円卓 こっこ、ひと夏のイマジン

投稿日:

映画『円卓 こっこ、ひと夏のイマジン』の「あらすじ」「動画を無料視聴する方法」をご紹介していきます!

↓『円卓 こっこ、ひと夏のイマジン』の動画を今すぐ無料で見たい方はこちらをクリック↓

映画『円卓 こっこ、ひと夏のイマジン』を見る邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

円卓 こっこ、ひと夏のイマジンを無料で視聴する!

映画『円卓 こっこ、ひと夏のイマジン』とは?(あらすじ・見どころ)

映画(詳しくは邦画・日本国内映画)『円卓 こっこ、ひと夏のイマジン』の作品概要邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

まずは、映画『円卓 こっこ、ひと夏のイマジン』とはどんな作品なのか?、作品の概要をご紹介します。

あらすじ

天才子役・芦田愛菜が本領発揮!普通が大嫌いな関西弁のナマイキ少女をキュートに熱演

■見どころ
偏屈な少女のひと夏の経験を描いた、直木賞作家・西加奈子の小説を映画化。
「世界の中心で、愛をさけぶ」の行定勲が監督を務め、想像力を持つことの大切さを伝える。

■ストーリー
団地に暮らす小学3年生のこっこ。
好奇心旺盛で、気になった言葉や初めて知ったことをノートに書き留めている彼女は、隣に住む吃音の少年ぽっさんの普通と違う部分に憧れを抱いていた。
しかし、一人で夏休みを過ごすことになり、最大のピンチに見舞われる。

ここがポイント!

初めて毒舌な少女を演じた芦田愛菜。
「うっさいボケ!」など凄みのある関西弁に注目!

U-NEXTキャンペーン『円卓 こっこ、ひと夏のイマジン』を無料で見る!>>邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

映画『円卓 こっこ、ひと夏のイマジン』の特別動画(特典映像)

映画(詳しくは邦画・日本国内映画)『円卓 こっこ、ひと夏のイマジン』の特別動画(特典映像)邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

ここからは、映画『円卓 こっこ、ひと夏のイマジン』の特別動画(特典映像)をご紹介します。

[動画]愛読書は江戸川乱歩!芦田愛菜『円卓 こっこ、ひと夏のイマジン』舞台あいさつ

[動画]行定監督「芦田愛菜すげえ」と絶賛! 映画「円卓 こっこ、ひと夏のイマジン」大ヒット舞台あいさつ(1)

[動画]芦田愛菜の"子どもらしい"願いごとは? 映画「円卓 こっこ、ひと夏のイマジン」大ヒット舞台あいさつ(2)

[st-kaiwa-kaisetsu-woman-no1]『円卓 こっこ、ひと夏のイマジン』の
「テレビ放送を見逃してしまった!」
「フル動画をできるだけ安く見たい!」

…そんなあなたは必見♪[/st-kaiwa-kaisetsu-woman-no1]

U-NEXTのキャンペーンを使えば動画を無料視聴できる!!

31日間の無料トライアルで視聴する!

邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

↑『円卓 こっこ、ひと夏のイマジン』をおトクに見る♪

映画『円卓 こっこ、ひと夏のイマジン』の作品紹介(キャスト・視聴率・OST・DVD情報)

映画(詳しくは邦画・日本国内映画)『円卓 こっこ、ひと夏のイマジン』の作品紹介(キャスト・スタッフ・視聴率・相関図・OST・DVD情報)邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

ここからは、映画『円卓 こっこ、ひと夏のイマジン』について、より詳しく作品紹介をしていきます。

映画『円卓 こっこ、ひと夏のイマジン』の出演者(キャスト・スタッフ紹介)

映画『円卓 こっこ、ひと夏のイマジン』のキャスト(出演者)やスタッフをご紹介します。

映画(詳しくは邦画・日本国内映画)『円卓 こっこ、ひと夏のイマジン』の出演者(キャスト・スタッフ紹介)邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

キャスト
(出演者)
芦田愛菜(役:渦原琴子)
伊藤秀優(役:ぽっさん)
青山美郷(役:理子/眞子/朋美)
入江甚儀(役:森上)
丸山隆平(役:ジビキ)
八嶋智人(役:渦原寛太)
羽野晶紀(役:渦原詩織)
いしだあゆみ(役:渦原紙子)
平幹二朗(役:渦原石太)
森山開次(役:鼠人間)
スタッフ 監督:行定勲
原作:西加奈子
音楽:めいなCo.
脚本:伊藤ちひろ
製作:小石川伸哉、本田正男、山本晋也、森岡宣喜、永井靖、窪田邦倫、徳永眞一郎、大田圭二、水口昌彦、和崎信哉

