マエストロ!

投稿日:

映画/邦画『マエストロ!』の「あらすじ」「動画を無料視聴する方法」をご紹介していきます!

↓『マエストロ!』の動画を今すぐ無料で見たい方はこちらをクリック↓

映画/邦画『マエストロ!』を見る邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

マエストロ!を無料で視聴する!

映画/邦画『マエストロ!』とは?(あらすじ・見どころ)

映画(詳しくは邦画・日本国内映画)『マエストロ!』の作品概要邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

まずは、『マエストロ!』とはどんな作品なのか?、作品の概要をご紹介します。

あらすじ

松坂桃李演じる若きバイオリニストと、西田敏行扮する破天荒な謎の指揮者が真剣勝負

■見どころ
さそうあきらの漫画を原作に、名門オーケストラの再結成の裏で起きるドタバタ騒動を描く。
世界的指揮者の佐渡裕が指揮指導、ピアニストの辻井伸行がエンディング曲で参加。

■ストーリー
若きヴァイオリニストの香坂に、解散した名門オーケストラ再結成の話が舞い降りた。
だが、練習場は廃工場、集まったメンバーも負け組ばかり。
さらに、経歴も素性も不明の指揮者・天道が現われる。
天道の身勝手な指導に、香坂もほかの楽団員も猛反発するが…。

U-NEXTキャンペーン『マエストロ!』を無料で見る!>>邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

映画/邦画『マエストロ!』の作品紹介(キャスト・視聴率・OST・DVD情報)

映画(詳しくは邦画・日本国内映画)『マエストロ!』の作品紹介(キャスト・スタッフ・視聴率・相関図・OST・DVD情報)邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

ここからは、『マエストロ!』について、より詳しく作品紹介をしていきます。

映画/邦画『マエストロ!』の出演者(キャスト・スタッフ紹介)

映画/邦画『マエストロ!』のキャスト(出演者)やスタッフをご紹介します。

映画(詳しくは邦画・日本国内映画)『マエストロ!』の出演者(キャスト・スタッフ紹介)邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

映画(詳しくは邦画・日本国内映画)『マエストロ!』の出演者(キャスト・スタッフ紹介)邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

映画(詳しくは邦画・日本国内映画)『マエストロ!』の出演者(キャスト・スタッフ紹介)邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

キャスト
(出演者)
松坂桃李(役:香坂真一):バイオリニストでコンサートマスター
miwa(役:橘あまね):アマチュアフルート奏者
西田敏行(役:天道徹三郎):謎の指揮者
スタッフ 監督:小林聖太郎
プロデューサー:井出陽子
原作:さとうあきら

映画/邦画『マエストロ!』の相関図

映画/邦画『マエストロ!』の人間関係をまとめた相関図は見つかりませんでした。
(※公式サイトでも用意されていませんでした。)

映画/邦画『マエストロ!』の平均視聴率・最高視聴率

映画/邦画『マエストロ!』の視聴率を調べました。

平均視聴率 -%
最高視聴率 -%

映画/邦画『マエストロ!』のOST(オリジナルサウンドトラック・主題歌)

映画/邦画『マエストロ!』のOST(オリジナルサウンドトラック)の情報です。

映画(詳しくは邦画・日本国内映画)『マエストロ!』のOST(オリジナルサウンドトラック・主題歌)邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

曲順 タイトル
1 エンディングソング マエストロ

[OST]マエストロ! エンディングソング

映画/邦画『マエストロ!』のDVD&ブルーレイ発売情報

映画/邦画『マエストロ!』のDVD・ブルーレイ発売情報です。

映画(詳しくは邦画・日本国内映画)『マエストロ!』のDVD&ブルーレイ発売情報邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

[マエストロ! DVD/ブルーレイ]マエストロ! [DVD]

発売日2015/7/3
価格:¥2.871
時間:2 時間 9 分
ディスク枚数:1
形式:Color, Dolby, Widescreen
出演:松坂桃李/miwa/西田敏行/古舘寛治/大石吾朗
リージョン:リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。)
アスペクト比:1.78:1
メーカー:松竹

『マエストロ!』を見たい!と思っても、
DVD/ブルーレイはちょっと高い…(^_^;)

でもNEXTのキャンペーンなら『マエストロ!』を全話無料で視聴できる!!

