コドモのコドモ

投稿日:

映画/邦画『コドモのコドモ』の「あらすじ」「動画を無料視聴する方法」をご紹介していきます!

↓『コドモのコドモ』の動画を今すぐ無料で見たい方はこちらをクリック↓

映画/邦画『コドモのコドモ』を見る邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

コドモのコドモを無料で視聴する!

映画/邦画『コドモのコドモ』とは?(あらすじ・見どころ)

映画(詳しくは邦画・日本国内映画)『コドモのコドモ』の作品概要邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

映画(詳しくは邦画・日本国内映画)『コドモのコドモ』の出演者(キャスト・スタッフ紹介)邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

まずは、『コドモのコドモ』とはどんな作品なのか?、作品の概要をご紹介します。

あらすじ

小学5年生の妊娠・出産…衝撃的な題材が、心温まるファンタジックな物語に昇華

■見どころ
ヒット作「神童」と同じ、さそうあきら原作×萩生田宏治監督が送る感動作。
自分たちだけで考えて行動していく純粋なコドモの姿が、大人の固定観念をゆさぶってくれる。

■ストーリー
春菜は普通のイマドキの小学5年生。
ある日幼なじみの男子と、意味も分からぬまま「くっつけっこ」という遊びをしてしまう。
性教育の授業を受けて「妊娠したかも!?」と気づいた春菜と友人たちは、大人に秘密でコドモだけで赤ちゃんを守ることを決意する。

U-NEXTキャンペーン『コドモのコドモ』を無料で見る!>>邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

映画/邦画『コドモのコドモ』の作品紹介(キャスト・視聴率・OST・DVD情報)

映画(詳しくは邦画・日本国内映画)『コドモのコドモ』の作品紹介(キャスト・スタッフ・視聴率・相関図・OST・DVD情報)邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

ここからは、『コドモのコドモ』について、より詳しく作品紹介をしていきます。

映画/邦画『コドモのコドモ』の出演者(キャスト・スタッフ紹介)

映画/邦画『コドモのコドモ』のキャスト(出演者)やスタッフをご紹介します。

映画(詳しくは邦画・日本国内映画)『コドモのコドモ』の出演者(キャスト・スタッフ紹介)邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

映画(詳しくは邦画・日本国内映画)『コドモのコドモ』の出演者(キャスト・スタッフ紹介)邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

映画(詳しくは邦画・日本国内映画)『コドモのコドモ』の出演者(キャスト・スタッフ紹介)邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

映画(詳しくは邦画・日本国内映画)『コドモのコドモ』の出演者(キャスト・スタッフ紹介)邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

映画(詳しくは邦画・日本国内映画)『コドモのコドモ』の出演者(キャスト・スタッフ紹介)邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

映画(詳しくは邦画・日本国内映画)『コドモのコドモ』の出演者(キャスト・スタッフ紹介)邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

キャスト
(出演者)
甘利はるな(役:持田春菜):11才の女の子
伊藤梨沙子(役:吉田美香)クラスのまとめ役で優等生
川村悠椰(役:鶴巻ヒロユキ):春菜の同級生で幼なじみ
大熊彩花(役:朝倉真由):春菜の仲良し3人組
帯金遼太(役:生田目ミツオ):春菜の同級生
須藤瞳(役:丸山珠):春菜の仲良し3人組
竹森雄之介(役:川上ダイゴ):春菜の同級生
山田清貴(役:久保田万作):ブタマンがあだ名の春菜の同級生
春菜の母:宮崎美子(役:春菜の母親):春菜の母親
草村礼子(役:おばあちゃん):春菜のおばあちゃん
斉藤暁(役:春菜の父親):春菜の父親
榎木兵衛(役:おじいちゃん):春菜のおじいちゃん
谷村美月(役:秋美):春菜の姉
光石研(役:ヒロユキの父親)
安部聡子(役:ヒロユキの母親)
弘中麻紀(役:真由の母親)
歌川椎子(役:万作の母親)
相築あきこ(役:美香の母親)
村岡希美(役:三輪先生):先生
北見敏之(役:ミツオの父親)
麻生久美子(役:八木希代子):春菜の担任の先生
守山玲愛(役:ミワコ)
佐藤隆平(役:リョウタ)
スタッフ 監督:萩生田宏治
脚本:宮下和雅子/萩生田宏治
音楽:トクマルシューゴ
撮影:池内義浩
美術:松尾文子
編集:大重裕二
制作:ピクニック
配給:ビターズ・エンド

