チェリーボーイズ

投稿日:

邦画(国内映画)『チェリーボーイズ』の「あらすじ」「動画を無料視聴する方法」をご紹介していきます!

↓『チェリーボーイズ』の動画を今すぐ無料で見たい方はこちらをクリック↓

邦画(国内映画)『チェリーボーイズ』を見る邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

チェリーボーイズを無料で視聴する!

邦画(国内映画)『チェリーボーイズ』とは?(あらすじ・見どころ)

映画(詳しくは邦画・日本国内映画)『チェリーボーイズ』の作品概要邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

まずは、邦画(国内映画)『チェリーボーイズ』とはどんな作品なのか?、作品の概要をご紹介します。

あらすじ

大人になれない男たちのバカバカしくも愛おしい性春狂騒曲

■見どころ
林遣都、栁俊太郎、前野朋哉が演じる、はたから見ればばかばかしいことに懸命に取り組む不器用で情けないのにどこか愛おしいキャラクターが、多くの笑いと共感を呼ぶ。

■ストーリー
とある田舎町。
国森、吉村、高杉の幼馴染み3人は、25歳にして女性と縁のない生活を送っていた。
ナンパする勇気もなく、風俗に行く度胸もない彼らだったが、ある日、国森は童貞を捨てるために、3人でスケベな女を襲うというとんでもない計画を企てる。

ここがポイント!

原作は古泉智浩の同名コミック。
池田エライザ、石垣佑磨、岡山天音、吹越満らバラエティに富んだキャストが共演。
脚本は『アイスと雨音』で監督を務めた松居大悟。

U-NEXTキャンペーン『チェリーボーイズ』を無料で見る!>>邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

邦画(国内映画)『チェリーボーイズ』の特別動画(特典映像)

映画(詳しくは邦画・日本国内映画)『チェリーボーイズ』の特別動画(特典映像)邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

ここからは、邦画(国内映画)『チェリーボーイズ』の特別動画(特典映像)をご紹介します。

[動画]池田エライザ、林遣都の“誘い”を拒否「行かないよ」 映画「チェリーボーイズ」初日舞台あいさつ1

[チェリーボーイズ 動画]今宵はパーティー / チェリー・ボーイズ(TOMMY & GEORGE)

林遣都 主演映画「チェリーボーイズ」・映画「野球部員、演劇の舞台に立つ!」・ドラマ「FINAL CUT」コメント動画

[動画]池田エライザ、映画ヒット祈願で林遣都に本気の“ケツバット”  映画「チェリーボーイズ」初日舞台あいさつ2

[st-kaiwa-kaisetsu-woman-no1]『チェリーボーイズ』の
「テレビ放送を見逃してしまった!」
「フル動画をできるだけ安く見たい!」

…そんなあなたは必見♪[/st-kaiwa-kaisetsu-woman-no1]

U-NEXTのキャンペーンを使えば動画を無料視聴できる!!

31日間の無料トライアルで視聴する!

邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

↑『チェリーボーイズ』をおトクに見る♪

邦画(国内映画)『チェリーボーイズ』の作品紹介(キャスト・視聴率・OST・DVD情報)

映画(詳しくは邦画・日本国内映画)『チェリーボーイズ』の作品紹介(キャスト・スタッフ・視聴率・相関図・OST・DVD情報)邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

ここからは、邦画(国内映画)『チェリーボーイズ』について、より詳しく作品紹介をしていきます。

邦画(国内映画)『チェリーボーイズ』の出演者(キャスト・スタッフ紹介)

邦画(国内映画)『チェリーボーイズ』のキャスト(出演者)やスタッフをご紹介します。

映画(詳しくは邦画・日本国内映画)『チェリーボーイズ』の出演者(キャスト・スタッフ紹介)邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

映画(詳しくは邦画・日本国内映画)『チェリーボーイズ』の出演者(キャスト・スタッフ紹介)邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

