繕い裁つ人

投稿日:

映画/邦画『繕い裁つ人』の「あらすじ」「動画を無料視聴する方法」をご紹介していきます!

↓『繕い裁つ人』の動画を今すぐ無料で見たい方はこちらをクリック↓

映画/邦画『繕い裁つ人』を見る邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

繕い裁つ人を無料で視聴する!

映画/邦画『繕い裁つ人』とは?(あらすじ・見どころ)

映画(詳しくは邦画・日本国内映画)『繕い裁つ人』の作品概要邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

映画(詳しくは邦画・日本国内映画)『繕い裁つ人』の出演者(キャスト・スタッフ紹介)邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

まずは、『繕い裁つ人』とはどんな作品なのか?、作品の概要をご紹介します。

あらすじ

大人女性から愛されている人気コミックを映画化!中谷美紀がこだわりの仕立て屋を熱演

■見どころ
「ぶどうのなみだ」の三島有紀子監督が、着ることと生きることをテーマに描く人間ドラマ。
神戸を中心に兵庫県でオールロケを行った情緒あふれる風景がドラマを盛り上げる。

■ストーリー
古びた洋風の一軒家で、仕立て屋の二代目として南洋裁店を開いている市江。
彼女の作る服はいつも即日完売となり、神戸のデパートに勤める藤井からブランド化を薦められる。
最初はまったく興味を示さなかった市江だったが、藤井の一言で心が揺れるようになる。

U-NEXTキャンペーン『繕い裁つ人』を無料で見る!>>邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

映画/邦画『繕い裁つ人』の特別動画(特典映像)

映画(詳しくは邦画・日本国内映画)『繕い裁つ人』の特別動画(特典映像)邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

ここからは、映画/邦画『繕い裁つ人』の特別動画(特典映像)をご紹介します。

[動画]映画『繕い裁つ人』特報映像

[動画]中谷美紀、三島監督が登場!映画「繕い裁つ人」大ヒット舞台あいさつ1

[動画]中谷美紀、“もぎり”初体験 映画『繕い裁つ人』大ヒット御礼舞台挨拶

[動画]中谷美紀、友人の特注衣装に感涙 映画「繕い裁つ人」完成披露試写会3

[動画]完成披露試写会 「繕い裁つ人」 完成披露 舞台挨拶/中編 ~中谷美紀、舞台上での涙の訳とは〆

[動画]中谷美紀『繕い裁つ人』舞台挨拶REPORT

[動画]中谷美紀、三浦貴大らキャストが登場!映画「繕い裁つ人」完成披露試写会1

[動画]中谷美紀が“チケットもぎり”初体験 映画「繕い裁つ人」大ヒット舞台あいさつ2

[st-kaiwa-kaisetsu-woman-no1]『繕い裁つ人』の
「テレビ放送を見逃してしまった!」
「フル動画をできるだけ安く見たい!」

…そんなあなたは必見♪[/st-kaiwa-kaisetsu-woman-no1]

U-NEXTのキャンペーンを使えば動画を無料視聴できる!!

31日間の無料トライアルで視聴する!

邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

↑『繕い裁つ人』をおトクに見る♪

映画/邦画『繕い裁つ人』の作品紹介(キャスト・視聴率・OST・DVD情報)

映画(詳しくは邦画・日本国内映画)『繕い裁つ人』の作品紹介(キャスト・スタッフ・視聴率・相関図・OST・DVD情報)邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

ここからは、『繕い裁つ人』について、より詳しく作品紹介をしていきます。

映画/邦画『繕い裁つ人』の出演者(キャスト・スタッフ紹介)

映画/邦画『繕い裁つ人』のキャスト(出演者)やスタッフをご紹介します。

映画(詳しくは邦画・日本国内映画)『繕い裁つ人』の出演者(キャスト・スタッフ紹介)邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

映画(詳しくは邦画・日本国内映画)『繕い裁つ人』の出演者(キャスト・スタッフ紹介)邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

映画(詳しくは邦画・日本国内映画)『繕い裁つ人』の出演者(キャスト・スタッフ紹介)邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

映画(詳しくは邦画・日本国内映画)『繕い裁つ人』の出演者(キャスト・スタッフ紹介)邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

映画(詳しくは邦画・日本国内映画)『繕い裁つ人』の出演者(キャスト・スタッフ紹介)邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

映画(詳しくは邦画・日本国内映画)『繕い裁つ人』の出演者(キャスト・スタッフ紹介)邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