映画/邦画『コドモのコドモ』の相関図

映画/邦画『コドモのコドモ』の人間関係をまとめた相関図は見つかりませんでした。
(※公式サイトでも用意されていませんでした。)

映画/邦画『コドモのコドモ』の平均視聴率・最高視聴率

映画/邦画『コドモのコドモ』の視聴率を調べました。

平均視聴率 -%
最高視聴率 -%

映画/邦画『コドモのコドモ』のOST(オリジナルサウンドトラック・主題歌)

映画/邦画『コドモのコドモ』のOST(オリジナルサウンドトラック)の情報です。

映画(詳しくは邦画・日本国内映画)『コドモのコドモ』のOST(オリジナルサウンドトラック・主題歌)邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

曲順 タイトル
1 主題歌:奥田民生「SUNのSON」(キューンレコード)

[OST]コドモのコドモ 主題歌:奥田民生「SUNのSON」(キューンレコード)

映画/邦画『コドモのコドモ』のDVD&ブルーレイ発売情報

映画/邦画『コドモのコドモ』のDVD・ブルーレイ発売情報です。

映画(詳しくは邦画・日本国内映画)『コドモのコドモ』のDVD&ブルーレイ発売情報邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

[DVD/ブルーレイ]コドモのコドモ [DVD]

発売日:2009/5/26
価格:¥5.000
時間:2 時間 2 分
ディスク枚数:1
形式:Color, Dolby, Mono, Widescreen
出演:甘利はるな/麻生久美子/宮崎美子/谷村美月/草村礼子
リージョン:リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。)
アスペクト比:1.78:1
メーカー:バンダイビジュアル

『コドモのコドモ』を見たい!と思っても、
DVD/ブルーレイはちょっと高い…(^_^;)

でもNEXTのキャンペーンなら『コドモのコドモ』を全話無料で視聴できる!!

31日間の無料トライアルで視聴する!

邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

↑『コドモのコドモ』をおトクに見るチャンス♪

映画/邦画『コドモのコドモ』の口コミ(感想レビュー・ネタバレ注意)

映画/邦画『コドモのコドモ』のネタバレ感想・レビュー・口コミ・クチコミ・評判)邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

映画/邦画『コドモのコドモ』の口コミ(感想レビュー※ネタバレを含むため注意)

ここでは、『コドモのコドモ』を見た人の口コミ(感想レビュー※ネタバレを含むため注意)をご紹介します。

批判だらけですが

映画を観ずに批判コメントを書いている方々が多く存在しますが、
その方々のコメントはまったく見当はずれですね。
映画は観てから評価しましょう。
この映画はグロテスクでも無く、出産を軽視しているでも無く、
もっと大事なものを伝えています。
実力派の俳優に負けず、子供達の演技もすばらしいものがあります。
大変いい内容に仕上がっていると思いました。
観ずに批判コメントを書いている方々にぜひ観てほしいと思います。

[ネタバレ]よかったですw

近年の学校の問題、家庭問題、性問題、さまざまな問題に立ち向かいつつ、考えさせられる非常にいい作品だと思います。
普通では考えられない、小学5年生での妊娠から始まり、小学生の友人関係、性教育の難しさ、学級崩壊、いろいろなことが取り込まれて、子供たちは大人以上に大人なのかもしれない。
そう思いました。
さすが、マスコミで取り上げられていた作品だけあった、考えさせられた作品でした。