映画(詳しくは邦画・日本国内映画)『チェリーボーイズ』の出演者(キャスト・スタッフ紹介)邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

映画(詳しくは邦画・日本国内映画)『チェリーボーイズ』の出演者(キャスト・スタッフ紹介)邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

映画(詳しくは邦画・日本国内映画)『チェリーボーイズ』の出演者(キャスト・スタッフ紹介)邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

キャスト
(出演者)
林遣都(役:国森信一(クンニ))
柳俊太郎(役:吉村達也(ビーチク))
前野朋哉(役:高杉誠(カウパー))
池田エライザ(役:釈笛子)
石垣佑磨(役:中出英雄(プーチン))
岡山天音(役:清水)
般若(役:五木誠一郎(ゴキ))
山谷花純(役:岩波節子)
松本メイ(役:佐久間恵(パー子))
岸明日香(役:コンビニ前の女性)
スタッフ 監督:西海謙一郎
原作:古泉智浩
音楽:石塚徹、鈴木俊介
脚本:松居大悟
製作:間宮登良松

邦画(国内映画)『チェリーボーイズ』の相関図

邦画(国内映画)『チェリーボーイズ』の人間関係をまとめた相関図です。

映画(詳しくは邦画・日本国内映画)『チェリーボーイズ』の登場人物の人間関係・相関図・チャート邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

邦画(国内映画)『チェリーボーイズ』の平均視聴率・最高視聴率

邦画(国内映画)『チェリーボーイズ』の視聴率を調べました。

最高視聴率 不明
平均視聴率 不明

邦画(国内映画)『チェリーボーイズ』のOST(オリジナルサウンドトラック・主題歌)

邦画(国内映画)『チェリーボーイズ』のOST(オリジナルサウンドトラック)の発売情報はありませんでした。

映画(詳しくは邦画・日本国内映画)『チェリーボーイズ』のOST(オリジナルサウンドトラック・主題歌)邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

邦画(国内映画)『チェリーボーイズ』のDVD&ブルーレイ発売情報

邦画(国内映画)『チェリーボーイズ』のDVD・ブルーレイ発売情報です。

映画(詳しくは邦画・日本国内映画)『チェリーボーイズ』のDVD&ブルーレイ発売情報邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

[DVD/ブルーレイ]チェリーボーイズ [DVD]

出演:林遣都, 栁俊太郎, 前野朋哉, 池田エライザ, 石垣佑磨
監督:西海謙一郎
形式:Color, Dolby, Widescreen
言語:日本語
リージョンコード:リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
ディスク枚数:1
販売元:TOEI COMPANY,LTD.(TOE)(D)
発売日 2018/07/11
時間:114 分
価格:3,809円

『チェリーボーイズ』を見たい!と思っても、
DVD/ブルーレイはちょっと高い…(^_^;)

でもNEXTのキャンペーンなら『チェリーボーイズ』を全話無料で視聴できる!!

31日間の無料トライアルで視聴する!

邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

↑『チェリーボーイズ』をおトクに見るチャンス♪

邦画(国内映画)『チェリーボーイズ』の感想レビュー

邦画(国内映画)『チェリーボーイズ』のネタバレ感想・レビュー・口コミ・クチコミ・評判)邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

邦画(国内映画)『チェリーボーイズ』の感想レビュー(ネタバレあり)

ここでは、『チェリーボーイズ』を見た人の感想レビュー(ネタバレ有り)をご紹介します。

出演者は頑張っているなあ

三人の童貞が脱出を図りドタバタする青春コメディ。
この手のジャンルは邦画ではシラケてしまう作品が多いのだが、本作は主演者たちが頑張って演じているおかげで笑えて楽しめる作品になっている。
自分の若かりし頃を思いだし、思わずホッコリした。
それにしても池田エライザは、かなり過激なシーンに挑んでおり、他人事ながら彼女のこれからのイメージや配役などに影響無いのか、やや心配になった。個人的には彼女の女優魂を見た気がして感心したが。

これは面白い!