キャスト
(出演者)
中谷美紀(役:南市江)本作の主人公。祖母の後を継ぎ南洋裁店の店主をしている。
三浦貴大(役:藤井)丸福百貨店の企画部に勤務。
片桐はいり(役:牧葵)
黒木華(役:葉子)
杉咲花(役:ゆき)
中尾ミエ(役:泉先生)
伊武雅刀(役:橋本)
余貴美子(役:南広江)
スタッフ 監督:三島有紀子
原作:池辺葵
音楽:小林洋平
脚本:林民夫
製作:横澤良雄、水口昌彦、依田巽、鈴木伸育、佐竹一美、山本正典

映画/邦画『繕い裁つ人』の相関図

映画/邦画『繕い裁つ人』の人間関係をまとめた相関図は見つかりませんでした。
(※公式サイトでも用意されていませんでした。)

映画/邦画『繕い裁つ人』の平均視聴率・最高視聴率

映画/邦画『繕い裁つ人』の視聴率を調べました。

最高視聴率 不明
平均視聴率 不明

映画/邦画『繕い裁つ人』のOST(オリジナルサウンドトラック・主題歌)

映画/邦画『繕い裁つ人』のOST(オリジナルサウンドトラック)の情報です。

映画(詳しくは邦画・日本国内映画)『繕い裁つ人』のOST(オリジナルサウンドトラック・主題歌)邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

繕い裁つ人のOST1 平井堅/切手のないおくりもの (映画 『繕い裁つ人』 主題歌)

映画/邦画『繕い裁つ人』のDVD&ブルーレイ発売情報

映画/邦画『繕い裁つ人』のDVD・ブルーレイ発売情報です。

映画(詳しくは邦画・日本国内映画)『繕い裁つ人』のDVD&ブルーレイ発売情報邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

[DVD/ブルーレイ]繕い裁つ人 DVD

出演:中谷美紀, 三浦貴大, 片桐はいり, 黒木華
監督:三島有紀子
形式:Color, Dolby
リージョンコード:リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
ディスク枚数:2
販売元:ポニーキャニオン
発売日 2015/09/02
時間:104 分
価格:3,736円
[特殊内容/特典]
【特典ディスク】
●メイキング映像 ●イベント集 ●番宣ミニ番組「ロケ地を巡る」ほか

[DVD/ブルーレイ]繕い裁つ人 ブルーレイ [Blu-ray]

出演:中谷美紀, 三浦貴大, 片桐はいり, 黒木華
監督:三島有紀子
形式:Color, Dolby, Widescreen
リージョンコード:リージョンフリー(全世界共通)
画面サイズ:1.78:1
ディスク枚数:2
販売元:ポニーキャニオン
発売日 2015/09/02
時間:104 分
価格:15,880円
[特殊内容/特典]
【特典ディスク】※特典DiscはDVDとなります
●メイキング映像 ●イベント集 ●番宣ミニ番組「ロケ地を巡る」ほか

『繕い裁つ人』を見たい!と思っても、
DVD/ブルーレイはちょっと高い…(^_^;)

でもNEXTのキャンペーンなら『繕い裁つ人』を全話無料で視聴できる!!

31日間の無料トライアルで視聴する!

邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

↑『繕い裁つ人』をおトクに見るチャンス♪

映画/邦画『繕い裁つ人』の口コミ(感想レビュー・ネタバレ注意)

映画/邦画『繕い裁つ人』のネタバレ感想・レビュー・口コミ・クチコミ・評判)邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

映画/邦画『繕い裁つ人』の口コミ(感想レビュー※ネタバレを含むため注意)

ここでは、『繕い裁つ人』を見た人の口コミ(感想レビュー※ネタバレを含むため注意)をご紹介します。

古きを大切に

ほっこりできる映画です。
古きを大切にすることと、守ること、新しいことをどう考えるか。
職人が少なくなってきている今、大切な何かを教えてもらった気がします。
いい映画でした。

