ハラがコレなんで

投稿日:

映画/邦画『ハラがコレなんで』の「あらすじ」「動画を無料視聴する方法」をご紹介していきます!

↓『ハラがコレなんで』の動画を今すぐ無料で見たい方はこちらをクリック↓

映画/邦画『ハラがコレなんで』を見る邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

ハラがコレなんでを無料で視聴する!

映画/邦画『ハラがコレなんで』とは?(あらすじ・見どころ)

映画(詳しくは邦画・日本国内映画)『ハラがコレなんで』の作品概要邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

まずは、『ハラがコレなんで』とはどんな作品なのか?、作品の概要をご紹介します。

あらすじ

仲里依紗がお人好しの妊婦に!「粋」と「義理」にこだわるヒロインを描く人情コメディ

■見どころ
「川の底からこんにちは」など、人間ドラマに定評のある石井裕也監督が、「粋」をテーマにコミカルな人間模様を描出。
仲里依紗が、気風のいいヒロインを好演している。

■ストーリー
妊娠9カ月の光子は、子供の父親と別れ、幼少期に暮らした長屋へと流れ着く。
しかし、長屋に残っていた知己は大家のおばちゃんと、食堂を経営する陽一とその叔父・次郎だけ。
義理堅い彼らは、互いに遠慮しあって新たな人生を歩み出せずにいた。

U-NEXTキャンペーン『ハラがコレなんで』を無料で見る!>>邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

映画/邦画『ハラがコレなんで』の作品紹介(キャスト・視聴率・OST・DVD情報)

映画(詳しくは邦画・日本国内映画)『ハラがコレなんで』の作品紹介(キャスト・スタッフ・視聴率・相関図・OST・DVD情報)邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

ここからは、『ハラがコレなんで』について、より詳しく作品紹介をしていきます。

映画/邦画『ハラがコレなんで』の出演者(キャスト・スタッフ紹介)

映画/邦画『ハラがコレなんで』のキャスト(出演者)やスタッフをご紹介します。

映画(詳しくは邦画・日本国内映画)『ハラがコレなんで』の出演者(キャスト・スタッフ紹介)邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

キャスト
(出演者)
仲里依紗(役:原光子)
中村蒼(役:児玉陽一)
稲川実代子(役:清)
並樹史朗(役:原芳隆)
竹内都子(役:原早苗)
大野百花(役:原光子(小学生))
鈴木励和((役:児玉陽一(小学生))
近藤芳正(役:斉藤)
螢雪次朗(役:加藤)
スタッフ 監督:石井裕也
音楽:渡邊崇
脚本:石井裕也
製作:水口昌彦、山崎浩一、百武弘二、佐竹一美、古玉國彦、林和男、喜多埜裕明、冨木田道臣、内藤修、細字慶一

映画/邦画『ハラがコレなんで』の相関図

映画/邦画『ハラがコレなんで』の人間関係をまとめた相関図は見つかりませんでした。
(※公式サイトでも用意されていませんでした。)

映画/邦画『ハラがコレなんで』の平均視聴率・最高視聴率

映画/邦画『ハラがコレなんで』の視聴率を調べました。

最高視聴率 不明
平均視聴率 不明

映画/邦画『ハラがコレなんで』のOST(オリジナルサウンドトラック・主題歌)

映画/邦画『ハラがコレなんで』のOST(オリジナルサウンドトラック)の発売情報はありませんでした。

映画/邦画『ハラがコレなんで』のDVD&ブルーレイ発売情報

映画/邦画『ハラがコレなんで』のDVD・ブルーレイ発売情報です。

映画(詳しくは邦画・日本国内映画)『ハラがコレなんで』のDVD&ブルーレイ発売情報邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

[DVD/ブルーレイ]ハラがコレなんで [DVD]

出演:仲里依紗, 中村蒼, 石橋凌, 稲川実代子, 並樹史朗
監督:石井裕也
形式:Color, Dolby, Widescreen
言語:日本語
リージョンコード:リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
画面サイズ:1.78:1
ディスク枚数:1
販売元:ポニーキャニオン
発売日 2012/05/02
時間:169 分
価格:3,800円
【特典映像】
メイキング特番/予告篇集/短編『ウチの女房がコレなんで』『娘の彼氏がコレなんで』
【初回生産限定】特製スリーヴケース※特典がなくなり次第、通常仕様となります

『ハラがコレなんで』を見たい!と思っても、
DVD/ブルーレイはちょっと高い…(^_^;)

でもNEXTのキャンペーンなら『ハラがコレなんで』を全話無料で視聴できる!!

31日間の無料トライアルで視聴する!

邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

↑『ハラがコレなんで』をおトクに見るチャンス♪

映画/邦画『ハラがコレなんで』の口コミ(感想レビュー・ネタバレ注意)

映画/邦画『ハラがコレなんで』のネタバレ感想・レビュー・口コミ・クチコミ・評判)邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

映画/邦画『ハラがコレなんで』の口コミ(感想レビュー※ネタバレを含むため注意)

ここでは、『ハラがコレなんで』を見た人の口コミ(感想レビュー※ネタバレを含むため注意)をご紹介します。

素直に面白かったけどw

観てから評価見たけどあまり高くなのがビックリ。
コメディーと割り切って観ればかなり楽しいです。
深く考えるな!いいじゃん粋で!てな乗りで観ましょう。

石井監督の作品で一番好きだ

「川の底から…」までの作品が全く嫌いで、どこが日本映画の救世主なんだ?と思ってましたが、これは良かった!見直しました。
単純に仲さんが好きで、満島が嫌いなだけかもしれないけど。
「OK」「大丈夫」「昼寝」「風向き」
かなり、元気をもらいました。
仲さんは、凄い女優だ。すんごい大物になるような気がする。

評価悪いけど…

黙って立つ料理人2人。かなり笑えた。そんなに悪くないぞ。

うつ病です

うつ病で精神科に通院しています。
どんな薬、カウンセリングより効果バッチリ
元気が湧き出しました。
本当に、感謝!!

面白いよ!!

面白い!!何度も笑いました。この監督の作品は「川の底からこんにちは」「君と歩こう」と見たが、主題がぶれないし、笑いの作り込みが見事です。役者を生かしています。それにしても女が腹を決めたときは凄いですね!!評価は別れているようですが、個人的には「OK!」デス。これからも単館系のハンドメイドな作りを失わないで貰いたいと思います。

良かった、一人じゃなくて

厳しい評価が多かったので、警戒しておりましたが、言うほど悪くもなく、むしろハードルを下げていたこともあり、十分に楽しめました。
石井監督の作品の独特なリズムや間の取り方、そして、笑いのセンスに馴染まない人にとっては、つまらないでしょうが、過去の石井監督の作品に満足した人や個人的には笑いのベクトルが一緒の様に感じる三谷幸喜監督の作品を受け入れることができるならば、楽しい作品となるのではないでしょうか。
批判の的の一つであるリアルさ、つまり、本当のいき・意気(粋と書くのは誤用)や本当の妊婦、はたまた、下町や人情についてツッコミは、リアルさを求められる映画作品には必要かも知れませんが、ずれていることによる描かれる世界観の面白味という点からも的外れなものでしょう。
この作品においての大きな魅力となっているのが、金無い・家無い・旦那無い、妊娠9ヶ月の物事を何でも粋か粋でないかで判断する原光子(仲里依紗)の迷言(?)の数々でしょう。
”いい風ふいてないときは、昼寝が一番、風向きが変わったら、その時、どーんと行けばいいんだから”
”強いて言うなら、風に聞いて”
”どーんと迷惑掛けてよ”
”私の人生には、安定期なんてなかった”
”とりあえず、生きていくしかないんでしょ”
”大抵のことは、大丈夫なんですから”
等々、他にも沢山ありますが、結局は
”良かった、一人じゃなくて”
の一言に尽きるのでしょう。
他人への思いやりである人情無くしては”いき”には生きられないのですから。

思い込み女子が世界を救う

かなり楽しめたし、ちょっとウルっと来ました!
映画館では結構笑ってる人が居ました。どちらかというと男の人のほうが笑っているかも。
出ている人のキャラがすごく面白くって。大家のオバちゃんとか。
仲里依紗演じる主人公みたいな人は、そうそう居ないと思うけど、
居たらいいなぁ!と思います!
周りにこんなスーパーポジティブが居たら・・・と思いました。
あと、思い込みって必要かも、とか考えました。
私の友人の思い込み女子は、15歳くらい年下の彼とラブラブだけど、
「年の差が・・・」とか関係ないですものね。
「全然大丈夫!」って思ってますもの、この映画の主人公みたいに。
そういうことに気付いた・・・コメディーだけど、いい映画でした。
みなさん、意外に評価が厳しくてびっくり。
ということで、ひさ~しぶりに書いてみました。

繊細さのあるコメディ

励まされ、楽しめる温かい作品です。
笑いの中にどん詰まりの現代社会に対する
繊細で優しい視点があります。
初めはミツコのキャラや話の設定に
のり切れない部分もあったのですが、
石井監督のティーチ・インで
落語にインスパイアされた、というお話を聞いて納得できました。
石井裕也監督の口ベタだけど、真面目に的確に話していました。
監督の好印象に★一つおまけの評価にしました。