女性がこういう映画を面白いって言っていいのかって気持ちはあるけど、本当に面白くて笑いっぱなしだった。でも見終わった後からじわじわくる。これは面白いだけでなく厚い人間ドラマだと思った。そしてそれを可能にしたのは出演者とスタッフの力量によるのだろう。
皆の作品に対する熱量と愛を感じた。
特に林遣都が演じる童貞男がスゴい!本物の童貞を連れてきて演じさせたのではと思うほど細部に至るまでリアル。今後童貞を主題とする映画・ドラマがあるのならこの国森が一つの指標となるのでは?
上映館が少ないのがもったいない映画なので、近くでかかった時にはぜひ見て欲しい。女性も偏見持たずにね。

25歳まで童貞なズッコケタ3人組の活躍

25歳まで童貞な3人組を描いた本作「チェリーボーイズ」。
このような童貞や処女をモチーフにした主人公は、決まって中学生か高校生が多い気がします。
今の時代は草食系男子とでもいうのか、20代半ばになって童貞話で盛り上がるというのが、いかにも時代を反映している点かもしれないですね。
「ブレードランナー2049」のライアン・ゴズリングが演じたKのように、そのうち童貞の相手をするのは人間だけではなくなるでしょう。
レプリカントやAIに取って筆下ろしの相手が代われば、本作のような作品は今しか描けない映画なのかもしれません。
そのような意味では、25歳のズッコケタ3人組は、愛しい野獣なのかも・・・。
また、池田エライザさんが演じた釈笛子が、林遣都さんの演じたクンニに「キモい」という言葉を投げ捨てます。
いつしか大人になってしまい、童貞も遠い昔になれば、「キモい」と言われることがなくなってしまった。それはそれで寂しいものだ・・・。
男子たるもの若い時ぐらいは「キモい」と言われるぐらいが、「生きている証し」で良いのかもしれませんね。
林遣都さん、柳俊太郎さん、前野朋哉さんの面白みたっぷりな演技。
池田エライザさんの肝いりの演技で演じたマドンナ役にも注目です!
そのほか、プーチン役の石垣佑磨さん、ゴキ役の般若さんはさらに要注目です!

深く考えなければ、笑える良作。

原作未読、予備知識ゼロの状態だが、タイトルからなんとなく話のイメージはついて、鑑賞。全体的には、偏見な見方になってしまうが中学生の下ネタのような要素が多く、やりとりなどツボにハマる笑いが多く、見ていて飽きなかった。童貞というキーワードを面白おかしく表現し、彼らが抱える性の問題も結末部分は、その辺もしっかり汲んで最後に至っているので、いいかなと思う。深く考えれば、人によって不快感や嫌悪感がゴリゴリある作風だが、最後まで観てほしいなと感じる。この作品の最大の評価ポイントは、林遣都さんら演じる童貞三人組の演技や所作。かなり自然でなぜか懐かしい気までしてしまう。そして、プーチンというキャラクターなど、一昔前の田舎にこういう奴いたなと思わせるのがこの作品の良さ。池田エライザさんは、ここ最近、映画への出演も多く、よく見かけるが、個人的には本作品のキャラクターが一番合っていて、かつビジュアルも綺麗でかっこよく感じた。

面白い

イケてない林遣都もなかなか面白いです。
モテない男子の、男の友情に最後はちょっと泣けました。

林遣都の演技力に、もはやもう驚かない。

林遣都史上、最もイメージとかけ離れた役だったのではないでしょうか。
かつてのキラキラ爽やか俳優の面影を全く感じない位、偏屈で屈折してて情けなくて女慣れしていなくていかにも童貞な男そのものでした。
自分はもともと林遣都のファンで、その演技の幅広さに何度も驚かされ、魅了されてきましたが、今回も予想以上の怪演でした。
ですが、もう驚きません。
だって林遣都なのだから。
林遣都にできない役なんて逆にあるのだろうか?
これからもきっと、我々の予想を上回る名演技を見せつけてくるはず。
一体どれだけ心を惹き付ければ気が済むのだろうか。
もはや悔しさすら感じる。
こんなにワクワクさせられる俳優を他に知らない。
これからも彼についていきたい。
改めてそう思わされた作品でした。

