父と暮せば

投稿日:

映画『父と暮せば』の「あらすじ」「動画を無料視聴する方法」をご紹介していきます!

↓『父と暮せば』の動画を今すぐ無料で見たい方はこちらをクリック↓

映画『父と暮せば』を見る邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

父と暮せばを無料で視聴する!

映画『父と暮せば』とは?(あらすじ・見どころ)

映画(詳しくは邦画・日本国内映画)『父と暮せば』の作品概要邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

まずは、映画『父と暮せば』とはどんな作品なのか?、作品の概要をご紹介します。

あらすじ

宮沢りえ主演で井上ひさし脚本の名作舞台を映画化したヒューマンドラマ

■見どころ
宮沢りえ、原田芳雄、浅野忠信という名優3人による濃密な会話劇。
原爆の悲劇をモチーフにしながら、ユーモラスに温かくつづられる親子の慈愛が胸にせまる。

■ストーリー
原爆投下から3年後の広島。
愛する者たちを一瞬で失い、ひとり生き残ったことに罪悪感を抱く美津江は、原爆資料を収集している木下と出会う。
自分だけ幸せになる資格はないと木下への恋心を押さえつける美津江を見かねて、父・竹造が幽霊となって現れる。

ここがポイント!

「TOMORROW 明日」「美しい夏キリシマ」に続く、黒木和雄監督の「戦争レクイエム三部作」完結編。

U-NEXTキャンペーン『父と暮せば』を無料で見る!>>邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

映画『父と暮せば』の特別動画(特典映像)

映画(詳しくは邦画・日本国内映画)『父と暮せば』の特別動画(特典映像)邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

ここからは、映画『父と暮せば』の特別動画(特典映像)をご紹介します。

[動画]父と暮せば 60秒スポット(高野悦子劇場放送)

[st-kaiwa-kaisetsu-woman-no1]『父と暮せば』の
「テレビ放送を見逃してしまった!」
「フル動画をできるだけ安く見たい!」

…そんなあなたは必見♪[/st-kaiwa-kaisetsu-woman-no1]

U-NEXTのキャンペーンを使えば動画を無料視聴できる!!

31日間の無料トライアルで視聴する!

邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

↑『父と暮せば』をおトクに見る♪

映画『父と暮せば』の作品紹介(キャスト・視聴率・OST・DVD情報)

映画(詳しくは邦画・日本国内映画)『父と暮せば』の作品紹介(キャスト・スタッフ・視聴率・相関図・OST・DVD情報)邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

ここからは、映画『父と暮せば』について、より詳しく作品紹介をしていきます。

映画『父と暮せば』の出演者(キャスト・スタッフ紹介)

映画『父と暮せば』のキャスト(出演者)やスタッフをご紹介します。

映画(詳しくは邦画・日本国内映画)『父と暮せば』の出演者(キャスト・スタッフ紹介)邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

キャスト
(出演者)
宮沢りえ(役:美津江)父・竹造と二人で暮らしている
原田芳雄(役:竹造)美津江の父
浅野忠信(役:木下正)
スタッフ 監督:黒木和雄
原作:井上ひさし
音楽:松村禎三
脚本:黒木和雄
製作:石川富康、川城和実、張江肇、金澤龍一郎、松本洋一、鈴木ワタル

映画『父と暮せば』の相関図

映画『父と暮せば』の人間関係をまとめた相関図です。

映画(詳しくは邦画・日本国内映画)『父と暮せば』の登場人物の人間関係・相関図・チャート邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

映画『父と暮せば』の平均視聴率・最高視聴率

映画『父と暮せば』の視聴率を調べました。

最高視聴率 不明
平均視聴率 不明

映画『父と暮せば』のOST(オリジナルサウンドトラック・主題歌)

映画『父と暮せば』のOST(オリジナルサウンドトラック)の発売情報はありませんでした。

映画(詳しくは邦画・日本国内映画)『父と暮せば』のOST(オリジナルサウンドトラック・主題歌)邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

映画『父と暮せば』のDVD&ブルーレイ発売情報

映画『父と暮せば』のDVD・ブルーレイ発売情報です。

映画(詳しくは邦画・日本国内映画)『父と暮せば』のDVD&ブルーレイ発売情報邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

[DVD/ブルーレイ]父と暮せば 通常版 [DVD]

出演:宮沢りえ, 原田芳雄, 浅野忠信
監督:黒木和雄
製作者:石川富康, 川城和実, 張江肇, 金澤龍一郎
形式:Color, Dolby, Widescreen
字幕:英語, 日本語
リージョンコード:リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
画面サイズ:1.78:1
ディスク枚数:1
販売元:バンダイビジュアル
発売日 2005/06/24
時間:100 分
価格:4,100円

[DVD/ブルーレイ]父と暮せば プレミアム・エディション [DVD]

出演:宮沢りえ, 原田芳雄, 浅野忠信
監督:黒木和雄
形式:Color, Dolby, Limited Edition, Widescreen
字幕:英語, 日本語
リージョンコード:リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
画面サイズ:1.78:1
ディスク枚数:2
販売元:バンダイビジュアル
発売日 2005/06/24
時間:100 分
価格:4,980円

『父と暮せば』を見たい!と思っても、
DVD/ブルーレイはちょっと高い…(^_^;)

でもNEXTのキャンペーンなら『父と暮せば』を全話無料で視聴できる!!

