もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら

投稿日:

映画/邦画『もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら』の「あらすじ」「動画を無料視聴する方法」をご紹介していきます!

↓『もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら』の動画を今すぐ無料で見たい方はこちらをクリック↓

映画/邦画『もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら』を見る邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだらを無料で視聴する!

映画/邦画『もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら』とは?(あらすじ・見どころ)

映画(詳しくは邦画・日本国内映画)『もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら』の作品概要邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

まずは、『もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら』とはどんな作品なのか?、作品の概要をご紹介します。

あらすじ

新米マネージャーが弱小野球部を甲子園へ!?1冊の本から始まる青春ムービー

■見どころ
青春小説でありながらビジネス入門書として話題を呼んだベストセラー「もしドラ」を前田敦子主演で映画化。
経営学を用いて高校野球のセオリーを変革していくさまに注目。

■ストーリー
万年、予選1回戦負けの都立程久保高校野球部に、病気の親友に代わるマネージャーとして入部した川島みなみ。
ある日、彼女は勘違いから手にしたドラッカーの名著「マネジメント」に不思議と感動を覚え、その教えを部活動の中で実践していく。

U-NEXTキャンペーン『もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら』を無料で見る!>>邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

映画/邦画『もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら』の作品紹介(キャスト・視聴率・OST・DVD情報)

映画(詳しくは邦画・日本国内映画)『もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら』の作品紹介(キャスト・スタッフ・視聴率・相関図・OST・DVD情報)邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

ここからは、『もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら』について、より詳しく作品紹介をしていきます。

映画/邦画『もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら』の出演者(キャスト・スタッフ紹介)

映画/邦画『もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら』のキャスト(出演者)やスタッフをご紹介します。

映画(詳しくは邦画・日本国内映画)『もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら』の出演者(キャスト・スタッフ紹介)邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

キャスト
(出演者)
前田敦子/中田えな(幼少期役)(役:川島みなみ):本編の主人公。2年生の16歳。髪も瞳も濃い赤茶色で、ポニーテールが特徴の活発な少女で7月の半ばに、病気で入院した親友の宮田夕紀に頼まれ都立程久保高校の野球部マネージャーになる
川口春奈(役:宮田夕紀):みなみの同級生で、幼馴染の親友。ピンクベージュのロングヘアと黄緑色の瞳のおしとやかで優しい性格の少女。 趣味は手芸で、みなみとお揃いのマスコットを持っている。幼少時から病弱で、入退院を繰り返していたが、中学時代には小康を保つ。
峯岸みなみ(役:北条文乃):1年生で、夕紀の後輩。髪は青紫色のショートボブで、瞳も濃いめの青紫色である。テストでは常にトップの秀才。性格は内気で人見知りが激しく、頑固なところがある。「え、あ、はい」が口癖。
大泉洋(役:加地誠):20代後半の社会科教師で程高野球部の監督。自身も程高OBで、野球部で野手を務めていた。その後、一浪して東京大学へ進学。東大でも野球部に所属し、教員免許を取得した後、再び程高へ。赴任当初はコーチだったが、直後に監督が解任され、繰り上がりで監督に就任する。
瀬戸康史(役:浅野慶一郎):物語スタート時は2年生で、野球部エースのピッチャー。1年の頃からエースナンバーを付けるなど、ピッチャーとして非凡なものを持っているが、夏の予選で交代させられたのを不服に感じ、ふてくされて練習をサボっている。
池松壮亮(役:柏木次郎):2年生でキャッチャー。チームの中ではムードメーカーとしても活躍している。みなみや夕紀とは幼なじみ。
入江甚儀(役:星出純):2年生でキャプテン。名門私立の強豪校からスカウトされるほど才能溢れる選手だが、「そのまま野球を続けてプロに行くのは、リアリティを見出せなかった」と、スカウトを全て断って一般入試で程高に入学。
鈴木裕樹(役:二階正義):2年生で補欠。礼儀正しく、部員の中で事実上ただ一人、初めからみなみを歓迎している
矢野聖人(役:朽木 文明):2年生で外野手レギュラー。アニメでは坊主頭が特徴。100m走で現役陸上部員を負かすほどの俊足の持ち主。だが打撃のほうはからっきしで、守備もそれほど上手くない。
西井幸人(役:桜井祐之助):物語スタート時は1年生で内野手レギュラー。野球一家の三男坊で、小さい頃からずっと野球を続けてきた。そのため野球センスに非常に優れ、夏の大会では1年生ながらショートのレギュラーを獲得する。
松島庄汰(役:新見大輔):1年生で控え投手。程高野球部の2番手ピッチャー。祐之助と同学年だが主要部員の中では大柄で、部員一の大食い。
野村周平(役:田村春道):祐之助や大輔たちより1年後に入部した野球部の新入部員[。右投げ左打ち。守備力は有るものの打撃は不得手で、中学時代の3年間は一度もレギュラーに上がれなかったが、練習は大好きで休まなかったのが自慢。
西田尚美(役:宮田靖代):年齢不詳。夕紀の母親。娘の入院中はずっと付き添って世話をしている。
仲原舞(役:小島沙也香):みなみたちと同じ程高2年生で女子陸上部キャプテン。
スタッフ 監督:田中誠
脚本:岩崎夏海/田中誠
製作:森川真行
製作総指揮:秋元康/濱名一哉/吉田正樹
音楽:服部隆之
撮影:中山光一
編集:大永昌弘
製作会社:「もしドラ」製作委員会
配給:東宝

