ハードロマンチッカー

投稿日:

邦画(国内映画)『ハードロマンチッカー』の「あらすじ」「動画を無料視聴する方法」をご紹介していきます!

↓『ハードロマンチッカー』の動画を今すぐ無料で見たい方はこちらをクリック↓

邦画(国内映画)『ハードロマンチッカー』を見る邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

ハードロマンチッカーを無料で視聴する!

邦画(国内映画)『ハードロマンチッカー』とは?(あらすじ・見どころ)

映画(詳しくは邦画・日本国内映画)『ハードロマンチッカー』の作品概要邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

まずは、邦画(国内映画)『ハードロマンチッカー』とはどんな作品なのか?、作品の概要をご紹介します。

あらすじ

松田翔太が金髪&眉なしのアウトローに!暴力しか知らない男たちのハードすぎる青春

■見どころ
「偶然にも最悪な少年」のグ・スーヨン監督が、自ら記した半自伝的小説を映画化。
リアルなバイオレンスシーンが炸裂し、刹那的に生きる若者たちの姿に胸が痛くなる。

■ストーリー
閉塞感に包まれた下関のディープタウンで生まれ育った中卒フリーターのグー。
誰ともつるまず、一匹狼として生きてきた彼であったが、後輩の辰とマサルが敵対関係にある高校生の家を襲撃したことをきっかけに暴力の連鎖へと巻き込まれていく。

ここがポイント!

舞台となった山口県下関市は、松田翔太の父・松田優作の出身地でもある。

U-NEXTキャンペーン『ハードロマンチッカー』を無料で見る!>>邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

邦画(国内映画)『ハードロマンチッカー』の特別動画(特典映像)

映画(詳しくは邦画・日本国内映画)『ハードロマンチッカー』の特別動画(特典映像)邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

ここからは、邦画(国内映画)『ハードロマンチッカー』の特別動画(特典映像)をご紹介します。

[動画]ハードロマンチッカー 15秒スポット映像

[動画]ハードロマンチッカー公式サイト独占!松田翔太インタビュー

[st-kaiwa-kaisetsu-woman-no1]『ハードロマンチッカー』の
「テレビ放送を見逃してしまった!」
「フル動画をできるだけ安く見たい!」

…そんなあなたは必見♪[/st-kaiwa-kaisetsu-woman-no1]

U-NEXTのキャンペーンを使えば動画を無料視聴できる!!

31日間の無料トライアルで視聴する!

邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

↑『ハードロマンチッカー』をおトクに見る♪

邦画(国内映画)『ハードロマンチッカー』の作品紹介(キャスト・視聴率・OST・DVD情報)

映画(詳しくは邦画・日本国内映画)『ハードロマンチッカー』の作品紹介(キャスト・スタッフ・視聴率・相関図・OST・DVD情報)邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

ここからは、邦画(国内映画)『ハードロマンチッカー』について、より詳しく作品紹介をしていきます。

邦画(国内映画)『ハードロマンチッカー』の出演者(キャスト・スタッフ紹介)

邦画(国内映画)『ハードロマンチッカー』のキャスト(出演者)やスタッフをご紹介します。

映画(詳しくは邦画・日本国内映画)『ハードロマンチッカー』の出演者(キャスト・スタッフ紹介)邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

キャスト
(出演者)
松田翔太(役:グー)
永山絢斗(役:辰)
柄本時生(役:マサル)
遠藤要(役:パクヨンオ)
渡部豪太(役:安田)
川野直輝(役:金子)
金子ノブアキ(役:タカシ)
落合モトキ(役:パクヨンオの弟)
遠藤雄弥(役:キムチョンギ)
ペ・ジョンミョン(役:カンテファン)
スタッフ 監督:グ・スーヨン
原作:グ・スーヨン
音楽:和田薫
脚本:具光然