有言実行の原光子さん

まずは Yahooレビュアー試写会 ありがとうございました。
仲里依紗さん好きなので楽しみでした。
そして、実際、楽しく拝見できました。
監督を交えてのティーチインでは、
みなさんの監督への質問が的を射ていて 皆さん、
さすがだなと感心して聞き入りました。
監督の誠実なお答えも興味深かったです。
なるほどなるほど、と共感しつつ拝聴しました。
以下 私の感想です。
石井監督の映画は 「川の底からこんにちは」と「ハラがコレなんで」の二本観たことになります。
「川底」では マイナスの位置から立ち上がる逆境ヒロインがかっこよく・・
周りの人たちの個性にも圧倒されました(おばさんたち凄し)
今作では やはり 仲さん演じる光子さんが大活躍。、
臨月、夫(子供の父)逃げ、金なし、家なしのヒロインが
昔育った長屋に戻り、スーパーマン並みの活躍をいたします。
確たる根拠もなく?「OK!私にまかせな」という彼女にはヒヤヒヤ。
さて その結果は??
ぜひ 劇場でごらんください。
面白かったです。
川底~でも感じましたが 石井監督の紡ぐ毒は 作品を単なるコメディにしていないと。
大変な身のうえの人たちなのにどこか可笑しいのは そういう味付けがあるからか・・
その「毒」とは 俯瞰した人間観察、洞察からきたものかな?と思います。
今作では 大家のおばさん、食堂のふたり、喫茶店のママ 光子の両親、、、などなど
ツワモノぞろい!に見えるけど
ひとりひとりは共感のできる身近なひとたちばかり。
24歳の女性が身重ながら、人助けに奔走するバックボーン
は 単にあの長屋育ちゆえなのか?それだけ強烈な長屋だったんかな?すごいな、
と ちょっと疑問は残りました。
彼女のアメリカ往復の経緯も興味深いけど まあ いいか
単に アメリカ人を助け、成り行きでアメリカに行き、子を孕み、カレに逃げられ
帰国し、そして これからその子を産もうと、
そして産んで親になるからには「粋な親」になりたいと、
単に 成り行きでの今があるということなのでしょう。
流れる浮雲のように・・・
私は「OK!」とやたらに言えないし(臆病だし責任とれないし)
そうそう 何より 私には
『流れる雲を見上げる』心が、、、、ない。
昼寝ならいくらでもできるんだけど(笑)
光子さんが連発する「粋だねえ~」は
自分が苦しくとも 他を優先する人たちへの賛辞であり、
自らも粋でありたいと願うのは 自分可愛いの心を捨てたいからで、
「OK!」と 人助けを無理やり!?でも実行するには
自分苦しいのを越える根性が必要で、
無理やりでも やせ我慢でも 自己防衛を越えちゃった境涯というのは、、、
そら~も~
「粋」なのかもしれません。
ハラコレ続編、観てみたいです。

欝気味の人にいいかも

粋って言葉がしばらく我が家ではやるでしょう。
粋って響きがいいねー。
風に吹かれるままとか、とりあえず昼寝しよっという感覚は、今の世の中には大切です。
欝の社会には、こういうのが大事。
ツレうつより、欝の人向けの映画のような気がしました。
前向きになれて、人にやさしくなれそうな映画です。
後半の怒涛の展開は、特におもしろかったです。
いい映画でした。
拝見した石井監督かっこよくて、声渋いですね。
満島ひかりさんと結婚するなんてうらやましすぎるでぃ。
まあ、石井監督ならしょうがないか。

映画/邦画『ハラがコレなんで』のネタバレ感想(ツイッター・Twitter)

つづいて、『ハラがコレなんで』を見た人の声や感想(※ネタバレを含むため注意)をご紹介します。

映画/邦画『ハラがコレなんで』をテレビ放送を見逃した!できるだけ安く見たいあなたに!

[st-kaiwa-kaisetsu-woman-no1]『ハラがコレなんで』の
「テレビ放送を見逃してしまった!」
「フル動画をできるだけ安く見たい!」

…そんなあなたは必見♪[/st-kaiwa-kaisetsu-woman-no1]

U-NEXTのキャンペーンを使えば動画を無料視聴できる!!

31日間の無料トライアルで視聴する!

邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

↑『ハラがコレなんで』をおトクに見る♪

  

-邦画(日本国内映画)

テキストのコピーはできません。

Copyright© Qooqle , 2019 All Rights Reserved.