シグナル 月曜日のルカ

投稿日:

映画/邦画『シグナル 月曜日のルカ』の「あらすじ」「動画を無料視聴する方法」をご紹介していきます!

↓『シグナル 月曜日のルカ』の動画を今すぐ無料で見たい方はこちらをクリック↓

映画/邦画『シグナル 月曜日のルカ』を見る邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

シグナル 月曜日のルカを無料で視聴する!

映画/邦画『シグナル 月曜日のルカ』とは?(あらすじ・見どころ)

映画(詳しくは邦画・日本国内映画)『シグナル 月曜日のルカ』の作品概要邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

まずは、『シグナル 月曜日のルカ』とはどんな作品なのか?、作品の概要をご紹介します。

あらすじ

映画初出演にして初主演となった三根梓と西島隆弘が共演した青春恋愛ミステリー

■見どころ
不思議な3つの約束から始まるひと夏の恋が、切なくも胸を打つ。
物語のクライマックスをKyleeの「未来」が盛り上げている。
監督は「時をかける少女」の谷口正晃。

■ストーリー
東京の大学に通う宮瀬恵介は、夏休みに地元の古い映画館・銀映館で臨時のアルバイトに応募する。
そこで彼は、劇場支配人の南川に若くて美しい映写技師の杉本ルカを紹介される。
恵介はアルバイトの採用条件「不思議な3つの約束」を受け入れ、通い始めるが…。

U-NEXTキャンペーン『シグナル 月曜日のルカ』を無料で見る!>>邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

映画/邦画『シグナル 月曜日のルカ』の作品紹介(キャスト・視聴率・OST・DVD情報)

映画(詳しくは邦画・日本国内映画)『シグナル 月曜日のルカ』の作品紹介(キャスト・スタッフ・視聴率・相関図・OST・DVD情報)邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

ここからは、『シグナル 月曜日のルカ』について、より詳しく作品紹介をしていきます。

映画/邦画『シグナル 月曜日のルカ』の出演者(キャスト・スタッフ紹介)

映画/邦画『シグナル 月曜日のルカ』のキャスト(出演者)やスタッフをご紹介します。

映画(詳しくは邦画・日本国内映画)『シグナル 月曜日のルカ』の出演者(キャスト・スタッフ紹介)邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

キャスト
(出演者)
三根梓(役:杉本ルカ):若くて美しい映写技師。
西島隆弘(役:宮瀬恵介):東京の大学に通う大学生。臨時バイトの為に地元の古い映画館でのバイトに応募する。
白石隼也(役:宮瀬春人):恵介の弟。
おかやまはじめ(役:宮瀬雄三):恵介の父親。
宮田早苗(役:宮瀬路子):恵介の母親。
梅沢昌代(役:南川妙子):健吾の妻。
緑友利恵(役:江花さおり):映画館のバイト。レイジの指示でルカの事を調べる為に潜入している。
趣里(役:神崎杏奈):日曜日のアンナ。
高良健吾(役:ウルシダレイジ):ルカの過去を知る男。
井上順(役:南川健吾):映画館の支配人。
宇津井健(役:杉本剛造):ルカの祖父。
スタッフ 監督:谷口正晃
製作:平城隆司/北川直樹/村井良行/菅井敦
プロデューサー:高野渉/篠原廣人/井上竜太
原作:関口尚
脚本:小林弘利/鴨義信
企画:見城徹/小林栄太郎
撮影:上野彰悟
音楽:村山達哉/石塚徹
音楽:TOKYO GRAND ORCHESTRA
美術:三浦伸一
編集:伊藤潤一
録音:小川武
エグゼクティブプロデューサー:桑田潔
照明:赤津淳一

映画/邦画『シグナル 月曜日のルカ』の相関図

映画/邦画『シグナル 月曜日のルカ』の人間関係をまとめた相関図です。

映画(詳しくは邦画・日本国内映画)『シグナル 月曜日のルカ』の登場人物の人間関係・相関図・チャート邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

