全員、片想い

投稿日:

映画/邦画『全員、片想い』の「あらすじ」「動画を無料視聴する方法」をご紹介していきます!

↓『全員、片想い』の動画を今すぐ無料で見たい方はこちらをクリック↓

映画/邦画『全員、片想い』を見る邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

全員、片想いを無料で視聴する!

映画/邦画『全員、片想い』とは?(あらすじ・見どころ)

映画(詳しくは邦画・日本国内映画)『全員、片想い』の作品概要邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

まずは、『全員、片想い』とはどんな作品なのか?、作品の概要をご紹介します。

あらすじ

あのイケメンが、あの女優が、切ない恋に胸を焦がす恋愛短編集

■見どころ
俳優・加藤雅也がパーソナリティを務めるラジオ番組がきっかけとなり制作された短編オムニバス。
胸キュン必至の片想いストーリー全8話を、豪華俳優陣の出演で描く。

■ストーリー
かつて人気グループのボーカリストだった三崎透は、自身の番組でリスナーから募った片想いエピソードを7週連続で紹介するという特集企画をスタートさせる。
それは…「全員、片想い」。
第1週目に紹介するエピソードは、「MY NICKNAME is BUTATCHI」。

U-NEXTキャンペーン『全員、片想い』を無料で見る!>>邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

映画/邦画『全員、片想い』の作品紹介(キャスト・視聴率・OST・DVD情報)

映画(詳しくは邦画・日本国内映画)『全員、片想い』の作品紹介(キャスト・スタッフ・視聴率・相関図・OST・DVD情報)邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

ここからは、『全員、片想い』について、より詳しく作品紹介をしていきます。

映画/邦画『全員、片想い』の出演者(キャスト・スタッフ紹介)

映画/邦画『全員、片想い』のキャスト(出演者)やスタッフをご紹介します。

映画(詳しくは邦画・日本国内映画)『全員、片想い』の出演者(キャスト・スタッフ紹介)邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

キャスト
(出演者)
伊藤沙莉(役:ノムラ):女子高生
中川大志(役:サタケ):ノムラの幼なじみ
森絵梨佳(役:今井咲):木下透の上司
桜田通(役:木下透):冴えない新人
広瀬アリス(役:希美):耳が不自由で、地味に閉じ籠っていた女子高生
斎藤工(役:慎一):美容師
知英(役:ソヨン):韓国からの留学生
新川優愛(役:マナ):素直になれず嘘つきな女子
志尊淳(役:マコト):真っ直ぐで誠実な男子
清水富美加(役:風花):少女
千葉雄大(役:要):風花の従兄弟
橋本マナミ(役:美里):介護施設で働く女性
横浜流星(役:穣):介護士の見習い
加藤雅也(役:三崎透):ラジオのパーソナリティー
スタッフ 監督:伊藤秀裕/飯塚健/永田琴/宅間孝行/原桂之介/藤井道人/山岸聖太
原案:あんにゃ/ふ/Zoo/深水/ひろ
製作:伊藤秀裕/遠藤茂行/木下直哉/間宮登良松/井上 肇/芹川太郎/紀伊宗之/糸井美喜
製作会社:エクセレントフィルムズ
配給:東映

映画/邦画『全員、片想い』の相関図

映画/邦画『全員、片想い』の人間関係をまとめた相関図は見つかりませんでした。
(※公式サイトでも用意されていませんでした。)

映画/邦画『全員、片想い』の平均視聴率・最高視聴率

映画/邦画『全員、片想い』の視聴率を調べました。

平均視聴率 -%
最高視聴率 -%

映画/邦画『全員、片想い』のOST(オリジナルサウンドトラック・主題歌)

映画/邦画『全員、片想い』のOST(オリジナルサウンドトラック)の情報です。

映画(詳しくは邦画・日本国内映画)『全員、片想い』のOST(オリジナルサウンドトラック・主題歌)邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

曲順 タイトル
1 黒木渚 「灯台」

[OST]全員、片想い 主題歌 黒木渚 「灯台」

映画/邦画『全員、片想い』のDVD&ブルーレイ発売情報

映画/邦画『全員、片想い』のDVD・ブルーレイ発売情報です。

映画(詳しくは邦画・日本国内映画)『全員、片想い』のDVD&ブルーレイ発売情報邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