コドモのチカラ

すばらしい作品でした。
演じた子供達が傷つくような内容ではありません。
子供が人を見抜く力、生命力、子供の成長、子供の力を感じました。
子供達がかわいらしかったです。
萩生田監督は子供を撮るのが上手いと思いました。
特に甘利さんの普通っぼさと、存在感がよかったです。
後味もよく、気持ち良く劇場を出ました。

最後の校庭の樹に希望を感じました。

おなごりFesの帰りに鑑賞。
なんというか、見ていてぞっとしてしまいました。
コドモがコドモを生むというものがたりにではなく、大人のありようのつらさに。
お母さんであれば愛情がありそうに見えて何もみえてないあたりに。お父さんの場合はわかりやすく
仕事も忙しくていつも鼻歌でやりすごしているあたりに。
おじいさんとおばあさんだけはどこかでわかっていたのかもしれませんが。
とはいえ結局は子供たちだけで解決していくお話が後半盛り上がっていくだけに
大人たちの情けなさを感じてしまいます。
ただし八木先生は、最後のシーンで何かを悟っていました。
その伝では、お父さんもお母さんも一皮むけ、コドモたちも、パーティで何らかの手伝いをしている以上、何かを得たのではないでしょうか。
それにしてもそこまでやらなければ、大人とコドモが和合できる瞬間のリアリティを描けぬとは
なんと殺伐とした時代なんでしょう。
最後の校庭の樹に希望を感じました。

映画を観ないで投稿するな!

初日、見に行きました。非常に良かったです。
テーマがテーマだけに、敬遠される方がいらっしゃるようですが、実にもったいない。僕個人としては、TVで放送された『14才の母』の10倍良いです。
正直言って、子役の方の演技には期待せずに見に行きましたが、反省させられました。特に主演の甘利さんは、『14才~』の志田未来より数倍上手い。400人のオーディションを勝ち抜いた実力は伊達じゃありません。
また、脇を固める実力派は圧巻。谷村美月・麻生久美子をはじめ、それぞれが役にピッタリはまっている。キャスティングの勝利だと思います。
レビューを見ると、テーマだけ見て、映画を見ずに低い評価をしている方が多数いるようですが、何が分かるんでしょうか?
断言します。この作品は2点や3点そこそこの映画じゃありません。是非、一度見て下さい。相当オススメです。

[ネタバレ]観ました!思いもよらぬ感動があった!

やはりこの題材だけに、批判がすごいですね。
まだ映画を観ていない方々からのご意見ばかりだったので、観た感想を。
原作自体は知らなかったのですが、小学五年生の女の子がコドモを産む題材だと知って、確かに世間に公開するものとしての道徳的な疑問はありつつ、どう描くのかすごく興味が沸きました。
でてくる子たちがほぼ見たこともない無名の子たちだったのが、新鮮で、物語に入りやすくてよかった。
公園の緑の中での“くっつけっこ”のシーン、あの緑に囲まれた自然の中で、本能につきうごかされて、極めて自然にくっつけっこをした。現実に考えるととんでもない事なんだけど、とても神聖な感じがした。
同時に異性の体に興味をもつ年頃の危うさも感じるんだけど、おとぎばなしを見ているような不思議な感覚に襲われた。
春菜の妊娠に気づくことができるポイントが散りばめられているにもかかわらず、どんどん歯車が狂いだして、大人たちは気がつかず、コドモたちはバレたら大変!と赤ちゃんのことを秘密にしている。
学級委員長の美香は真剣にゆく先を心配しているが、春菜を含めたコドモたちは事の重大さをそこまで理解しておらず、とても楽観的なのが、おもしろい。
コドモを上から見下ろすのでなく、コドモたちの目線にたって丁寧に描いている。
美香に中絶を迫られた後、春菜は宮崎美子さん演じる母親の温かさを改めて感じ、産むと決意するが、結局どうすればいいかわからず、不安を抱えたままお腹がどんどん膨れていき、春菜が産気づいた時にはもう引き返せない切羽詰った感じがある。
だけど、痛みに悶える春菜はやっぱり頑張って命を産み落とそうとするし、クラスメイトのコドモたちも一生懸命励ます。
命を守ろうという決定的な強い意志でなく、命を目の前にしてしまったら反射的に動いてしまうという純粋さ。
頭で考えるのでなく、心で動くことができた子供の頃をうらやましく思った。
赤ちゃんが産まれた後のことも、この映画はきちんと描いている。
だんだんファンタジーから現実味を帯びてくる。
生活を立てられない小学生の子が出産する事は絶対に反対だけど、産まれてきた赤ちゃんを腕に抱いたとしたら、やっぱり罪もないその命を否定することはできないよなぁ。なんて考えつつ、すっかり映画をみて受けた気持ちをもち帰ってしまっている自分がいました。
麻生さん演じる八木先生も、素晴らしかったなぁ。
四季折々が散りばめられていて、映画をとても豊かにしている。
現代の邦画とは似つかない新しい、不思議な感動作でした