映画/邦画『シグナル 月曜日のルカ』の平均視聴率・最高視聴率

映画/邦画『シグナル 月曜日のルカ』の視聴率を調べました。

平均視聴率 -%
最高視聴率 -%

映画/邦画『シグナル 月曜日のルカ』のOST(オリジナルサウンドトラック・主題歌)

映画/邦画『シグナル 月曜日のルカ』のOST(オリジナルサウンドトラック)の情報です。

映画(詳しくは邦画・日本国内映画)『シグナル 月曜日のルカ』のOST(オリジナルサウンドトラック・主題歌)邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

曲順 タイトル
1 カイリー

映画/邦画『シグナル 月曜日のルカ』のDVD&ブルーレイ発売情報

映画/邦画『シグナル 月曜日のルカ』のDVD・ブルーレイ発売情報です。

映画(詳しくは邦画・日本国内映画)『シグナル 月曜日のルカ』のDVD&ブルーレイ発売情報邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

[DVD/ブルーレイ]シグナル 月曜日のルカ [DVD]

発売日:2013/7/3
価格:¥3.256
時間:2 時間 20 分
ディスク枚数:1
形式:Color, Widescreen
出演:三根梓/西島隆弘
リージョン:リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。)
アスペクト比:1.78:1
メーカー:アニプレックス

『シグナル 月曜日のルカ』を見たい!と思っても、
DVD/ブルーレイはちょっと高い…(^_^;)

でもNEXTのキャンペーンなら『シグナル 月曜日のルカ』を全話無料で視聴できる!!

31日間の無料トライアルで視聴する!

邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

↑『シグナル 月曜日のルカ』をおトクに見るチャンス♪

映画/邦画『シグナル 月曜日のルカ』の口コミ(感想レビュー・ネタバレ注意)

映画/邦画『シグナル 月曜日のルカ』のネタバレ感想・レビュー・口コミ・クチコミ・評判)邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

映画/邦画『シグナル 月曜日のルカ』の口コミ(感想レビュー※ネタバレを含むため注意)

ここでは、『シグナル 月曜日のルカ』を見た人の口コミ(感想レビュー※ネタバレを含むため注意)をご紹介します。

とてもよかった

AAAの西島隆弘君の演技が最高です。
ただの大学生の役が違和感なく
さわやかでとても素敵な俳優さんです。
三根さんはこれからですね。
ただ、ととても存在感ありました。
個人的には派手ではないけれど、
とても心にのこりまして。

西島君

西島君が目当てで鑑賞しました。愛のむきだしと同様の純粋な誠実な青年を熱演。だめ親父を説得する場面泣きました。そして、恵介の品のある言葉使いや優しく包み込む雰囲気が見ていて心地よかったです。今ではこんな映画館なんてないけど、入ってみたく感じた。恵介君の今後も気になりますが、後味さわやか、爽快感でいっぱいです。映画館でみれば良かったです。アイドル歌手って、ずいぶんレベルが上がっていますね。今後も応援します。

[ネタバレ]キャストが良い

「愛のむきだし」の西島隆弘、「ノルウェイの森」の高良健吾、映画初主演という三根梓というキャストに惹かれた。
この3人の目が印象的。とりわけ、あまり喋らない役柄の高良健吾と三根梓の目を追っているだけで楽しい。そんな若い3人に負けないくらい、ベテラン俳優の井上順と宇津井健は存在感を放っている。