[DVD/ブルーレイ]全員、片想い [DVD]

発売日:2017/1/11
価格:¥4.086
時間:2 時間 3 分
ディスク枚数:1
形式:Color, Dolby, Widescreen
言語:日本語
出演:伊藤沙莉/中川大志/広瀬アリス/斎藤工/知英
リージョン:リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。)
メーカー:TOEI COMPANY,LTD.(TOE)(D)

『全員、片想い』を見たい!と思っても、
DVD/ブルーレイはちょっと高い…(^_^;)

でもNEXTのキャンペーンなら『全員、片想い』を全話無料で視聴できる!!

31日間の無料トライアルで視聴する!

邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

↑『全員、片想い』をおトクに見るチャンス♪

映画/邦画『全員、片想い』の口コミ(感想レビュー・ネタバレ注意)

映画/邦画『全員、片想い』のネタバレ感想・レビュー・口コミ・クチコミ・評判)邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

映画/邦画『全員、片想い』の口コミ(感想レビュー※ネタバレを含むため注意)

ここでは、『全員、片想い』を見た人の口コミ(感想レビュー※ネタバレを含むため注意)をご紹介します。

良い!!!

久々に良い映画にめぐりあいました。韓国人のエピソードがカッコ良すぎ。

BUTATCHI のみの評価ですが。

7本(8本?)の短編が連なる、オムニバス映画のうちの一作。
この作品を見るために、少々の勇気を出してシネコンへ。題材が題材だけにオバさんは私だけ。周り、お若いお若い。
それはそうと「何本目なんだろう」と思っていたら、びっくりの一本目!! やったと思っている内に、いきなりの長回しに鷲掴みにされた。
朝。田舎道。Yの字交差点。
何てことのない会話。
自転車通学のリアル。
そこに垣間見える、二人の歴史。
そして、『片想い』。
もうそれだけで、伊藤沙莉さん、中川大志さん、お二人の呼吸が滲み出ていました。さすがの演出です。
伊藤さんは「GTO」「REPLAY&DESTROY」そして今回のBUTATCHIと、もはや飯塚監督作品の常連と言っても過言じゃないと思うのですが、今回の役どころはこれまでとは違い、底が知れない女優さんだなと思いました。
ラストシーン、とにかく美しかった。
「大人ドロップ」とはまた違う青春をみせて貰いました。
シネマトゥデイの映画短評にも、「飯塚健監督作が出色の出来」とありましたが、まさにその通り。
他は、清水富美加さんが良かったです。(作品がという意味ではありません)
サボテンには唖然でした。

抑えきれない想い

随分長く忘れていた片想いの切なさと辛さ
そして恋する事の尊さを思い出します。
泣けてしまうのに 爽やかな風の香りがしました。

それぞれの多様にみせる、片想い。集めた。

原作や製作由来は知らずに、一部キャスト(広瀬アリス等)と一部担当監督目当てで鑑賞。
とある映画祭で、プログラムCで色々な趣の作品をまとめて観た気分とでも言えるだろうか。
そういう見方に慣れた方には、理解されやすいだろう。
無難にまとめた、いわゆるスイーツ映画とは異なるものの、総じて意欲的と思う作りで、多分原作での可否と言うよりも脚本面での思い切り方と、それぞれの作品で見せ方と雰囲気を違えた面が興味深い。
(鑑賞後に調べると、原作電子小説あり4本、本作オリジナル作4本とのこと)
どうやって8本分のストーリーを絡めるかと思えば、ラジオで紹介するという構成。
内容は、見事に片想いばかり・・・。当然か。
ラジオドラマっぽく聞かせるはずの物語を、映像として見せるのだが、キャストや映像に凝っていたり、広瀬アリスと斎藤工出演の、あえて音を押さえて演技重視の作品、あえてラストは想像の余地を残した映画っぽさのある作品とか、
短編オムニバス構成の作りならでは。
なお、一本の時間が短い分、モノローグでの状況説明が多くなる場合があるのは、仕方がないだろう。
作る側の事情を知らないで観ていると、作品重視でキャスト起用なのかなとも思えるのは良い。