映画/邦画『もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら』の相関図

映画/邦画『もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら』の人間関係をまとめた相関図です。

映画(詳しくは邦画・日本国内映画)『もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら』の登場人物の人間関係・相関図・チャート邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

映画/邦画『もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら』の平均視聴率・最高視聴率

映画/邦画『もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら』の視聴率を調べました。

平均視聴率 -%
最高視聴率 -%

映画/邦画『もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら』のOST(オリジナルサウンドトラック・主題歌)

映画/邦画『もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら』のOST(オリジナルサウンドトラック)の情報です。

映画(詳しくは邦画・日本国内映画)『もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら』のOST(オリジナルサウンドトラック・主題歌)邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

曲順 タイトル
1 主題歌AKB48『Everyday、カチューシャ』

[OST]もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら主題歌AKB48『Everyday、カチューシャ』

映画/邦画『もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら』のDVD&ブルーレイ発売情報

映画/邦画『もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら』のDVD・ブルーレイ発売情報です。

映画(詳しくは邦画・日本国内映画)『もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら』のDVD&ブルーレイ発売情報邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

[もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら DVD/ブルーレイ]もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの「マネジメント」を読んだら(通常版) [DVD]

発売日:2011/12/21
価格:¥834
時間:2 時間 5 分
ディスク枚数:1
形式:Color, Dolby, Widescreen
言語:日本語
出演:前田敦子/瀬戸康史/峯岸みなみ/池松壮亮/川口春奈
リージョン:リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。)
アスペクト比:1.78:1
メーカー:キングレコード

『もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら』を見たい!と思っても、
DVD/ブルーレイはちょっと高い…(^_^;)

でもNEXTのキャンペーンなら『もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら』を全話無料で視聴できる!!

31日間の無料トライアルで視聴する!

邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

↑『もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら』をおトクに見るチャンス♪

映画/邦画『もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら』の口コミ(感想レビュー・ネタバレ注意)

映画/邦画『もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら』のネタバレ感想・レビュー・口コミ・クチコミ・評判)邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

映画/邦画『もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら』の口コミ(感想レビュー※ネタバレを含むため注意)

ここでは、『もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら』を見た人の口コミ(感想レビュー※ネタバレを含むため注意)をご紹介します。

なんか感動しちゃった

物語に感動しました。今見るとあっちゃん可愛いかったなあ。

敦子かわいい❤️

敦子がかわいい♪
みぃちゃんが敦子に向かって「みなみさん」って呼んでるのがちょっと違和感感じた(笑)
でも、面白かった☆
弱小高校があんな立派に。。。
泣けますね・・・。

中学生、高校生のみなさんに

中学生、高校生の皆さんに観てほしい映画です。
ドラッカーの要素はあまり含まれていないような気はしました。(特に後半は)
ですが、ドラッカーのマネジメントを読んだことで
こんなことが起きるんだ!!
起こせるんだ!!
というのはわかりやすいです。
(あくまでもフィクションですが)
わたしはとても感動して泣きました!
実際に、これからや現在、部活動に取り組んでいたりする中学生、高校生に観てもらえたら、
もしかしたらこの物語より素敵なことが現実に起きるかも!
なんて思っちゃいました(笑)
この映画を観て
わたしもなにかを変えてみようとか、マネジメントの本を読んでみようかな!とも思いました。
(原作未読です。)
わたしは卒業間近の高校3年生ですが、
高校生のうちにこの映画を観ることができてよかったなと思っています^^
オススメです!
長文・乱文失礼しました!

