八日目の蝉

投稿日:

映画『八日目の蝉』の「あらすじ」「動画を無料視聴する方法」をご紹介していきます!

↓『八日目の蝉』の動画を今すぐ無料で見たい方はこちらをクリック↓

映画『八日目の蝉』を見る邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

八日目の蝉を無料で視聴する!

映画『八日目の蝉』とは?(あらすじ・見どころ)

映画(詳しくは邦画・日本国内映画)『八日目の蝉』の作品概要邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

まずは、映画『八日目の蝉』とはどんな作品なのか?、作品の概要をご紹介します。

あらすじ

角田光代の小説を映画化!父親の愛人に誘拐された過去を持つヒロインを井上真央が熱演

■見どころ
誘拐犯のもとで愛情いっぱいに育てられた女性の苦悩と葛藤を描く人間ドラマ。
「ソロモンの偽証」の成島出が監督を務め、日本アカデミー賞では作品賞を含む10冠を獲得!

■ストーリー
生まれてすぐ父親の愛人に誘拐され、4歳まで育てられた恵理菜。
両親のもとに戻るも、世間からいわれのない中傷を受け、自分の家族に実感を持てずにいた彼女は、誰にも心を開かないまま成長。
そして、妻子ある男を好きになり、彼の子供を身ごもってしまう…。

U-NEXTキャンペーン『八日目の蝉』を無料で見る!>>邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

映画『八日目の蝉』の特別動画(特典映像)

映画(詳しくは邦画・日本国内映画)『八日目の蝉』の特別動画(特典映像)邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

ここからは、映画『八日目の蝉』の特別動画(特典映像)をご紹介します。

[動画]八日目の蝉 ラスト

[動画]『八日目の蝉』特報

[動画]運命だった!? 永作博美が『八日目の蝉』は避けては通れない作品

[動画]『八日目の蝉』初日に蝉柄ワンピで登壇の井上真央に、永作博美マジマジ

[動画]八日目の蝉 ダイジェスト映像

[動画]『八日目の蝉』で三池崇史監督が気になったシーンに、永作博美が呆れ顔

[動画]中島美嘉の歌に井上真央が大粒の涙!『八日目の蝉』舞台挨拶

[st-kaiwa-kaisetsu-woman-no1]『八日目の蝉』の
「テレビ放送を見逃してしまった!」
「フル動画をできるだけ安く見たい!」

…そんなあなたは必見♪[/st-kaiwa-kaisetsu-woman-no1]

U-NEXTのキャンペーンを使えば動画を無料視聴できる!!

31日間の無料トライアルで視聴する!

邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

↑『八日目の蝉』をおトクに見る♪

映画『八日目の蝉』の作品紹介(キャスト・視聴率・OST・DVD情報)

映画(詳しくは邦画・日本国内映画)『八日目の蝉』の作品紹介(キャスト・スタッフ・視聴率・相関図・OST・DVD情報)邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

ここからは、映画『八日目の蝉』について、より詳しく作品紹介をしていきます。

映画『八日目の蝉』の出演者(キャスト・スタッフ紹介)

映画『八日目の蝉』のキャスト(出演者)やスタッフをご紹介します。

映画(詳しくは邦画・日本国内映画)『八日目の蝉』の出演者(キャスト・スタッフ紹介)邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

キャスト
(出演者)
井上真央(役:秋山恵理菜=薫)一人暮らしの大学生。
永作博美(役:野々宮希和子)逮捕され、裁判を受ける
小池栄子(役:安藤千草)ルポライター
森口瑤子(役:秋山恵津子)
田中哲司(役:秋山丈博)
渡邉このみ(役:秋山恵理菜=薫(少女時代))
市川実和子(役:沢田久美(エステル))
スタッフ 監督:成島出
原作:角田光代
音楽:安川午朗
脚本:奥寺佐渡子
製作:鳥羽乾二郎、秋元一孝

映画『八日目の蝉』の相関図

映画『八日目の蝉』の人間関係をまとめた相関図です。

映画(詳しくは邦画・日本国内映画)『八日目の蝉』の登場人物の人間関係・相関図・チャート邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