男性カーストと男らしさ

林遣都さんが出てるので観ました。相変わらず演技がガチですごいのですが、その面は他の方もコメントされているので、私はこのチェリーボーイズという作品自体についてコメントしたいと思います。
この映画は私はものすごく面白くて爆笑しまくったのですが、「女性を性的対象としてしか見ていなくて不快」というコメントが他の方からついているので、その点について私の感想を述べたいと思います。私も最初に観たときは、遣都さんがあまりにもガチでやばいし、テーマ的にもギリギリなので、早送りしてエンディングを先に見て、その後メイキングも先に見てしまいました。で、翌日心を安らかにしてもう一度見ると、ものすごく面白いと感じるようになりました。。なので、「女性蔑視」的な感想がついてしまう理由はよくわかります。。ただ、私が見返した感じでは、やはりこれはものすごく面白くて、なおかついい作品(しかも林遣都作品)なので、そういうイメージがついてしまうのはあまりにももったいないと思っています。このため、以下、長くなってしまいますが、この作品がなぜ面白いのか、なおかつなぜ「女性蔑視」ではないのか、という点を述べて行きたいと思います。
端的に言うと、この話は童貞の話であって、童貞の話ではない。この話に一番近いのは、タワマンとかのママ友カーストの話なんじゃないかと思います。金持ちで社会的地位も高い夫を持っているのが一番上で、普通の夫は下層とか。「夫」で女性間のヒエラルキーが決まる話ってこれまでありましたよね。この話は男性版かつ田舎版で、腕力と性的経験が多い方がカーストの上位で、弱くて童貞だと最下層(「クズ」)ってことなのだと思います。流動性が低い田舎が舞台なので、高校生の価値観がそのまま20代に持ちこされているというか。。
で、こういう話でテーマとなるのは、主人公が「カーストを上昇する」のか、それとも「カーストの外に出る」のか、という点です。遣都さんの国森や童貞仲間の場合、最初は「上昇」(童貞を捨てる)を目指すのですが、最終的には「外に出る」(「腕力と性的経験」というカーストの価値観にとらわれない)という選択になったのだと思うのです。「クズ」から脱出したい間は女性を性的対象物と見ているのですが、3人がそれぞれの経験の中で、「童貞」というところに問題を矮小化している自分自身を見つめ直し、性の強迫観念からも自由になる(すなわち「童貞の自分に開き直る」)、、という話なのじゃないかと思います。
これが最も明らかなのは、前野さん(カウパー)と山谷さん(せっちゃん)の関係だと思います。前野さんが山谷さんの雨に濡れた胸を見るシーンでは、前野さんの「童貞目線」が強調されて山谷さんの胸の部分のアップが映されるのですが、次の二人の悲しいシーンでは山谷さんの眼が中心に映されます。童貞3人組が女性をどう見ているのか、それがどう変化するのか、というのがこの作品の核となる部分だと思うので、私の感想としては、彼らは女性を単なる性的対象物とする見方から解放され、自分自身の束縛からも解放される、という点が物語の中心ではないかと感じています。(ちなみにカースト最上位だったプーチンも、カーストが壊れることで、彼自身も解放されることが描かれます。)したがって、「女性を性的対象としてのみ見る」というのは、彼らが自分自身を見つめ直す前の段階であり、作品自体のテーマはそこから解放されることなのだと私は感じています。
で、この話がなぜものすごく面白い(と私が感じている)かと言うと、この男カーストの価値観が、登場する女性たちにはまったく通用しないからなのです。カーストの頂点にいるプーチンは、笛子にもパー子にも性的に負けている。カーストの頂点にいるにもかかわらず、女にはまったく「性的強さ」が通用しない。しかも、女がただ強いだけではなく、きちんと描かれている点がさらにいい。メイキングで池田エライザさんは「笛子は女の子なんだということを、女の子の私だから深められるはず」と言われてますが、単なる「キャラ」に終わらせず、きちんと笛子を人間として演じたいというエライザさんは、若いのに素晴らしいと思いました。彼女にとってはこの役はかなり大きなリスクを伴ったチャレンジという気がしますが、彼女は本当に良く演じられていたと思います。アクションシーンも面白かったし。。女性が強く、しかもきちんと描かれているからこそ、この話はコメディとして成立するのだと思います。
ちなみに、この話のメイキングは本当に良く出来てます。遣都さんは役に入ったまま戻ってこないので、美とか湖の妖精感はまったくありません。。が、役が半分入ったままでコメントしてる時のぼさぼさ感とか、魂が半分抜けたような感じというのは、某ドラマの副音声なんかも想像できて、本当に面白かったです。「ほんまおもろいやっちゃなあ」というかんじですよ。バカ一代的というか。。あと、役を終えた後の柳さんは、やっぱり神でした。それと、役が入ってないときの吹越満さんはものすごくかっこいいですよ。かなり癖のある役が多いのでノーマークでしたが、こんなにかっこいい人だとは思わなかった。。あと、立石涼子さん、素敵ですね。
というわけで、この作品、ものすごく面白いし、丁寧に作られているので、見直すともっともっと面白く感じると思います。
上では図式的に書きましたが、実際には皆さんの演技が熱いので、もっとずっと面白く感じられるはずです。
とてもいい作品なので、ぜひ多くの方に観てほしいと思います。