邦画(国内映画)『ハードロマンチッカー』の相関図

邦画(国内映画)『ハードロマンチッカー』の人間関係をまとめた相関図です。

映画(詳しくは邦画・日本国内映画)『ハードロマンチッカー』の登場人物の人間関係・相関図・チャート邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

邦画(国内映画)『ハードロマンチッカー』の平均視聴率・最高視聴率

邦画(国内映画)『ハードロマンチッカー』の視聴率を調べました。

最高視聴率 不明
平均視聴率 不明

邦画(国内映画)『ハードロマンチッカー』のOST(オリジナルサウンドトラック・主題歌)

邦画(国内映画)『ハードロマンチッカー』のOST(オリジナルサウンドトラック)の発売情報はありませんでした。

映画(詳しくは邦画・日本国内映画)『ハードロマンチッカー』のOST(オリジナルサウンドトラック・主題歌)邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

邦画(国内映画)『ハードロマンチッカー』のDVD&ブルーレイ発売情報

邦画(国内映画)『ハードロマンチッカー』のDVD・ブルーレイ発売情報です。

映画(詳しくは邦画・日本国内映画)『ハードロマンチッカー』のDVD&ブルーレイ発売情報邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

[DVD/ブルーレイ]ハードロマンチッカー【DVD】

出演:松田翔太, 永山絢斗, 柄本時生, 遠藤要, 渡部豪太
監督:グ スーヨン
形式:Color, Dolby, Widescreen
言語:日本語
リージョンコード:リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
ディスク枚数:1
販売元:TOEI COMPANY,LTD.(TOE)(D)
発売日 2012/05/21
時間:109 分
価格:4,999円

『ハードロマンチッカー』を見たい!と思っても、
DVD/ブルーレイはちょっと高い…(^_^;)

でもNEXTのキャンペーンなら『ハードロマンチッカー』を全話無料で視聴できる!!

31日間の無料トライアルで視聴する!

邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

↑『ハードロマンチッカー』をおトクに見るチャンス♪

邦画(国内映画)『ハードロマンチッカー』の感想レビュー

邦画(国内映画)『ハードロマンチッカー』のネタバレ感想・レビュー・口コミ・クチコミ・評判)邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

邦画(国内映画)『ハードロマンチッカー』の感想レビュー(ネタバレあり)

ここでは、『ハードロマンチッカー』を見た人の感想レビュー(ネタバレ有り)をご紹介します。

少数派の意見

下関生まれ、下関育ち、下関在住の者から見てツボです。古き下関の裏の部分が描かれていて共感できました。

ハードでロマンチック

安っぽい暴力に、安っぽい人生。なんだけれど、その甘酸っぱい若くて安い青春の一直線な感じが感じられて好きな映画です。
たぶん男性にのみ受けるような話で、素直に生きれない主人公の、それでも自分に素直に生きようとする様や、自分の考えや思いがいかに浅かったかを知る様が描かれていて、あぁたしかに若い頃はこういう所あったなぁと思わせる、いい映画だと思います。

すばらしい

ほんとにすばらしかったです。久々に骨のある邦画を見ました。

グーがカッコいいだけ

松田翔太演じるグーがカッコいい
もちろんクズのチンピラですが、ばあちゃんには優しかったり、惚れた女にも優しかったり
その女に裏切られて(売春)めちゃくちゃショック受けたり、レイプや薬は嫌ったり
クズなりにもポリシーを持ってる所が魅力的でした
あと単純に見た目がカッコいい
それだけと言えばそれだけの映画
内容は暴力とSEXだけでアウトローやヤンキーもの大好きな人間以外は見てられないかもしれません
まあ自分はそういうの大好きな人間なのでこの作品結構好きです
描写がどうとかストーリーがどうとか(まぁ、重要な人には重要なんだろうけど・・・)
言う前に楽しめたら僕はOKです。
松田翔太さんがカッコよかった!!
切れる様なかっこよさがよかったなぁ!!
暴力・レイプなんて見る分には娯楽でしょう?
現実にしてしまう分別のない奴が犯罪者になってしまうだけで・・・
現実にはできないことを映画でみて娯楽化する。
受け取り方なんて千差万別、十人十色。
僕は好きだなーこの作品。

