奴隷区 僕と23人の奴隷

投稿日:2月 10, 2019 更新日:

邦画(国内映画)『奴隷区 僕と23人の奴隷』の「あらすじ」「動画を無料視聴する方法」をご紹介していきます!

↓『奴隷区 僕と23人の奴隷』の動画を今すぐ無料で見たい方はこちらをクリック↓

邦画(国内映画)『奴隷区 僕と23人の奴隷』を見る邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

奴隷区 僕と23人の奴隷を無料で視聴する!

邦画(国内映画)『奴隷区 僕と23人の奴隷』とは?(あらすじ・見どころ)

映画(詳しくは邦画・日本国内映画)『奴隷区 僕と23人の奴隷』の作品概要邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

映画(詳しくは邦画・日本国内映画)『奴隷区 僕と23人の奴隷』の出演者(キャスト・スタッフ紹介)邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

まずは、邦画(国内映画)『奴隷区 僕と23人の奴隷』とはどんな作品なのか?、作品の概要をご紹介します。

あらすじ

小説やコミックで大ヒットした原作を 秋元才加、本郷奏多主演で映画化

■見どころ
年齢も職業もバラバラな24人が欲望をむき出しにして争うサスペンス。
勝てば主人、負ければ奴隷という勝負のスリル、ワケありの人間関係、SCMの謎など見どころ満載。

■ストーリー
退屈な毎日を過ごしていた荒川エイアは、数年ぶりに双子の弟・大田ユウガと再会する。
久しぶりに会ったユウガが差し出したのは、勝負に勝てば相手を奴隷にできるという怪しい器具「SCM」。
それ以降、エイアは壮絶なサバイバルゲームに挑むことになる。

U-NEXTキャンペーン『奴隷区 僕と23人の奴隷』を無料で見る!>>邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

邦画(国内映画)『奴隷区 僕と23人の奴隷』の特別動画(特典映像)

映画(詳しくは邦画・日本国内映画)『奴隷区 僕と23人の奴隷』の特別動画(特典映像)邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

ここからは、邦画(国内映画)『奴隷区 僕と23人の奴隷』の特別動画(特典映像)をご紹介します。

[動画]映画『奴隷区 僕と23人の奴隷』特報

[動画]人気スマホ小説「奴隷区 僕と23人の奴隷」映画化 原作の岡田伸一氏に聞く

女性解説
解説
『奴隷区 僕と23人の奴隷』の
「テレビ放送を見逃してしまった!」
「フル動画をできるだけ安く見たい!」

…そんなあなたは必見♪

U-NEXTのキャンペーンを使えば動画を無料視聴できる!!

31日間の無料トライアルで視聴する!

邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

↑『奴隷区 僕と23人の奴隷』をおトクに見る♪

邦画(国内映画)『奴隷区 僕と23人の奴隷』の作品紹介(キャスト・視聴率・OST・DVD情報)

映画(詳しくは邦画・日本国内映画)『奴隷区 僕と23人の奴隷』の作品紹介(キャスト・スタッフ・視聴率・相関図・OST・DVD情報)邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

ここからは、邦画(国内映画)『奴隷区 僕と23人の奴隷』について、より詳しく作品紹介をしていきます。

邦画(国内映画)『奴隷区 僕と23人の奴隷』の出演者(キャスト・スタッフ紹介)

邦画(国内映画)『奴隷区 僕と23人の奴隷』のキャスト(出演者)やスタッフをご紹介します。

映画(詳しくは邦画・日本国内映画)『奴隷区 僕と23人の奴隷』の出演者(キャスト・スタッフ紹介)邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

映画(詳しくは邦画・日本国内映画)『奴隷区 僕と23人の奴隷』の出演者(キャスト・スタッフ紹介)邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

映画(詳しくは邦画・日本国内映画)『奴隷区 僕と23人の奴隷』の出演者(キャスト・スタッフ紹介)邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

映画(詳しくは邦画・日本国内映画)『奴隷区 僕と23人の奴隷』の出演者(キャスト・スタッフ紹介)邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

映画(詳しくは邦画・日本国内映画)『奴隷区 僕と23人の奴隷』の出演者(キャスト・スタッフ紹介)邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

映画(詳しくは邦画・日本国内映画)『奴隷区 僕と23人の奴隷』の出演者(キャスト・スタッフ紹介)邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

