蜜のあわれ

投稿日:

映画/邦画『蜜のあわれ』の「あらすじ」「動画を無料視聴する方法」をご紹介していきます!

↓『蜜のあわれ』の動画を今すぐ無料で見たい方はこちらをクリック↓

映画/邦画『蜜のあわれ』を見る邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

蜜のあわれを無料で視聴する!

映画/邦画『蜜のあわれ』とは?(あらすじ・見どころ)

映画(詳しくは邦画・日本国内映画)『蜜のあわれ』の作品概要邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

映画(詳しくは邦画・日本国内映画)『蜜のあわれ』の出演者(キャスト・スタッフ紹介)邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

まずは、『蜜のあわれ』とはどんな作品なのか?、作品の概要をご紹介します。

あらすじ

石井岳龍監督、二階堂ふみ主演、室生犀星の幻想小説を映画化した艶やかな恋物語。

■見どころ
監督は石井岳龍。
無邪気でセクシーな振る舞いを見せる二階堂ふみ、人間味と哀愁をまとった姿を演じる大杉漣など、個性派俳優たちが独特の世界観を形にしてみせている。

■ストーリー
一緒に住んでいる老作家を“おじさま”と呼ぶ赤い服を着た美少女・赤子。
その正体は、人間に姿を変える真っ赤な金魚だった。
そんな赤子の前に、老作家への愛を募らせて蘇った幽霊・ゆり子が現れる。
周囲がひそかに見守る中、ある事件が起きて…。

U-NEXTキャンペーン『蜜のあわれ』を無料で見る!>>邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

映画/邦画『蜜のあわれ』の作品紹介(キャスト・視聴率・OST・DVD情報)

映画(詳しくは邦画・日本国内映画)『蜜のあわれ』の作品紹介(キャスト・スタッフ・視聴率・相関図・OST・DVD情報)邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

ここからは、『蜜のあわれ』について、より詳しく作品紹介をしていきます。

映画/邦画『蜜のあわれ』の出演者(キャスト・スタッフ紹介)

映画/邦画『蜜のあわれ』のキャスト(出演者)やスタッフをご紹介します。

映画(詳しくは邦画・日本国内映画)『蜜のあわれ』の出演者(キャスト・スタッフ紹介)邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

映画(詳しくは邦画・日本国内映画)『蜜のあわれ』の出演者(キャスト・スタッフ紹介)邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

映画(詳しくは邦画・日本国内映画)『蜜のあわれ』の出演者(キャスト・スタッフ紹介)邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

映画(詳しくは邦画・日本国内映画)『蜜のあわれ』の出演者(キャスト・スタッフ紹介)邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

キャスト
(出演者)
二階堂ふみ(役:赤井赤子):金魚の少女。老作家と共同生活をしている。
大杉漣(役:老作家):赤子からおじさまと呼ばれる老作家
真木よう子(役:田村ゆり子):老作家への愛を募らせて蘇った幽霊
永瀬正敏(役:金魚売り):金魚売りの男
韓英恵(役:丸太丸子)
渋川清彦(役:バーテン):バーテンダー
岩井堂聖子(役:酌婦)
上田耕一(役:小沢):医者
高良健吾(役:芥川龍之介):作家
スタッフ 原作:室生犀星『蜜のあわれ』
監督:石井岳龍
脚本:港岳彦
音楽:森俊之
撮影:笠松則通
照明:岩下和裕
録音:古谷正志
音響効果:勝俣まさとし
音楽:森俊之/勝本道哲
編集:武田峻彦/石井岳龍
美術:齋藤佐都子
美術デザイン:佐々木尚
衣装デザイン:澤田石和寛
メインタイトル:赤松陽構造
エグゼクティブプロデューサー:香山哲/小西啓介
プロデューサー:小林千恵/森重晃
ラインプロデューサー:湊谷恭史
配給:ファントム・フィルム
制作プロダクション:ステューディオスリー
製作:『蜜のあわれ』製作委員会(あいうえお館/ファントム・フィルム/オデッサ・エンタテインメント/北國新聞社/ステューディオスリー/ミュージック・プランターズ/ナコオフィス/テレビ金沢/ディー・エル・イー/エイチアイディー・インターアクティカ/ザフール)

映画/邦画『蜜のあわれ』の相関図

映画/邦画『蜜のあわれ』の人間関係をまとめた相関図です。

映画(詳しくは邦画・日本国内映画)『蜜のあわれ』の登場人物の人間関係・相関図・チャート邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