映画『八日目の蝉』の平均視聴率・最高視聴率

映画『八日目の蝉』の視聴率を調べました。

最高視聴率 不明
平均視聴率 7.78%

映画『八日目の蝉』のOST(オリジナルサウンドトラック・主題歌)

映画『八日目の蝉』のOST(オリジナルサウンドトラック)の情報です。

映画(詳しくは邦画・日本国内映画)『八日目の蝉』のOST(オリジナルサウンドトラック・主題歌)邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

曲順 タイトル
1 愛しきわが娘
2 母の想い
3 娘と生きる
4 娘と生きる (チェロ・ヴァージョン)
5 悲しみ
6 幸せな時
7 生きる希望
8 サスペンス~不安
9 サスペンス~逃亡
10 子供~淋しさ
11 つかの間の平和
12 生きる勇気~闇から光
13 宿命
14 寂寥
15 荒涼
16 刹那さ
17 悲しみ (ピアノソロ・ヴァージョン)

八日目の蝉のOST 1 『八日目の蝉とコラボ』八日目の蝉×BEBE "白昼夢"

八日目の蝉のOST 2 八日目の蝉主題歌 (DEAR) GUITER CABAR

映画『八日目の蝉』のDVD&ブルーレイ発売情報

映画『八日目の蝉』のDVD・ブルーレイ発売情報です。

映画(詳しくは邦画・日本国内映画)『八日目の蝉』のDVD&ブルーレイ発売情報邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

[DVD/ブルーレイ]八日目の蝉 通常版 [DVD]

出演:井上真央, 永作博美, 小池栄子, 森口瑤子
監督:成島出
形式:Color, Dolby, Widescreen
言語:日本語
リージョンコード:リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
画面サイズ:1.78:1
ディスク枚数:1
販売元:アミューズソフトエンタテインメント
発売日 2011/10/28
時間:147 分
価格:9,428円

[DVD/ブルーレイ]八日目の蝉 通常版 [DVD]

出演:井上真央, 永作博美, 小池栄子, 森口瑤子
監督:成島出
形式:Color, Dolby, Widescreen
言語:日本語
リージョンコード:リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
画面サイズ:1.78:1
ディスク枚数:2
販売元:アミューズソフトエンタテインメント
発売日 2011/10/28
時間:147 分
価格:4,097円
【特典映像】
●予告編
●メイキング
●未公開シーン
●イベント映像 他
【封入特典】
ブックレット

『八日目の蝉』を見たい!と思っても、
DVD/ブルーレイはちょっと高い…(^_^;)

でもNEXTのキャンペーンなら『八日目の蝉』を全話無料で視聴できる!!

31日間の無料トライアルで視聴する!

邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

↑『八日目の蝉』をおトクに見るチャンス♪

映画『八日目の蝉』の感想レビュー

映画『八日目の蝉』のネタバレ感想・レビュー・口コミ・クチコミ・評判)邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

映画『八日目の蝉』の感想レビュー(ネタバレあり)

ここでは、『八日目の蝉』を見た人の感想レビュー(ネタバレ有り)をご紹介します。

おすすめ

女って何?ってすごく刺さるテーマだな。
配役も個人的には最適だと思った。
特に森口瑤子さん。ぞくっとさせてくれる。
TVドラマよりこちらの配役のほうがしっくりくる。
井上真央は影のある役がものすごく合う気がする。
たまに見たくなってもう何回も見てる。
未だの方は是非。

