花と蛇2 パリ/静子

投稿日:

映画/邦画『花と蛇2 パリ/静子』の「あらすじ」「動画を無料視聴する方法」をご紹介していきます!

↓『花と蛇2 パリ/静子』の動画を今すぐ無料で見たい方はこちらをクリック↓

映画/邦画『花と蛇2 パリ/静子』を見る邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

花と蛇2 パリ/静子を無料で視聴する!

映画/邦画『花と蛇2 パリ/静子』とは?(あらすじ・見どころ)

映画(詳しくは邦画・日本国内映画)『花と蛇2 パリ/静子』の作品概要邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

まずは、『花と蛇2 パリ/静子』とはどんな作品なのか?、作品の概要をご紹介します。

あらすじ

異国情緒漂うパリで杉本彩が体当たりの演技を見せる官能ドラマシリーズ第2弾

■見どころ
石井隆監督と杉本彩が再びタッグを組み、めくるめくSM地獄を披露。
より過激さの増した責め苦のシーンに加え、遠藤憲一、宍戸錠ほか、脇を固める俳優陣の演技も見事。

■ストーリー
遠山が援助を続けている画学生・池上の様子を窺うため、パリのアパートを訪れた静子。
だが彼からモデルを頼まれ、恥辱的なポーズを取らされるうち、次第にその恍惚感の虜になっていく。
やがて完成した作品を、静子は古城のオークション会場へと持ち込むが…。

[st-kaiwa-kaisetsu-woman-no1]『花と蛇2 パリ/静子』の
「テレビ放送を見逃してしまった!」
「フル動画をできるだけ安く見たい!」

…そんなあなたは必見♪[/st-kaiwa-kaisetsu-woman-no1]

U-NEXTのキャンペーンを使えば動画を無料視聴できる!!

31日間の無料トライアルで視聴する!

邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

↑『花と蛇2 パリ/静子』をおトクに見る♪

映画/邦画『花と蛇2 パリ/静子』の作品紹介(キャスト・視聴率・OST・DVD情報)

映画(詳しくは邦画・日本国内映画)『花と蛇2 パリ/静子』の作品紹介(キャスト・スタッフ・視聴率・相関図・OST・DVD情報)邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

ここからは、『花と蛇2 パリ/静子』について、より詳しく作品紹介をしていきます。

映画/邦画『花と蛇2 パリ/静子』の出演者(キャスト・スタッフ紹介)

映画/邦画『花と蛇2 パリ/静子』のキャスト(出演者)やスタッフをご紹介します。

映画(詳しくは邦画・日本国内映画)『花と蛇2 パリ/静子』の出演者(キャスト・スタッフ紹介)邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

キャスト
(出演者)
杉本彩(役:遠山静子)若き実業家の後妻
遠藤憲一(役:池上亮輔)
不二子(役:池上小夜子)
荒井美恵子(役:オークションの女・貴子)
伊藤洋三郎(役:オークションの司祭)
品川徹(役:及川清輝)
中山俊(役:墨田)
宍戸錠(役:遠山隆義)
スタッフ 監督:石井隆
原作:団鬼六
音楽:安川午朗
脚本:石井隆

映画/邦画『花と蛇2 パリ/静子』の相関図

映画/邦画『花と蛇2 パリ/静子』の人間関係をまとめた相関図は見つかりませんでした。
(※公式サイトでも用意されていませんでした。)

映画/邦画『花と蛇2 パリ/静子』の平均視聴率・最高視聴率

映画/邦画『花と蛇2 パリ/静子』の視聴率を調べました。

最高視聴率 不明
平均視聴率 不明

映画/邦画『花と蛇2 パリ/静子』のOST(オリジナルサウンドトラック・主題歌)

映画/邦画『花と蛇2 パリ/静子』のOST(オリジナルサウンドトラック)の発売情報はありませんでした。

映画/邦画『花と蛇2 パリ/静子』のDVD&ブルーレイ発売情報

映画/邦画『花と蛇2 パリ/静子』のDVD・ブルーレイ発売情報です。

映画(詳しくは邦画・日本国内映画)『花と蛇2 パリ/静子』のDVD&ブルーレイ発売情報邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

[花と蛇2 パリ/静子 DVD/ブルーレイ]花と蛇2 パリ / 静子 [DVD]

