寄生獣

投稿日:

映画/邦画『寄生獣』の「あらすじ」「動画を無料視聴する方法」をご紹介していきます!

↓『寄生獣』の動画を今すぐ無料で見たい方はこちらをクリック↓

映画/邦画『寄生獣』を見る邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

寄生獣を無料で視聴する!

映画/邦画『寄生獣』とは?(あらすじ・見どころ)

映画(詳しくは邦画・日本国内映画)『寄生獣』の作品概要邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

まずは、『寄生獣』とはどんな作品なのか?、作品の概要をご紹介します。

あらすじ

岩明均の世界的人気コミックを「永遠の0」の山崎貴監督が実写映画化した2部作の前編

■見どころ
主演は「ヒミズ」の染谷将太、主人公の右手に宿る寄生生物“パラサイト”の声とモーションキャプチャーを阿部サダヲが演じる。
その他共演に深津絵里、橋本愛ほか。

■ストーリー
人間を捕食する謎の寄生生物“パラサイト”が出現。
高校生の泉新一にもパラサイトが近づくが寄生に失敗し、やむなく新一の右腕に寄生する。
パラサイトに“ミギー”と名づけ、奇妙な共生生活を送り始めた新一は、人対パラサイトの戦いに身を投じていく。

ここがポイント!

原作コミックは第27回星雲賞コミック部門を受賞。

U-NEXTキャンペーン『寄生獣』を無料で見る!>>邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

映画/邦画『寄生獣』の作品紹介(キャスト・視聴率・OST・DVD情報)

映画(詳しくは邦画・日本国内映画)『寄生獣』の作品紹介(キャスト・スタッフ・視聴率・相関図・OST・DVD情報)邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

ここからは、『寄生獣』について、より詳しく作品紹介をしていきます。

映画/邦画『寄生獣』の出演者(キャスト・スタッフ紹介)

映画/邦画『寄生獣』のキャスト(出演者)やスタッフをご紹介します。

映画(詳しくは邦画・日本国内映画)『寄生獣』の出演者(キャスト・スタッフ紹介)邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

映画(詳しくは邦画・日本国内映画)『寄生獣』の出演者(キャスト・スタッフ紹介)邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

キャスト
(出演者)
染谷将太(役:泉新一):主人公。実写映画版では母子家庭で、美術部員という設定に変更されており、部活では母親をモデルにした油絵を描いている
阿部サダヲ(役:ミギー(声/パフォーマンスキャプチャー)):主人公の右手に寄生したパラサイト。
深津絵里(役:田宮良子):パラサイトネットワークに所属するパラサイト。
橋本愛(役:美津代):新一の幼馴染で美術部員という設定。
東出昌大(役:島田秀夫):前編に登場。パラサイトネットワークに所属するパラサイトに倒されるという骨子は原作を踏襲するが、細部の展開は異なる。
大森南朋(役:倉森):完結編の登場人物、前編の終盤にも顔を見せる。実写映画版ではフリーライターという肩書きで、妻とは生き別れており、当初は「田宮良子」に恋愛感情を抱いているという設定に変更されている。
北村一輝(役:広川剛志):パラサイトに寄生されていない生身の人間でありながら、パラサイトネットワークに与する政治家。
余貴美子(役:泉信子):前編に登場。主人公の母親。
スタッフ 原作:岩明均
監督/VFX:山崎貴
脚本:古沢良太/山崎貴
音楽:佐藤直紀
製作:市川南/中山良夫
共同製作:古川公平/中村理一郎/藪下維也/柏木登/加太孝明/島村達雄/阿部秀司/吉川英作/高橋誠/宮本直人
エグゼクティブプロデューサー:奥田誠治/阿部秀司/山内章弘
プロデューサー:川村元気(東宝)/佐藤貴博(日テレ)/守屋圭一郎(ROBOT)
プロダクション統括:佐藤毅
撮影:阿藤正一
美術:林田裕至
録音:白取貢
特殊メイクデザイン/特殊造形統括 /キャラクター立体デザイン:藤原カクセイ
D・Iプロデューサー/カラーグレーダー:齋藤精二(ピクチャーエレメント)
ドルビーデジタル・コンサルタント:河東努/森幹生(コンチネンタルファーイースト株式会社)
撮影機材協力:RED DIGITAL CINEMA SHOT ON RED(RED EPIC)
企画/製作幹事:日本テレビ放送網
VFXプロダクション:白組
制作プロダクション:ROBOT
制作協力:東宝映画/阿部秀司事務所
配給:東宝
製作:映画「寄生獣」製作委員会(東宝/日本テレビ放送網/講談社/電通/讀賣テレビ放送/バップ/ROBOT/白組/阿部秀司事務所/日本出版販売/KDDI/GYAO/札幌テレビ放送/宮城テレビ放送/静岡第一テレビ/中京テレビ放送/広島テレビ放送/福岡放送)