31日間の無料トライアルで視聴する!

邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

↑『マエストロ!』をおトクに見るチャンス♪

映画/邦画『マエストロ!』の口コミ(感想レビュー・ネタバレ注意)

映画/邦画『マエストロ!』のネタバレ感想・レビュー・口コミ・クチコミ・評判)邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

映画/邦画『マエストロ!』の口コミ(感想レビュー※ネタバレを含むため注意)

ここでは、『マエストロ!』を見た人の口コミ(感想レビュー※ネタバレを含むため注意)をご紹介します。

年月経っても素晴らしい

区の映画フェスティバルで演奏会付上映会で拝見しました。上映前に管弦楽の演奏があり、映画にも出演した方(ほんの少しでしたが)も出ていて、映画の話を聞いた後上映と中々豪華でした。原作の取るべきところは取って残すところはきちんと残して素晴らしい映画で120分超なので、長いかと思いましたが、時間を感じませんでした。帰ってから原作を読み直しました。音楽好きにお勧めです。

音楽っていいね!と思えた

ここのレビューを読んでから見たので期待以上でした!西田さんはもちろんよかったけど、miwaちゃんもほんわかしててよかったです。miwaちゃんいないともっと暗~い映画になっちゃいますよね。
それにしても松坂桃李くんのバイオリン弾く姿はほんとサマになりますね!腕と指が長いからかなぁ?わ~ステキってなりました笑

素晴らしかった!

この映画を5回以上は観ました。
最初は松坂桃李くん目当てに観に行きました。
クラシックにも興味はなかったのですが、映画を観れば観るほどどんどん引き込まれて行きました。
後半はいつも泣いてばかりでしたが、音楽の素晴らしさが心に強く伝わって来る素敵な作品だと思いました。

[ネタバレ]何度でもみたくなります!

素敵な映画でした。
映画館でこんなに心の奥がぷるぷると震えるような感動を覚えたのは久しぶりです。
コンサートシーンでは迫力の演奏に見ているこっちも力が入りました。吹き替えなしだからこその俳優さんたちの緊迫の演技にドキドキと涙が止まりませんでした。
最後の未完成で香坂がオクターブを奏でる前の天道とのアイコンタクトには泣けました。
こちらのレビューで、「スポンサーが下りたのにどうなったんだ?」
という指摘が多く見られましたが、再び天道のもとに楽団員が戻って来てから、松重さんが古舘寛治さんやチェロの女性を連れて新たなスポンサー探しをしているシーンがありました。コンサートが行われたってことはスポンサー探しがうまくいったんだと想像できました。
その辺は多くを語らず、コンサートシーンで魅せるように作られているのだと感じました。
また観たいです!

久々素晴らしい映画をみた!

前半は笑い中心、後半は素晴らしい演奏とホロリと来るエピソードに爽やかな感動で締める。2時間の間に、無理なく豊富なエピソードが盛り込まれていて最後まで間延びさせない。特に強調したいのは、そうしたストーリーの良さ以上にいぶし銀のキャスト達、素晴らしい音楽。音楽の素晴らしさ、それを奏で感じる人の素晴らしさを十二分に味わえる傑作です!絶対スクリーンで見聞きして欲しいです。

やっぱりいい映画はいい!

