花と蛇 ZERO

投稿日:

映画/邦画『花と蛇 ZERO』の「あらすじ」「動画を無料視聴する方法」をご紹介していきます!

↓『花と蛇 ZERO』の動画を今すぐ無料で見たい方はこちらをクリック↓

映画/邦画『花と蛇 ZERO』を見る邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

花と蛇 ZEROを無料で視聴する!

映画/邦画『花と蛇 ZERO』とは?(あらすじ・見どころ)

映画(詳しくは邦画・日本国内映画)『花と蛇 ZERO』の作品概要邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

まずは、『花と蛇 ZERO』とはどんな作品なのか?、作品の概要をご紹介します。

あらすじ

官能小説の大家・団鬼六の人気作「花と蛇」を、新しい視点で艶やかに描き出す!

■見どころ
SM調教を拉致監禁の犯罪ドラマとして捉え、アクションも加えた斬新さに注目!監督は「探偵はBARにいる」の橋本一。
ヒロイン役に元セイント・フォーの濱田のり子。

■ストーリー
M調教の模様をライブ配信する人気の闇サイト「バビロン」。
夫の借金のカタで監禁された遠山静子は、このサイトの花形として調教を受けていた。
一方、調教を拉致監禁と位置づけた警察は、女刑事・雨宮美咲の捜査でアジトを突き止め、そこへ踏み込むが…。

ここがポイント!

1974年の谷ナオミ主演作から数えて9回目の映画化。
2000年代に入ってから遠山静子を演じたのは、杉本彩と小向美奈子。

U-NEXTキャンペーン『花と蛇 ZERO』を無料で見る!>>邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

映画/邦画『花と蛇 ZERO』の作品紹介(キャスト・視聴率・OST・DVD情報)

映画(詳しくは邦画・日本国内映画)『花と蛇 ZERO』の作品紹介(キャスト・スタッフ・視聴率・相関図・OST・DVD情報)邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

ここからは、『花と蛇 ZERO』について、より詳しく作品紹介をしていきます。

映画/邦画『花と蛇 ZERO』の出演者(キャスト・スタッフ紹介)

映画/邦画『花と蛇 ZERO』のキャスト(出演者)やスタッフをご紹介します。

映画(詳しくは邦画・日本国内映画)『花と蛇 ZERO』の出演者(キャスト・スタッフ紹介)邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

キャスト
(出演者)
天乃舞衣子(役:雨宮美咲):刑事
濱田のり子(役:遠山静子):旦那の借金のカタとして監禁されてる女
桜木梨奈(役:瑠璃):主婦
辻本祐樹(役:エディ)
木村祐一(役:馬場慶彦):警部
あんり(役:雨宮美冬):美咲の身内
菅原大吉(役:黒川)
津田寛治(役:遠山隆義):静子の夫
川野直輝(役:広木)
榊英雄(役:斎藤)
スタッフ 監督:橋本一
脚本:港岳彦
原作:団鬼六
配給:東映ビデオ

映画/邦画『花と蛇 ZERO』の相関図

映画/邦画『花と蛇 ZERO』の人間関係をまとめた相関図です。

映画(詳しくは邦画・日本国内映画)『花と蛇 ZERO』の登場人物の人間関係・相関図・チャート邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

映画/邦画『花と蛇 ZERO』の平均視聴率・最高視聴率

映画/邦画『花と蛇 ZERO』の視聴率を調べました。

平均視聴率 -%
最高視聴率 -%

映画/邦画『花と蛇 ZERO』のOST(オリジナルサウンドトラック・主題歌)

映画/邦画『花と蛇 ZERO』のOST(オリジナルサウンドトラック)の発売情報はありませんでした。

映画/邦画『花と蛇 ZERO』のDVD&ブルーレイ発売情報

映画/邦画『花と蛇 ZERO』のDVD・ブルーレイ発売情報です。

映画(詳しくは邦画・日本国内映画)『花と蛇 ZERO』のDVD&ブルーレイ発売情報邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

[DVD/ブルーレイ]花と蛇 ZERO [DVD]

発売日:2014/9/12
価格:¥3.565
時間:1 時間 51 分
ディスク枚数:1
形式:Color, Dolby
言語:日本語
出演:天乃舞衣子/濱田のり子/桜木梨奈/津田寛治/川野直輝
リージョン:リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。)
メーカー:TOEI COMPANY,LTD.(TOE)(D)

[DVD/ブルーレイ]花と蛇 ZERO [Blu-ray]

発売日:2014/9/12
価格:¥4.073
時間:1 時間 51 分
ディスク枚数:1
形式:Color, Dolby, Widescreen
言語:日本語
出演:天乃舞衣子/濱田のり子/桜木梨奈/津田寛治/川野直輝
アスペクト比:1.78:1
メーカー:TOEI COMPANY,LTD.(TOE)(D)

『花と蛇 ZERO』を見たい!と思っても、
DVD/ブルーレイはちょっと高い…(^_^;)

でもNEXTのキャンペーンなら『花と蛇 ZERO』を全話無料で視聴できる!!