とにかく切ない

いけないことと分かっていながら主人公の感情や行動に共感してしまう。永作さんの演技も秀逸。

泣きました。

もうダメでした。泣きました。
中島美嘉の、この曲も悲しみを増長させるんだもん。もうね、ワンワン泣きたくなる。
女だったら、いや母親だったら、画面を正視できないんじゃないかな。
カオル…お母さん、もう追い付けないよ。
ラストシーンの私が一番、つらかった場面です。キワコが、悲しい笑顔でつぶやく。
あんなに小さくて、ホニャホニャだったカオルが、誘拐なんて忘れて手塩にかけて育てていたカオルが、お母さんお母さん!ってお母さんが一番だったカオルが、もう精神的にも肉体的にも一人の人間として歩いて行こうとしている。
お母さんよりも、広い世界を知ろうとしている。もう自分だけのカオルじゃなくなってきてる。それに、自分を追う警察が側まで来ているかもしれない。
私は、本当のお母さんじゃないから。
捕まったら…二度とカオルには会えないだろう。一秒でも一緒にいたいのに。
こんなにキミを愛しているのに。
キワコは2つの意味で、自分の潮時を悟ったんだね。
キワコが悪いんだよね。
キワコがあんなふうにカオルをさらったから
、この悲しいストーリーが始まる。
だけど、じゃあキワコがカオルに捧げた愛情って、誰が非難できるの。きっと誰もキワコを責められない。キワコがカオルを本当に愛してしまったから、だから観た人たちは泣いて叫びたくなる。
最後の最後、キワコとカオルが再会なんできないのに、わかりきっているのに、もしかして…もしかして…と期待してしまう。
写真屋さんから飛び出したカオル、泣きながらお母さんになると笑みで叫ぶカオル、もう躍動感も合間って心が痛いよ。
その子は、まだご飯をたべてません!
よろしくお願いします!
永作博美の才媛に涙はとまらなかった。
そして小池栄子、いい女優さんだね。

母親とは

母親とはこういうものだと痛感しました。
「その子は、まだご飯を食べていません。よろしくお願いします。」
おそらく、子どもがいなければ理解出来ないセリフだと思うのです。
いざ、自分が警察に逮捕される瞬間、こんなセリフを叫ぶのが母親なのです。
泣きました。

物語の中だから・・・

普通に考えたら誘拐するなんて絶対許されないことだし、希和子が罰せられるべきなのは分かるが、
恵理菜の父親はめちゃくちゃしょーもないし、母親は性格に難アリだし、全然同情できなかった。終始希和子に感情移入し、そして応援してしまった...。希和子の一生懸命子育てする姿と、薫との親子愛を最初っから最後まで見せられた観客の多くはこちら側に味方してあげたいという感覚に陥ってしまうだろう。
だから船に乗る時に逮捕されてしまうシーンは胸が張り裂けそうになりました。「その子はまだご飯を食べていません」って台詞も、そこで出てくる言葉がそれか...と涙が出てきました。
恵理菜の行動とか考え方とか、ほとんどが実母ではなく希和子から受け継いだもので、彼女にとっての母親はやっぱり希和子なんだなぁ、、と実感。
.....けどやっぱり恵理菜には普通の男性と結婚して普通に幸せになってもらいたかったというのが本音ですが。
すごくいい映画だったので原作も読んでみようと思います。
最後に...小池栄子の演技うますぎた。

二人娘育て終わりの親父の感想

邦画では素晴らしいレベル。
法治国家だろうが、モラルがないとか、きれいごとを並べ立てる現代のネット風潮は、想定外の社会環境に適応しきれないと思われる。
それぞれの立場の気持ちの交錯がいろいろ考えさせられ、素晴らしい風景映像と音楽のこれぞ邦画の良さという作品でした。

永作博美さん、井上真央さんの名演

角田光代さんの原作小説も好きだが、映像化されたこの作品もとてもよかった。
誘拐犯の女と誘拐された少女の疑似親子の関係、理屈ではない、こういう特殊な人間同士の愛情。本来、感動できるようなテーマではないのかもしれないけれど、なぜかとても胸を打たれる。
永作博美さんはもちろんのこと、井上真央さんの演技が意外にも光っていて、とてもすばらしかった。
小豆島の風景がとても美しい。

締め付けられる思い

独身時代に見た映画。
母親になって改めて鑑賞。
見方や気持ちが独身時代とは違って更に胸に刺さりました。
永作さん、この人でなければこんなに感情移入して泣けなかったかも。
他にはいない唯一無二の女優さんですね。
母と娘
母親の存在は子供にとってどれだけ大きなものなのか。
色々と書きたかったけどなんだかこの気持ちをうまく表現できませんでした。

