あゝひめゆりの塔

投稿日:

映画/邦画『あゝひめゆりの塔』の「あらすじ」「動画を無料視聴する方法」をご紹介していきます!

↓『あゝひめゆりの塔』の動画を今すぐ無料で見たい方はこちらをクリック↓

映画/邦画『あゝひめゆりの塔』を見る邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

あゝひめゆりの塔を無料で視聴する!

映画/邦画『あゝひめゆりの塔』とは?(あらすじ・見どころ)

映画(詳しくは邦画・日本国内映画)『あゝひめゆりの塔』の作品概要邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

まずは、『あゝひめゆりの塔』とはどんな作品なのか?、作品の概要をご紹介します。

あらすじ

沖縄戦線に散った「ひめゆり部隊」の女学生たちの悲劇を描いた戦争ドラマ

■見どころ
主演は、日活青春映画を代表する吉永小百合と浜田光夫。
実際の空襲を捉えた映像も盛り込みながら、戦火に襲われる恐怖と青春を奪われた理不尽さを赤裸々に描き上げる。

■ストーリー
昭和18年。
沖縄ではまだ戦争の影は薄く、沖縄師範女子部の和子らは運動会を楽しんでいた。
しかし、昭和19年になると戦局は悪化。
やがて米軍グラマン機による空襲が那覇を連日襲い、和子ら女子学生は臨時看護婦として陸軍に従軍することになる。

ここがポイント!

冒頭のディスコシーンに登場する青年役には、渡哲也を抜てき。

U-NEXTキャンペーン『あゝひめゆりの塔』を無料で見る!>>邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

映画/邦画『あゝひめゆりの塔』の作品紹介(キャスト・視聴率・OST・DVD情報)

映画(詳しくは邦画・日本国内映画)『あゝひめゆりの塔』の作品紹介(キャスト・スタッフ・視聴率・相関図・OST・DVD情報)邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

ここからは、『あゝひめゆりの塔』について、より詳しく作品紹介をしていきます。

映画/邦画『あゝひめゆりの塔』の出演者(キャスト・スタッフ紹介)

映画/邦画『あゝひめゆりの塔』のキャスト(出演者)やスタッフをご紹介します。

映画(詳しくは邦画・日本国内映画)『あゝひめゆりの塔』の出演者(キャスト・スタッフ紹介)邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

キャスト
(出演者)
吉永小百合(役:与那嶺和子)
和泉雅子(役:比嘉トミ)
浜田光夫(役:西里順一郎)
遠山智英子(役:山城由美子)
乙羽信子(役:与那嶺ハツ)
浜川智子(役:渡嘉敷光子)
高樹蓉子(役:新屋民子)
音無美紀子(役:山辺順子)
笹森みち子(役:新垣勝江)
伊藤るり子(役:佐久川ヤス)
スタッフ 監督:舛田利雄
原作:石野径一郎
音楽:真鍋理一郎
脚本:若井基成、石森史郎、八木保太郎

映画/邦画『あゝひめゆりの塔』の相関図

映画/邦画『あゝひめゆりの塔』の人間関係をまとめた相関図は見つかりませんでした。
(※公式サイトでも用意されていませんでした。)

映画/邦画『あゝひめゆりの塔』の平均視聴率・最高視聴率

映画/邦画『あゝひめゆりの塔』の視聴率を調べました。

最高視聴率 不明
平均視聴率 不明

映画/邦画『あゝひめゆりの塔』のOST(オリジナルサウンドトラック・主題歌)

映画/邦画『あゝひめゆりの塔』のOST(オリジナルサウンドトラック)の発売情報はありませんでした。

映画/邦画『あゝひめゆりの塔』のDVD&ブルーレイ発売情報

映画/邦画『あゝひめゆりの塔』のDVD・ブルーレイ発売情報です。

映画(詳しくは邦画・日本国内映画)『あゝひめゆりの塔』のDVD&ブルーレイ発売情報邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

[DVD/ブルーレイ]日活100周年邦画クラシック GREAT20 あゝひめゆりの塔 HDリマスター版 [DVD]