「良識派」への挑戦状

「命の尊さ」というのはこの映画が訴えたいことの本線ではなかろう(そこを雑に扱うのであれば、こういう映画を作ってはダメだが、別にその点で致命的なエラーがあるわけではない)
それよりも、この作品で真に訴えたいことは、子供が「大事件」に巻き込まれたとき、周囲の大人はその子供を救うことができるのか、大人は子供から頼られる存在であれるのか、という点だ。小学生が妊娠、出産することは、必須ではないかもしれないが、ほかにこの作品の主張を届けるのにふさわしい「大事件」は、ちょっと思いつかない。
小学生が妊娠、出産するという話を聞いただけで、見もせずに「とんでもない映画」と決め付けている「良識派」こそ見るべき作品。そんな連中が、子供たちにとっては何の役にも立たないどころか、むしろ害悪を与える存在であることが、劇中で濃密に描かれている。小学生が大人の手を借りずに出産することにリアリティーがあるのではない。大人が子供の声に耳を傾けないから、子供たちは仕方なく自分たちの手で問題を解決することを迫られたのだ。その痛みが感じられない大人が、つまらない正義感を振り回しても無意味。批判はせめて、映画を見た後でどうぞ

[ネタバレ]非常に素晴らしい作品でした

「小学5年生のコドモがコドモを産むお話」
この衝撃的なテーマゆえに論議をかもし出してきたこの作品。小学生の子を持つ親である私としても、実際にこの目で確かめたかった作品でした。この目で確かめた上で、何を感じ、何を考えるのだろうか・・と、ある意味期待いっぱいで鑑賞しました。
・・・。
いやいや、素晴らしい作品ぢゃないですか。
「あり得ない」テーマに対して、寓話性、ファンタジー性を前面に出すのではなく、敢えてノンフィクション的な作風に仕上げた荻生田宏治監督。そこに描き出されたのは「純真で健気でそして無限の可能性を秘めたコドモたちの力」。
無邪気であり楽天的であり、そしてその純真な笑顔・・
友達を守るためにみんなが団結し、一つのことをやりとげようとする時のひたむきさと一生懸命な目・・
そんなコドモたちの生き生きとした姿を、実に瑞々しく、かつこの上なくさわやかに描ききりました。
・・・。
テーマ自体は「あり得ない妄想」かもしれません。しかしその脚本も演出も、そして創り出される映像もすべてが非常に真面目です。
まず、児童に対する性教育の現状から、学校教育のあり方、さらには自分の責任は棚に上げて学校側を批判することしか知らない一部の親達、そういった学校をめぐる現代の問題点がきっちりと描かれます。
そして妊娠から出産までのおおよそ10ヶ月という時間の推移を、春夏秋冬それぞれの季節の移り変わりと共に実に丁寧に丁寧に描いています。実際に各季節に撮影されたと思われるこの映像は、真面目に手間と時間をかけたもの。
主人公「春菜」が仲の良い男友達と無邪気な遊びの延長として試した「くっつけっこ」、そして性教育の授業により自身の妊娠に気づく「春」・・、
