ハレンチ学園

投稿日:2月 12, 2019 更新日:

映画/邦画『ハレンチ学園』の「あらすじ」「動画を無料視聴する方法」をご紹介していきます!

↓『ハレンチ学園』の動画を今すぐ無料で見たい方はこちらをクリック↓

映画/邦画『ハレンチ学園』を見る邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

ハレンチ学園を無料で視聴する!

映画/邦画『ハレンチ学園』とは?(あらすじ・見どころ)

映画(詳しくは邦画・日本国内映画)『ハレンチ学園』の作品概要邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

まずは、『ハレンチ学園』とはどんな作品なのか?、作品の概要をご紹介します。

あらすじ

社会現象を起こした永井豪の同名漫画を実写映画化したエロティックコメディ

■見どころ
子供と大人が入り乱れてのハレンチな騒動、イタズラはどんどんエスカレートしていく。
バカバカしさ満載である一方で、聖職者らしからぬ教師たちと生徒の対立も描かれる。

■ストーリー
生徒たちがまったくやる気を見せない、聖ハレンチ学園の卒業式。
そこに教育委員が到着したという知らせが入り、校長たちは式の醜態から彼らの目を逸らそうとした。
在校生の山岸たちはそれをネタに教師を脅迫する。
だがその反動が生徒たちに襲い掛かり…。

ここがポイント!

小松方正、藤村俊二、由利徹、大泉滉、宍戸錠、うつみ宮土理ほか豪華メンバーが出演。

U-NEXTキャンペーン『ハレンチ学園』を無料で見る!>>邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

映画/邦画『ハレンチ学園』の作品紹介(キャスト・視聴率・OST・DVD情報)

映画(詳しくは邦画・日本国内映画)『ハレンチ学園』の作品紹介(キャスト・スタッフ・視聴率・相関図・OST・DVD情報)邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

ここからは、『ハレンチ学園』について、より詳しく作品紹介をしていきます。

映画/邦画『ハレンチ学園』の出演者(キャスト・スタッフ紹介)

映画/邦画『ハレンチ学園』のキャスト(出演者)やスタッフをご紹介します。

映画(詳しくは邦画・日本国内映画)『ハレンチ学園』の出演者(キャスト・スタッフ紹介)邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

キャスト
(出演者)
宍戸錠(役:馬加呂仁):通称マカロニ
藤村俊二(役:吉永百合夫):通称ヒゲゴリラ
左ト全(役:甚兵衛)
小林方正(役:荒木又五郎):通称丸越
由利徹(役:丸傘丸男):通称パラソル
大谷淳(役:袋小路太郎):通称いきどまり
渡辺史郎(役:風間二郎):通称フーセン
児島みゆき(役:柳生みつ子):通称十兵衛
なべおさみ(役:柳生宗成)
ミッキー安川(役:柳生勝子)
十朱久雄(役:柳生只則)
武智智子(役:柳生弥生)
雷門ケン坊(役:山岸八十八):通称オヤビン
石井均(役:山岸大八)
小桜京子(役:山岸ハナ)
星野みどり(役:あゆ子)
上田吉二郎(役:校長):学園の校長
うつみみどり(役:西尾みどり)
小松政夫(役:警官):警官
スタッフ 企画:園田実彦
監督:丹野雄二
監修:阿部進
脚本:山崎巌/鴨井達比古
原作:永井豪
撮影:高村倉太郎
音楽:山本直純
制作:日東プロ=ピロ企画
配給:日活

映画/邦画『ハレンチ学園』の相関図

映画/邦画『ハレンチ学園』の人間関係をまとめた相関図です。

映画(詳しくは邦画・日本国内映画)『ハレンチ学園』の登場人物の人間関係・相関図・チャート邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

映画/邦画『ハレンチ学園』の平均視聴率・最高視聴率

映画/邦画『ハレンチ学園』の視聴率を調べました。

平均視聴率 -%
最高視聴率 -%

映画/邦画『ハレンチ学園』のOST(オリジナルサウンドトラック・主題歌)