出演:吉永小百合, 浜田光夫, 和泉雅子, 二谷英明, 乙羽信子
監督:舛田利雄
形式:Black & White, Dolby, Mono, Widescreen
言語:日本語
リージョンコード:リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
画面サイズ:1.78:1
ディスク枚数:1
販売元:Happinet(SB)(D)
発売日 2011/11/02
時間:125 分
価格:2,399円

[DVD/ブルーレイ]あゝひめゆりの塔 [DVD]

出演:吉永小百合, 浜田光夫, 和泉雅子, 二谷英明, 乙羽信子
監督:舛田利雄
形式:Black & White, Dolby, Widescreen
言語:日本語
リージョンコード:リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
画面サイズ:2.35:1
ディスク枚数:1
販売元:日活
発売日 2002/11/22
時間:125 分
価格:3,800円

『あゝひめゆりの塔』を見たい!と思っても、
DVD/ブルーレイはちょっと高い…(^_^;)

でもNEXTのキャンペーンなら『あゝひめゆりの塔』を全話無料で視聴できる!!

31日間の無料トライアルで視聴する!

邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

↑『あゝひめゆりの塔』をおトクに見るチャンス♪

映画/邦画『あゝひめゆりの塔』の口コミ(感想レビュー・ネタバレ注意)

映画/邦画『あゝひめゆりの塔』のネタバレ感想・レビュー・口コミ・クチコミ・評判)邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

映画/邦画『あゝひめゆりの塔』の口コミ(感想レビュー※ネタバレを含むため注意)

ここでは、『あゝひめゆりの塔』を見た人の口コミ(感想レビュー※ネタバレを含むため注意)をご紹介します。

残酷な事実に囲まれた少女

もしも私たち常人がこのような世界に紛れた場合、大人子供関係なく自殺するでしょう。
なぜなら私達にはこのひめゆり学徒隊のような勇気は持っていないからです。
現代に入って最近ついに右翼が手掛け始めてる虚像化にこのひめゆりが含まれています。
この映画の始まりはとあるクラブ?かどこかで飲む現代(1968年現在の)、そして周りを見回し、女の人の年齢を見つつ、まだ若い、まだ若いと見回します。
これは現代の豊かな時代に悠々と生きる私達若者を指している事でしょう。
そして舞台は沖縄に移り、反米教育から沖縄戦への学徒隊へと繋がります。
ほのぼのとした男子学徒とのわらわらもありながらも現実は戦争によって引き裂かれます。
毎度の空襲や襲撃でバタバタとやられる仲間達。
所々襲撃する航空機が、DC3じゃね?とかいう右翼のこだわりは真面目に見てる人なら気にする事も無いでしょう。
そして、最後は現代映画に引けも取らない衝撃のラストが待っています。
この映画は必ずしも観てからスッキリするような内容ではありません。
ですが、日本で起きた現実を知ることにこの映画の存在は大きいものです。
最近には米軍基地や米兵犯罪などによって忘れられ始めている沖縄戦の事実。
所が私たちはこういった映画からもう一度それを考え直さなければならないものです。

ひめゆり“映画”中ダントツの出来

すいません、実際の歴史は当然深く知りません。
映画に“真実”など描けないと思っているので、それはそれで置いといて、この映画は当時の日活の力が伺えます。
舛田利雄は最高にいい仕事をしています。冒頭の現代のシーンからはじまり、吉永小百合、浜田光夫の日活青春映画としてのアウトラインから、迫力ある戦場ものへと畳みかけていきます。
お話しの構成、戦場描写、ともに何本かあるひめゆりの塔の映画の中ではもっとも見ごたえのある作品です。というか、まあなんといっても吉永小百合さんの表情をまた観たい、と何度でも思います。そして号泣必死。運命に飲みこまれていった青春映画です。

正統派

言わずと知れた沖縄戦の犠牲者の象徴として今も語り継がれている物語です
沢口靖子でリメーク版も作られましたが、どちらの作品も戦争の悲惨さ、惨さ、また軍の横暴さに振り回されて死んで行く沖縄県民の心情がうまく現された作品だと思います
教科書問題で騒がれている今日この頃ですが、事実は事実として後世に伝え残していくべきですね
私としては、こっちの吉永小百合さんの作品の方が好きかな^^