キャスト
(出演者)
秋元才加(役:荒川エイア)フリーター(現在ファミレスのウエイトレスでバイト中)21歳。大田ユウガの双子の姉。
本郷奏多(役:大田ユウガ)
大沢ひかる(役:葛飾ジュリア)
山田裕貴(役:中央アタル)
久保田悠来(役:新宿セイヤ)
杏さゆり(役:杉並ルシエ)
折井あゆみ(役:足立シヲリ)
イ・テガン(役:墨田ズシオウマル)
麻亜里(役:豊島アヤカ)
黒石高大(役:文京ゼンイチ)
スタッフ 監督:佐藤佐吉
原作:岡田伸一
音楽:MOKU
脚本:佐藤佐吉、伊藤秀裕

邦画(国内映画)『奴隷区 僕と23人の奴隷』の相関図

邦画(国内映画)『奴隷区 僕と23人の奴隷』の人間関係をまとめた相関図です。

映画(詳しくは邦画・日本国内映画)『奴隷区 僕と23人の奴隷』の登場人物の人間関係・相関図・チャート邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

邦画(国内映画)『奴隷区 僕と23人の奴隷』の平均視聴率・最高視聴率

邦画(国内映画)『奴隷区 僕と23人の奴隷』の視聴率を調べました。

最高視聴率 不明
平均視聴率 不明

邦画(国内映画)『奴隷区 僕と23人の奴隷』のOST(オリジナルサウンドトラック・主題歌)

邦画(国内映画)『奴隷区 僕と23人の奴隷』のOST(オリジナルサウンドトラック)の発売情報はありませんでした。

映画(詳しくは邦画・日本国内映画)『奴隷区 僕と23人の奴隷』のOST(オリジナルサウンドトラック・主題歌)邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

邦画(国内映画)『奴隷区 僕と23人の奴隷』のDVD&ブルーレイ発売情報

邦画(国内映画)『奴隷区 僕と23人の奴隷』のDVD・ブルーレイ発売情報です。

映画(詳しくは邦画・日本国内映画)『奴隷区 僕と23人の奴隷』のDVD&ブルーレイ発売情報邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

[DVD/ブルーレイ]奴隷区 僕と23人の奴隷 [DVD]

出演:秋元才加, 本郷奏多
監督:佐藤佐吉
形式:Color, Dolby
言語:日本語
リージョンコード:リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
ディスク枚数:1
販売元:TOEI COMPANY,LTD.(TOE)(D)
発売日 2014/11/07
時間:100 分
価格:3,478円
【スペック】
●映像特典
◆メイキング
◆イベント映像集(完成披露試写/初日舞台挨拶/台北舞台挨拶/香港舞台挨拶)
◆「奴隷インタビュー」集
◆特報/予告

『奴隷区 僕と23人の奴隷』を見たい!と思っても、
DVD/ブルーレイはちょっと高い…(^_^;)

でもNEXTのキャンペーンなら『奴隷区 僕と23人の奴隷』を全話無料で視聴できる!!

31日間の無料トライアルで視聴する!

邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

↑『奴隷区 僕と23人の奴隷』をおトクに見るチャンス♪

邦画(国内映画)『奴隷区 僕と23人の奴隷』の感想レビュー

邦画(国内映画)『奴隷区 僕と23人の奴隷』のネタバレ感想・レビュー・口コミ・クチコミ・評判)邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

邦画(国内映画)『奴隷区 僕と23人の奴隷』の感想レビュー(ネタバレあり)

ここでは、『奴隷区 僕と23人の奴隷』を見た人の感想レビュー(ネタバレ有り)をご紹介します。

本郷奏多

本郷奏多最高だった
内容も嫌いじゃない

設定がデスノートそっくり

スレイブコントロールメソッド(SCM)を使うにあたり、単純なルールと裏メニューがあったりするような所が、設定がデスノートそっくり。
それと、登場する人物の設定やエピソードがかなりブラック。
人が奴隷を手に入れると、こんなことがしたくなるのか・・・という内容は男性的なイージーさ。
ただ、駆け引きは面白い。
東京都内23区の苗字の登場人物。
サブタイトルが”僕と23人の奴隷”だから、その分のキャラが出てくるのかな?

