悪人

投稿日:

映画『悪人』の「あらすじ」「動画を無料視聴する方法」をご紹介していきます!

↓『悪人』の動画を今すぐ無料で見たい方はこちらをクリック↓

映画『悪人』を見る邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

悪人を無料で視聴する!

映画『悪人』とは?(あらすじ・見どころ)

映画『悪人』の作品概要邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

まずは、映画『悪人』とはどんな作品なのか?、作品の概要をご紹介します。

あらすじ

妻夫木聡と深津絵里がW主演。孤独と絶望を抱えた男女の逃避行を描いた犯罪ドラマ

■見どころ
孤独に共鳴しあう男女の希望のない逃避行をリアルに描き、人間の本質を炙り出す作品。
深津絵里が濡れ場にも挑み、モントリオール世界映画祭最優秀女優賞を受賞した。

■ストーリー
長崎のさびれた漁村で祖父母と暮らす土木作業員の青年・清水祐一。
彼は出会い系サイトを通じて佐賀に住む馬込光代と会い、刹那の愛欲に溺れる。
その後、祐一が福岡の女性殺人事件の真犯人であることが発覚し、警察から逃れる祐一は光代を車に乗せ…。

ここがポイント!

祐一の祖母役・樹木希林の苦渋に満ちた熱演が光る!

U-NEXTキャンペーン『悪人』を無料で見る!>>邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

映画『悪人』の作品紹介(キャスト・視聴率・OST・DVD情報)

映画『悪人』の作品紹介(キャスト・スタッフ・視聴率・相関図・OST・DVD情報)邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

ここからは、映画『悪人』について、より詳しく作品紹介をしていきます。

映画『悪人』の出演者(キャスト・スタッフ紹介)

映画『悪人』のキャスト(出演者)やスタッフをご紹介します。

映画『悪人』の出演者(キャスト・スタッフ紹介)邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

キャスト
(出演者)
妻夫木聡(役:清水祐一):土木解体作業員。光代と逃亡。
深津絵里(役:馬込光代):紳士服店の販売員、祐一と逃亡。
岡田将生(役:増田圭吾):大学生。裕福で自由気まま。
満島ひかり(役:石橋佳乃):保険外交員。死体で発見される。
光石研(役:矢島憲夫):祐一の大叔父。祐一が勤める解体業を経営。
余貴美子(役:清水依子):勝治・房枝の次女で祐一の母。祐一を棄て洋菓子店経営。
井川比佐志(役:清水勝治)祐一の祖父。寝たきり。
松尾スズキ(役:堤下):悪徳商法の販売員。房枝を騙す。
山田キヌヲ(役:馬込珠代):商工会議所事務員。光代の双子の妹。
韓英恵(役:谷本沙里):保険外交員。佳乃の同僚。
中村絢香(役:安達眞子):保険外交員。佳乃の同僚。
宮崎美子(役:石橋里子):佳乃の母。
永山絢斗(役:鶴田公紀):増尾の同級生の大学生。
樹木希林(役:清水房枝):祐一の祖母。
柄本明(役:石橋佳男)佳乃の父。理容店経営。
スタッフ 監督:李相日
原作:吉田修一
音楽:久石譲
脚本:吉田修一/李相日
製作:服部洋/町田智子/島谷能成/北川直樹/宮路敬久/堀義貴/畠中達郎/喜多埜裕明/大宮敏靖/宇留間和基
プロデューサー:仁平知世/川村元気
エグゼクティブプロデューサー:市川南/塚田泰浩
ラインプロデューサー/鈴木嘉弘
撮影/笠松則通
美術/杉本亮
美術監督/種田陽平
編集/今井剛
演奏:東京ニューシティ管弦楽団
音楽プロデューサー:岩瀬政雄/杉田寿宏
スクリプター:松澤一美
ヘアメイク:豊川京子
衣裳デザイン:小川久美子
照明:岩下和裕
装飾:田口貴久
録音:白取貢
助監督:久万真路
制作プロダクション:東宝映像制作部
製作:映画『悪人』製作委員会(東宝/電通/朝日新聞社/ソニー・ミュージックエンタテインメント/日本出版販売/ホリプロ/アミューズ/Yahoo! JAPAN/TSUTAYAグループ/朝日新聞出版)
配給/東宝

映画『悪人』の相関図

映画『悪人』の人間関係をまとめた相関図です。

映画『悪人』の登場人物の人間関係・相関図・チャート邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

映画『悪人』の平均視聴率・最高視聴率

映画『悪人』の視聴率を調べました。

平均視聴率 -%
最高視聴率 -%

映画『悪人』のOST(オリジナルサウンドトラック・主題歌)

映画『悪人』のOST(オリジナルサウンドトラック)の情報です。

映画『悪人』のOST(オリジナルサウンドトラック・主題歌)邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