映画/邦画『蜜のあわれ』の平均視聴率・最高視聴率

映画/邦画『蜜のあわれ』の視聴率を調べました。

平均視聴率 -%
最高視聴率 -%

映画/邦画『蜜のあわれ』のOST(オリジナルサウンドトラック・主題歌)

映画/邦画『蜜のあわれ』のOST(オリジナルサウンドトラック)の情報です。

映画(詳しくは邦画・日本国内映画)『蜜のあわれ』のOST(オリジナルサウンドトラック・主題歌)邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

曲順 タイトル
1 dance With me

[OST]蜜のあわれ 主題歌 dance Withme

映画/邦画『蜜のあわれ』のDVD&ブルーレイ発売情報

映画/邦画『蜜のあわれ』のDVD・ブルーレイ発売情報です。

映画(詳しくは邦画・日本国内映画)『蜜のあわれ』のDVD&ブルーレイ発売情報邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

[DVD/ブルーレイ]蜜のあわれ [DVD]

発売日:2016/9/2
価格:¥3.145
時間:1 時間 45 分
ディスク枚数:1
形式:Color, Dolby, Widescreen
言語:日本語 (Dolby Digital 5.1)
出演:二階堂ふみ/大杉漣/真木よう子/韓英恵/上田耕一/渋川清彦/高良健吾/永瀬正敏
リージョン:リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。)
アスペクト比:1.78:1
メーカー:オデッサ・エンタテインメント

[DVD/ブルーレイ]蜜のあわれ [Blu-ray]

発売日:2016/9/2
価格:¥4.156
時間:1 時間 45 分
ディスク枚数:1
形式:Color, Dolby, Widescreen
言語:日本語 (Dolby Digital 5.1)
出演:二階堂ふみ/大杉漣/真木よう子/韓英恵/上田耕一/渋川清彦/高良健吾/永瀬正敏
アスペクト比:1.78:1
メーカー:オデッサ・エンタテインメント

『蜜のあわれ』を見たい!と思っても、
DVD/ブルーレイはちょっと高い…(^_^;)

でもNEXTのキャンペーンなら『蜜のあわれ』を全話無料で視聴できる!!

31日間の無料トライアルで視聴する!

邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

↑『蜜のあわれ』をおトクに見るチャンス♪

映画/邦画『蜜のあわれ』の口コミ(感想レビュー・ネタバレ注意)

映画/邦画『蜜のあわれ』のネタバレ感想・レビュー・口コミ・クチコミ・評判)邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

映画/邦画『蜜のあわれ』の口コミ(感想レビュー※ネタバレを含むため注意)

ここでは、『蜜のあわれ』を見た人の口コミ(感想レビュー※ネタバレを含むため注意)をご紹介します。

一年越しの花見

実は、この映画は自宅の周辺がロケ地となった映画。自宅から300メートルの範囲に限定しても、何か所も撮影が行われていました。そんな、普段なにげなく通る、製材所わきの小路や公民館の風景がどのような映像となっているのか興味があり鑑賞。
短く区切ってのストーリー展開は難解でしたが、かえって映像を追いかける踏ん切りがついて良かったかとも思える。
注目は大聖寺川の夜桜のシーン。周辺の町会に夜間外出禁止のお願いをして撮影されたのですが、水面に映る桜の静寂さを演出するためだったと納得。去年は見ることができなかった映画用の本格的照明機材でライトアップされた夜桜は、スクリーン越し&一年越しでの花見ということ。

解釈は自由。夢みたいな映画。

人生最後の炎を燃やすように、互いを求めあい、
思い通りにならないことに憤慨し、突き放す。
それでも、独りはやっぱり寂しいの、と嘆くのは
残りの人生わずかの老作家と、寿命の短い真っ赤な、金魚!
夢のような設定と映像、音。
なまめかしいのに、なぜか幻想的。、
映画を見ている、というより、夢を見ているようなシーンの連続。
たしかに、見ているコチラがわは
あまりの空想的な場面設定に、
置いて行かれそうになるかもしれないけど
誰かを好きになることの楽しさ、
愛を抑えられない人たちの美しさ、
パッと最後の命を燃やすように生きながら
誰かを求めてあがく切なさを感じて
見終わった後に残るのは、
ふわふわとした人恋しさだったりした。
思い通りにならない身体。思い通りにならない他人。
なぜこんなにも苦しいのか。グルグルと床を転げまわってしまう。
手あたり次第に、物をちぎり、投げてしまうほどに。
でも、でも、やっぱり、
朝も晩も誰かのことを考えるほどに
人を好きなるということは、愉しくてたまらない。
それはきっと万物共通の想い。
その命を燃やすように小説を書いてきた室生犀星が
晩年、その命の使い道として選んだことは
それは、ペンが持てなくなるまで小説を書くことと、誰かを愛することだったのだと思う。
現実離れしたイメージの濁流と夢のような音楽の中に
妖艶で、どこか幼さがある、目を離せない
二階堂ふみ演じる赤子の金魚姿を見ないなんて、もったいないです。

蜜のあわれ

二階堂ふみの金魚っぷりに期待!!

