リリイ・シュシュのすべて

投稿日:

映画/邦画『リリイ・シュシュのすべて』の「あらすじ」「動画を無料視聴する方法」をご紹介していきます!

↓『リリイ・シュシュのすべて』の動画を今すぐ無料で見たい方はこちらをクリック↓

映画/邦画『リリイ・シュシュのすべて』を見る邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

リリイ・シュシュのすべてを無料で視聴する!

映画/邦画『リリイ・シュシュのすべて』とは?(あらすじ・見どころ)

映画(詳しくは邦画・日本国内映画)『リリイ・シュシュのすべて』の作品概要邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

まずは、『リリイ・シュシュのすべて』とはどんな作品なのか?、作品の概要をご紹介します。

あらすじ

岩井俊二監督が描く14歳の心の闇。市原隼人、蒼井優らを輩出した青春映画の名作!

■見どころ
地方都市で暮らす少年を主人公に、イジメや援助交際といった中学生たちが抱える問題を描く。
エスカレートしていくいじめと、美しい田園風景の対比がせつなさを醸し出す。

■ストーリー
かつて親友だった星野からイジメを受けるようになった中学2年生の雄一。
自ら主宰するカリスマ的歌手リリイ・シュシュのファンサイトでの交流に唯一の安らぎを感じていたが、星野のイジメは日増しにエスカレートし、やがて悲劇的な事件が起こってしまう。

U-NEXTキャンペーン『リリイ・シュシュのすべて』を無料で見る!>>邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

映画/邦画『リリイ・シュシュのすべて』の作品紹介(キャスト・視聴率・OST・DVD情報)

映画(詳しくは邦画・日本国内映画)『リリイ・シュシュのすべて』の作品紹介(キャスト・スタッフ・視聴率・相関図・OST・DVD情報)邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

ここからは、『リリイ・シュシュのすべて』について、より詳しく作品紹介をしていきます。

映画/邦画『リリイ・シュシュのすべて』の出演者(キャスト・スタッフ紹介)

映画/邦画『リリイ・シュシュのすべて』のキャスト(出演者)やスタッフをご紹介します。

映画(詳しくは邦画・日本国内映画)『リリイ・シュシュのすべて』の出演者(キャスト・スタッフ紹介)邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

キャスト
(出演者)
市原隼人(役:蓮見雄一)主人公。中学生の男子。
忍成修吾(役:星野修介)リリイ・シュシュのファン。
蒼井優(役:津田詩織)雄一のクラスメイト。
伊藤歩(役:久野陽子)雄一が密かに恋い慕っている少女。
勝地涼(役:寺脇仁志)同じく雄一の友人。
五十畑迅人(役:飯田待典)星野のグループの一人。
郭智博(役:多田野雅史)星野のグループの一人。
スタッフ 監督:岩井俊二
原作:岩井俊二
音楽:小林武史
脚本:岩井俊二

映画/邦画『リリイ・シュシュのすべて』の相関図

映画/邦画『リリイ・シュシュのすべて』の人間関係をまとめた相関図は見つかりませんでした。
(※公式サイトでも用意されていませんでした。)

映画/邦画『リリイ・シュシュのすべて』の平均視聴率・最高視聴率

映画/邦画『リリイ・シュシュのすべて』の視聴率を調べました。

最高視聴率 不明
平均視聴率 不明

映画/邦画『リリイ・シュシュのすべて』のOST(オリジナルサウンドトラック・主題歌)

映画/邦画『リリイ・シュシュのすべて』のOST(オリジナルサウンドトラック)の情報です。

映画(詳しくは邦画・日本国内映画)『リリイ・シュシュのすべて』のOST(オリジナルサウンドトラック・主題歌)邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

曲順 タイトル
1 Sight
2 Dulcim
3 月の光(「ベルガマスク組曲」より)
4 Chamberlin
5 Under the leaf
6 エーテルの知恵 - 翼をください
7 夏の風の神(「6つの古代墓碑名」より)
8 Pulse
9 Mermaid
10 Rumble Fish
11
12 前奏曲(「ベルガマスク組曲」より)
13 アラベスクのうた(越城節)
14 亜麻色の髪の乙女
15 Detune
16 Proton
17 Ether tune
18 アラベスク第1番

リリイ・シュシュのすべてのOST 1 Arabesque (full album)

リリイ・シュシュのすべてのOST 2 Rumble Fish

リリイ・シュシュのすべてのOST 3 Arabesque(アラベスク)

リリイ・シュシュのすべてのOST 4 Glide

リリイ・シュシュのすべてのOST 5 All About Lily Chou-Chou

リリイ・シュシュのすべてのOST 6 Ether tune

リリイ・シュシュのすべてのOST 7 Tobenai Tsubasa (飛べない翼)

リリイ・シュシュのすべてのOST 8 Experiment of Love (愛の実験)

映画/邦画『リリイ・シュシュのすべて』のDVD&ブルーレイ発売情報

映画/邦画『リリイ・シュシュのすべて』のDVD・ブルーレイ発売情報です。

映画(詳しくは邦画・日本国内映画)『リリイ・シュシュのすべて』のDVD&ブルーレイ発売情報邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