31日間の無料トライアルで視聴する!

邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

↑『花と蛇 ZERO』をおトクに見るチャンス♪

映画/邦画『花と蛇 ZERO』の口コミ(感想レビュー・ネタバレ注意)

映画/邦画『花と蛇 ZERO』のネタバレ感想・レビュー・口コミ・クチコミ・評判)邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

映画/邦画『花と蛇 ZERO』の口コミ(感想レビュー※ネタバレを含むため注意)

ここでは、『花と蛇 ZERO』を見た人の口コミ(感想レビュー※ネタバレを含むため注意)をご紹介します。

大好物

冒頭の制服女子高生緊縛から始まる、SM、探偵サスペンス、ガンアクション、格闘アクション、先の読めないテンポの良い展開。単なるSM映画に終わらない色々な娯楽要素てんこ盛りで大好きです。
特典付き豪華BDも買いました。

「お、団鬼六か」と思って観たら、、

パッケージングとしては完璧なB級映画でした。
ただ貶すつもりは全くありません。
縄がとてもキレイでしたし、この縄シーンのメイキングでもあれば立派な学術的資料。女刑事の妹の刺青も美しく手が入っていてもっと見たかったです。
部分を見ればネタにもなりますし、リアリティ無くいろいろ詰め込まれているのは面白いし、よくも作ったなぁと思いました。
B級なので映画として鑑賞を続けるには少し努力が必要ですが、でもですね、制作スタッフにこだわりや愛を感じます。
フラットに考えれば「アート」と「俗」は渾然ですし「暴言」と「哲学」は等価だったりすること、有りますでしょ?
さて、、
私は、日活ロマンポルノの時代から知らない土地の上映館を探して谷ナオミさんを観に行ったりして来ました。単なる映画好きですのでポルノばかりで無く「冒険者たち」を観るために近県に行ったり、ヘップバーンに恋したり、「カリオストロ」を観るために駄作の同時上映アニメも観たり、まぁ、環境が今とは違うので足を使ったわけですが、オールラウンドの鑑賞家です。
なのですが、ジャンル的にコレはメジャー枠では無いのでこの手のものを観ずに過ごしていました。2014年にこんな映画があったなんてこれからの希望です。
この映画に込められた様々な要素がいずれ発展して、シリアスな花、コミカルな花、ハードボイルドの花、芸術の花、隠微な花、、など映画の花がいろいろ咲いたらいいなと思いました。
蛇足ですがこれは、レストランなのかお化け屋敷なのか心療内科の診察室なのか分からないB級映画です。が、トロとステーキとカレーと天ぷらが一膳の皿に盛られたものを食べてみて、あぁ、これがそれぞれ別の日に別の皿に盛られたら素晴らしかろう、と思ったのです。
ある程度の年齢以上の方で映画やその制作にご興味のある方には、一度、頑張って観てみて欲しいなと思います。
追:
女優さんたちは、「映画的」にではなく「ドキュメンタリー的」にリアルで素敵でした。
・・以上、失礼いたしました。   拝

