唐突に始まる(笑)、普段TVで観られない、東京キッドブラーザースでならした柴田さんのダンスも観れて眼福。
アクション・ドンパチはTVでもやっている石原軍団そのまま。
今の映画と比べると、ギャグのテンポはいいが、物語にスピード感はない。
レギュラー陣は手堅いけど、悪役があまり描き込まれず、主役と悪役が触れ合いそうに見せながら「え?」という程度の関わりで、物語としては物足りない。
でも何より、カッコイイ。
主役はもとより、中条さん、木の実さん演じる課長にもしびれる。
役者の立ち振る舞い・表情と役者の魅力が最大限に引き出されている上に、
色の配色
光と影の使い方
アングル
一つ一つのシーン、画が、ポスターとして使っても様になる。
ロケハンもよくこういう画となる場所を見つけたなあと感動する。
単に名所巡りではない。
そんな映像に、主役をはじめとする芸達者が、
台詞の掛け合い、コメディ場面と観ていて心地いい連鎖を見せてくれる。
声だけを聴いていても面白い。
人気シリーズになるのも納得。

一番面白いころのあぶない刑事

ドラマもよく見ていたがあぶない刑事はこれですよね。銃をもちだしたり
やりたい放題の爆破カースタントなど。しかし上司も二人がむちゃするの分かりながら黙認したりするのもにくいね。これこそ刑事にあこがれる作品

あぶ刑事ファンだったので、この機会に購入しました。

以前もありましたが、買えなかったので、良いタイミングでした。
劇場版もBDで発売されますが、多分、映画の公開が終わったら劇場版もBD-BOXで発売されるともいます。

最高だと思います。

日本の刑事ドラマの中で一番好きです。
その滅茶苦茶さ、ひとことで言うなら“痛快”です。
「ありえねーだろっ」ってツッコむ必要ないくらいありえないところが
もうほんと、いいです。
20年以上も前の作品なのに古く感じないのは私のひいき目でしょうか。
でもふたりのやりとりのおもしろさも、今観てもやっぱりおもしろいです。
ふたりでおちゃらけ、暴走しながら最後は事件を解決しちゃう。
でも課長には誉められない。それどころか始末書書かされる。または減俸。
ドラマも映画も毎回このパターンで、ワンパターンとも言えるのに、
ドラマも長く続いた上に映画も何作も作られてることが、
この作品のおもしろさ、人気の高さを物語っていると思います。
アドリブ大苦手の舘さんと、アドリブ大得意の恭兵さんが
組み合わさって出してる味もいいし
近藤課長もいい味です。
小林稔持さんには悪いですが、課長はやっぱり中条静夫さんでないと。

おとなになって

高校生の頃の映画。40過ぎて見てみると、当時はあこがれのユウジとタカが若い若い。当時はおっさんにしか見えなかった「課長」がむしろ親近感。この血の気の多い部下をどうやって教育するか、どうやって見守っていくかという視点で見ることができる。

映画/邦画『あぶない刑事』のネタバレ感想(ツイッター・Twitter)

つづいて、『あぶない刑事』を見た人の声や感想(※ネタバレを含むため注意)をご紹介します。

映画/邦画『あぶない刑事』をテレビ放送を見逃した!できるだけ安く見たいあなたに!

[st-kaiwa-kaisetsu-woman-no1]『あぶない刑事』の
「テレビ放送を見逃してしまった!」
「フル動画をできるだけ安く見たい!」

…そんなあなたは必見♪[/st-kaiwa-kaisetsu-woman-no1]

U-NEXTのキャンペーンを使えば動画を無料視聴できる!!

31日間の無料トライアルで視聴する!

邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

↑『あぶない刑事』をおトクに見る♪

  

-邦画(日本国内映画)

テキストのコピーはできません。

Copyright© Qooqle , 2019 All Rights Reserved.