姉の友達の妊娠中絶という事件を通じて、徐々に事の重大さに気づいた春菜がとまどいと不安に揺れる「夏」・・、
誰にも伝えることが出来ず孤独だった春菜がクラスの友達という力強い仲間を得、そして友達たちが春菜と春菜のコドモを守ろうと一致団結してゆく「秋」・・、
そして雪景色が美しい「冬」、コドモたちだけによる奇跡の出産劇・・
ストーリーの流れも実にスムーズであり、非常に説得力にあふれた力強い映像です。
・・・。
ここで、
「妊娠」といっても「性」を感じさせる描写は皆無です。そこは小学生たちが主役のこのお話、教育上の配慮がきちんとなされてます。春菜が妊娠に至る経緯は、無邪気さとちょっとした好奇心から生まれた「くっつけっこ」という遊びによるもの。(この「くっつけっこ」という表現が実にコドモらしくて可愛いですよね(笑))
荻生田監督は、このテーマに対して一貫して「命の尊さ」という部分に焦点をあてています。
自分のお腹の中で確かに育まれている「命の鼓動」を肌で感じた春菜が、心配してくれる友達に対して「うち、産むよ」と力強く宣言する・・、
その命を守るために一致団結して一生懸命に頑張るコドモたち・・、そして命の誕生を目の当たりにして、安堵感と感動で涙ぐむコドモたち・・、
さらには、産まれ来た新しい命をみんなで温かく見守ろうとする家族の姿・・、
実に微笑ましく、かつさわやかなものです。
・・・。
とは言え、私も一応「常識」という枠に縛られた大人の一人。鑑賞中も事あるごとに「あり得ない」という思いが頭をかすめました。
しかし荻生田監督の採る演出は、観る者をいつしか「コドモの目線」と同化させます。ここが素晴らしいところ。
「コドモの目線」・・・、それは常識にとらわれず(世間のことなどまるでわかっちゃいない)、楽天的であり、そして純粋なもの。
大人である鑑賞者も、この「コドモの目線」になってしまえばもう怖いものなしです(笑) いつしか「常識」や「あり得ない」感は頭の中から消え去り、コドモたちと同じ純真な気持ちでこの「妄想物語」の世界に引き込まれるのです。
・・・。
小学5年くらいのコドモ達は、純真さを持ちつつも色々と知恵もつき、一筋縄では行かないいわゆる「ギャング世代」です。一言で言うと「クソガキ」どもですね(笑)
しかしこの作品で描かれる「クソガキ」どもは、この上なく微笑ましい!
やっぱりコドモって素晴らしい。無限の可能性を秘めているんだ・・・、心からそう思わせてくれたこの作品を観る事が出来て本当に良かった。
文句無く満点です。
PS:
コドモ達の演技が素晴らしいです。特に春菜役の「甘利はるな」ちゃん。キラキラした笑顔が実に良い。またしても「嫌な女」の役が素晴らしかった麻生久美子さん、キャラを立たせず脇役に徹した谷村美月さん、温かく包容力溢れる母親役がはまり役の宮崎美子さん、いずれも良かった。スナックのママ役の上野樹里さんは意味不明でしたが・・(笑)