[ネタバレ]恵介とルカの深い絆

レイジが恵介に『嘘をついた!傷ついた!』と言ったけど、恵介はルカのプライバシーと約束三箇条を守っただけで、交友関係もないのになんでレイジが傷ついたと言わなけばならないのでしょう!
映写助手のアルバイトをしている恵介が他人のレイジにルカのプライバシーを話さないのは当たり前!
恵介にとっては最善最良の対策!
もし恵介が暴露したら時給どころかクビになって生活苦になってただろう。
恵介が約束三箇条を守ったのも、ルカの過去はルカ自身が語る為にあると気付いたんだろう。
恵介は器の大きい青年でルカがレイジからの災いに悩まされている時も『俺が守りますから。』と励まし、レイジに殴られてもルカを守る為に立ち向かうところが男らしい!
だからルカは恵介を守り返す為にレイジに立ち向かったから立ち直るきっかけになった。
それと剛造祖父さんの精霊がルカと恵介の前に出現して2人にメッセージを送るシーンがあったなら、この映画はパーフェクト級だっただろう。
でも宇津井健さんはお亡くなりになられてますから。
ルカだって銀映館に3年間閉じこもった真相を今まで誰にも告げられずに1人で抱えてきたわけで、恵介だから真相を話せたと思う。
ルカのこれまでつっかえていたモヤモヤが、恵介の『お祖父さんとの大切な思い出の場所を、自分を戒める場所にしてはいけない!』の一言でスッキリしたし一生分泣くことが出来ただろう。
レイジは6つの罪(ルカに対するストーカー規制法違反・殺人未遂、恵介に対する暴行・傷害、銀映館への建造物不法侵入、アンナに対する自殺ほう助)を犯したから10年〜15年の実刑は免れないでしょう!
小説のレイジも映画のレイジも共通点は人間のクズであること!
しかもさおりこそ威力業務妨害(銀映館にアルバイトとして浸入して、ルカの写メをレイジに送って密告した容疑)とレイジの銀映館事件の共犯で短いけど5年の実刑は確定でしょう!
レイジに利用されてるのにも関わらず信じちゃって馬鹿なさおり!
“さおり、人生棒に振るっちゃったね!”
しっかり償って頂きたいものです。
特にレイジは精神鑑定を受けて、自らの生い立ちと向き合わなければならない。
ルカが月曜日になると憂鬱になっているのにもかかわらず“ 会いたい!”メッセージを送ったり、2回目の月曜日に恵介の携帯に『ルカに変わって!』と電話したりして図々しいったらありゃしない。
ルカが無視するのも無理ない。少しは空気読め!
2回目の月曜日にルカのパソコンを見てルカの危険と苦悩を察知したことで守護神と変化した恵介。
レイジに平手打ちしてこれまで抱えていた観念袋が破裂して三下り半を突き付けたと同時にアンナの敵討ちをしたルカ。
私があの場にいたら、拳で鼻めがけて10発以上は殴りつけ『すべてはレイジが蒔いた種が招いた結果だ!
自分の蒔いた種と向き合って償わない限り、いつまでたっても変われない!
心からお詫びするのはレイジだ!!
レイジ、テメエ『アンナが妊娠するから悪い!』と言ったけど、妊娠させたテメエは悪くないのか?
しかも恵介に『嘘ついた!傷ついた!』と言ったけど、テメエはどれだけ人を傷つけて嘘を重ねてきたのかわかってんのか⁈
ふざけんな︎!!
妊娠させたテメエは滅茶滅茶悪い!
ここは映画を楽しみに来る人が集まる神聖な場所で、アンナを妊娠させて捨てた挙句、死に追い込んだテメエの来る場所じゃねえ!!
七股かけておきながら何が、『ルカは俺の女!』だ!
笑わせんじゃねぇ︎よ。バーカ!!
アンナを死なせた自分の罪をルカになすりつけるなんて言語道断︎!!
女の身体なめんなよ︎!!
甘ったれるな︎!!
とっとと消えろ︎!!
恥を知れ!!』
と罵り『恵介の分!・ルカの分!・アンナの分!』と叫び飛び蹴りを繰り返しながら追い出すだろう(その位レイジが腹立たしい)。
きっと高良健吾君も同じ気持ちに違いない(インタビューで『レイジの自業自得!』と語ってたから当然の報い!)。
レイジが消化器でルカを殺害しようとして恵介が『ルカ〜︎!』と叫んだ為、未遂に終わったのも恵介の体内に剛造祖父さんの魂が浸入して恵介と共にルカを助けたことだろう(半分は恵介の声・もう半分は剛造祖父さん)。
ルカと恵介が出会ったのも剛造祖父さんの引き合わせによる巡り会いだからラストシーンで剛造祖父さんの精霊、出て欲しかったなぁ。
三根梓ちゃんと西島隆弘君とのシーンがかなりバランスが良く、かなりいい感じに描かれているのが印象的!
梓ちゃんと高良君はこの作品の2年後に『平成猿蟹合戦図』、高良君と西島君は4年後に『いつ恋』で共演しているから、次は梓ちゃんと西島君の共演が楽しみです!
それに『いつ恋』の朝陽よりも男らしい。
その後の銀映館がどうなっているのだろうか!
続編が気になる今日この頃。
恵介が小学校の先生、ルカも映写技師として成長して再会して絆がさらに深まり永遠に結ばれてます様に!