映画/邦画『寄生獣』の相関図

映画/邦画『寄生獣』の人間関係をまとめた相関図は見つかりませんでした。
(※公式サイトでも用意されていませんでした。)

映画/邦画『寄生獣』の平均視聴率・最高視聴率

映画/邦画『寄生獣』の視聴率を調べました。

平均視聴率 -%
最高視聴率 -%

映画/邦画『寄生獣』のOST(オリジナルサウンドトラック・主題歌)

映画/邦画『寄生獣』のOST(オリジナルサウンドトラック)の情報です。

映画(詳しくは邦画・日本国内映画)『寄生獣』のOST(オリジナルサウンドトラック・主題歌)邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

曲順 タイトル
1 BUMP OF CHICKEN 「パレード」

[OST]寄生獣 主題歌 BUMP OF CHICKEN パレード

映画/邦画『寄生獣』のDVD&ブルーレイ発売情報

映画/邦画『寄生獣』のDVD・ブルーレイ発売情報です。

映画(詳しくは邦画・日本国内映画)『寄生獣』のDVD&ブルーレイ発売情報邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

[DVD/ブルーレイ]寄生獣 DVD 通常版

発売日:2015/4/29
価格:¥1.200
時間:1 時間 49 分
ディスク枚数:1
形式:Color, Dolby, Widescreen
出演:染谷将太/深津絵里/阿部サダヲ/橋本 愛/東出昌大
リージョン:リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。)
アスペクト比:2.35:1
メーカー:東宝

[DVD/ブルーレイ]寄生獣 DVD 豪華版

発売日:2015/4/29
価格:¥1.250
時間:1 時間 49 分
ディスク枚数:2
形式:Color, Dolby, Widescreen
出演:染谷将太/深津絵里/阿部サダヲ/橋本 愛/東出昌大
リージョン:リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。)
アスペクト比:2.35:1
メーカー:東宝

[DVD/ブルーレイ]寄生獣 Blu-ray 通常版

発売日:2015/4/29
価格:¥1.790
時間:1 時間 49 分
ディスク枚数:1
形式:Color, Dolby, Widescreen
出演:染谷将太/深津絵里/阿部サダヲ/橋本 愛/東出昌大
アスペクト比:2.35:1
メーカー:東宝

[DVD/ブルーレイ]寄生獣 Blu-ray 豪華版

発売日:2015/4/29
価格:¥2.400
時間:1 時間 49 分
ディスク枚数:2
形式:Color, Dolby, Widescreen
出演:染谷将太/深津絵里/阿部サダヲ/橋本 愛/東出昌大
アスペクト比:2.35:1
メーカー:東宝

『寄生獣』を見たい!と思っても、
DVD/ブルーレイはちょっと高い…(^_^;)

でもNEXTのキャンペーンなら『寄生獣』を全話無料で視聴できる!!

31日間の無料トライアルで視聴する!

邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

↑『寄生獣』をおトクに見るチャンス♪

映画/邦画『寄生獣』の口コミ(感想レビュー・ネタバレ注意)

映画/邦画『寄生獣』のネタバレ感想・レビュー・口コミ・クチコミ・評判)邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

映画/邦画『寄生獣』の口コミ(感想レビュー※ネタバレを含むため注意)

ここでは、『寄生獣』を見た人の口コミ(感想レビュー※ネタバレを含むため注意)をご紹介します。

原作のイメージに近かった

原作好きだったひとの期待に概ね耐えうる出来。

漫画ファンも納得では?