犯罪者の逃避行を応援する不思議

冷静に冷静に、事件のことなどを考えれば喜びに溢れるエンディングになるはずの作品だ。
しかし起こってしまった事件は消せるわけではなく、受け入れるしかない。
そこからくるラストの叫びは至極真っ当で観るものの心を震わせ泣ける。
本当に泣けるポイントはもう少し前にあるのだけれど、ラストもやっぱり泣けるよね。
全ての理由は、誘拐犯永作の一生懸命さにある。なにも知らずに途中から見たら、母と娘の単なる苦労物語だ。
一生懸命生きる。一生懸命逃げる。一生懸命愛する。始まりは間違いでも愛は間違いではない。
だから本物の母の叫びになる。そして娘の出せなかった叫びへと繋がる。自分は愛されていると。
ストーリー、演技、スリル、感動、ストーリー構成、どれも高レベルです。シンプルなお涙頂戴とも違います。
見終わったあと、あーだこーだと言い合えます。話せるポイントが多いから。
一人で観ずに誰かと観るのにオススメ。

いかに母性の折り合いをつけていくか

女性作家の原作だから、当然男の身勝手、優柔不断がクローズアップされる。
不倫そして家庭崩壊。快楽主義と無責任がもたらした結末。当然男の愚かさが露呈される。
妻だけでは満足できず、別の女性に手をだし、どちらにもいい顔をして、どちらにもいいこと言ってしまう男。
そして、妻は妊娠し、愛人は子を堕ろす。
男がすべて悪い? いや、原作も映画もそんなレべルではない。
運命をどう受け入れるか。そこには男の優柔不断など眼中にない。
責任の果たせない男のどうしようもなさがを訴求されているわけではない。
信じていた男の裏切りなどどうでもよいのだ。
男なんか、こういった局面では全然あてにならないということを前提としている。
男の妻は、誘拐されて戻ってきたとの娘の折り合いをどこに置くか、男の娘を誘拐した女は、男に対する復讐を超越し、その娘に対していかに母性の折り合いをつけていくか。ただそれだけが訴求されている。
だから、男女の立場の違いを描いているのではなく、娘を誘拐された女と、娘を誘拐した女と、娘の三者の立場を、それざれに柔らかく包み込むような眼差しで描いている。
したがって、男の存在感が希薄である。優柔不断の夫役の田中哲司も、娘の愛人である妻子ある男役の女の運命の同伴者に値しない、お人好し。恥を知れ、と思わず言いたくもなくはないが、なぜか憎めない。
そんな男の気持ちがわかってしまう僕も、大したこと男ではないのかもしれない。
原作にはなかった誘拐した女と娘がふたりの写真を撮った写真館。その店主役の田中泯の奥深さに、前述の二人の男にはない、鉄板の男らしさがじわーと滲み出てきて、とても救われた気持ちになる。

映画『八日目の蝉』のネタバレ感想(ツイッター・Twitter)

ここでは、『八日目の蝉』を見た人の声や感想(ネタバレ有り)をご紹介します。

映画『八日目の蝉』をテレビ放送を見逃した!できるだけ安く見たいあなたに!

[st-kaiwa-kaisetsu-woman-no1]『八日目の蝉』の
「テレビ放送を見逃してしまった!」
「フル動画をできるだけ安く見たい!」

…そんなあなたは必見♪[/st-kaiwa-kaisetsu-woman-no1]

U-NEXTのキャンペーンを使えば動画を無料視聴できる!!

31日間の無料トライアルで視聴する!

邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

↑『八日目の蝉』をおトクに見る♪

  

こちらもおすすめ!Paravi(パラビ)

Paravi

国内テレビドラマが好きなら加入すべし!

Paravi(パラビ)は、TBSやテレビ東京、WOWOW、日本経済新聞といった国内主要メディアが連携し、2018年4月にサービスを開始した動画配信サービスです。

国内ドラマの配信数は、日本最大級!

さらにバラエティ、音楽、アニメのほかスポーツや報道・ドキュメンタリーなど、各局の強みを前面に出した配信ラインナップとなっています。

料金は定額で見放題の「Paraviベーシックプラン」が月額925円(税別)。他の動画配信サービスとほぼ同等の価格帯です。

登録後30日間の無料お試し期間があり、1本単位でレンタル購入できる有料コンテンツも豊富に揃っています。

Paravi(パラビ)に加入する

Paraviでしか観ることができない動画も♪

-邦画(日本国内映画)

テキストのコピーはできません。

Copyright© Qooqle , 2019 All Rights Reserved.