これは面白いですね( ^ω^ )

時系列バラバラで頭ん中ごっちゃになりそうなところも楽しめますよ。

それ程悪くないです。

酷評が多かったので観るまでは不安でしたが、個人的には割と面白かったですよ。
原作も読んでいないし、何の先入観もなく観ましたが、酷評される程の駄作ではないと思います。
いちお星四つですが、三つに近い感じ。
すげー面白かった!って感じではないですが、普通でもない。
ちょっと面白かったって事で四つにしてみました。
気になっている方でしたら見ても損はないと思います。

初見なら買い

奴隷にするつもりがやり返されたり、望んで奴隷になったり、裏切られたり、人間同士の心理的な駆け引きが楽しい。
(デスノのような「頭脳戦」とは違い、あくまでも「心理戦」だが
単純そうに見えるキャラも一筋縄ではいかないので、巷に溢れている凡庸な残酷ゲーム漫画とは一線を画していると思う。
歯の装置に関しては、絵面の不気味さや、相手を陥れるハードルの高さが、いい味を出してると思う。
そもそも、人を奴隷にできるというファンタジー要素が主軸なのに、この歯の装置にサイズ感とか細かな理屈を求めるのはナンセンスだと思うが...。
(自分はこの世界にある柔軟性のある金属なんだろうと納得した)
総評として、漫画喫茶で一気に読むくらいの面白さはあった。
全巻100円なら、再読の為に即買う。
今は高い巻もあって合計2000円超えてるが、初見だったらこの値段でも全然良かったと思う。

一風変わった心理戦

岡田伸一の同名小説を原作とする作品のコミック版。
原作は全くの未見だが、書店の表紙買いで購入。「SCM」という特殊な器具を使い、「奴隷」が欲しい登場人物達とそれに巻き込まれる人物達の物語が展開される。表紙からてっきりSMがキーワードになるかと思いきや、別にそこまで性的・ピンク的なストーリーメインではない。
一応主人公に該当するキャラクターは登場する(荒川エイア、大田ユウガ)が、話は複数の人物の視点で語られるオムニバス形式となっている。本作では荒川エイア、杉並ルシエ、目黒マサカズ、豊島アヤカ、新宿セイヤの5話が収録。ご覧のとおり、登場人物の苗字が都内の区名となっているのは面白いというか横着というか。
ゼロサムゲームのような展開を予想していたが、勝った負けたの繰り返しで流れが変わるようで、心理バトルが繰り広げられる。1巻なのでまだインパクトのあるような展開はないが、気になる続け方で終わっているので続刊も購入予定。

えげつない設定

えげつなすぎる設定がすごい。それと出てくるキャラが濃くて面白すぎる。

普通におもしろい

立ち読みできるようになっていたので途中まで読んでおもしろそうだったので今出ている巻を一気に購入しました。
エロ系かと思っていましたが、そういうこともなく続きが気になるストーリーです。
設定も結構良く考えてあるし、キャラも立っていて、私は面白いと思います。
タイトルと表紙でかなり損してるなぁと思います。
もうちょっとその辺を変えたらもっと人気が出そう。

おもしろすぎ

私は1、2巻共に書店で買ったのですが、とても奇抜な構成とこの絵がすごく好きになりました。小説も全て買って思ったのは、漫画より先に小説から読んだ方がおもしろいと思います。
映画化おめでとう!!

先が気になる

奴隷にしたり、奴隷にされたり、裏切られたりと人間同士の駆け引きや心理戦が面白い!
キャラも独特で設定がそれぞれ濃いので、どんどん続きが読みたくなる作品です。

邦画(国内映画)『奴隷区 僕と23人の奴隷』のネタバレ感想(ツイッター・Twitter)

ここでは、『奴隷区 僕と23人の奴隷』を見た人の声や感想(ネタバレ有り)をご紹介します。

邦画(国内映画)『奴隷区 僕と23人の奴隷』をテレビ放送を見逃した!できるだけ安く見たいあなたに!

女性解説
解説
『奴隷区 僕と23人の奴隷』の
「テレビ放送を見逃してしまった!」
「フル動画をできるだけ安く見たい!」

…そんなあなたは必見♪

U-NEXTのキャンペーンを使えば動画を無料視聴できる!!

31日間の無料トライアルで視聴する!

邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

↑『奴隷区 僕と23人の奴隷』をおトクに見る♪

  

-邦画(日本国内映画)

テキストのコピーはできません。

Copyright© クークル[Qooqle]人気おすすめ動画検索サイト , 2019 All Rights Reserved.