謎が謎のまま終わってほしいと願いたくなる

ほのぼのとしているようで実はかなり重いテーマを持っていることは重々承知しているので、いずれその謎が徐々に明らかになっていくのはわかっているのだが、中盤あたりまでは、そんな謎なんてほうっておいて、やさしさにあふれたピュアな青春映画で終わってほしいと願ってしまった。
とにかくルカ(三根梓)に対する恵介(西島隆弘)の接し方がむちゃくちゃイイのだ。
そして古ぼけた映画館の雰囲気がっ。
しかしそんな甘い考えは儚く消え去り、次第に謎が明らかになっていくのだが、そこで登場するレイジ(高良健吾)もさすがというか、狂気を宿した演技が実に見事。
本気で怖かったよ。
それとルカ役の三根梓さん、セリフの抑揚や感情表現はまだ乏しいものの、存在感はめいっぱいあった。
過去と対峙する影のある表情はこの娘だからこそできたようにも思う。
エンディング近くのレイジの諦め方に釈然としない部分があるものの、よくできたミステリー青春映画。

的確なキャスティング

映画館においてあったチラシでピーン!っと何か身体を走る何かがかき立てて気になっていた作品でした。
感想としては、他の方もかかれてますが、ルカを見守る館長役の井上順さん、恵介・春人の父親役のおかやまはじめさんなど、製作委員会にテレビ朝日という大手が入っている割に特質としてどこかの力で出演させてもらっていると感じるようなものが感じられない、的確なキャスティングが映画の良さを出してます。
主演の三根梓さんは演技が初めてらしいですが、それを感じさせない、むしろ前から演技をしているようなものを感じました。
あと私は一戸建て?の映画館でこの作品を鑑賞しましたが、地域によっては難しい部分もあるでしょうが、なるべくなら一戸建ての映画館をオススメします。

西島演じる恵介の包み込むような温かさ

チラシを見て「面白そうだなぁ」と思っていた作品。池袋で初日舞台挨拶の回を鑑賞しました。原作未読で鑑賞です。
西島隆弘演じる大学生の恵介は夏休みに地元の古い映画館で映写助手のアルバイトをすることになった。そこで三根梓演じる映写技師のルカに出合う。
ミステリアスで気になる存在のルカに仕事を教わるうちに惹かれていき…。
まず、キャストで一番よかったのは西島隆弘。恵介の温かな、誠実な人柄を上手く演じています。穏やかな言葉使いや笑顔がこの作品の雰囲気のように感じます。
ルカを演じた三根梓は、厳しい表情や涙のシーンは、彼女の瞳が観るものを惹きつけます。
が、レイジの家でのシーンのルカは、本当に同じ人かと目を疑うくらいの棒読みのような演技に思えました。キャリアの浅さゆえでしょうか?今後に期待です。
厳しい表情の方がキリッとしていて、鑑賞中は勝手に彼女の本来のイメージに思ってしまいましたが、舞台挨拶で観た三根さんは笑顔の素敵な女の子という感じでした。
レイジのちょっと歪んだキャラクターは共感が薄かったですが、高良健吾は透明感を保ちながらうまく演じていたように思います。
あと、ナイスキャスティングは井上順、明るく温かいながらも深い思慮を感じさせる支配人を味のある演技で好演です。
恵介の包み込む優しさや支配人の人柄が観ていて心地よいし、彼らに温かく支えられ笑顔を取り戻していくルカを見守り応援してしまいました。
キャストの雰囲気もよく、歴史ある映画館をはじめ新潟、長野の街並みや自然も魅力的、とても良い作品でした。