曲順 タイトル
1 福原美穂「Your Story」

[OST]悪人 主題歌 福原美穂「Your Story」

映画『悪人』のDVD&ブルーレイ発売情報

映画『悪人』のDVD・ブルーレイ発売情報です。

映画『悪人』のDVD&ブルーレイ発売情報邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

[DVD/ブルーレイ]悪人 スタンダード・エディション [DVD]

発売日:2011/3/18
価格:¥2.980
時間:2 時間 19 分
ディスク枚数:1
形式:Color, Dolby, Widescreen
言語:日本語
出演:妻夫木 聡/深津絵里/岡田将生/満島ひかり/樹木希林リージョン:リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。)
アスペクト比:1.78:1
メーカー:東宝

『悪人』を見たい!と思っても、
DVD/ブルーレイはちょっと高い…(^_^;)

でもNEXTのキャンペーンなら『悪人』を全話無料で視聴できる!!

31日間の無料トライアルで視聴する!

邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

↑『悪人』をおトクに見るチャンス♪

映画『悪人』の感想レビュー

映画『悪人』のネタバレ感想・レビュー・口コミ・クチコミ・評判)邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

映画『悪人』の感想レビュー(ネタバレあり)

ここでは、『悪人』を見た人の感想レビュー(ネタバレ有り)をご紹介します。

見応えあり

殺人を犯した妻夫木聡演じる青年だけが悪人なのか?私はそう割り切れませんでした。
なぜ最悪の結末になってしまったのか、登場人物それぞれの背景が丁寧に描き込まれていて、感情移入しやすかったです。ただそれだけに観ていてやり切れず、心が苦しくなる映画でもありました。
主役陣も良かったのですが、なんと言っても柄本明と樹木希林の演技に感動しました。素晴らしかったです。

悪人とは

世間では悪人だが本当に彼は悪人なのか
誰でも悪人になりうるということを思わさせる
人を殺すということ、人を愛すということ、
とても感慨深い作品でした

誰が、、、

深い、考えさせられる。誰が一番悪人なのかと。

言葉のもつ力

見終わった後に、胸がずしりと沈むような気持ちになるので、見るのに少し気合いがいる作品です。
それでも、ラストシーンの夕陽とそれに照らされる主役の2人の表情が、もう本当に綺麗で希望に溢れていて、そのシーンに触れるために2時間を割く価値があるとさえ思えて、かれこれ3度ほど鑑賞しています。
毎回はっとする深い気づきが得られます。そのくらいこの映画に込められたものは、残酷でもある人間の欲・本質、人生の価値、愛すること、幸せ、言葉、、本当たくさんあるのだと思います。
タイトル通り、悪人とは、悪とは一体何なのか?
殺すことはもちろん悪ですが、同じくらい言葉のもつ暴力性、威力を改めてこの映画で考えさせられました。
岡田将生演じる大学生は、人は殺していないかもしれないけど、人の心を何度も殺している同然の卑劣な言葉を吐き捨てます。
また対照的に、樹木希林演じる加害者のおばあちゃんが居合わせたバスの運転手さんは、ほんの数秒間の出会いの中で、樹木希林を救うような愛ある言葉で、おばあちゃんの硬く張り詰めていた心をすこし溶かしてくれます。
そうやって人は誰かに生かされて、生きているのだなぁと。
人間関係が希薄なこんな現代だからこそ、たくさんの人に見てもらいたい。
簡単に自分の言葉を遠くまで届けることができるけど、なるべく愛ある言葉をかけられる人でありたいと思わせてもらいました。
ずしりと沈んだあとに、泣き腫らした後のような清々しい気持ちがこの映画にあります。愛に溢れた素晴らしい作品をありがとうございます。

[ネタバレ] 救いが無いようであるようで無いようである

邦画は苦手だったのですが、これはとてもよかったと思えました。
変に逃げずに、本当のことを追求したのだと思えました。
物語の中ではせめて救われたい。そう思うこともありますが、これはそうじゃないものが作りたくて作ったのではないかと思いました。そしてそれが心に響きました。
見終わった後に不快や悲しみだけが残るような作品でなく、制作者の伝えたいことが届きます。救いは無いようである。現実と同じ感覚です。無いようであるようで無いようで…という感じです。
俳優陣にひかれてみることを決めた映画でしたが、それ以上のものをもらえてうれしく思います。俳優陣がよくてもよくないと感じるものなんてごまんとあるとおもうのです。でもこの作品はとても好きです。
感想を見て回っていると光代は最後裕一を悪人だと思ったのだと考えている人を多く見かけました。原作にはそうあるというようなことが書かれていました。
原作を拝見せず、映画だけを見た感想でいわせてもらうと光代は決してそんな風には思っていないと思うのです。
「悪人なんですよね」と言い聞かせながら過ごしているということなのだろうと思います。そうしなければ悪人とは思えない自分がいるということだと思います。
感情移入できないとおっしゃられている方も見かけますが、私にとっては入り込みやすい作品でした。もしや悪人なのだろうか。でもたぶん多くの人は善人であり悪人であると思うので、たくさんの人の心に届く作品なのではないかと思います。