[DVD/ブルーレイ]リリイ・シュシュのすべて 通常版 [DVD]

出演:市原隼人, 忍成修吾, 伊藤歩, 岩井 俊二, 大沢たかお
監督:岩井俊二
形式:Color, Dolby
言語:日本語
リージョンコード:リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
画面サイズ:1.85:1
ディスク枚数:1
販売元:ビクターエンタテインメント
発売日 2002/06/28
時間:146 分
価格:5,669円

[DVD/ブルーレイ]リリイ・シュシュのすべて [Blu-ray]

出演:市原隼人, 忍成修吾, 伊藤歩, 蒼井優, 大沢たかお
監督:岩井俊二
リージョンコード:リージョンフリー(全世界共通)
ディスク枚数:1
販売元:ビデオメーカー
発売日 2018/03/28
時間:146 分
価格:3,086円

[DVD/ブルーレイ]リリイ・シュシュのすべて 特別版 [DVD]

出演:市原隼人, 忍成修吾, 蒼井優, 伊藤歩, 勝地涼
監督:岩井俊二
形式:Color, Dolby, Limited Edition
言語:日本語
リージョンコード:リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
画面サイズ:1.37:1
ディスク枚数:2
販売元:ビクターエンタテインメント
発売日 2002/06/28
時間:234 分
価格:6,614円

『リリイ・シュシュのすべて』を見たい!と思っても、
DVD/ブルーレイはちょっと高い…(^_^;)

でもNEXTのキャンペーンなら『リリイ・シュシュのすべて』を全話無料で視聴できる!!

31日間の無料トライアルで視聴する!

邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

↑『リリイ・シュシュのすべて』をおトクに見るチャンス♪

映画/邦画『リリイ・シュシュのすべて』の口コミ(感想レビュー・ネタバレ注意)

映画/邦画『リリイ・シュシュのすべて』のネタバレ感想・レビュー・口コミ・クチコミ・評判)邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

映画/邦画『リリイ・シュシュのすべて』の口コミ(感想レビュー※ネタバレを含むため注意)

ここでは、『リリイ・シュシュのすべて』を見た人の口コミ(感想レビュー※ネタバレを含むため注意)をご紹介します。

心に残る名作

大学1年生の時に見ました。
とても心にふかーく残りました。
見終わった後、とても疲れましたしモヤモヤとしたものが残ります。
高校生の話ですが、大人になった人には今だからこそ見て欲しい作品です。

とても好きな映画です

数ヶ月前に初めて見たが、やるせない感じが心にグサグサと来た。
誰かと一緒に見るのでは無く一人で見ることで、忘れたくて心の奥に隠していた昔のやるせない経験を思い出すことができるかも。
今日、ふっともう一度見たけど、これからも年に一回くらい見るだろうと思う。

なぜこんな映画を生み出せるのだろう。

改めて岩井俊二は唯一無二の監督。
彼の世界観をマネすることは誰もが不可能でしょう。
恐らく岩井作品の中では断トツの鬱映画に違いないですが、その撮影や演出の仕方に、どこか希望が感じられる不思議な世界観です。小林武史のサウンドも絶妙です。
本作で映画デビューを果たした市原隼人&蒼井優の体当たりぶり(全裸、丸刈りetc..)も、他作品ではそうそう見られないと思います。
こういう映画を作るクリエイターは、もっと邦画界全体で重宝にされるべきです。

誰も撮らなかった反転された青春の光と陰

中高生の時期は坩堝の様に、学校的現実の中にいやおうなしに
味噌もクソも一緒に放り込まれ、人間関係の炎で炙られる。
それがある者には天国で、ある者には地獄となる。
そのような青春期の日々を、我々は普通に体験してきている。
例えば私の高校時代は、クラスを支配する少数の暴力グループ
による精神的被虐の色に染められており、集中的にイジメの
対象となった生徒は夥しい骨折を負った後、学年末を待たずに
退学し、イジメたグループも退学させられていった。授業中に
性的虐待を受けていた生徒さえいる。
青春期にとって世界はあまりに美しく見える。
それだけに、学校的現実の秩序にひれ伏し、イジメにより理想など
蹴散らされ、自分を何ひとつ信じられぬ無価値な人間と思い込ま
ざるを得ないのは過酷というしかない。美しい世界と自分は無縁で
あり、そこに自分の居場所は用意されていない。幼年期の終わりと
同時に人生に絶望していく子どもたちが、現実に多数存在するのを
我々は知っている。
こうした現実を「青春」という甘いフィクションにくるみあげる
のが、従来の映画や小説のお定まりのルールで、そこにはリアル
など欠片も描かれていなかったといってよい。
本作は、「青春そのものが地獄だ」という中高生の日常の一面を
初めて映像化した、画期的な「青春映画」だと思う。
本作の主人公の少年は、手ひどいイジメグループの末端の被害者で
ありながら、同時に同級生の少女の売春やレイプの手引きを行う
加害者であり、もはやあらゆる理想に手の届かないクズの日常を
過ごしている。
現実に居場所がない彼は仮想空間に逃避し、リリイ・シュシュの
楽曲やネットによる書き込みを通じた自己解放で、かろうじて
「エーテル」を獲得することだけに救済を見出している。
「エーテル」とは生きる理由である。したがってそれを失うことは、
生きる理由を失うのに等しい。
ところが恐るべきことに、同じ「エーテル」を共有していたはずの
仮想空間の友人が、実は現実空間のイジメグループのボスであることが
判明してしまう。もはや彼は仮想空間からも追い立てられざるを得ない。
生きる空間を確保するため、最後に彼は決死の覚悟で自分の生の障害を
除去する賭けに出る…。これは何という、反転された青春映画だろう。
しかし、明らかなリアルがここに存在する。それが観客を怒らせ、目を
背けさせるのだ。
光と陰影のコントラストを多用した映像と、「印象主義的」と評された
ドビュッシーの煌めくようなピアノ曲が、これら青春の光と影を強調
している。
この作品を何度も見るのは気が重い。でも、あの美しいシーンたちに
もう一度出遭いたいと、また見てしまうだろう。