映画「寄生獣」
好きだった漫画の実写化。
違和感無く楽しめました。
染谷将太さん
良い役者だ

邦画にもたまには面白いよ

邦画はある時から全く見ていなかった。
何度も過去に裏切られたから。
今回も全く期待せずに、邦画はやっぱりつまらない
ということを確認するために見てみた。
ところがどうだ、これが面白いじゃないか!
寄生獣のCGも違和感はない。役者陣の演技も素晴らしい。
主役は本当にいい俳優さんだ。
脚本もよくまとめられていて、色々な見せ場もちゃんとある。
母親が寄生獣になっても、シンイチを助けてくれたのには涙が出た。
ただのパニックホラー映画にならなくてよかった。

[ネタバレ] 邦画の中では傑作(前後編まとめ)

前編、後編まとめてこちらにレビューを書かせていただく。
私は一度この映画を映画館のスクリーンで見た。
そして先日レンタルでもう一度前編後編と視聴した。
今回の批評は二度の視聴を終えてのものとなる。
原作は実写化される前に読み終えている。
元より原作の大ファンというわけではないが、
独特な世界観や社会へのメッセージ性を持つこのストーリーが好きだった。
単刀直入に映画の感想を一言で表すと、
近年の邦画の中でこの作品は傑作のひとつに入ると思う。
原作ファンが原作と違うなどと小言を並べたくなる気持ちも分かるが、
映画とはエンターテイメントなのだ。
エンターテイメントとは人々を楽しませる娯楽のことを指す。
ひとつのエンターテイメントとして完成されたこの作品のことを
純粋に娯楽として楽しんでみてほしい。
原作とはまた違ったものとして、楽しんでほしい。
原作を知らない方はどうかただ人間が寄生生物に寄生されるだけの
物語だろ、という軽い気持ちでこの映画を見始めてほしい。
徐々に浮かび上がる隠された社会へのメッセージ性が
いい意味で期待を裏切ってくれるだろう
ストーリー展開のテンポの速さ、
私たち視聴者を物語に引き込んでくれる演者一人ひとりの演技力の高さ、
そして違和感を感じさせない現実ではないかと感じてしまう映像、
すべてにおいてよくここまでひとつにまとめ上げることができたなと
脱帽である。
何故寄生獣たちはうまれたのか?
寄生獣が悪で人間は正義という認識は正しいのか?
田村玲子「寄生生物と人間は一つの家族だ。
我々は人間の子供なのだ。
だが・・・我々はか弱い
それのみでは生きてゆけないただの細胞体だ。
だからあまりいじめるな」
後編での田村(深津絵里)のこの言葉は胸に刺さるものがある。
(このときの深津絵里の演技力の高さも素晴らしいのもあるが)
この言葉は寄生生物の叫びだけではなく、
人間以外すべての生き物の叫びのようにも感じられる。
寄生獣とは、人間のことなのだ。
この世界に寄生した生き物、人間のことなのだ。
そして私たちは忘れてはならない。
歴史上で一番人間を殺したのは人間であるということを。

とっても良い映画でした

ワクワク感、感動あり
素敵な映画でした

これはやばい!

何度も見た何度見ても引き込まれる
一人一人の演技がすごすぎる
本当に大好きな映画
ぐろいけど笑
でも本当に面白い笑笑えるし感動するし

ぞくぞく、ひやひやで引き込まれた

とにかくおもしろい。ぐいぐい引っ張られる。高校生の新一の右手に寄生したミギーにだんだん愛着が沸いて来るし、その強さがかっこいい。阿部サダヲがミギーの声を担当しているが、なかなかいいキャストだと思う。人間の顔が割れて、出てくる寄生獣たちのリアルな映像もすごい。残酷に人間を切り裂いてしまう。新一のお母さんを殺して寄生したというストーリーもぞくぞくする。田宮良子の両親が会いに来て、でも母親が「良子じゃない」と気づいたのもつかの間、一瞬で両親は切り刻まれる。怖い。こんな映画を日本人が作れるようになったことに感心させられた。

大当たり

寄生獣
原作も読んでいますが
実写化というとろくなことがないので
評価が高い意見があるのも知りつつ
DVDになったらと思っていました
完結編もようやく1週間レンタルになったので
2枚借りてきて観ました
いやあ、よかった
面白かった
映画用にいろいろと設定やお話をいじっていますが
映画化としてはこれで正解だと思えました
そんでもってSFXがすごかった
日本映画もできるんだねえ
某巨人映画ではできていなかったけど
原作のテイストを失わず
なおかつメッセージをしっかりと汲み取り
映画としての完成度も保つ
これって相当大変な作業だったと思いますが
監督さんの技量の勝利ですね