表題の通り、主演の天乃舞衣子(あまのまいこ)おねえさんが、なんとも可愛いっ!、です。
この映画を、観てみたいなぁ・・・と、思ったのは、
週刊誌の映画紹介ページで、彼女のグラビアを見てからです。
「えぇっ?!、こんな知的で可愛い、おねえさんが、縄で縛られている・・・?!」
という、驚きからでした。(今回、初めて彼女を知りました。)
ただ、日々忙しく、映画館には、なかなか足を運ぶことも出来ず、
「レンタルが出たら、借りて観ようかな。」と、思っていました
そうこうするうちに、ビデオ屋さんにDVDが並んだので
「さあ、借りようかな。」と思ったところ、なんと、レンタル賃の高いこと・・・
普段は、あまり、新作を借りたことがないので、新作の借り賃が、あんなに高いとは知りませんでした。
「これなら、7泊8日も借りたら、販売ディスクを買うことが出来てしまうのでは・・・」
と思った、私、この Amazon を検索してみました。
すると、これまた、いろいろと選択肢があるんですね・・・
「本編のみ」「特典付」「DVD」「ブルーレイ」・・・
また、それぞれに、みなさんからのコメントが付いています。
またまた、迷いました・・・
「うぅ〜〜〜む・・・」と、さんざん迷ったあげく、
清水舞台から飛び降りたつもりで、
この、「ブルーレイ + 特典付」を、選んだのでした。
結果は・・・
はい、表題の通り、「大満足っ!!!」です。
なにより、表題に書きました通り、天乃舞衣子(あまのまいこ)おねえさんが、可愛いです。
ちょっと、日常では考えられない光景の連続でした。
(↑ あたりまえですが・・・)
そうですよね、こんな知的で綺麗な、おねえさんが、縄で縛られて、
しかも、天井から吊るされて、鞭でビシバシと叩かれれるんですから・・・
もう、驚きの連続でした。
この映画を観てみようと思ったみなさん、
まさか、プライベートでは、
本気で、女の子を叩いて、痛い思いをさせようと思っている人などはいない、
と、信じたいですが、
ちょっと、彼女を紐でくくって、動けなくなった彼女を、
腕の中で、やさしく撫でまわしてみたい・・・
と、思っている人とか、
縄で縛られた女の人に、何かしらエロスを感じる人・・・
とかは、少なからずいるのではないか、と思います。
そんな人には、このセット、最高にお勧めです。
既に、他の人からコメントが付いていますように、
少々、値段が高いので、買おうと思うと躊躇してしまいますが、
特に、付属のメイキング映像、
天乃舞衣子(あまのまいこ)おねえさんの素顔が、かいま観れて、最高です。
インタビューのカメラに向かって、素直に、
「痛くて大変だけど、撮影のために、がんばっている・・・」
という意味のことを、はにかみながら笑顔で語っている彼女、
まるで、自分の彼女とデートしているように錯覚すら覚えます。
こんな彼女とデートしたいですよね。
特典映像の中で、「きむにぃ」と、インタビューで会話している、ミニスカート姿の彼女、
ついさっきまで、縄で縛られていた跡のの残る腕をさすりながら、見せてくれる笑顔、
最高に可愛いです。
メイキングだけを、別売りされているDVDもあるようですが、
このセットの方が、収録時間も長くて、ステージでのインタビューとかも収録されているので、
別々に購入するより、こちらのセットを買った方が、お得じゃないですかね。
以上、まったく、私の個人的な感想でした。
<追伸>
どうせなら、付属の特典ディスクも、
DVDではなくて、ブルーレイのハイビジョンにしてくれたら、
言うことなしでした

期待していた

期待していたので、購入しました。
内容にかかわらず、案外興奮する内容でした。

エログラビティ

何がZEROなのか、どうでもいいことだが『花と蛇』シリーズ復活はうれしい限り。
壇蜜が吊るされるなら、目をつぶってでも★5.だが、あまり知らない女優さんなので少し減点しておこう。
杉本彩が築いたエロスを、身体に鞭打って受け継いでいるスタッフに感謝。
学芸会みたいなセリフも趣きと前向きに捉え、意外と胸を打つストーリーに望外の★4.
あり得ないほど高い点数をつけすぎたが、巷に出回るAVよりもずっと素晴らしい。

アンゴラ文芸作品

橋本一「探偵はBarに・・・」の監督にてこれまでの団鬼六原作・ロマンポルノ作品とは一線を画したおもしろい作品だと思う。ストーリーのひねり方や最後のグロテスクで蕩殺的かつシュールな終わり方といいなかなか好きです。エロティックな描写にも三人同時噴水シーン等、工夫があって面白かった。団鬼六さんや千草忠夫さんなどSM作家というのは多分に文学的な描写力に秀でており、映像化するのは簡単でない。映像を観るより文章のほうが官能的な所以。しかしこの作品は健闘していると思う。

[ネタバレ] B級アクション風味の耽美映画?