普段はクラシックを聴かないヘタをすると寝てしまうかもしれない者ですが、最初のシーンからしっかり
引き込まれていきました。
松坂桃李君もさることながらやはり西田敏行さんの演技は素晴らしい・・
どの映画に出てもそれぞれの役をこなし、アドリブもありのようなユーモアもたっぷりで
楽しく観せてもらいました。
吹奏楽部の部員サンにぜひ観てもらいたい作品ですね。

演奏のシーンに震えました

1月31日公開の作品ですが、なかなか近くの劇場では
上映されず、ようやく2週間限定で公開されまして
鑑賞する機に恵まれました。
バイオリニスト香坂のもとに
オーケストラ再結成の誘いが舞い込みます。練習場は廃工場、
集まったメンバーたちはプロには思えないような二流、三流
仲間たちだった。
そこには指揮者、天道徹三郎の登場やアマチュアフルート奏者のあまねも加わり奇想天外にストーリーは進んで
いきます。
しかし、なかなかひとつにはまとまらず、
今日が最後やと思て弾いたこと
があるんか!愛がないねん。と声を荒げられるシーンもありましたが
あまねにひとり吹かせてみたり、バイオリンの村上さんに
駅のホームで弾かせてみたり、少しずつ自信を取り戻すように
仕向ける姿=音楽にかける情熱は素晴らしいのです。
最初は楽団たちに反感をかっていた天道ですが、少しずつ信頼を
回復するまでになっていきます。
そうして復活コンサートを企てた真相が徐々に明らかになってい
きます。
当日は観客はたった一人の車椅子の病床の妻だったんだから、
もう涙腺が緩みました。
ほんとに演奏のシーンでは力が入りましたし、
ベートーベンの「運命」シューベルトの「未完成」といえば
誰でも一度は聴いたことのある名曲でしょ。それを劇中で
演奏を聴けるんやから感動をしないわけはないです。
主演の松坂くんは当初は楽譜も読めずバイオリンを触るのも
初めてというから驚きましたが、猛練習の末にバイオリン奏者を
熱演されていましたね。
そうした役者さんの役にかける想い
がひしひしと伝わってきました。ほんとに演じる皆さんの真剣な
眼差しにはグッときました。それをアップで映す映像の良さにも
引かれましたが。
それに天道役の西田さんがはまり役なんです。
この指揮者になら誰でもついていきますよ。
ほんとにいい作品を見せていただきました。
私のように音楽に素養がなくても大丈夫。音楽の素晴らしさを
教えてくれました。音楽でひとつになるあの演奏シーンは
圧巻でした。
こんな映画ならまた見て見たい。そう思わせてくれます。
やっぱり邦画はよいなあ。
泣かせたり時には笑わせたり描かれ方も最高でしたよ。
エンディングではピアニスト辻井伸行さんによるオリジナル曲も
流れます。
ひとつでも外れると音楽にならない。改めてそれぞれの奏でる
音が響きあった時に初めて音楽になる、そう教えてくれたのが
今作品でした。
マエストロとはイタリア語で指揮者のことだと、あとで知りました。

書かずにはいられませんでした。

指揮者の情熱が考え方や全てを変えていきます。
これはただのオーケストラの作品ではなく全ての物事に当てはめる事が出来ます。
情熱を持った指導者の下で学ぶと
自分がいつもの力以上に発揮できたりする瞬間があります。
指揮者はえてして気持ち良く棒を振っている様に見えますが
全ての楽器や特性、個人が抱える悩みや葛藤を把握し、それらをキチンと吐き出させます。
世界的な指揮者、佐渡さんに教えられ西田敏行さんが1年8カ月も訓練した成果が映画を観れば伝わります。
ほとんど音楽シーンばかりなので
役者さんそれぞれの感情表現に圧倒され
最高に感動しました。