映画『円卓 こっこ、ひと夏のイマジン』の相関図

映画『円卓 こっこ、ひと夏のイマジン』の人間関係をまとめた相関図です。

映画(詳しくは邦画・日本国内映画)『円卓 こっこ、ひと夏のイマジン』の登場人物の人間関係・相関図・チャート邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

映画『円卓 こっこ、ひと夏のイマジン』の平均視聴率・最高視聴率

映画『円卓 こっこ、ひと夏のイマジン』の視聴率を調べました。

最高視聴率 不明
平均視聴率 不明

映画『円卓 こっこ、ひと夏のイマジン』のOST(オリジナルサウンドトラック・主題歌)

映画『円卓 こっこ、ひと夏のイマジン』のOST(オリジナルサウンドトラック)の発売情報はありませんでした。

映画(詳しくは邦画・日本国内映画)『円卓 こっこ、ひと夏のイマジン』のOST(オリジナルサウンドトラック・主題歌)邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

映画『円卓 こっこ、ひと夏のイマジン』のDVD&ブルーレイ発売情報

映画『円卓 こっこ、ひと夏のイマジン』のDVD・ブルーレイ発売情報です。

映画(詳しくは邦画・日本国内映画)『円卓 こっこ、ひと夏のイマジン』のDVD&ブルーレイ発売情報邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

[DVD/ブルーレイ]円卓 こっこ、ひと夏のイマジン [DVD]

出演:芦田愛菜, 伊藤秀優, 青山美郷, 入江甚儀, 丸山隆平
監督:行定勲
形式:Color, Dolby, Widescreen
リージョンコード:リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
画面サイズ:1.78:1
ディスク枚数:1
販売元:ポニーキャニオン
発売日 2014/12/17
時間:113 分
価格:12,450円
[特殊内容/特典]
【特典映像】
●ミニ特番「女優・芦田愛菜」編、「小学3年生だった頃」編
●完成披露試写会舞台挨拶
●予告・スポット集

[DVD/ブルーレイ]円卓 こっこ、ひと夏のイマジン [Blu-ray]

出演:芦田愛菜, 伊藤秀優, 青山美郷, 入江甚儀, 丸山隆平
監督:行定勲
形式:Color, Dolby, Widescreen
リージョンコード:リージョンフリー(全世界共通)
画面サイズ:1.78:1
ディスク枚数:1
販売元:ポニーキャニオン
発売日 2014/12/17
時間:113 分
価格:5,454円
[特殊内容/特典]
【特典映像】
●ミニ特番「女優・芦田愛菜」編、「小学3年生だった頃」編
●完成披露試写会舞台挨拶
●予告・スポット集

『円卓 こっこ、ひと夏のイマジン』を見たい!と思っても、
DVD/ブルーレイはちょっと高い…(^_^;)

でもNEXTのキャンペーンなら『円卓 こっこ、ひと夏のイマジン』を全話無料で視聴できる!!

31日間の無料トライアルで視聴する!

邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

↑『円卓 こっこ、ひと夏のイマジン』をおトクに見るチャンス♪

映画『円卓 こっこ、ひと夏のイマジン』の感想レビュー

映画『円卓 こっこ、ひと夏のイマジン』のネタバレ感想・レビュー・口コミ・クチコミ・評判)邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

映画『円卓 こっこ、ひと夏のイマジン』の感想レビュー(ネタバレあり)

ここでは、『円卓 こっこ、ひと夏のイマジン』を見た人の感想レビュー(ネタバレ有り)をご紹介します。

子供映画だと馬鹿に出来ない

凄くいいストーリーで、引き込まれた。
思いやりがないのは性格が悪いからではない。
想像力が足りてないだけなんだと。
子供だから成長譚で済まされるが、大人でも想像力が足りない人間が目立つ昨今。
子供向け映画だと馬鹿にしないで見て欲しい。
子供にでも理解できる理屈を、大人が実践できていない現状は悲劇としかいいようがない。
イマジンを習得した小学三年生に負けてはならない。