Hulu

ああ、やっぱりこれスワロウテイルの監督だったんだ^^;
ずっと前に観たことがあって、また観たいような。もう観たくないような。そんな印象だったから今まで避けてたけど、三十路になった今、見直してみた。
ああ、きつい。悪い意味で青春時代を思い出す。
あの頃じゃなきゃ出来なかったこと。あの頃だから出来た悪い事を思い出し、 胸が締め付けられる。
市原隼人のチェケラッチョで沖縄が大好きになり、リリイシュシュで大好きな西表島が舞台となり、すこし複雑な気持ちになる。
この頃のキャストさんたちまだ幼くて皆可愛かったなー。

こんなに美しくて残酷なものしらない

色んな意見はあるでしょうが、
自分はとにかくこれを見ると安心します。
癒されます。
すべてが美しい。
痛みや汚れ。
イジメ、援交、レイプ、自殺。
それと無垢な、無垢なはずだった少年少女の苦しむ姿。
相反してどこまでも美しい原風景。
サントラもよし。

鬱映画と呼ばれますが

大好きな作品の一つです
今も昔もいじめはなくならない、少年は残酷でその中でも
生きていかなくてはならない苦悩など
痛い痛い現実を見せられます
映像は田園風景に煙突が見え切なさが音楽とともに入ってきます
酷評が多いですが現有名俳優たちの名演技にも注目です
リアルです
思春期は痛いのです

2000年の空気

公開当時は私は高校生で、登場人物のファッション、携帯とストラップ、援交、cdの貸し借り、ウォークマン、2ch、懐かしさしかない。懐古的な物差しでしかこの映画を測る事ができないけど、2000年初頭の空気がこの映画には詰まっていてドビュッシーとサリューの音に包まれて心地が良い。
残酷なストーリーではあるけど、現実はもっと残酷であると言いたい。

邦画を好きになったきっかけ

たぶん私は暗い映画が好きだったのかもしれない。
大人になってから、もう一度見ましたが、かなり心がきつかった。
映像や音楽も素晴らしかったと思う。
今でも時々、リリィシュシュの音楽を聴きます。

きつい

中学のあの頃に戻りたい、と言える人間もいれば
あの頃の一切を思い出したくない、という人間もいて
明るい青春を描いた映画ももちろんいいけど
一方で暗い学生時代を送らざるを得なかった人間もいるということを
ちゃんと描いてくれて嬉しかった。
私がこの映画を初めて観たのは中学生、不登校の頃だったと思う。
映画では結局ほとんどの登場人物が救われないまま終わってしまう。
だからこそ現実感があった。リアルだと思った。
奇跡なんて起きないし、自分で行動に出るしか現状は打破できない。
たとえ打破できたとしてもいい結果が待っているわけでもない。
追い詰められたあとのいじめ、自殺、殺人、
彼らは例外ではなく、誰だってその可能性を秘めている。
そして思春期特有の高い自意識、厭世的だからこそアーティストを神格化してしまう気持ち、
青臭い中学生の頃の私にも当てはまる。心底共感してしまう。
何度観返してもきつい。つらい。でもしばらくするとやっぱり観返す。
何かの確認作業みたいに観返してしまう。

映画/邦画『リリイ・シュシュのすべて』のネタバレ感想(ツイッター・Twitter)

つづいて、『リリイ・シュシュのすべて』を見た人の声や感想(※ネタバレを含むため注意)をご紹介します。

映画/邦画『リリイ・シュシュのすべて』をテレビ放送を見逃した!できるだけ安く見たいあなたに!

[st-kaiwa-kaisetsu-woman-no1]『リリイ・シュシュのすべて』の
「テレビ放送を見逃してしまった!」
「フル動画をできるだけ安く見たい!」

…そんなあなたは必見♪[/st-kaiwa-kaisetsu-woman-no1]

U-NEXTのキャンペーンを使えば動画を無料視聴できる!!

31日間の無料トライアルで視聴する!

邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

↑『リリイ・シュシュのすべて』をおトクに見る♪

  

-邦画(日本国内映画)

テキストのコピーはできません。

Copyright© Qooqle , 2019 All Rights Reserved.