[ネタバレ] 人が人を大切に思う気持ちが美しい。

クラシックとオーケストラに興味がない者の興味を惹くには、素晴らしい作品だと思いました。
クラシックって、美しいっていう評価の感覚なんですね?
どこの世界にも、ぱっとしないプロより実力のあるアマはいますから、プロの方がアマより優れていて当然という感覚で観ない方が良いでしょう。
フランスに旅行した時、地下鉄の電車の中に、ヴァイオリンの流しがいたのを思い出しましたが、奏者の世界で食っていくのは、大変でしょうね。
この作品は、プロ意識の高い指揮者と、どことなくプロに甘んじている奏者(しかもプライドは高い。)のぶつかり合いが見所です。
天道が、車椅子の奥さんを連れてきた所は、泣けました。
天道が発した奥さんへの想いは、おちゃらける前の発言も後の発言も、両方本心だと思いグッと来ました。
人生を共にした愛する妻に、自分がまとめ上げたオーケストラで奏でるレクイエムを贈る。•••まじで粋だわ!
人の想いが美しいのであって、音楽はきれいとか、心地よいというのが自分の正直な感覚ですね。
あっ、音色が美しいとか、ハーモニーが美しいって事か?

少々盛りすぎだが感動的音楽映画!

脚本が抜群にいい。演出も見事であった。演奏シーンはラストのオーケストラは本物のプロなのは仕方ないが素晴らしい。どこまで彼らの生音なのかわからないが、フルートやバイオリンソロは本人のを使っているのか?少なくとも指の動きをマスターするだけでも相当な努力をしたのが伝わってくる。
話としてはナニワ節的な日本人独特の情緒あふれるもので先はわかるのであるが、個性派俳優を多数使いながら、それぞれの役者の持ち味を出すことに成功し、盛りだくさんなエピソードをうまく構成、編集している。非常にテクニックが光る作品。
主要な人物が何かしら過去にしろ現在にしろ重たい荷物を背負っている。それらの伏線の散らばめかたも自然で、しっかりラストに回収する。中間にも見せ場がたっぷり。あまねのフルート、村上の駅でのヴァイオリン。素晴らしいシーンがたくさんありました。破天荒な指揮者役の西田敏行は、これみてしまうと他の役者では考えられない。(下ネタアドリブはあったっぽい)
クラシックは好きですけど、楽器やオーケストラに詳しいわけでもないし、そこそこできる人とトップのプロとの音色の違いを判別する自信はないが、この映画はそういう層にもわかりやすく作ってある。クライマックスの最初のベートーヴェンの運命のシーンがもっとも好きだ。みんなの思いがつながり、いよいよ本番、ここで指揮者の天童は練習とは違うテンポで難易度を上げる。必死にくらいつくメンバー。彼らは指揮者に引っ張り出され、かつての自分のレベルを超えた演奏をし、自分で自分に驚く。奇跡の瞬間だ。この時のみなの表情がいい。これで映画は終わってもいいくらいの盛り上がり。
しかし、映画はまだシューベルトが残っているなあと思ったら、2段階クライマックスだった。謎の指揮者の本当の願い、松坂桃李演じるコンマスの父から聞かされていた奇跡の領域の話が結実する。うーん。出来すぎで盛りすぎだけど、感動してしまったな。お腹いっぱいです。

大いに楽しめました

メインキャストに味があり、面白かったです。
たくあんを食べる音で、きれいにフルートを吹ける口腔を持っているかが分かるというところ、なるほどと思いました。

映画/邦画『マエストロ!』のネタバレ感想(ツイッター・Twitter)

つづいて、『マエストロ!』を見た人の声や感想(※ネタバレを含むため注意)をご紹介します。

映画/邦画『マエストロ!』をテレビ放送を見逃した!できるだけ安く見たいあなたに!

女性解説
解説
『マエストロ!』の
「テレビ放送を見逃してしまった!」
「フル動画をできるだけ安く見たい!」

…そんなあなたは必見♪

U-NEXTのキャンペーンを使えば動画を無料視聴できる!!

31日間の無料トライアルで視聴する!

邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

↑『マエストロ!』をおトクに見る♪

  

-邦画(日本国内映画)

テキストのコピーはできません。

Copyright© クークル[Qooqle]人気おすすめ動画検索サイト , 2019 All Rights Reserved.