うーん!だけど、深作欣二さんばりの横倒し画面やら、鈴木清順さんばりの濡れ場に紙吹雪舞い落ちと、効果的かどうかは別として、監督がやりたかったことを詰め込んだ心意気に高得点を付けました。
この手の映画はストーリーを追うのでは、映像美を追求するべきではないでしょうか。
緊縛された裸体を弄ばれて、ネットで配信される。羞恥に閉ざしていた心も反応する肉体に懐柔されていく。
落ちていくごとに美しく輝く表情や肉体を丁寧に撮っていくことで、心の移り変わりや、緊縛師への憎しみが愛に変わっていくのを表現する。
それが、この手の映画の持ち味であり、濱田のり子さんの見せ所だったのにセリフだけで片付けたら、濱田さんが可哀そうです。
日活ロマンポルノでの田中登監督や小沼勝監督は、ちゃんと押さえどころを踏まえていましたよ。
桜木梨奈さんは素晴らしいですね。自分の役をきちんと押さえて、それでいて個性を存分に発揮されています。菅原大吉さんも、楽しんで取り組んでいられるのが伝わりました。
津田寛治さんの熱演も素敵です。『六月燈の三姉妹』とは違った役どころながらも、自分の持ち味を出し切っていました。
木村祐一さんも、キャラクター全開の演技に楽しめました。
エンドロールが流れた時に、木村祐一さんがキャストのラストだったのは驚きました。と言うより、津田寛治さんや菅原大吉さんの心が広過ぎるのかな。

桜木梨奈が素晴らしい!

もしかしたら、今までのシリーズとか、本来のピンク映画が好きで観に行かれた人には物足りないかも知れないなぁと思いました。
私の場合は、主演女優の一人、桜木梨奈さんが好きで、始めてこの「花と蛇」シリーズを観ましたから、ちょっと視点が違うと思われます。
そんな私の感想です。
昨年から俄然注目の我が岐阜市出身の女優、桜木梨奈さんの最新主演作。
どうにも、昨年来、彼女の映画は「R指定」が多くて、普段、私が観に行かないジャンルの映画を観る機会が増えちゃったんですが、今回も、R18指定です。
なんたって、「花と蛇」シリーズと言えば、超有名シリーズなのはご存じの通り。
その最新作の主演(トリプル主演の一人)とあらば、世間の注目度も今までの出演作品よりずっと高いわけです。
公開の映画館も全国規模だし、東京では、あの丸の内東映劇場だなんて、私が東京に居た頃にも散々通った映画館だったりして、なんだか、ホントに凄い出世ですよ。
もう、今までのように直接顔を合わせたりお話したりするなんて機会も少なくなっちゃうかも知れませんねぇ。
ファンとしては寂しい気持ちもありますが、なんたってこれでどんどん大女優、人気女優になっていってくれたらいいなと願うばかりです。
さて、そんな梨奈さん。
この映画でも、今までの映画同様、素晴らしいです!
映画のお話を追っていて、途中までは、女刑事の方の役のが適任だったんじゃないかとかも思ってたんですが、なんのなんの、この人妻役も終盤に向けて、梨奈さんの本領発揮でしたねぇ。
「振り切った」表情がたまりません!
映画自体は、もちろんR18指定という事もあって、エロなシーンも満載なワケですが、終盤の畳み掛けるような展開からラストシーンまで、もうアクション映画でも観てる気持ちです。
トリプル主演の中で、なんとなく「3番目」感がぬぐえずにいた梨奈さんの役でしたが、観終わってみれば、怖ろしいまでの存在感!さすがです!
普段のある種天然的な桜木梨奈さんを知ってると、いつも映画の中の彼女とのギャップに驚かされますが、これは毎度のこと。それこそが彼女の魅力でもあります。
いつも、言われなきゃ気付かないくらい役になり切ってしまう七変化カメレオン女優の梨奈さんですが、今回もそんな梨奈ワールドにしっかりヤラれちゃいましたw
次はまたどんな桜木梨奈が観られるのか楽しみでなりません。

映画/邦画『花と蛇 ZERO』のネタバレ感想(ツイッター・Twitter)

つづいて、『花と蛇 ZERO』を見た人の声や感想(※ネタバレを含むため注意)をご紹介します。

映画/邦画『花と蛇 ZERO』をテレビ放送を見逃した!できるだけ安く見たいあなたに!

[st-kaiwa-kaisetsu-woman-no1]『花と蛇 ZERO』の
「テレビ放送を見逃してしまった!」
「フル動画をできるだけ安く見たい!」

…そんなあなたは必見♪[/st-kaiwa-kaisetsu-woman-no1]

U-NEXTのキャンペーンを使えば動画を無料視聴できる!!

31日間の無料トライアルで視聴する!

邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

↑『花と蛇 ZERO』をおトクに見る♪

  

-邦画(日本国内映画)

テキストのコピーはできません。

Copyright© Qooqle , 2019 All Rights Reserved.