出演:杉本彩, 遠藤憲一, 不二子, 荒井美恵子, 伊藤洋三郎
監督:石井隆
形式:Color, Dolby, Widescreen
言語:日本語
リージョンコード:リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
画面サイズ:2.35:1
ディスク枚数:1
販売元:東映
発売日 2005/09/21
時間:113 分
価格:4,663円

[花と蛇2 パリ/静子 DVD/ブルーレイ]花と蛇2 パリ / 静子【Blu-ray】

出演:杉本彩, 遠藤憲一, 不二子, 荒井美恵子, 宍戸錠
監督:石井隆
形式:Color, Dolby, Widescreen, アダルト
言語:日本語
リージョンコード:リージョンA (詳細についてはこちらをご覧ください DVD/Blu-rayの仕様。)
画面サイズ:1.78:1
ディスク枚数:1
販売元:TOEI COMPANY,LTD.(TOE)(D)
発売日 2010/12/03
時間:113 分
価格:5,045円

『花と蛇2 パリ/静子』を見たい!と思っても、
DVD/ブルーレイはちょっと高い…(^_^;)

でもNEXTのキャンペーンなら『花と蛇2 パリ/静子』を全話無料で視聴できる!!

31日間の無料トライアルで視聴する!

邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

↑『花と蛇2 パリ/静子』をおトクに見るチャンス♪

映画/邦画『花と蛇2 パリ/静子』の口コミ(感想レビュー・ネタバレ注意)

映画/邦画『花と蛇2 パリ/静子』のネタバレ感想・レビュー・口コミ・クチコミ・評判)邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

映画/邦画『花と蛇2 パリ/静子』の口コミ(感想レビュー※ネタバレを含むため注意)

ここでは、『花と蛇2 パリ/静子』を見た人の口コミ(感想レビュー※ネタバレを含むため注意)をご紹介します。

昔高校生ぐらいの時

谷ナオミとか小川奈津子なんかの「花と蛇」を、18歳以上のふりして見に行ったな。その中に石井隆の「天使のはらわた」なんかがあって、ポルノなのに何かドラマ部分に引き付けられる部分があって、光っていた。この映画にもそんな石井節が流れている。単なる即物的エロに留まらず、心理描写がよく描かれている。女性が見ても大丈夫だ。

杉本彩あっての作品でしょう。

過去に何度も映画化されてきたSM小説界の巨匠・団鬼六の代表作。
有名なダンサーの静子(杉本彩)の夫である実業家遠山(野村宏伸)はある日、暴力団組長・森田(遠藤憲一)に、脅迫を受ける。
それは静子をさらうための罠だった。
黒幕は、田代一平(石橋蓮司)。
脅しに屈した遠山は、何も知らない静子をパーティに連れて行くが、そこはSMショーを楽しむ秘密クラブだった…。
杉本彩が、過酷な撮影に臨み、文字通り体を張った演技を見せてくれる。
縛り上げられるなど、厳しいSMシーンに挑み、華麗なダンスも披露してくれた、本格的初主演作。
とにかく杉本彩なくして、この作品はありえないし、この映像美もなしえない。
続編も素晴らしいが、本作品あっての続編でしかない。
とにかく、お見事でした。

素晴らしいハードリメイク。ビバ杉本彩

タイトルにまずやられました!えぐい!シジーはこういうふうに使うべきだ!まず脇のかたが良かったです!特に野村さんの弱い社長ぶりは良かったです!おろおろぶりがすごいいい!石井監督の前半のたたみかけるカットとお約束カットにぐいぐいひきこまれ、後半のショーがすごかったです。なにより杉本彩さんがすごい!がちでつばでろーんだしててエッチでした!和服の入場シーンが美しい!これはまた新しい大人の娯楽作の誕生です!彩さん応援してます!