さすが日活

オープニングは現代のディスコ(ゴーゴー喫茶か)渡哲也が語りかける。そこから物語が始まる。今井正の作品を見たが、こちらは青春が織り交ぜられている。オープニングから30分はまるで青春映画のようだ。女学校の運動会に入り込んで見物、浜田光夫と、吉永小百合の会話など。仲間を励ます吉永小百合の天真爛漫な笑顔の美しさ。青春映画と戦争映画という、相反する物語を融合し、若者たちの青春が壊れていくさまに反戦メッセージを込め、オープニングで、若者たちが楽しく踊っているのも、戦争の犠牲者があったからだというメッセージを込めている舛田利雄の力量がすばらしい。

沖縄県民の戦争の傷跡は一生消えない

この作品を見て感じたのは、ひめゆり部隊の女子生徒が激しくなる戦場で負傷した
兵士を手当しながらも目の前で足を切断したり悪臭した臭いと湧き出たウジ虫など
耐えながらも必死に兵士たちを救いながらも犠牲になる多くの女子生徒が手紙を
書いた文章が焼きつきます
あんなに元気な女子生徒たちがだんだん戦況が悪くなるにつれ悲しみだけが残り
作品の流れが暗い戦争に行きつくところが上手く描いていると思います
沖縄で取り残された女子生徒たちが戦場で卒業式で卒業証書も焼けてながらも
校長先生が一人一人名前を読み上げるところが生徒たちにとって喜びだったのだろう
感じます 戦争の大きな嵐に巻き込まれ多くの生徒たちが犠牲になりラストで
吉永 小百合ともう一人の生徒が崖ぷちで手りゅう弾で身を捨てるラストが
重く残る

民間人なのに・・

唯一の地上戦、沖縄。
母は、毎夏沖縄にいきたいと言います。
なぜなら、沖縄近海で祖父が戦死したから。
輸送船が沈没し、船とともに逝ったらしい。
墓には、戦死の報が入ってると。
沖縄では、兵隊だけではなく民間人も戦いに巻き込まれた。
無差別攻撃。
未来ある女学生たちは、何を思い死んでいったか?
今の日本を想像できただろうか?
退路がなくなったら、自決しろなんて・・。
生きるも地獄、死ぬも地獄。
ラストシーンは衝撃的でした・・・。
吉永小百合さんの可憐な笑顔が、より悲劇を増します。合掌。

多少ヤマト寄りの映画

この八月になると、反戦をテーマに各TV局が番組を組む。「あゝひめゆりの塔」も日本のどこかの局がほぼ必ず放送する映画である。(余談1)
ひめゆりの塔を題材にした映画は、他のレビュアー氏も紹介しているようにこの作品以外に3作(余談2)ある。50年代に公開された津島恵子氏・香川京子氏(余談3)出演の作品、その作品のリメイクで沖縄ロケを実現させた栗原小巻氏・古手川祐子氏出演の82年作品、最近では沢口靖子氏・後藤久美子氏出演の95年作品。概ね女学校教師役にはその時の旬の中堅女優が扮し、女生徒役には新人女優やアイドル女優が担当する。
さて「あゝひめゆりの塔」だが、これは60年代後半に公開された2番めの映画だが、他の3作とは登場人物名が全く異なっていることから、同じ「ひめゆり」を題材にしているものの正味のリメイクではないと思う。
物語はいきなり戦場のど真ん中ではなく、冒頭はディスコで若者がゴーゴーをやっている場面から始まる。公開当時は戦後23年だから、戦争が終わってから生まれた若者の典型を皮肉っているのか。ただ、この頃の沖縄は米軍統治下であり、本土復帰か否か世論がもめていて各地で衝突があったじきであるし、ベトナム戦争で騒々しい時期でもあるし、米軍の市民への蛮行も今より深刻だった。沖縄は「本土」よりも戦争を身近に体感していた国である。穿った見方をすれば制作者は「本土目線」で沖縄を見ているかもしれない。好意的にみれば、沖縄戦に無関心な「本土」へのメッセージと解釈する事もできる。
本編の物語は、前線がまだ遠く沖縄が平穏だった時期から始まる。ここで女学生らの生活や友情など(余談4)を描写し、悲劇の沖縄戦へと物語が進んで行く。この映画の制作状況はよくは知らないが、沖縄ロケでは無かったと思う。制作者側が沖縄戦の再現に随分苦心されているのが判る。
ラスト近く、退路を絶たれ壕に非難し恐怖でひきつる女学生たち、その中で一人だけ吉永小百合氏が立ち上がり恐怖を紛らわすため歌いながら踊りだす様が可憐というより悲痛だ。ときおりうわずりながら歌い続ける吉永氏の演技は説得力がある。(余談5)
(余談1)「ひめゆり」は2つの女学校生徒で構成された「姫百合学徒隊」をさす。各々が発行していた校誌の名前を組み合わせて「姫百合」。当時は漢字表記。
同じような学徒隊は他にも沢山あったが、戦後の一連の映画化で「姫百合学徒隊」だけが突出して有名になった。
(余談2)今年公開の「ひめゆり」はドキュメント形式をとっている。生存者たちの監修がなされているので、脚色が少ない事実を知りたい方にはお薦めである。
(余談3)香川京子氏は出演がきっかけで学徒隊に参加した実際の元女学生たちと交流、著作もある。
(余談4)吉永小百合氏は当時二十歳を過ぎていたはずだが、まるで高校生のように若い。和泉雅子氏や梶芽衣子氏も吉永氏と歳はあまり変わらないはずだが、まだ少女だった。
(余談5)学徒隊の退路が無くなっていたのは、解散命令があまりにも遅すぎたことによる。また、民間人が篭っている壕に兵士がやってきて追い出し、壕を奪ってしまう事件もあった。そういったことも「本土」への不信感につながる。
カミカゼにしてもそうだが、官僚や指揮官の無責任体質の産物であるのは、隠蔽することなく認めなければならない。その体質が、平時でも出てしまうのだ。犠牲になるのはいつも真面目な人間だ。