イマジン

青春時代に傷みがある。しかし、幼年時代には青春時代とはまた一味違う傷みがある。
「うるさい、ボケー!」と虚勢を張り、ジャポニカ練習帳に人から聞いた未知の言葉を書き写し、祖父から”イマジン”の大切さを教わって、胸がしめつけられる。こっこ(琴子)の頭と心はフル回転。空回りする部分が傷みに転化する。
小学校3年生にとっては、死など言葉でしか実感できない。だから、死の恐怖からははるか遠い所にいる。
琴子の祖父は言う。”イマジンはな、年取ったらなあ、わかってくることもある。相手がどう思うか、年取ったほうがわかることもあるのや。・・・死ぬのが怖いというのは、生きることを大切にするってことやろ”。
自分が普通に幸せな家族の中で大事にされていることを忘れ、在日4世の韓国人や祖父母がボートピープルのベトナム人のクラスメイトを羨ましがる。不整脈やものもらいになったクラスメイトのように、みんなから注目されたい。目立ちたいのに、他人が目立ってしまう。あまりに自分は普通すぎるのだ。夏休みなんか、田舎のない自分によっては、苦痛のなにものでもない。自分が見えない、そして他人が見えない琴子の傷みと焦りが、観る側からするととても痛い。そして、その琴子を演じる芦田愛菜のあまりの上手さに、余計心が痛む。
大人になればわかる、というけれど、好奇心は先走りする。だからイマジンよりも、その場の感情が支配する。
彼女が大人になって真っ先に実感すること。それは、父、母、祖父母、3つ子の姉、そして後に生まれてきた妹(または弟)との他愛もない何の変哲もない毎日に価値があること。
けっしてドラマチックではないかもしれない。でも、人の気持ちを思いやることが”イマジン”であるのなら、それがいっぱい満ち溢れた大家族の一員としての幸せにじわーっとくる瞬間が、彼女にも必ず訪れるのだ。

自然と笑顔になる!

子どもたちの言うことなすことにいちいちクスッときます。
内容はリアルなのにコミカルに話が進んでいくので最後までずーっと楽しめました(*^^*)
芦田愛菜ちゃんすごい!

イマジンによる心の成長

原作の流れや世界観やイメージをそのまま忠実に映像にした感じで、かなり入り込めた。
何にでも興味を示すのは子ども特有のこと。例えば在日韓国人とは何かというように、子どもだからこそ湧く疑問をそのまま口に出してしまうこともあるけれど、それは子どもだからこそ答えられる疑問でもある。
そんな子ども時代にしか素直に聞けないことをズバズバ人に聞いてしまうところも、こっこの、そして子どもの良さなんだと思う。
この映画の重要な場面は、こっことぽっさんと石太が話をする場面。そこでイマジンの重要性を知ったこっこは、それから人の気持ちをイマジンしようと心掛け、それが僅かだけど人間的な成長に繋がっていく。
こっこの成長には、ぽっさんの存在が不可欠だったように思えるくらい、ぽっさんが良い味を出していた。他人とは違った価値観を持っているこっこの最大の味方であり最高の理解者だと思う。ぽっさん役の子には助演男優賞をあげてもいいくらいの演技力だった。
イマジンのことを知ってからのこっこは、不思議な行動をしていたクラスメイトのことを夢で見るようになったり、人を近寄らせないほど考え込むようになったりと、確かに成長していた。それが最後のノートの切れ端の場面に繋がったんだと思う。
たった一夏の話ではあるけれど、子どもの成長速度なんてそんな短い期間でも凄まじいんでしょうね。人の気持ちをイマジンすることで、ほんの少しだけ大人へと成長したこっこ。本当に大人になった時にどれだけそのイマジンができるようになっているのか見守っていきたいと思える、素敵な作品でした。

懐かしくてほっこり

あーわたしもこうだったなぁ…と懐かしい気持ちになりました。今となっては当たり前の単語が、いちいち不思議で覚えたくて使いたくて。他人と違うことがかっこ良くて羨ましくて。毎日疲れぎみだったので、ほっこりして優しい気持ちを取り戻せた気がします。

良かった

大阪の団地で大家族と暮らすちょっぴり偏屈な小学3年生の少女のひと夏の成長をユーモラスに描いたドラマ作品。
舞台である地域を知っているほど、日常的で笑える作品だと思われます。
出演陣の自然な関西弁と、子供たちの見事な演技に魅せられます。
是非、観て下さい。

配役が良かった

映画を見てから原作の小説も読みましたが、ごっくんの舌足らずな感じとか、ぽっさんの吃音とか、美少女だけど生意気なこっことか、残念イケメンなジビキ先生とか配役がものすごくぴったりだなあと思いました!
モノマネばかりで子供ならではのデリカシーのない行動ばかりするこっこが変質者ネズミ人間に会い恐怖を感じることにより、もっと生きたい、他人の気持ちに寄り添いたいと思うようになるというストーリーで泣ける場面もあり、感動しました。
イマジンな大人におすすめです

気持ち悪いけど見た後に満足感はある

関ジャニ∞の丸山くん目当てで見に行きました。結構出番あるのでエイターさんが見ても損はないと思う。
森山開次の気持ち悪さが最高だった。
原作未読だけどこっこちゃんは発達障害の設定なのかなとちょっと思った。