映画/邦画『ハレンチ学園』のOST(オリジナルサウンドトラック)の情報です。

映画(詳しくは邦画・日本国内映画)『ハレンチ学園』のOST(オリジナルサウンドトラック・主題歌)邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

曲順 タイトル
1 ズビズビロック

映画/邦画『ハレンチ学園』のDVD&ブルーレイ発売情報

映画/邦画『ハレンチ学園』のDVD・ブルーレイ発売情報です。

映画(詳しくは邦画・日本国内映画)『ハレンチ学園』のDVD&ブルーレイ発売情報邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

[DVD/ブルーレイ]ハレンチ学園 [DVD]

発売日:2008/3/14
価格:¥16.950
時間:1 時間 25 分
ディスク枚数:1
形式:Color
出演:児島美ゆき/宍戸錠/藤村俊二/なべおさみ/左卜全
リージョン:リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。)
アスペクト比:2.35:1
メーカー:日活

『ハレンチ学園』を見たい!と思っても、
DVD/ブルーレイはちょっと高い…(^_^;)

でもNEXTのキャンペーンなら『ハレンチ学園』を全話無料で視聴できる!!

31日間の無料トライアルで視聴する!

邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

↑『ハレンチ学園』をおトクに見るチャンス♪

映画/邦画『ハレンチ学園』の口コミ(感想レビュー・ネタバレ注意)

映画/邦画『ハレンチ学園』のネタバレ感想・レビュー・口コミ・クチコミ・評判)邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

映画/邦画『ハレンチ学園』の口コミ(感想レビュー※ネタバレを含むため注意)

ここでは、『ハレンチ学園』を見た人の口コミ(感想レビュー※ネタバレを含むため注意)をご紹介します。

我らがハレンチ学園、オー!ハレンチ学園は教育番組だ

生徒を出汁に自らの欲望を満たそうという先生たちと、その企みに気づき、それに対抗し、阻止しようとする生徒たち。
この両者の闘いを面白おかしく描いた、ナンセンス・ドタバタ学園コメディだ。
もっとも先生の欲望といっても、生徒が授業料を払わず、給料も支給されないので、ほんのわずかな金を得るためにちり紙交換を始める類の他愛のないものや、
後半になると、授業料を払う新入生獲得のために在校生を退学にさせるために立てるあれやこれやの悪智恵などである。
普段は反目し合う両者だが、学園を潰そうという全日本ママゴン連合・文句省(文句庁の場合もあり)・酷税庁等が相手になると、
一致協力して敵を粉砕する痛快コメディにもなる。無論ここでも主導権が生徒たちにあることは言うまでもない。
ハレンチという名称に心が乱されるかもしれないが、せいぜいパンチラ・スカートめくり・ブラジャー姿ぐらいで、
同時代のテレビドラマ『時間ですよ』で女の裸がTVに放映されたのと比べればまるっきりおとなしいものである。
学校で勉強をするわけでもなく、しかし学校以外には行くところも、遊ぶところもないために学校に集まる生徒たち。
先生たちとマジに闘い、勝利を収めての大笑い。今から見ればあまりにも下らなく他愛のないものであるが、
この大らかな笑いこそが高度成長期の70年代に発展を続けた日本の原動力であったのだろう。
登場人物では何と言っても主人公柳生十兵衛(みつ子)役の児島美ゆきが魅力的だ。それにあけみ役の倉園朱実も美少女だ。
現代のような整形・エステ・ダイエット・メイクによる人為的に“作られた”美ではなく、生身の人間の健康的な美しさそのものであり、
しかし現代の基準でも十分な魅力を持つ女たちである。先生たちとは本気で闘い、勝利を収めて満面の笑みをたたえるところには清々しさが感じられるが、
話が進むにつれ、悪乗りして先生たちをいびる陰湿な姿は、これら健全で自然な美少女たちには似合わない。
個人的には、薄幸の特撮ヒロイン山田恵子(特撮番組では本名の山田圭子以外にも丘野かおりの名でも出演)が後半約半分の回に登場しているのが嬉しい。
舌っ足らずにしゃべるほんの一言の台詞も確か全部で二回しかなく、基本的にはその他大勢のうちの一人ではある。それでも画面の真ん中に映っていることも多い。
まだ中学生で、体操着&ブルマ姿では小柄で細身の体とアンバランスなぶっとい大根脚を見せてくれるし、ほんの一瞬ではあるが、セーラー服からのパンチラもある。
そして忘れてはならないのが、カバゴンこと教育評論家阿部進が本作を全面支援し、次回を紹介する予告編に出演していることである。
最後に両手を上げ、「我らがハレンチ学園、オー!」と気勢を上げるところに大学紛争の名残が感じられる。しかし生徒を応援するカバゴンも、してはいけないことははっきりと言っている。
現代の荒廃する教育界にはカバゴンのように正面からぶつかっていくような先生はなく、一歩下がったところから評論家のように安全かつ無責任な態度を取っている者も多いが、
本作は単なる懐かしい高度成長期の日本の記録であるばかりでなく、真の人間の姿を描いた教育番組でもある、という視点で見ることも可能であろう。
下らない番組のように見えるが、児島美ゆきは演技指導が最も厳しかった作品である、とインタビューに答えている。