より輝く【ひめゆり】の素晴らしさ

重作ドキュメンタリー【ひめゆり】に引き続き、【ひめゆりの塔】全4作中の2作目(リメイク第1作)にあたる本作を、昨日、[素晴らしい映画を観たい]さんのご推奨に応じ、DVDで観させて頂きました。
沖縄地上戦終結までの詳細を、当時の戦況解説と実写映像を織りまぜながら時系列で綴る構成は【ひめゆり】とほぼ同様であり、言うなれば、【ひめゆり】における、生存者22名の方々が語られる場面が、【あゝ・・】においては、役者たちによりそのまま”再現フィルム化”された趣きとなっている感じです。
その再現演出が、【ひめゆり】で語られていた内容と多く重なり合っていることに、きっと、リアルに忠実であろうとしたはずの製作陣の誠実さがうかがえました。
本編冒頭、酔いにまかせディスコダンスに踊舞する昭和40年代初期([あゝ・・]製作当時)の志無さげな若者たちを眺めながら、彼らと変わらぬ年齢であった尊きひめゆり学徒たちを回想しつつ、「いま考えているのは、当時から流れた20年という時間の持つ意味です」と語る、渡哲也のその一言に、護国の使命に殉職した方々の血と涙を知らず、あるいは忘れ去り、「恩」をわきまえず放埓に生きる現代の若者たちを嘆き、日本の将来を憂うる製作者の悲痛な思いを感じました。
また、40年前の撮影でありながら、CG技術を駆使した近代作に決して大きく見劣りしない戦闘シーンの迫真さは、予想以上のレベルでした。
そして、救いを与えぬ現実的なラストシーンには、ひめゆり学徒の悲劇が、いかに壮絶で冷厳なるものであったかを、あらためて思い知らされました・・・
結論として、本作はとても素晴らしく、非難の気持ちなどはこれっぽっちも無く、観るべき価値のある映画として、皆さんにお薦めしたい思いもあります。
しかし、何故なのか、観終わった後、胸に去来するのは【ひめゆり】の22名の方々のご表情ばかり、正直、【あゝ・・】の余韻には、殆んど浸っていません。
この2作の違い、それは「出演者の感情」でした。
【ひめゆり】の演者は「当事者」であり、【あゝ・・】は「役者」です。
いかに声を上げ、両手を顔に押しつけながら、身を震わせて号泣を装うとも、どうしても瞳は乾いている【あゝ・・】の役者たち(事実、僕が見ていた限り、たとえば吉永小百合の頬に涙が伝っていたのはわずか1シーンのみでした)
一方、本来なら忘れてしまいたいほどの辛い過去を脳裏に再現させ、亡くなられた友たちへの追悼の思いを胸いっぱいに、瞳を潤ませ、声を詰まらせながら切々と語るの生存者の方々・・・
これは云わば当然の相違であり、比べること自体が酷なのでしょうが、この格差は、いかなる演出力をもっても埋められるはずはなく、「リアリティ」こそが映画の命であり、観る者を感動せしめる鍵であることを再認識しました。
『「最近、戦争映画を観た」という人は、ぜひ【ひめゆり】を観てほしい。フィクションでしかなかったあらゆる戦争映画のシーンが、ノンフィクションである彼女たちの体験を聞くことによって生々しくよみがえり、そしてあらためて、彼女たちの体験がよりリアルに感じられるはず』
との[エンジェル]さんのレビューコメントに共感しつつ、演じられたひめゆりに相対していっそう輝きを増す、ドキュメンタリー【ひめゆり】の素晴らしさを、いま、しみじみと噛みしめる思いです・・・