芦田愛菜さん最高です

芦田愛菜さん 貴女は マザー から この 円卓の コッコちゃん 迄、全ての作品を 観て来ましたが 天才です。私は貴女の成人して行くまで長生きしたいと つくづく思います。全ての作品を観て行きたいからです。おばさんの追っかけファンです。さて、映画円卓は 誰にでもあった 小学校時代の懐かしい思い出と 日常の中にある 家族の愛情やご近所さんに同級生 狭い世界の中にも、物語が凝縮されていた頃、まさに、イマジンしていた頃を 懐かしく あの頃の同級生達に会いたくなる 妙に心が 熱くなる作品でした。ノートをコッコに黙って 盗み見てしまう姉が いけない事なんだけど、可愛い妹の 頭の中を 覗いて見たい 一種 納得のいく愛情表現に 自分の兄を思い出し こんな感じだったなぁ と 忘れていた 子供の頃を鮮明に蘇りました 今の世の中 誰もかしこも 周りに 気遣いが なくなりましたが 自分達の時代は 優しさや思いやりを教育されていたけれど、同年代でも 忘れてしまったのか、わがことのように コッコに 寄り添う ぼっさん の純粋さをもう一度 思い出して欲しい 大人も 増えていて イマジンは思いやり 優しさ から 想像していく 先に 何があるのかは 1人1人の中に あって欲しいですね。この円卓は 大人が観て欲しいです。何回見ても 飽きない映画です。発見が有るんです。芦田愛菜さんの成長と 映画かわリンクして 行って欲しい 作品です 大人になった コッコさんも観て見たくなる 本当に 暖かい映画です。アカデミー賞 ノミネート 祈りつつ 芦田愛菜さん最高!!!!

芦田愛菜ちゃんが可愛い

芦田愛菜ちゃんが可愛い。
4年前に公開された映画、まだ小さい芦田愛菜ちゃんの素晴らしい演技がキラリと光る映画。
(この映画をみると、愛菜ちゃんも成長したんだなぁ・・・と思う。)
最近の子役の演技は凄いと感心することが多いけど、本当に芦田愛菜ちゃんは天才だと思う。こんなに小さな頃からセリフを覚えることはもちろん、自分とは違う人物の演技を、こうも完璧にこなせるなんて・・・。
子供の頃の純粋な好奇心は、大人になってからでは中々味わえない。
もちろん大人にだって好奇心はあるけど、若干、欲が絡んでいたり、ちょっとした気まぐれですぐに飽きてしまうような類の物も多い。
それに今の時代、気になったことはすぐに調べて終わってしまう。
どうしてだろう、何でだろう、とかあまり考えなくなってしまった自分が悲しい。
ちょっと生意気な関西弁の小さな女の子。
「こっこ」は優しい家族に包まれ、団地の隣には少し大人びた幼馴染。
普通じゃないことがカッコ良いと思う、純粋な子供の感覚。
「こっこ」にすれば、吃音症も、ものもらいも、ボートピープルも、在日韓国人もすべて憧れの対象。それをカッコ良いと思うことは良いが、羨ましくて真似をすることで傷つく人もいるんだよ、と優しく教えてくれる幼馴染やおじいちゃん、学校の担任など、・・・なんか良い時代(子供の世界)だなぁと、しみじみ鑑賞しておりました。
「こっこ」の大切なジャポニカ自由帳が、紙吹雪になったところが最高でした。
この映画の主役は「子供」。
どの子役も素晴らしい演技で、その子供達を囲む大人たちも最高でした。
いいなぁ。こんな子供。

映画『円卓 こっこ、ひと夏のイマジン』のネタバレ感想(ツイッター・Twitter)

ここでは、『円卓 こっこ、ひと夏のイマジン』を見た人の声や感想(ネタバレ有り)をご紹介します。

映画『円卓 こっこ、ひと夏のイマジン』をテレビ放送を見逃した!できるだけ安く見たいあなたに!

[st-kaiwa-kaisetsu-woman-no1]『円卓 こっこ、ひと夏のイマジン』の
「テレビ放送を見逃してしまった!」
「フル動画をできるだけ安く見たい!」

…そんなあなたは必見♪[/st-kaiwa-kaisetsu-woman-no1]

U-NEXTのキャンペーンを使えば動画を無料視聴できる!!

31日間の無料トライアルで視聴する!

邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

↑『円卓 こっこ、ひと夏のイマジン』をおトクに見る♪

  

-邦画(日本国内映画)

テキストのコピーはできません。

Copyright© Qooqle , 2019 All Rights Reserved.