原作を上手く昇華

三根梓さんに、ハートブレイクさせられ。
シネ・リーブル池袋での初日舞台挨拶を拝見し、帰りには、しっかり旭屋書店で
写真集を購入して。
しっかり事前に原作も拝読して、期待度MAXで拝見。
ひとつ重要な“背景”として、挙げたいもの。
築100年を経過したという映画館はもちろんですが、見渡せば山々、街中には川が
流れている・・・という地方都市の風景。自分、それだけで涙うるうる・・・でした。
ロケ地になったという、上越市・上田市の皆様、“当たり前”であることの素晴らし
さを、誇りにして頂きたいと思います。
ルカは、なぜ映画館に閉じ籠ろうとしたのか?。悪の権化・レイジの顛末。
私は、原作では不十分な描かれ方であった部分が、映画では上手く昇華されている
ように思います。(ルカが恵介に心を開いてく描写が、モノタリナイ・・・とは思いま
したが)
ラスト、原作での『ニュー・シネマ・パラダイス』に代わって、『ガメラ対深海怪獣
ジグラ』。オレ的には、そこにものすごい遊び心を感じますっ!押忍。
(トカナントカ、『ニュー・シネマ~』は未見なので、観なければ)
三根梓さんと“当たり前”の地方都市の風景を、一人でも多くの方が目にされます
ように。

名画座特有の雰囲気に三根梓がマッチ

雰囲気はとても素敵な映画でした。古い映画館を舞台にしているというだけでまず○ですし、屋上のちょっとした空間だったり、少しある二階席だったり、おしゃれな支配人の服装だったり、ちょっとした細かいところが映画好きの心をくすぐるようです。
そしてなんといっても三根梓のちょっとぎこちないけれどキリっとした雰囲気が、このヒロインにぴったりで、とてもいい感じ。
デジタルでない映写機が置かれた木造の古い閉じられた空間の中で過ごし続けるミステリアスな女性…それだけで随分引きつけられてしまいました。
ただストーリー的には、設定の割には陳腐な感じを受けてしまったのが残念なところ。
外に出なくなった理由も、なんだそんなことかということだったり、これだけルカに執着したストーカーまがいの元カレも、意外にも最後はあっさり…だったり。
それでも、ラストは素敵でキュンとしちゃいましたし、展開に難はあっても、やっぱりこの雰囲気だけでも、観た価値はあるかなと思いました。

ルカ役の子の声がとても良かった。

ルカ役の三根梓さんの声がとてもよかったです。スッと整った顔立ちと真っ直ぐな目、それらとバランスの取れたすごく綺麗な声に魅力を感じました。演技はこれからに期待。AAA西島隆弘さんはやはり笑顔が素敵です。また、ギャップのある男らしいハグに胸をギュッとされてしまいました。

映画/邦画『シグナル 月曜日のルカ』のネタバレ感想(ツイッター・Twitter)

つづいて、『シグナル 月曜日のルカ』を見た人の声や感想(※ネタバレを含むため注意)をご紹介します。

映画/邦画『シグナル 月曜日のルカ』をテレビ放送を見逃した!できるだけ安く見たいあなたに!

[st-kaiwa-kaisetsu-woman-no1]『シグナル 月曜日のルカ』の
「テレビ放送を見逃してしまった!」
「フル動画をできるだけ安く見たい!」

…そんなあなたは必見♪[/st-kaiwa-kaisetsu-woman-no1]

U-NEXTのキャンペーンを使えば動画を無料視聴できる!!

31日間の無料トライアルで視聴する!

邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

↑『シグナル 月曜日のルカ』をおトクに見る♪

  

-邦画(日本国内映画)

テキストのコピーはできません。

Copyright© Qooqle , 2019 All Rights Reserved.