批判する前に反省したいと思いました。

きょう、ひとりでみてきました。
中2になる娘も一緒に見たかったようですが、学校だったんで。。(ごめん こんどいこうね)
妊娠したおなかは 太ってるお中とは違った膨らみ方をするので現実から言うと、
最後まで おなかの様子に気がつかないのは ありえないだろう。
それと、出産は子どもだけが出てくるのではなく、そのあとすぐに
2度目のお産と言われる胎盤が出てくる。
私の場合、100人に一人の胎盤がはがれない人で、りおんを生むのも難産で
死ぬかと思って出てきてくれたけど、その胎盤剥離がまた 違う痛みで1度で2度痛かったです。
だから、すこし、ありえない~ってことはあるけど、
私はこの映画から、それ以外はすべて、ありえることだと感じた。
妊娠はおいといて、小学生時代は、この映画の通りだった。
命の教育が性教育が、なされていない日本で、知識のなさから悲劇が生まれることは
多々あります。
保健体育、エロ本、エロビデオ、友達の話でしか知らない性なんて、とても怖い。
わたしは、りおんを生んで初めて 性教育を受けた。
“人間と性”教育文化センターの先生の話は すばらしいものだった。
性は生です。
機会があるごとに、4,5回 ほかの親さんたちと一緒に聴いた。
子どもも大人とは別で、子どもだけの 成長過程で はなしを聞く機会が数回あった。
我が家では、素晴らしい性!!として オープンな家族だけど
「外では言わんといて!みんなは知らへんで!」とりおんが言う。
学校へ行くと、子どもたちの中でのSEXは やはりエロなのだ。
そこから目をそらして、自分の子どもだけが安全だとは いいきれない。
ちまたには、ものすごいエロ情報が飛び交っている。
子どもたちは興味津々だ。
中学生の間でも、携帯でエロサイトをみてるそうだ。
自分の携帯に有害防御制限がついてても 友だちと回し見をしているそうだ。
興味があって当たり前だが、変態、痴漢、レイプのサイトで勉強されてもどうだろう・・・。
知識がない年頃だからこそ、だいじな性の知識が必要なんじゃないだろうか。
この映画は、そんな性教育の商売があふれかえってる日本が浮き彫りにされてると思う。

良質なフィクション

批判的な意見を書き込んでいる人が多いですが、どうも私には、的外れな気がして、
心を込めてこの作品を撮ったであろう作り手の人たちが、少々気の毒に思います。
この作品、実にリアルな描写力と、「子供の妊娠」というある種スキャンダラスな
テーマとで、現実的な文脈で語られてしまいがちですが、丁寧に作り込まれた寓話
という側面から評価した方が妥当かと思います。
全編にわたって細やかな演出があるので、長所をいちいち列挙していけばキリがない
のですが、その中で一つ、私的に一番「あ!」と思わされたのは、問題の子供が出来る
前後の描写。2人が自転車で走って、大木の根方に行き、木の周りをグルグル回って…
日本最古のファンタジーから取り入れて脚本を書くとは! うならされました。

映画/邦画『コドモのコドモ』のネタバレ感想(ツイッター・Twitter)

つづいて、『コドモのコドモ』を見た人の声や感想(※ネタバレを含むため注意)をご紹介します。

映画/邦画『コドモのコドモ』をテレビ放送を見逃した!できるだけ安く見たいあなたに!

[st-kaiwa-kaisetsu-woman-no1]『コドモのコドモ』の
「テレビ放送を見逃してしまった!」
「フル動画をできるだけ安く見たい!」

…そんなあなたは必見♪[/st-kaiwa-kaisetsu-woman-no1]

U-NEXTのキャンペーンを使えば動画を無料視聴できる!!

31日間の無料トライアルで視聴する!

邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

↑『コドモのコドモ』をおトクに見る♪

  

こちらもおすすめ!Paravi(パラビ)

Paravi

国内テレビドラマが好きなら加入すべし!

Paravi(パラビ)は、TBSやテレビ東京、WOWOW、日本経済新聞といった国内主要メディアが連携し、2018年4月にサービスを開始した動画配信サービスです。

国内ドラマの配信数は、日本最大級!

さらにバラエティ、音楽、アニメのほかスポーツや報道・ドキュメンタリーなど、各局の強みを前面に出した配信ラインナップとなっています。

料金は定額で見放題の「Paraviベーシックプラン」が月額925円(税別)。他の動画配信サービスとほぼ同等の価格帯です。

登録後30日間の無料お試し期間があり、1本単位でレンタル購入できる有料コンテンツも豊富に揃っています。

Paravi(パラビ)に加入する

Paraviでしか観ることができない動画も♪

-邦画(日本国内映画)

テキストのコピーはできません。

Copyright© Qooqle , 2019 All Rights Reserved.