31日間の無料トライアルで視聴する!

邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

↑『父と暮せば』をおトクに見るチャンス♪

映画『父と暮せば』の感想レビュー

映画『父と暮せば』のネタバレ感想・レビュー・口コミ・クチコミ・評判)邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

映画『父と暮せば』の感想レビュー(ネタバレあり)

ここでは、『父と暮せば』を見た人の感想レビュー(ネタバレ有り)をご紹介します。

原田芳雄の迫力

BSで放映していたのを、なんとなく観はじめて引き込まれてしまいました。
舞台物を映画にしたので場面が変わらないのに、見えないものまで想像することが出来た気がします。
原田芳雄の明るい登場から想像もできないほどの怒りや悲しみ。
宮沢りえの柔らかい演技から悲しみやあきらめが伝わってきて涙が止まりませんでした。
「幸せになるわけにはいかんの。」原爆にあって奇跡的に命を救われた後にも生きていくために地獄みたいな日々があったなんて。
時折映るお地蔵様の姿に、原爆の熱さや悲惨さを感じられました。
井上ひさしは天才だな、と改めて感じる作品でした。

感想

宮沢りえちゃんがとてもとても可愛らしい。
ファンでもなかったけど、観ているうちに守りたいって気持ちになり、愛おしくなりました。幸せになってほしいと強く思える映画でした。

衝撃的なラスト

ひょんなことから現れた亡き父親と娘の対話を楽しむ作品。広島弁の掛け合いが軽妙で、すこし切ない。
幸薄い娘が心配のあまりに現れた父、生き残ったことへの罪悪感をもつ娘。
そこへ第三の人物を交えて物語が膨らんでゆく。
思うに、娘の職場を省き、すべて室内で物語を展開しても良かった気がする。
そうすれば、あの衝撃的なラストが生きてくる。
広島に行く機会があれば、原爆ドームを直近で見ること。
そうすれば、あのラストシーンのすごさが実感できる。

父と娘の愛情

元は戯曲ですが非常に科白がよく練られ完成度の高い映画だと感じました。父の亡霊は娘がある男性に会いときめきを感じたことをきっかけに、彼女の前に現れたと説明します。人を好きになったり、幸せになることに罪悪感を抱いていた娘が人を好きになってしまったときに「父親だったらどう助けてくれるか」の思いが亡霊を生みだしたと言ってもいいでしょう。亡霊は彼女の中で内なる妄想の産物だったと思います。悩みが解け、彼女が幸せをつかむ決心をした時、父の亡霊はあっさりと姿を消します。温かい余韻の残る映画でした。

後世に、世界に語り継ぐべき作品。

被災者に捧げたい作品。
そして、どんな人にも共通する、子から孫へ、次世代への想いに溢れたの親世代からのメッセージ(「生きてちょんだいよー」)。
原爆やその後の原爆症、GHQについても、簡単にまとめてあるから、原爆資料の一つ(被災後に人々がどんな想いを持っていたかという意味も含む)としても大切な作品。
でも、直接的表現はないけれど、遺物等で見せつけられる等原爆の視覚的記述がかなりキツイので、そういう意味では観る人を選ぶ映画かな。映画でも娘が言っていたし、父が仕草で無意識に反応していた。「思い出すのがつらい」と。
舞台の映画化。だからちょっと説明調の台詞から入る冒頭等、理屈っぽい感じがするけど、見応え有る作品に仕上がっている。
そんな台詞の量がむちゃくちゃ多くて、セリフ回しが理屈っぽく感じる脚本だけど、宮沢さんの妖精のような柔らかさ、原田さんの包容力、浅野さんの朴訥さで、良い雰囲気に仕上がっている。なにより、井上さんのユーモアのセンスに原田さんがいかにもこんな親父いる!というふうに息を吹き込み、それをやんわりと宮沢さんがうける。宮沢さんも天然?系のボケを嫌みなく演じる。そこに朴訥な浅野さんと美しい緑の風景、ドキッとするような遺物・絵画等が挟まれることで、リズムができて、飽きさせない。
原田さんの歩くだけで笑いをさそうけれど、どことなく物悲しい父、
浅野さんのほとんど語らず出番も動きも少ないのに、父と娘が語る人物像を体現したインテリゲンチャ
と、お二人がすばらしいのはいつものことだが、
それにもまして宮沢さんが素晴らしい。消え入るような風情で見せてくれる。あらすじは知っていたけど、実は娘も幽霊でしたというオチかと思ってしまうほどのはかなさ。自分の生を否定しているんだから、生活感はあっても、生きるエネルギーが感じられない、そんな風情が良く出ていました。それでいて、以前はお転婆だったというエピソードもさもありなんという笑顔、あくたれ。思い詰めた目の動き・表情…。そして、最期の、それまでとは違う輝きをまとったあの笑顔。すごいなあ。
胸を締め付けられる残されたものの想い。
なんであれ、幸せを願う親心。
生きるってことは、いろいろなことを背負っていかなければならないけど、幸せになってほしい。そんなこと無責任に言われたってって、当事者の方から叱られそうだけど、それでも心からそう思います。

