愛のコリーダ

投稿日:

映画『愛のコリーダ』の「あらすじ」「動画を無料視聴する方法」をご紹介していきます!

↓『愛のコリーダ』の動画を今すぐ無料で見たい方はこちらをクリック↓

映画『愛のコリーダ』を見る邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

愛のコリーダを無料で視聴する!

映画『愛のコリーダ』とは?(あらすじ・見どころ)

映画『愛のコリーダ』の作品概要邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

まずは、映画『愛のコリーダ』とはどんな作品なのか?、作品の概要をご紹介します。

あらすじ

性描写をめぐって大論争を呼んだ問題作!大島渚が真正面から描き出す愛の極致

■見どころ
愛する男性の局部を切り取った「阿部定事件」を赤裸々に描く問題作。
公開時は過激な性描写をめぐって大論争が起こった。
本作は、修正を減らした2000年公開バージョン。

■ストーリー
昭和11年、中野の料亭に定という30過ぎの女が女中としてやってくる。
彼女は主人・吉蔵と愛欲を交わす関係になるが、彼の妻に知られてしまったためふたりで駆け落ちする。
ある旅館にたどり着いたふたりは、部屋にこもってありとあらゆる性行為に耽っていく。

ここがポイント!

本作の脚本とスチール写真を乗せた書籍が、わいせつ物頒布罪に当たるとして監督と出版社社長が起訴され、裁判に。
最終的には無罪となった。

U-NEXTキャンペーン『愛のコリーダ』を無料で見る!>>邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

映画『愛のコリーダ』の作品紹介(キャスト・視聴率・OST・DVD情報)

映画『愛のコリーダ』の作品紹介(キャスト・スタッフ・視聴率・相関図・OST・DVD情報)邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

ここからは、映画『愛のコリーダ』について、より詳しく作品紹介をしていきます。

映画『愛のコリーダ』の出演者(キャスト・スタッフ紹介)

映画『愛のコリーダ』のキャスト(出演者)やスタッフをご紹介します。

映画『愛のコリーダ』の出演者(キャスト・スタッフ紹介)邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

キャスト
(出演者)
藤竜也(役:吉蔵):中野の料亭の主人
松田暎子(役:定):中野の料亭に女中としてやってくる
中島葵(役:「吉田屋」のおかみ トク(吉蔵の妻))
芹明香(役:「吉田屋」の女中 松子)
阿部マリ子(役:「吉田屋」の女中 キヌ)
三星東美(役:「吉田屋」の女中 千恵子)
藤ひろ子(役:「吉田屋」の女中頭 お常)
殿山泰司(役:老乞食)
白石奈緒美(役:芸者 八重次)
青木真知子(役:「みつわ」の女中)
東祐里子(役:「みつわ」の芸者)
安田清美(役:「みつわ」の芸者)
南黎(役:「みつわ」の芸者)
堀小美吉(役:「みつわ」の芸者)
岡田京子(役:半玉)
松廼家喜久平(役:幇問)
松井康子(役:「田川」のおかみ)
九重京司(役:大宮先生)
富山加津江(役:「満左喜」の女中)
福原ひとみ(役:蛇の目の娘)
野田真吉(役:小料理屋のおやじ)
小林加奈枝(役:芸者 菊竜)
小山明子(役:「満左喜」の芸者)
スタッフ 監督/脚本:大島渚
製作代表:アナトール・ドーマ
製作:若松孝二
撮影:伊東英男
美術:戸田重昌
編集:浦岡敬一
音楽:三木稔
助監督:崔洋一
装飾:荒川大
録音:安田哲男
照明:岡本健一
衣裳:加藤昌廣
美粧:竹村幸二
結髪:大沢菊江
スチル:小山田幸生
合作調整:フランス映画社

映画『愛のコリーダ』の相関図

映画『愛のコリーダ』の人間関係をまとめた相関図です。

映画『愛のコリーダ』の登場人物の人間関係・相関図・チャート邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

映画『愛のコリーダ』の平均視聴率・最高視聴率

映画『愛のコリーダ』の視聴率を調べました。

平均視聴率 -%
最高視聴率 -%

映画『愛のコリーダ』のOST(オリジナルサウンドトラック・主題歌)