動きながら変化するCGは、非常に難しい

寄生獣の撮影中に、偶然、山崎監督と、CGスタッフと小一時間程話す事が出来た時の印象に残った話。形を変えながら、動く物体は、通常のCGの何倍も手間が掛かり、チャレンジで有ると語っていた。リターナーが好きだと言ったら、喜んでくれた。寄生獣は映画館で見て、また、最近、DVDでも見た。原作も、雑誌連載時から見ている。映画は原作と離れた方が良いと思う。漫画や小説と違い、時間の制約が有る。だから、深く掘り下げた表現は出来ない。でも、音や色が有るので、音や色を使う表現をすれば良いと思う。芸大卒。元アニメーター、劇団に、居たこともある。バンドもやって居た。表現媒体にはそれぞれの特徴がある。だから、漫画原作を漫画のまま、やって居るような無能な監督では、無理だったと思う。漫画と変えてこそ映画になる。設定も登場人物も、ストーリーすら変えても、映画として正解なら、そちらの方がいい。変に原作をなぞり、映画を忘れた映画等、見たくない。寄生獣は傑作だった。映画館で、エンドロールが流れても、暫く、ボーッとしていた。
見事。寄生獣が映画になった。

すごい映像!すごい演出!

本作を観ていて驚いたことは、3DCGの完成度。全くと言っていいほど違和感がありませんでした。CGのクオリティもさることながら、それを引き立てる役者の演技やカメラワーク、色彩などもよくできており映像にかなり圧倒されました。泉新一とその右手に感染したミギーが一体となった表現や、パラサイトの捕食行動や攻撃行動の演出などは実写で、それも日本の映像技術をふんだんに取り入れたからこそその生々しさが表現できたと言えるでしょう。
寄生生物パラサイトは人間に寄生し、人間と同じように生活しつつ人間をエサとして捕食しながら生きていくのですが、見た目は人間でも正体は人間ではないという設定は小さい頃に観てトラウマになった、映画クレヨンしんちゃん 伝説を呼ぶ踊れアミーゴ!を思い出しました。本作にグロテスクな印象はありますが、ホラー映画と大きく違う点はパラサイトが人を襲う理由は自分の身を守るためであり、人を食べ物として捕食するため。人に対する憎しみに取り込まれそれを晴らすために痛めつけているわけではないため、パラサイト自体に拒絶感を抱くことはありませんでした。後半を見ればわかるのですがそこが本作の深いところで、テーマでありメッセージでもあります。
人間を殺して食うパラサイトと人間の闘いを描いている本作には、リアルな家族愛や青春描写など、日常生活をリアルに描き出していました。泉新一とミギーが一体となってそれを隠しながら生活を送る場面はコメディー映画とも取れ、グロテスクなシーンから映画が始まりながらも鑑賞者に安心感を抱かせます。気になっている相手や、思春期中の、母と一緒に外を歩くときの恥ずかしさは観ていて懐かしさをも感じさせます。そのリアルなコメディータッチの展開を丁寧に描かれたことで、後の信じられない悲惨な展開が起こっても、全く違和感なく受け入れられます。鑑賞者の気持ちをうまくコントロールする映画の完成度にはあっぱれです。
本作では次の問題とその難しさや複雑さを提起しました。
・理屈では理解できない人間の心情や行動
・人間とパラサイトとの共存(ここから人間と自然との共存という現代のテーマと重ね合わせる)
後編ではこれらのテーマに答えが出ます。
星5つ、凄い作品です。

映画/邦画『寄生獣』のネタバレ感想(ツイッター・Twitter)

つづいて、『寄生獣』を見た人の声や感想(※ネタバレを含むため注意)をご紹介します。

https://twitter.com/715red/status/591604101684727809?s=19

映画/邦画『寄生獣』をテレビ放送を見逃した!できるだけ安く見たいあなたに!

[st-kaiwa-kaisetsu-woman-no1]『寄生獣』の
「テレビ放送を見逃してしまった!」
「フル動画をできるだけ安く見たい!」

…そんなあなたは必見♪[/st-kaiwa-kaisetsu-woman-no1]

U-NEXTのキャンペーンを使えば動画を無料視聴できる!!

31日間の無料トライアルで視聴する!

邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

↑『寄生獣』をおトクに見る♪

  

-邦画(日本国内映画)

テキストのコピーはできません。

Copyright© Qooqle , 2019 All Rights Reserved.