戦争の悲惨さ

この映画は戦争の悲惨さがつたわってきました。
私は、戦争を映画を通して学校で教わっていた時にこの作品と出会いました。 友人や家族が何人も殺されていくのはつらいと思う。私がこの時代に生まれてたら精神的にも追い詰められていたと思います。

単純には測れないもの。

教師を目指して学校に通う主人公は、家族と友人に恵まれますが、徐々に時代の波に飲まれていきます。教師である母親を失い、卒業直前に従軍看護婦として借り出され、次々と友や弟失っていきます。上陸した米軍からの逃避行を続けるうち、ついに追い込まれた主人公は、ただ1人生き残った友人と「玉砕」の道を選びます。
唯一、戦時中に米軍上陸を許した沖縄の悲劇。
それでも、日本人として戦おうとする若者たち。
ひめゆりの塔といえば、反戦の代名詞として教育されてきましたので、もっと単純な「悲劇」のオンパレードかと思っていましたが、単純な反戦映画としては捉えられない、奥の深さがありました。こういう戦時中の市井の人々を描かせたら、舛田監督の右に出る人はいないでしょうね。戦争映画の中では、全く「救い」がないという点でも、特筆すべき映画といえます。
それにしても、吉永小百合のかわいいこと♪。
さゆリストとかってのがいたのもわかります(^^;)。

映画/邦画『あゝひめゆりの塔』のネタバレ感想(ツイッター・Twitter)

つづいて、『あゝひめゆりの塔』を見た人の声や感想(※ネタバレを含むため注意)をご紹介します。

映画/邦画『あゝひめゆりの塔』をテレビ放送を見逃した!できるだけ安く見たいあなたに!

[st-kaiwa-kaisetsu-woman-no1]『あゝひめゆりの塔』の
「テレビ放送を見逃してしまった!」
「フル動画をできるだけ安く見たい!」

…そんなあなたは必見♪[/st-kaiwa-kaisetsu-woman-no1]

U-NEXTのキャンペーンを使えば動画を無料視聴できる!!

31日間の無料トライアルで視聴する!

邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

↑『あゝひめゆりの塔』をおトクに見る♪

  

こちらもおすすめ!Paravi(パラビ)

Paravi

国内テレビドラマが好きなら加入すべし!

Paravi(パラビ)は、TBSやテレビ東京、WOWOW、日本経済新聞といった国内主要メディアが連携し、2018年4月にサービスを開始した動画配信サービスです。

国内ドラマの配信数は、日本最大級!

さらにバラエティ、音楽、アニメのほかスポーツや報道・ドキュメンタリーなど、各局の強みを前面に出した配信ラインナップとなっています。

料金は定額で見放題の「Paraviベーシックプラン」が月額925円(税別)。他の動画配信サービスとほぼ同等の価格帯です。

登録後30日間の無料お試し期間があり、1本単位でレンタル購入できる有料コンテンツも豊富に揃っています。

Paravi(パラビ)に加入する

Paraviでしか観ることができない動画も♪

-邦画(日本国内映画)

テキストのコピーはできません。

Copyright© Qooqle , 2019 All Rights Reserved.