ベタな設定

エブリスタから5話参加の計8話よりなる失恋集。新川優愛主演の『嘘つきの恋』だけはエンディングの後にハッピーエンドを感じさせる。最初の7話が投稿エピソードで、最後の8話がストーリィ内進行というベタな設定だが、それも含めて、きちんと作られている。

かなり良かったです

様々な色の恋の形とその失恋。全部の話が短くですが、かなりのインパクトがあり、たた一つの思い話よりこれで良かったと思う。
最後の数分はちょっと意外でしたが作品にはピッタリエンディングだった。

片想いが切ない

いろんな立場や事情の恋があって良かったです。
片想いなのが切なくてまたいい。
恋は実らなくてもステキなものですね。

あきらめるのはまだ早い

全員片想いで終わったというわけではありません。
特に第5話なんかは、マナ(新川優愛)があきらめてその場から立ち去ろうと
しますが、途中これまでのまこと(志尊淳)との楽しかった思い出を回想し、
涙ながらに思い切って踵を返し、まことの所へ戻り、中断した大切な話の続き
をしようとします。その瞬間ドラマは終了となりますが、これは成就したのでは
ないかと思いましたね。
それと第6話、「アサハンのゆげ」の二人も続きがありそうな予感がするし、
第2話「僕のサボテン」の先輩女子社員に心寄せる新人社員の気持ちが良く
表現されていて未来につながるものと思いました。
少しばかり話の内容が理解しずらいものもあったけれど、全体として片思い
の切なさをよく表現していて、とてもいい内容だったと思います。

片想いは歳に関係なく切ないね

いい歳のオヤジですが、割とこういうの好き。
ということが普通でないことが良く分かった(笑) 水曜日、レディスデーとは言え、30人くらい居た客の中で、男は2人だけ。もう1人は若いカップルだったので、きっと彼女が観たいと言ったのだろう。そう考えると、実質俺1人(笑)
《物語》
ラジオ番組でリスナーから片想いの想い出を募り、そのうち7人の片想いストーリーを番組で紹介する。それに加えて、番組のパーソナリティー(加藤雅也)と番組スタッフのストーリー、計8作のオムニバス映画。
《感想》
登場人物はもちろん若い人が中心ではあるが、高校生、大学生から会社員、美容師、初老のパーソナリティー、老女までバラエティーに富んでいる。
年齢は様々だが、片想いは年齢に関係なく切ないものだ。もちろん、歳をとればその感情の処理は若い頃より上手くはなるが。 そういうところもキッチリ描かれている。
特に気に入ったのは3作。
1作目は情けない新入社員が、先輩女性社員に鍛えられて成長する話。成長した頃には別れが待っているという切ない話だが、こういうのって有りそうだし、先輩社員演じる森絵梨佳が魅力的だった。
2作目は耳が不自由で、地味に閉じ籠っていた女子高生(広瀬アリス)が、髪を素敵にカットしてくれて自分の魅力を引き出してくれた美容師(斎藤工)に恋をするお話。 これは単純に本作を観る強い動機になった広瀬アリス主演だから。 最初のメガネをかけた地味っぷりに、「え、またこんな可愛くないアリス?」と不安になったけど、魔法のカットですぐに可愛くなった! 女子高生役ということで、改めてすずとそっくりと思ったけど、可愛くて満足(笑)  お話としても切なさ度はかなり高いし、結末が微笑ましくて良かった。
3作目はパーソナリティーと番組スタッフの話。途中までは「どっちが片想い?」と思っていたけれど、これはラストがいい。 大人って感じが。
ところで、解説を読むと実際に加藤雅也がパーソナリティーをやっている番組があって、それが原案になっているらしいが、「なるほど!」である。 加藤雅也が本番でマイクに向かって話し始めると、それまでとは打って替わった美声が響き、本当のラジオパーソナリティーみたいだなと思って観ていたのだ。なので、番組収録シーンがとてもリアル。
また、後から驚いたのは知英。彼女は韓国ポップグループ KARAの元メンバーなんだな。韓国からの留学生役なのだが、あまりに完璧な日本語だったので、日本人とばかり思っていた。韓国語を話すシーンもあるのだが、「ああ、韓国語頑張って勉強したのだな」と思った(笑)  それにキレイだった。
つうことで、傑作と言うほどではないけど、好感を持てる作品でした。強いて言うと、話を5本くらいに減らして1本をもうちょっとじっくり観ていたかったな。