原作は団鬼六の小説で、石井隆監督による実写化第2弾。

前作よりもストーリーは練られています。
単調ながらちゃんとどんでん返しがあったり。
主演の杉本彩もストーリー的なものがほとんどなかった前作よりも、演技らしい演技をきちんとみせてくれてますね。
遠藤憲一、宍戸錠、伊藤洋三郎らはさすがです。
ま、でも、あくまで前作と比べてであって、やはりピンク映画ですよね(笑)。

美術評論家の夫(宍戸錠)の指示により、

美術評論家の夫(宍戸錠)の指示により、パリ在住の画学生(遠藤憲一)のもとを訪れた夫人(杉本彩)が、縛り絵のモデルを引き受けるうちに、新たな情欲に気付かされていく。団鬼六の同名小説を石井隆が脚色している、東映製作のSM映画。引き続き杉本彩が主演だが、前作との関連性はない。
精力の衰えに打ちひしがれている美術評論家が美しい後妻をもらうのだが、「果たしてセックスの歓びを与えることができているのか?」という強迫観念に苛まれてしまう。この時点で「谷崎潤一郎の系譜」と察することができる。
フランスでロケ撮影をしているが、屋外の「パリっぽいところ」を収録しているだけであり、基本的には密室劇。現地の主要キャストが一人もおらず、日本人同士の日本語芝居がメイン。パリである必要性に大きなクエスチョンマークが出る。一方、杉本彩の婀娜っぽい芝居は相も変わらず。股間にスポットライトをあてて、ハレーションを起こす効果も卑猥でヨロシイ。

杉本さん最高です。

久々に1と2を見ましたが、杉本さんのエロチックな演技最高でした。

飽きない内容

一度見た事があったので内容は分かっていたのですが何度みても面白いです。

素晴らしい内容

ストーリーもしっかりしていて、素晴らしい内容に仕上がってる。

静子に投影された“名美”への想い

前作を凌ぐSMシーンに話題が集中しがちだったのは仕方がないが、見逃してはならないのはストーリーの根底に流れる愛のドラマ…久しく封印された“名美と村木”を彷佛とさせる石井隆流の“メロドラマ”だ。
老いと共に肉体が“不能”となった美術評論家の夫・遠山、才能がありながら描きたい絵が描けない精神が“不能”の若い画家・亮輔。二人の男は自らの“不能”をヒロイン・静子への愛によって取り戻そうとする。遠山は静子を試すために金髪のパリジェンヌに姿を偽り、亮輔は静子への想いをスポンサーへのサービスだと心を偽る。“不能”が故の男たちの偽りはそれを正当化すればするほど滑稽となり、隠そうとすればするほど残酷な罠へと発展する。静子はそんなどうしようもない男たちによって残酷なSM儀式に祭られ、辱めを受けるが、それでもなお、男たちの“不能”が故の愚かさをかばい、愛おしく抱きとめようとまでする。これこそ、奈落に堕ちていくほどに美しい輝きを増し、優しさを心に纏う石井ワールドのヒロイン像そのもの。これに似た構図は劇画作品の時代から何度も繰り返し描き続けられた至高の美学だ。
ストーリー終盤、“不能”を脱した亮輔の「本当に描きたかった絵」としてジョーカーのように映し出された一枚の油絵。劇中で亮輔は静子をモデルとしていながら、妹・小夜子を描いたと偽っている。しかしそれは元来まぎれもなく石井隆自身が“名美”の姿を描いた絵ではないか。重層的にカモフラージュしつつその絵に込めようとする想いとは何なのか。それは単にドラマを終わらせるために切った捨て札だったのか、それとも自ら“名美と村木”への封印を解くために繰り出した切り札だったのか。その解釈に妄想をめぐらせるだけで、この作品は何度も違う楽しみ方を提示してくれる。

映画館で見たけれど

もう一度見たくて、DVD買いました。一流の俳優を多数使っているので、さすがに鬼気迫るものがあります。これはもはや、単なるポルノではなく、文学作品の匂いがします。本当のSMの香りがします。

映画/邦画『花と蛇2 パリ/静子』のネタバレ感想(ツイッター・Twitter)

つづいて、『花と蛇2 パリ/静子』を見た人の声や感想(※ネタバレを含むため注意)をご紹介します。

映画/邦画『花と蛇2 パリ/静子』をテレビ放送を見逃した!できるだけ安く見たいあなたに!

[st-kaiwa-kaisetsu-woman-no1]『花と蛇2 パリ/静子』の
「テレビ放送を見逃してしまった!」
「フル動画をできるだけ安く見たい!」

…そんなあなたは必見♪[/st-kaiwa-kaisetsu-woman-no1]

U-NEXTのキャンペーンを使えば動画を無料視聴できる!!

31日間の無料トライアルで視聴する!

邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

↑『花と蛇2 パリ/静子』をおトクに見る♪

  

-邦画(日本国内映画)

テキストのコピーはできません。

Copyright© Qooqle , 2019 All Rights Reserved.