人は弱いよね

人は弱さゆえに、心の隙間ができ、それを埋めるために、えばったり人を馬鹿にしたりだましたり、悪いことをしてしまう。そして、その心の隙間を埋めるために人は惹かれあう、なんてことを思いました。

運命なんやろうな~

本当に良い映画でした。何回見ても良い

しっかり見てほしい

サラリと見るとただの暗い重い映画だけど、じっくり見ると、素晴らしく感動する深い映画だと思います。キャストみんな演技が上手で、集中して見れます。
人間の本性や、深い愛情をそれぞれの立場でうまく表現されています。
妻夫木さん、深津さん、樹木さん、柄本さん、満島さんの演技に心を揺さぶられます。

本質

きるとは簡単ではないですね。少なくともこれに異論を挟む人間はいないのではないでしょうか。
では、何故生きるのか? 生きて行けるのか?
これがこの映画の本質でしょう。沈む夕陽を二人で眺めるシーン、二人の表情には満足感が満ち溢れていました。このシーンがこの映画の最大の見せ場であり本質でしょう。
人間は守るべきものがあって初めて相対的に自分の存在意味を見出し、それが生きる力となる。妻夫木さんと深津さんはそれまでそういう存在に巡り会えず 、ある意味人間としては生きながらにして屍といっても過言ではなかった。そういう状況で巡り会った二人 。その時間、且つ相手が自分にとって守るべき存在と自覚してからの時間はたかだか48時間ぐらいでしょうか。でも確かにその時間は存在し、この時間はこの二人にとってそれまで積み重ねてきた二十数年の時間より遥かに意味があり、この充実した24時間はこれから二人が生きて行くための拠り所になるでしょう。
確かにこの事件は二人にとって不幸な出来事でした。しかし生きる価値を見出せないまま10年、20年過ごすより、信じあえる二人の出会えたという意味では決して不幸ではなかったのかもしれません。
素晴らしい映画でした。妻夫木さん、深津さん満島さん、李監督、そして関係者皆さんには素晴らしい映画をありがとうございました。

3度目鑑賞後・・・

その都度時間を空けてつい最近3度目の視聴。
1、2回目の時は感じ取れなかった、自分なりの印象が益々良くなってきている。
一言で言うと【最高】
恥ずかしながら、今回初めて意識できたカメラワークとカット割りの素晴らしさ。
素人に言われたくもないだろうが、自然に見せて実に凝っている。
そして演者が皆すごい!すごすぎる。
下手な人は誰もいない。
主演の妻夫木聡が当時、この映画クランクアップ後も病んでしまうほど何もできず、普通に立ち直るまでに時間がかかった・・・というようなコメントを思い出した。
そうだろう。
確かに彼は憑依しているしているような熱演だった。
しかし、それは、ずっと何か切なさと閉塞感を抱えている深津絵里も、ウザい若い女を演じる満島ひかり(当時はそれほど売れてもなかったがさすがの名演)も、イヤな感じのボンボンイケメン役の岡田将生も。。。みんな素晴らしい。
特に被害者遺族と加害者家族という対局な関係の、柄本明と樹木希林の演技合戦!
両者それぞれの 悲しみと悔しさ、無力感と絶望感・・・
もう二人の行き場のない哀しみを全身で表していて、姿だけで泣けてくるほど。
願わくばラスト、二人は逃げ切ってほしかったな・・・
ふたりだけの世界でささやかでもいい、幸せになってほしい。
警察、みのがして・・・彼は本当の 悪人 ではないのだから・・・
と思ってしまうほど、のめり込める映画だった。

映画『悪人』のネタバレ感想(ツイッター・Twitter)

ここでは、『悪人』を見た人の声や感想(ネタバレ有り)をご紹介します。

映画/邦画『悪人』をテレビ放送を見逃した!できるだけ安く見たいあなたに!

[st-kaiwa-kaisetsu-woman-no1]『悪人』の
「テレビ放送を見逃してしまった!」
「フル動画をできるだけ安く見たい!」

…そんなあなたは必見♪[/st-kaiwa-kaisetsu-woman-no1]

U-NEXTのキャンペーンを使えば動画を無料視聴できる!!

31日間の無料トライアルで視聴する!

邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

↑『悪人』をおトクに見る♪

  

-邦画(日本国内映画)

テキストのコピーはできません。

Copyright© Qooqle , 2019 All Rights Reserved.