オムニバス

いろいろな片思いのお話です。
高校生の恋や大人の恋
それぞれ、監督さんが異なるので、テイストも異なります。
基本、片思いなので切ないです。
新川優愛ちゃんがかわいいです。
嘘のために恋をあきらめかけてでも、あきらめないところで終わっちゃいますけど。
告白できたのかな。上手くいったのかなぁ。
この間引退した清水富美加さんがでていますよ。

8つの片想い♡きっと、どこかに貴方がいる

タイトル通り。全8話、み~んな片想いだった。
切ないねえ~、泣けるね~(>_<)
「片想い」がテーマの短編作品を集めたオムニバス。
E★エブリスタの投稿小説が原作らしい。
1話目の高校生が、かわいかった~♡
幼馴染どうしの軽快なトーク。チャリで走る田園風景。
自分の青春時代を思い出した。
親友が加わっての、三角関係。友情と恋の板ばさみ。
伊藤沙莉ちゃん、ドラマでおもしろいキャラの子だとは思っていたけど・・・
初主役?これからの活躍を絶賛・期待中。&大きくなったね~大志くん。
一番心に響いたのは、「サムシングブルー」という話。
広瀬アリスちゃん演じる子が、美容師さんに恋をする。
暗かった子が恋をすることで明るく、どんどんキレイになっていく。
アリスちゃんのとびきりの笑顔・隠し撮り・手作りプレゼント・・・胸キュン度↑
そして、セリフが1つもないのに、アリスちゃんの表情から、気持ちが痛いほど伝わってきて、ボロボロと涙が頬を流れてしまった。
それと、斎藤工さんに髪の毛を切ってもらったら・・・
なんて妄想も楽しめる〜^m^
他にも・・・情けない新入社員と強い先輩。ルームメイトと留学生。
嘘から始まってしまった片想い。いとこ同士の片想い。
年配の女性がする片想い・・・など、切なさ満載だった。
そして、ラストのオチは・・・?
8つも片想いを観せられて、大過ぎ?と思ったけど、どんな年代の人にも、追体験できるようになっているので、
高校生から年輩の人まで、きっと自分の片想いを思い出せるはず。
どの話が、一番自分の胸に、きゅ~んと届くのか?・・・選んでみる、という楽しみ方もオススメ。
加藤雅也さんが、パーソナリティーをしているラジオ番組がきっかけで、
この映画ができたらしい。
恋なんて、容易く手に入れられない。苦しい片想いをしながら、人は成長していくもの。人の気持ちも、痛みも分かるようになる。
失恋をして、人はいっぱしになるんだぞ~と。
…なんだか、元気&勇気を、もらえた気がした(^_-)

映画/邦画『全員、片想い』のネタバレ感想(ツイッター・Twitter)

つづいて、『全員、片想い』を見た人の声や感想(※ネタバレを含むため注意)をご紹介します。

映画/邦画『全員、片想い』をテレビ放送を見逃した!できるだけ安く見たいあなたに!

[st-kaiwa-kaisetsu-woman-no1]『全員、片想い』の
「テレビ放送を見逃してしまった!」
「フル動画をできるだけ安く見たい!」

…そんなあなたは必見♪[/st-kaiwa-kaisetsu-woman-no1]

U-NEXTのキャンペーンを使えば動画を無料視聴できる!!

31日間の無料トライアルで視聴する!

邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

↑『全員、片想い』をおトクに見る♪

  

-邦画(日本国内映画)

テキストのコピーはできません。

Copyright© Qooqle , 2019 All Rights Reserved.