映画『愛のコリーダ』のOST(オリジナルサウンドトラック)の情報です。

映画『愛のコリーダ』のOST(オリジナルサウンドトラック・主題歌)邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

曲順 タイトル
1 愛のコリーダ

[OST]愛のコリーダ 主題歌 愛のコリーダ

映画『愛のコリーダ』のDVD&ブルーレイ発売情報

映画『愛のコリーダ』のDVD・ブルーレイ発売情報です。

映画『愛のコリーダ』のDVD&ブルーレイ発売情報邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

[DVD/ブルーレイ]愛のコリーダ [DVD]

発売日:2011/9/24
価格:¥4.112
時間:1 時間 49 分
ディスク枚数:1
形式:Color, Dolby, Widescreen, アダルト
言語:日本語 (Mono)
出演:松田英子/藤竜也/中島葵/松井康子/殿山泰司
リージョン:リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。)
アスペクト比:1.78:1
メーカー:紀伊國屋書店

『愛のコリーダ』を見たい!と思っても、
DVD/ブルーレイはちょっと高い…(^_^;)

でもNEXTのキャンペーンなら『愛のコリーダ』を全話無料で視聴できる!!

31日間の無料トライアルで視聴する!

邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

↑『愛のコリーダ』をおトクに見るチャンス♪

映画『愛のコリーダ』の感想レビュー

映画『愛のコリーダ』のネタバレ感想・レビュー・口コミ・クチコミ・評判)邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

映画『愛のコリーダ』の感想レビュー(ネタバレあり)

ここでは、『愛のコリーダ』を見た人の感想レビュー(ネタバレ有り)をご紹介します。

素敵です。

ここまでの愛。それも肉体をさらけ出す。今村昌平の様な動物的ではなく、ロマンチックに撮られた事に感動する。大島渚の解釈は素晴らしいじゃないでしょうか。
二人の愛。女は正直だと思う。永遠の愛って、いちもつを切り取る位のもの。恐ろしいが、こんな純に愛されてみたいし、愛したい。
観終わった後は、極上のワインを飲んだみたいに、良い気分になった。

こんなにも愛されたら

この映画を見てなんかすごい愛情を感じました。最初は面白半分で借りたけどすごく切ない内容なんですね。しかも藤竜也がオールヌードになってるしね(篠山紀信に無修正のヌード写真集を撮ってもらえば良かったのに)あと映画の中での精液って藤竜也の?だったら凄い映画です。リメイクを希望です、渡辺謙でしかも無修正。