私は最初から最後まで笑いっぱなしでした

林遣都さん最新作ということで視聴。かなりクズとの評判でしたが、かなりクズでした(笑)。普段のイケメン林さんは見事に消され、とりあえず声と長い指でだけ確認できたレベル。こじらせクズだけど、女性に人一倍夢を抱いているのかなーというキャラのクンニ、一番常識人で優しいカウパー(前野さん)内気で自信がないビーチク(柳さん)がクンニのために一生懸命だったのが唯一の救いかな。これは原作小説があるそうで、逆に原作を読んでみたくなりました。あとエライザちゃんカッコいいですね。ファンになっちゃいました。でも、さすがに、後味が悪いので、「にがくてあまい」を続けて見てイケメン林さんを補完しときました(笑)。

男性に共感されそう

性へのコンプレックスがコミカルに切なく(主に男性に)共感的に描かれてると思いました。
女性からすると、とても酷いこと言われている面もあると思うので、けっして主人公を肯定はできないのですが。
面白かったです。

面白かった!

古泉智裕先生の伝説の?青春漫画の金字塔?!の実写化だってためわくわくして観ました。池田エライザめっちゃ可愛いかったです。

邦画(国内映画)『チェリーボーイズ』のネタバレ感想(ツイッター・Twitter)

ここでは、『チェリーボーイズ』を見た人の声や感想(ネタバレ有り)をご紹介します。

邦画(国内映画)『チェリーボーイズ』をテレビ放送を見逃した!できるだけ安く見たいあなたに!

[st-kaiwa-kaisetsu-woman-no1]『チェリーボーイズ』の
「テレビ放送を見逃してしまった!」
「フル動画をできるだけ安く見たい!」

…そんなあなたは必見♪[/st-kaiwa-kaisetsu-woman-no1]

U-NEXTのキャンペーンを使えば動画を無料視聴できる!!

31日間の無料トライアルで視聴する!

邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

↑『チェリーボーイズ』をおトクに見る♪

  

-邦画(日本国内映画)

テキストのコピーはできません。

Copyright© Qooqle , 2019 All Rights Reserved.