この世で最後に観るべき映画

原作やお話自体には時代も違うので思い入れはないのですが、
この映画たちの愛おしさに負けてBOXで購入しました。
小学生レベルのエッチ(あえてHと書く)とジタバタしたドタバタ場面、
ゲスト芸人達の素の持ちネタ披露など、いくら末期といえども天下の日活さん
の仕事としてはどうかとも思うのですが、好きなんだから仕方が無い。
でも、少しだけかわいい青春映画としての側面もあるんです。
どうしようもない作品たちですが明日地球が終わるとしたら、
私はこれを見ながら人生を振り返りたいと思います。(笑

面白い映画です

昔懐かしく珍しくとても面白いDVDです。ありがとうございました。

流行りものとはいえ…良作

それまでの日本人の持っていた良識を覆す、正にハレンチな原作を色物なれどどこか憎めない映画化にした作品。「少年ジャンプ」で連載が始まり単行本、映画化、レコード、TV化、PC98の美少女ゲームまで付き合った我ながら長い付き合いの作品でした。
この映画版は時代柄ある意味、日本のニューシネマだったのかも知れませんね。出演俳優がほとんど当時のTV「ゲバゲバ90分」の顔ぶれというのも面白い。
主演の山岸役の雷門ケン坊は、ルックス的には全然似てなかったのですが、彼の芸達者なところはその後の山岸役のだれよりも山岸らしい押しの強さがあり適役でした。本作の山岸こそベスト1です。
主題歌の「ズビズビ・ロック」というブルース・ロック風のヘンな歌がまたこの映画に合っていて正体不明の演奏グループ、モラル・マイナス・ワンというのもヘンという徹底ぶり。(^^;)
ラストシーンで流れる左卜全さんの「老人と子どものポルカ」が、この脳みそとろける迷作に合っていていまだにトラウマになってます。

映画/邦画『ハレンチ学園』のネタバレ感想(ツイッター・Twitter)

つづいて、『ハレンチ学園』を見た人の声や感想(※ネタバレを含むため注意)をご紹介します。

映画/邦画『ハレンチ学園』をテレビ放送を見逃した!できるだけ安く見たいあなたに!

女性解説
解説
『ハレンチ学園』の
「テレビ放送を見逃してしまった!」
「フル動画をできるだけ安く見たい!」

…そんなあなたは必見♪

U-NEXTのキャンペーンを使えば動画を無料視聴できる!!

31日間の無料トライアルで視聴する!

邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

↑『ハレンチ学園』をおトクに見る♪

  

-邦画(日本国内映画)

テキストのコピーはできません。

Copyright© クークル[Qooqle]人気おすすめ動画検索サイト , 2019 All Rights Reserved.