人生とはあの静かな笑顔に集約される

愛のコリーダは、シーンとシーンのつなぎ目がわからない。肉の間をかきわけて、産み出された時の事を思い出すような。自分の視界では収まり切らない巨大存在に触れてしまったような観賞後の茫然自失。官能の帝国。世界の枠組みや決まりがすべて転覆されて、タッタ一人キリ。
人生とはあの藤竜也の静かな笑顔に集約される。
_ 体を求める行動の中に、全てが詰まっているかのような映画。時間、生活、社会、死・・快感というものが、あらゆる枠組みを壊している。
その破壊力は凄まじい。
その破壊力に抵抗せずにいようとする、藤の顔に時折表れる、恐怖と予感がないまぜになったような静かな笑顔こそが人生なのではないか
死に近づく事、死、体の価値が変わっていく
_ 人が、与えられた、使える道具を、「使い尽くして」、
「そこにいる?」「『一緒に』いようとする?」 (生きている、というのとも違う、愛し合おうとしている、とも簡単には言えない)
例えば個人史の中での愛の意味の拡張という連想なのか、咄嗟に思い浮かんだのが『愛の嵐』と『卍』であったが、愛の嵐では感じられなかったぬくもりをこの映画からは感じた。しかしそのぬくもりとは、ある意味では、『渚のシンドバッド』の中の、浜崎あゆみの台詞「せんせー、私、やられてる時、おもったんです。人間の体って、こんな時でもあったかいんだなーって。だから私、人のぬくもりっていうの、信じないんです」に過ぎない。
それでもこの映画の中のなつかしさ。可愛がられた犬のような忠誠。は、不可能性とともに、実在、を感じさせる。この漠然とした言葉こそが、実際、私にとって、この映画から得たもので表現できる全てであり、あとは「藤竜也の笑顔が・・藤竜也の笑顔が・・・雨が・・兵隊が・・赤とぬくもりが・・・すべての行為が・・・・・」とうわごとのように繰り返すしか実際、ないように感じる
愛の嵐という映画における悲劇性は滑稽さとさえ結びついていたのだが、愛のコリーダの喜劇性はとても恐ろしかった。
_ 増村の「卍」にもあった、『愛についての思いがけなさ』を、感じたけれど、増村の場合は死に対する考察(や恐怖)がなっていなかった。(それが良さでもあった)
愛についての思いがけなさ。増村の卍は、奇跡的な子供っぽさで、愛の意味を拡張している、そこでは社会性やプライドは捨てられているのだが、かといって、本能的な欲望によって突き動かされるわけでもない。そこには別の次元がある。ヒューマニティと言って良いのならば、本当の意味でのヒューマニティ、人間の矛盾や哀しみを含めた意味でのその言葉が近いように感じる。
官能の帝国。藤竜也の笑顔。終末感。諦め。YOUTUBEで見た、実写のサダが思い起こされた。笑い。雨の中の傘を差している二人。最後の方、年増の芸者と男をやらせる。サダは平静だ。サダは後半、よく、「やっちゃってよ」と言う。男の表情は微かな抵抗を見せる。あの笑顔。愛のコリーダは忘れられない作品
色々な噂話を読む、愛のコリーダの中の兵隊について。事件が起きた同年、ニ.ニ.六事件なども起きたらしい。男達の帝国が築かれようとしていた年に、それとは対称的に世間は事件に夢中になった。それは原題の「官能の帝国」に表れているという。
更にバルトの「表徴の帝国」のジャポニズムも逆手にとっているとか。(フランス資本でもあり。)この戦略性には感心した。

生きている証

素晴らしい作品であり、これを超えるものは出てこない。時代の重さが違い、人の感性も違ってしまっているから。この作品に出会ったことで、自分が人間であることを認識し、まだ心が死んではいないのを確認できた気がしている。

藤竜也が魅せてくれる

男を執拗に愛したため、殺害後に陰部を切り取った実在の女性、阿部定を取り上げた作品。女性の偏愛がテーマであり、そこにスポットが当てられるが、その片寄った女性の愛を包み込む男の度量、優しさも描かれているのではないだろうか。男としては、藤竜也から伝わってくる、優しさ、強さに共感できる。
個人的には艶やかな着物、小粋な三味線での小唄なども楽しめた。
ちなみに、阿部定は捕まったが、その後免罪となっている。首を締める行為が同意であったこと、そして陰部を大事に懐に入れて持ち歩いていたことなどを考慮されたのであろう。また、現在でもベトナムでは、女性が男性の陰部を切り取る事件が相次いでるという。余談であるが。
いずれにせよ、ぜひ成熟したカップルに観てほしい作品である。
それにしても本作品では数々の性の描写があるが、遊女どおしが戯れるシーンで局部のドアップがある。これはボカシがなく、日本映画では後にも先にもこの映画ぐらいではないだろうか?

大島渚はただの頑固オヤジじゃない(^^;)