二階堂ふみ。最高

以前原作を読んで「ほんとうに詰まらない」と思ったので、映画化されると知ってあの詰まらない小説をどのような映画にするのか興味が沸いた。
愚行に違いない。これ程まで突拍子もない事を思い付くのだから、企画者はよっぽど勝算があったのだろう。
採算をおけば、その目論見は当たっていたといえる。なんと素晴らしい作品になったことかというのが率直な感想だ。
出演者がみな多くを作品の為に捧げていた姿勢にも感動したし、「何を馬鹿なことを」と云いながら胸躍り見終えてしまった。珍しい事だ。細かい演出も私には楽しかった。例えば幽霊を追いかけるシーン。普通は幽
霊は消えるものです。けれどもひたすら駆けて行く。しかも追い付かれる。まるで「こんな幽霊はいやだ」というやつではないか。
いい映画を見た。室生犀星も喜んでいることだろう。

二階堂ふみさん可愛いですね

老作家と金魚の少女の恋。
可愛らしく無邪気な二階堂ふみさんは、ほんといいっすね。
はかない人生の切ない面もあり、不思議な話だったけど、おもしろい話だった。よかったです。

二階堂ふみを追えば何とか追い付けるかも?

二階堂ふみが金魚役だったから作家の脳内妄想が炸裂していても
何とか理解をつなぐことができました。
映像と音楽は最高です。
おそらく主演で何かしらの賞にノミネート決まるでしょうね・・・うきうき。
序盤で彼女の絵を描くシーンでは、
その絵がこの映画で繰り広げられる作家の精神状態を描いています。
そこに気づけばその先に起こる奇妙な現象のすべてが滑稽に見えてくるはず。
最後の章で赤子が赤子でありつづけるのは作り手である自分という始末。
あの金魚のキャラにどれだけの期待と愛情を入れているのか・・・。
あれぐらい愛されたら幸せでしょうに・・・。
百聞は一見にしかず、といいますが関心が少しでもあれば観た方がいいです。
共感できるかどうかは何とも言えませんが。

二階堂さんのはまり役

個性的な俳優ぞろいでみごたえあり

幻想的

見る価値あり

こりゃすごい

二階堂ふみ演じる金魚ちゃんの可愛さもさることながら
ほんの少ししか出て来ない高良健吾の存在感といったら!
若くしてこの世を去った天才・芥川との間には
才能という名の深〜い深い溝があって
その淵でじたばたと足掻く凡人・大杉蓮の切なさよ。
わかんない人にはわかんないだろうけど
わかる人なら今年一番になるかも。

なかなか

予備知識無しで見始めましたが、冒頭の二階堂ふみの演技で、金魚…と呟いた直後に大杉漣さん扮する作家の手による金魚の絵が示された時、この作品の世界観に引き込まれてしまいました。高良健吾の芥川龍之介がすごい再現力だったり、愛人が萩原朔太郎と同じ群馬出身だったり、大杉漣さんもそういえば室生犀星にそっくり!日本文学好きのツボをよくわかっていらっしゃる。観る人を選ぶでしょうが、すごく楽しめたし、二階堂ふみのファンになりました。

映画/邦画『蜜のあわれ』のネタバレ感想(ツイッター・Twitter)

つづいて、『蜜のあわれ』を見た人の声や感想(※ネタバレを含むため注意)をご紹介します。

https://twitter.com/Fabric7Hr/status/1019947675397996549?s=19

映画/邦画『蜜のあわれ』をテレビ放送を見逃した!できるだけ安く見たいあなたに!

[st-kaiwa-kaisetsu-woman-no1]『蜜のあわれ』の
「テレビ放送を見逃してしまった!」
「フル動画をできるだけ安く見たい!」

…そんなあなたは必見♪[/st-kaiwa-kaisetsu-woman-no1]

U-NEXTのキャンペーンを使えば動画を無料視聴できる!!

31日間の無料トライアルで視聴する!

邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

↑『蜜のあわれ』をおトクに見る♪

  

-邦画(日本国内映画)

テキストのコピーはできません。

Copyright© Qooqle , 2019 All Rights Reserved.