喪われたものへのオマージュ

グー・スーヨン監督の故郷・下関は戦後"鯨の町”として賑わいを見せた街です。と同時に朝鮮半島から渡っていた人たちが大勢住み着いました。監督は、バブルな漁師町、そして差別や貧富の激しい混沌とした街で青春を送ったのではないでしょうか。しかし昭和50年代以降、捕鯨の衰退に伴って下関の活気は失われてゆきます。
かつての下関は、ギラギラした欲望の渦巻くエネルギーの塊だったに違いありません。その街の面影は今ではほとんどありません。
喪われてゆく故郷へのオマージュ・・・映画を見終えた後、そんな思いに捕らわれました。誰もが持つふるさと、喪われてしまったふるさとへ訣別。それが監督の映画制作の動機だったのでしょう。
実話であろうがフィクションであろうが、思い入れは同じです。あらゆるものへのオマージュであるとともに、すべてに訣別をしています。自分の青春、友達、仲間、恋、家族、自我、自意識、街、空気、それらすべては喪われましたが、きっと監督自身の血や肉となり、この作品へと結実したに違いありません。

松田翔太に父松田優作が重なって見えるぜ!

ギラギラしている、この映画の松田翔太は。東映セントラルフィルム風の父松田優作を越えようとしているように見える。松田優作を知っている者にとってはいい息子の成長を嬉しく思ってしまう映画である。内容のないかっこばかりつけている連中の東映らしいケンカ映画ではあるが…。

本当の映画好きが好きな映画……かも。

マンガに毒された敵キャラ倒し系不良映画と比較すること自体がナンセンスだと思う。
仲間とか友情とか言ってる人って何なんだろう?(笑)
頭の悪いレビューを見ると腹が立つが、まぁ、それはそれ。
もっと集中して映画を観ることを、とりあえずお勧めしておきます。
瀕死の映画界(テレビ界はもうすぐ余命が尽きるから良いが)にあって、
とりあえずこの映画にOKを出した東映に軽い拍手を。
もっともっと面白い映画が観たいなぁ。

映画通がオススメする映画1位

TVドラマのような、
「『丁寧な説明』がないとわからない」
というような方は観なくていいと思います。
想像力を喚起させられるものが「映画」だとすれば、
この作品こそ、まさしく「映画」です。
日本の映画界、こういう映画が増えていくべきです。

緊張感に満ちた秀作

深作監督の仁義なき戦いに通じる緊張感を味わった。漫画 ビーバップハイスクールにある笑いや愛もある。

松田翔太に父松田優作が重なって見えるぜ!

ギラギラしている、この映画の松田翔太は。東映セントラルフィルム風の父松田優作を越えようとしているように見える。松田優作を知っている者にとってはいい息子の成長を嬉しく思ってしまう映画である。内容のないかっこばかりつけている連中の東映らしいケンカ映画ではあるが…。

邦画(国内映画)『ハードロマンチッカー』のネタバレ感想(ツイッター・Twitter)

ここでは、『ハードロマンチッカー』を見た人の声や感想(ネタバレ有り)をご紹介します。

邦画(国内映画)『ハードロマンチッカー』をテレビ放送を見逃した!できるだけ安く見たいあなたに!

[st-kaiwa-kaisetsu-woman-no1]『ハードロマンチッカー』の
「テレビ放送を見逃してしまった!」
「フル動画をできるだけ安く見たい!」

…そんなあなたは必見♪[/st-kaiwa-kaisetsu-woman-no1]

U-NEXTのキャンペーンを使えば動画を無料視聴できる!!

31日間の無料トライアルで視聴する!

邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

↑『ハードロマンチッカー』をおトクに見る♪

  

-邦画(日本国内映画)

テキストのコピーはできません。

Copyright© Qooqle , 2019 All Rights Reserved.