松田さん、藤岡さんの覚悟…覚悟が伝わってきて涙が出そうになりました。迫力ものです。感動しました。
本当にありがとうございました。

むしろ普通の恋愛映画

ハードコアポルノの先駆けとして、阿部定事件という猟奇事件を扱った映画としてセンセーショナルな評価を与えられている作品だが、改めて観ると鬼気迫る描写というよりもむしろ自然に笑みがこぼれてしまうような牧歌的な純愛映画という趣が非常に強い。それは無論時代の流れというのも関係しているのだろうがしかし、だからこそその一方で「変わらない営み」というものが強調されるからではないだろうか。
恋愛にセックスは付き物である。いつの時代に於いても同じことだろう。誰かを好きになればセックスをする。もちろん中にはしないことをモットーとしている人はいるだろうが、殆どの人はセックスをするはずだ。つまり誰であっても程度の差はあれど阿部定と吉蔵と同じような行為を行なっているはずなのだ。もっと言えば阿部定と吉蔵の行為は私たちの行なっている行為と丸切り同じことなのだ。
確かに二人きりで何日間も部屋にこもってセックスを続けるというのは刹那的で異常な行為なのかもしれないが、愛する人とそうやってどこへも出掛けずに抱き合っていたいという願望は誰にでもあるのもではないだろうか。違いはそれを実行するかしないか。程度の差はそれぐらいなのだ。
もちろん最後はペニスを切り落とすという結末に達するわけだが、それだってごく普通の行為なのではないだろうか。ペニスはお互いの体の接点である。自らの体内に入っていた相手の体の一部を愛おしく感じるというのは普通の解釈だ。行為自体は猟奇的だが、その意味合いはごくごく真っ当なもの。そもそもペニスを切り落とすという行為は阿部定事件が最初というわけではなく、それ以前にも同じような事件は起こっていた。これほどまでに有名になってしまったのはメディアの煽動の結果であり、事件自体もごくありふれたものだった。
つまりこの作品がセンセーショナルなものであるという認識は、阿部定事件というありふれた事件がメディアによって大々的に取り上げられたという過去に縛られているものであり、またこの作品が引き起こした騒動の影響なのだろう。映画を観るのにそのような映画外のことに左右されるのは悲しいことだ。
そういった映画外のことを切り離してこの作品を眺めれば、そこには何よりも「変わらない営み」が露になる。人を好きになり、体を寄せ合い、お互いの性器を舐め合い、腰を振り、他に何も必要としない、究極などではない普通の行為。それでもその行為を異常だと猟奇的だと言うのなら、私たちはみな猟期犯罪者なのだろう。セックスも恋愛も全て猟奇事件なのだ。
いや、確かにそうなのかもしれない。

これやばいです

噂を聞いて 買ってみました
芸術的な映画とは こういうことかな って思える作品でした
こんな映画、見たことない

大島渚の心意気!

はっきしいって、日本ではかなりキワモノ扱いされていた作品です。ハードコアだとか、表現の自由とか、いろいろ物議をかもしました。が、この映画の本当にすごいシーンは、戦地へ赴く兵隊の行軍とすれちがう男の姿であります。日本が戦争ムード一色の時代、人から後ろ指差されながらも好きな女との情事へと出かける男の姿であります。大島監督は映像を通してすごいことを訴えているのです!!ここが日本よりも海外で高い評価を得た最大の理由でありましょう。戦争より愛ですよ!ラブアンドピースなのであります。戦争は愛と幸せを破壊します。平和なくして男女の幸せはないのであります。さて、同じ「愛」がテーマでもパトリスルコント監督のある映画では女が自殺してしまいました。この違いなども、いや、実に興味深い!!マチルドと定の行動を比較対照して恋人と語り合うなんて、素敵じゃありません?(いや、ちょっとコワいか!?)

性の限界突破

ある意味ノンフィクション。まじでセックスしてる映画なんです。すごいなんてもんじゃない!カンヌをゆらして、日本でわ裁判にまで発展した映画です。愛しすぎて殺しちゃう、ヨーロッパ映画のような題材ですが大島渚のなみなみならない決意と闘志があふれています。アベサダ役の松田さんの表情!藤竜也の恍惚の顔。あれこそリアルです。他の映画でわ真似できません。美術の素晴らしさもさることながら、しだいに2人の絡み愛は苦しみ愛に苦痛を喜びにかえていきます。恋愛映画の限界を突破した今作。ワイセツでなくスーパーナチュラルフィクションです!びば渚大島!

映画『愛のコリーダ』のネタバレ感想(ツイッター・Twitter)

ここでは、『愛のコリーダ』を見た人の声や感想(ネタバレ有り)をご紹介します。

映画/邦画『愛のコリーダ』をテレビ放送を見逃した!できるだけ安く見たいあなたに!

[st-kaiwa-kaisetsu-woman-no1]『愛のコリーダ』の
「テレビ放送を見逃してしまった!」
「フル動画をできるだけ安く見たい!」

…そんなあなたは必見♪[/st-kaiwa-kaisetsu-woman-no1]

U-NEXTのキャンペーンを使えば動画を無料視聴できる!!

31日間の無料トライアルで視聴する!

邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

↑『愛のコリーダ』をおトクに見る♪

  

-邦画(日本国内映画)

テキストのコピーはできません。

Copyright© Qooqle , 2019 All Rights Reserved.