伝統の継承と創作

年齢と共に変化した身体に合わせて服を直す。
もう着る人のいない服を、生きている人に合わせて直す。
先人の業を受け継ぐ、伝統を受け継ぐというのはそういう事だと感じました。
「繕う」というのは、比較的分かりやすい。祖母の残した服を、オリジナルを尊重し復元する事でしょう。
「裁つ」というのは、多重的だと感じます。
偉大な祖母=一代目の重い足枷を断つ。弱い自分の言い訳を断つ。
老紳士のスーツがどんどん縫い縮められ、縫い代が裁たれていく。少女の亡くなった母の服が、少女の為に切り裁たれていく。
繕っているだけでは、やがて時代に取り残されて消えてしまう。祖母の友人のテーラーのように。
今求められているものに合わせて裁って、今求められているものを作り出すために裁つ。
ラストシーン。作業着も軽やかな現代的なものとなり、自分のデザインした服になる生地を裁断する市江さん。作業テーブルも窓辺の一番いい場所に移して。
大きすぎる祖母の影から漸く脱し、自分の足でひかりの中に一歩踏み出した市江さんはとてもうつくしく、生き生きとしていました。
二代目になることから逃げたという市江さんの母(一代目の娘)が、母(一代目)や娘(二代目)の作った服でなくいつも着物を着ているのが象徴的だと思いました。
歌舞伎の世界でも、師匠になるのは父でなく祖父だと聞いたことがあります。親子は近すぎてだめなのでしょうか。
一代目が、回想シーンはおろか写真ですら出てこない演出がいいと思いました。顧客たちの声から、鑑賞者各々の心の中に立ち上がってくる絶対的理想者としてのシノさん像。
「桐島部活やめるってよ」のキリシマ君も同じ手法だったのを思い出しました。

原作とは少し違う世界観

原作より市江さんが、頑固ジジイでした。
建物など世界観が楽しめました。ソーイング好きにはたまらないです。

職人魂!

素敵な映画でした。
細かいとことは突っ込みどころ多々ありました(神戸なのに全く関西弁なしとか。。)
でも、職人の作る物へのこだわりをきちんとわかってくれる素敵なお客様との関係が、次世代にも引き継がれてるって今の時代には、なかなかないような。。。
羨ましいような。。。こんなお店にいつか自分も「一生に一着の一張羅」作ってもらいたいな。

価値観をテーマとした成長物語

浮世離れした洋裁店のかかわる人情物みたいな話かなあと思っていたのだけど、観てみるとしっかりとしたテーマのある成長物語だった。
先代の遺志を受け継ぎ一生ものの服を繕う事だけが二代目の在り方だと信じる洋裁店店主。自分の色を出すことこそが人生の意味であり、変化する事を恐れるのは逃げだとするデパートの男。お互いがお互いに影響を与え合い、物語が進むにつれて二人共の考え方に変化が訪れる。それをどちらが正しいというわけでもないスタンスで描いているこの物語は、強いテーマ性を保ちながらも多様性を認める優しさに満ちている。
現実世界だって間違いなく正しい、という考え方なんて皆無に近いわけで、それでもそんな中私たちは自分たちの価値観を正しいものとして押しつけあってしまう。そういう傲慢さを穏やかに気づかせてくれるこの作品は、十分に価値のある映画だと思う。
テーマ性が強い分退屈もせずに観られる。穏やかな映画なのでドラマチックなものを映画に求める人には向かないと思うけれど、人が生きていくにあたって気を付けなくてはいけないことを再確認させてくれる映画だと思う。

私のような物作り人間には最高の映画でした

着る物はその人の魂の表れだと思います。つっぱることもできるし、エレガントにもなれる。
50代の私には、ちまたに着れる服、着たい服が少なくなってきたと感じていましたので、ないなら創ろうホトトギス、とパターンと布とボタンを買ってきて作っています。
背中ファスナーは苦しくなってきたので、前ボタン、パフスリーブ、袖口は家事がしやすいゴム入り、フレアースカート。
映画の中で、玄関にあったトルソーが着ていた服は、私の作った夏のワンピースにそっくりですね。あれを着て外出していると、何人もの人に、すてきなワンピースですね、と声をかけられました。
ユニクロもヨーカドーも「出来合いのモノを買ったら、ひととこふたとこ手を加えるのがコツだった。ボタンを替えてみたり」(「苺をつぶしながら」159ページ 田辺聖子)刺繍したりしてね。
世界にたった一枚の服を着るのは至福です。
最近見送った母の着物を、着付け教室に通って着られるようになり、お出かけしています。日々の生活にはいろいろなことがありますが、絹に触れると心がふんわりとなり、癒されますね。
ちなみに私はエンディングボックスに、20代の頃に着たオーガンジーのバラ模様のワンピースを入れています。白い経帷子なんてまっぴら。
最近注目しているのは、「マッサン」のエリーさんの服。へちま襟、パフスリーブ、ハイウエストのAラインのスカート等々。でも、NHKに問い合わせたら、あれは撮影用で、ショップはないそうです。やっぱり、ないなら創ろうホトトギス、ですね。
亡くなった母もおしゃれな人で、30歳頃に着ていた55年前のコートを、ボタンの位置を直して、私が着ています。
だから、2015年の夜会のシーンでは、母を思い出して泣いてしましました。
良い映画でした。ありがとうございました。