良質な邦画

久しぶりに良質な邦画を観た気がしました。
名優原田芳雄さんと、宮沢りえさん、ほぼこの二人での会話がメインなのですが
全くもって飽きないんですよね。
原爆という重いテーマであるのですが、笑えるところもあり、そして泣かせるところも、「どうだ!感動的だろう!」という、最近の映画にありがちな泣かせ方ではなく、じんわりと胸が熱くなるような雰囲気ですごく良かったです。
もともとが舞台だという事もあり、セリフ回しや演出が、舞台を意識したつくりになっていて、最初のうちは少し戸惑いましたが、慣れるととても心地よく世界に入っていけます。
気付いたらまた観たくなる、そんな名作だと思います。

原爆はひとを二重にも三重にも殺していく

舞台は昭和23年の広島。
宮沢りえ演じる娘と今は亡き原田芳雄演じる父とのやりとりに、冒頭から引き込まれる。
原爆で亡くした友人たちなどを思うと自分が幸せになることに罪悪感を感じる娘。
いや、それ以上に生き残ったことにさえも罪悪感を娘は感じている。
父はときにユーモラスに、ときの声を荒げ、娘の拘りを解き放とうとする。
二人のやりとりは目を離せず、わずかなこころの揺らぎをカメラは丹念に追っていく。
原爆はひとを二重にも、三重にも殺していく。
単なる大量殺戮兵器ではない。
人間のこころさえも、希望さえも殺していく。
ひとがひとの存在も魂も夢も愛も尊厳すらも殺していく。
それでもささやかな希望にひとは生きていく。

名作

井上ひさし原作の舞台劇の映画化で原爆をテーマにした親子の再会の物語
ほぼ全編宮沢りえと原田芳雄のふたり芝居
見る前は退屈じゃないかと思いましたが二人の名演に圧倒され最後まであっという間でした
娘を思う父の愛に泣けました
原田芳雄氏、黒木和雄監督、井上ひさし氏のご冥福をお祈りします

泣きたい方はどうぞ。

映画館で普通に淡々と見ていたのですが、最後の娘の叫びで不覚にも涙が出てしまいました。周りの人も泣いている人が多かったです。<火垂るの墓>と並んで日本の終戦映画?(厭戦映画)の金字塔になるのではないでしょうか。でも<火垂る>と一緒でTVでやってたらチャンネル替えるかも(私は<火垂る>は怖くて悲しくて見れないのです)。

二人芝居が書ければ一人前の劇作家です

発表するたびに作品評価が結構分かれる黒木和雄監督作品ですが私は案外嫌いでないのです。
「とべない沈黙」から遺作「紙屋悦子の青春」にいたるまで一貫として個性的な映画作家と思います。
生涯で数多くのドラマ、舞台、映画に出演された原田芳雄さんは世界中の俳優陣でも大好きな人ですが一番主演作品が多いのが黒木和雄作品というのも好きな理由のひとつかもしれません。
ともかく久しぶりに宮沢りえと原田芳雄の二人芝居を満喫出来ました。
シナリオライターや劇作家では二人芝居が描ければ一人前と言われるくらい難しいものだそうです。

映画『父と暮せば』のネタバレ感想(ツイッター・Twitter)

ここでは、『父と暮せば』を見た人の声や感想(ネタバレ有り)をご紹介します。

映画『父と暮せば』をテレビ放送を見逃した!できるだけ安く見たいあなたに!

[st-kaiwa-kaisetsu-woman-no1]『父と暮せば』の
「テレビ放送を見逃してしまった!」
「フル動画をできるだけ安く見たい!」

…そんなあなたは必見♪[/st-kaiwa-kaisetsu-woman-no1]

U-NEXTのキャンペーンを使えば動画を無料視聴できる!!

31日間の無料トライアルで視聴する!

邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

↑『父と暮せば』をおトクに見る♪

  

こちらもおすすめ!Paravi(パラビ)

Paravi

国内テレビドラマが好きなら加入すべし!

Paravi(パラビ)は、TBSやテレビ東京、WOWOW、日本経済新聞といった国内主要メディアが連携し、2018年4月にサービスを開始した動画配信サービスです。

国内ドラマの配信数は、日本最大級!

さらにバラエティ、音楽、アニメのほかスポーツや報道・ドキュメンタリーなど、各局の強みを前面に出した配信ラインナップとなっています。

料金は定額で見放題の「Paraviベーシックプラン」が月額925円(税別)。他の動画配信サービスとほぼ同等の価格帯です。

登録後30日間の無料お試し期間があり、1本単位でレンタル購入できる有料コンテンツも豊富に揃っています。

Paravi(パラビ)に加入する

Paraviでしか観ることができない動画も♪

-邦画(日本国内映画)

テキストのコピーはできません。

Copyright© Qooqle , 2019 All Rights Reserved.