期待せずに見ると意外と良かった

ストーリーや演出等は良かったと思います。自分はアラサ―ですが、高校時代の部活を思い出しました。(剣道でしたが)
他の映画やドラマに比べれば、前田敦子も良かったと思いますし、部員の男子高校生は本当に良かったですね。

[ネタバレ]思わず泣きました

最初は「あっちゃんやん(笑)」って感じで期待せずに見てたのですが、次第に引き込まれて、みなみちゃんの真摯に「マネージャー」と向き合う姿に涙しました…。
各キャラクターの、高校生ならではの感情の波に翻弄される様子や、監督の大人ならではの臆病さ、それを超えてただひたすらに野球に向かっていく姿は、まさに「感動」だと思いました。
個人的に、みなみちゃんの、ゆうきちゃんが亡くなった時に「嘘でしょ?」と言いながらかすかに体を揺らす演技が、子供が駄々をこねているみたいで切なくてグッときました。
伏線の張り方とかも分かりやすくて良かったです。

最初はハズしたかと思いましたが、良かった

アニメ版の先にテレビで見ていた関係もあり、各キャラクターに対するイメージや演出に、最初の方は、「ちょっとハズしちゃったかなー?」と思っていましたが、見ているうちに、どんどん良くなってきて感動しました。
特に大泉洋さんの監督というのが、すっごい違和感あったのですが、その変わり具合やもう一人のマネージャーの存在感、ゆうきちゃんのお母さん等、周りの人達の言葉、そしてやはり人の真摯さに心を打たれる映画でした。
高校野球に置き換えていますが、これは立派なマネジメントの入門映画であると思います。

良かった

本に忠実に再現されており、泣けるシーンでは泣けました。楽しかったです。

[ネタバレ] 楽しめましたよ。^^

たまったポイントで気になっていたこの映画を見ました。
経済書の”マネジメント”と野球部のマネージャーの関わりは…?
ちょっと勉強にもなったし、感動もありで予想通り楽しんで見せていただきました。
若いっていいな。気力・体力・希望に満ちている。(希望はおばちゃんでも持てるが^^)
信頼できる人間関係があれば、いろんな力になる。
少しでも思いやりと理解があれば人は救われる、変われる。
そして、最も大事なことはコミニュケーションを持つこと、勇気をもって!!ですね。
勇気をもらいましたよ。おばちゃんでも。
ほんとにつまらないと思える映画は、”金返してくれ”って思えるけど、
この映画は良かったです。
最後の歌も良かった。大勢で歌う歌はパワーがあって良いですね。

変えることに勇気を与えてくれる映画

AKB48ヲタのレビューなので(あっちゃん推しではありませんが)あまりお役には立てないかもしれません。参考程度に読んでいただけたら光栄です。
アイドル映画・・・と言ったら、その通りかもしれません。確かにあっちゃん(前田敦子)のアップも多かったです。ただ、あっちゃんファン限定作品かと言うと、そうでは無いように思えました。
物語がしっかりとしていたことが一番大きかったと思います。しっかりとした内容だったと言えます。
この作品は、一生懸命頑張れば、弱小野球部も甲子園へ行ける・・・などと言った努力と根性ものの作品とは違うように感じました。この映画の最大のテーマは「気持ちを、そして心を変えることに勇気を持つ」ということだったと思います。
人間とは一度自分が決めたことを他人の意見によって変えることは、とても難しい生き物だと思います。「自分の決めたことは変えたくない」「人の決めたことに従いたく無い」そういう気持ちはどんな人も持っているはずです。
しかし、それによって新たな道が開かれる、新たな可能性が生まれるのであるとすれば、勇気を持って“変えてみる”ことも大切なのだと、この作品は伝えたかった、そのように感じました。
病気で入院中の親友の代わりに弱小野球部のマネージャーになるみなみ。彼女は企業ビジネスのマネジメントの本を参考に「マネジメントの定義」について学び、そこから得た知識を野球部に応用していく。それによって初戦敗退が確実だったチームは生まれ変わっていく・・・・・。
原作は未読ですが、なかなか面白い発想の物語だと思いました。これは野球に限ったことでは無く、どんなことにも当てはまるのではないかと思いました。大切なことは「変えてみること」それによって新たなものが生まれる。その「変えてみる」ことに勇気を持つこと。人はそんなに簡単に変われるものではありません。でも、いつまでも同じことを繰り返していても何も効果が無いときは、勇気を振り絞り「変えてみる」ことが新しいものを生み出すことがあるとこの映画は伝えたかった、そう思います。その“勇気”を高校野球という多少暑っ苦しいものに当てはめているところが、とても面白く、そして感動的なものになっていたと感じました。
あっちゃんの演技はハッキリ言ってまったく期待していなかったのですが、意外なほどと言っては失礼ですが良かったと思いました。もちろん「上手かった」とはお世辞にも言えませんが、日本の映画・ドラマ界の中には“女優”という看板を背負っていながら、この映画のあっちゃんより酷い演技をしている人は大勢います。彼女は自分の持っているものを精一杯出したのだと思います。この演技ならあっちゃんのファンの人以外でも十分鑑賞に耐えられるものだと言えます。とても良かったです。(この映画にあまり演技派の人が出演していなかった・・・という理由もありますが)
くさ~い場面も多かったですが、それほど気になりませんでした。とても爽やかで、気持ちが前向きになれる作品だと思います。野球のシーンはもう少しリアリティが欲しかったところもありますが、これは仕方ないかなと思いました。
物事が上手くいかなかったとき、道に迷ったとき、少し自分というものを変えてみる。そうすることで新たな何かが見つかることがある。そうこの映画から教えてもらったように感じました。人間「変える」ことに勇気を持つことが大切だと伝わって来ました。