手に職を持つ方に。

三島監督作品のしんとした雰囲気が好きです。
繕い裁つ人では、地元神戸が舞台ですので、楽しみにしていました。
結果、、、涙が止まりませんでした!
主人公の仕事に対する考え方・姿勢を感じるたびに、ポロポロと。
洋裁店2代目として仕事に対し、真摯に向き合う姿勢には感動です。
私自身が技術職をしながら、日々感じている事や、
今後必用となる事を教わりました。
中谷さんの演技が素晴らしかったせいもありますかね。
丁寧な日常生活を送る、
まったりとした時間の流れる優しい世界感が前面に出ています。
もし近所なら、お店にしょっちゅう行きますし、
市江さんとチーズケーキを食べにも行ってみたいなぁ。

静謐な密度に満ちた世界観

見終わって印象に残ったのは「音」だ。
足踏みミシンの音、大きな柱時計の振り子の音、本のページをめくる音、何かを始める前の深い吐息の音、布にハサミを入れる音、そしてなによりも衣擦れの音。
編集で足された効果音ではない。まさにその時にその音があることが、空間や時間や行動と同義に映像を構成している。劇伴を意識的に控え、撮る側が相当に意図して作らなければ、こういう音が満遍なく映像にからむことはない。
その音を聴くためにも、劇場で観る価値がある。
いわゆる大画面向きスペクタクルではまったくないけれど、この「音」を大切にした映画の初見が、普通の家庭環境でのDVDになるのは勿体ない。
とても丁寧に、きめ細かく構築された世界観。
主人公の心の変化、周りの人々の心の変化が、決して急ぐ事なく時間をかけて、時間とともに変化してゆく様子が、愛着と適度な客観で描かれて行く。その変化と時間の密度の流れに入り込める人にとっては、これは佳作と呼べる映画だ。
万人向きとは思わないけれど、こういう琴線に触れる作品が好きな人にはお勧めする。
是非、映画館で。

いいお仕事

南洋裁店いい仕事するなー。
そして素敵なお洋服たちだこと。
既製服しか着たことないのが残念。
中谷美紀さんはいい表情に素敵な立ち姿。
美しい映像を作り上げたこの映画製作者たちもいい仕事した。

暖かく見守る映画だった、104分

昔ながらのミシンを使いながら、家族のため、友人のため、お得意さんのために暖かく見守りながらも手つくり感たっぷりの洋服や、ドレスは、ほのぼのさと、大事な物が融合した物があり単なる服つくりの映画ではない、感動さが味わい、まさに暖かい映画だった、104分でした。

映画/邦画『繕い裁つ人』のネタバレ感想(ツイッター・Twitter)

つづいて、『繕い裁つ人』を見た人の声や感想(※ネタバレを含むため注意)をご紹介します。

映画/邦画『繕い裁つ人』をテレビ放送を見逃した!できるだけ安く見たいあなたに!

[st-kaiwa-kaisetsu-woman-no1]『繕い裁つ人』の
「テレビ放送を見逃してしまった!」
「フル動画をできるだけ安く見たい!」

…そんなあなたは必見♪[/st-kaiwa-kaisetsu-woman-no1]

U-NEXTのキャンペーンを使えば動画を無料視聴できる!!

31日間の無料トライアルで視聴する!

邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

↑『繕い裁つ人』をおトクに見る♪

  

こちらもおすすめ!Paravi(パラビ)

Paravi

国内テレビドラマが好きなら加入すべし!

Paravi(パラビ)は、TBSやテレビ東京、WOWOW、日本経済新聞といった国内主要メディアが連携し、2018年4月にサービスを開始した動画配信サービスです。

国内ドラマの配信数は、日本最大級!

さらにバラエティ、音楽、アニメのほかスポーツや報道・ドキュメンタリーなど、各局の強みを前面に出した配信ラインナップとなっています。

料金は定額で見放題の「Paraviベーシックプラン」が月額925円(税別)。他の動画配信サービスとほぼ同等の価格帯です。

登録後30日間の無料お試し期間があり、1本単位でレンタル購入できる有料コンテンツも豊富に揃っています。

Paravi(パラビ)に加入する

Paraviでしか観ることができない動画も♪

-邦画(日本国内映画)

テキストのコピーはできません。

Copyright© Qooqle , 2019 All Rights Reserved.