[ネタバレ]これは、、、、、

非常にできた作品ではないでしょうか?
レビューを見る限り低い人が多いですが、ちゃんと原作本読んでますか?
映画に詰め込む内容は限られてますが、要所要所きちんと詰め込まれて非常に
見やすい見入りがきいた映画だと思います。
野球の映画としてはありきたりなシーンがあったりしますが、
正直いいます・・・・・・・
普通に感動します!
てか自分は高校野球をしていたんですが、
ほんとに気持ちが一緒というか場面場面で鳥肌めっちゃ立ちました!
これは見たほうがいいです!!

予想外の好作品!

レビューの平均点がやたら低いのが気にかかったが、劇場へ。主演の前田敦子さんに惚れてしまい、2時間楽しかったですね~。青春映画として傑作とはいえないけど、このての映画を作らせたら一流の田中誠監督の面目躍如ではないでしょうか。
おそらく酷評ともいえるレビューを書いている人は、映画に多くを求めすぎで、きっとAKB48嫌いなんだと推察する(笑)。
かくいう私も、しっかりオジサン族で、AKB48などと言われても、誰一人メンバーの名前さえ知らなかったし、無関心を決め込んでいた。くだらないと思っていた。しかし、前田敦子さんが実にしっかりした女優さんで、今後の伸びも期待できる一人だと、終映後に確信できたのはまったくの望外の幸。
都立の弱小校がいきなり甲子園に? はい、ありえない話だからこそ、小説になるし、映画にもなるのです。そのことをウタウダ言う人は、映画をみる資格はないのです。いろいろと粗っぽいところがあっても青春映画で楽しい、それもまた劇場映画の魅力の一つ。田中誠監督は、そのあたりをしっかりわかって、フィルムを回しているのだと思いますね。
前田敦子さんは可憐なアイドルでもあることからか、野球部のマネージャとして、泥まみれになるような場面はなかったけど、それは御愛嬌。あの可愛さは、オジサンをも溶かしてしまうのですね・・・。
さて、話をマジなほうへ。
岩崎夏海さんが書いた小説「もし高校野球の女子マネージャーが―」は、2010年3月に電通主催の「第1回サムライジャパン野球文学賞」でベストナイン(入賞)に入った作品。その後、ベストセラーになりました。今回、それが映画化されたわけですが、私は、この文学賞で特別賞に入った成田智志氏の小説「監獄ベースボール 知られざる北の野球史」が映画化されることを、切に願います。明治時代の監獄内で、大罪を犯したなうての極悪囚たちが、白球を追いかけていたなんて、すばらしい!! これこそ本当に夢のあるお話ですよ。この小説、実は、2011年2月に封切された映画「大地の詩 留岡幸助物語」でほんの一部使われているのですが、どうにかこの小説そのものが映画化されることを祈りたいもの。みなさんもぜひお読みいただければと思います。
いやー、それにしても! 前田敦子さんは衝撃的。彼女に多くのファンがいるってことが理解できるね。いい意味で彼女の成長を追いかけたいですね。
映画は、本当は4点だけど、前田さんの可愛さと、大泉洋の映画後半の演技力に敬意を表して5点にかさ上げします

映画/邦画『もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら』のネタバレ感想(ツイッター・Twitter)

つづいて、『もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら』を見た人の声や感想(※ネタバレを含むため注意)をご紹介します。

映画/邦画『もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら』をテレビ放送を見逃した!できるだけ安く見たいあなたに!

[st-kaiwa-kaisetsu-woman-no1]『もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら』の
「テレビ放送を見逃してしまった!」
「フル動画をできるだけ安く見たい!」

…そんなあなたは必見♪[/st-kaiwa-kaisetsu-woman-no1]

U-NEXTのキャンペーンを使えば動画を無料視聴できる!!

31日間の無料トライアルで視聴する!

邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

↑『もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら』をおトクに見る♪

  

-邦画(日本国内映画)

テキストのコピーはできません。

Copyright© Qooqle , 2019 All Rights Reserved.