0.5ミリ

投稿日:2月 7, 2019 更新日:

映画『0.5ミリ』の「あらすじ」「動画を無料視聴する方法」をご紹介していきます!

↓『0.5ミリ』の動画を今すぐ無料で見たい方はこちらをクリック↓

映画『0.5ミリ』を見る邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

0.5ミリを無料で視聴する!

映画『0.5ミリ』とは?(あらすじ・見どころ)

映画(詳しくは邦画・日本国内映画)『0.5ミリ』の作品概要邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

映画(詳しくは邦画・日本国内映画)『0.5ミリ』の出演者(キャスト・スタッフ紹介)邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

まずは、映画『0.5ミリ』とはどんな作品なのか?、作品の概要をご紹介します。

あらすじ

「カケラ」の安藤桃子監督と実妹・安藤サクラ主演によるハードボイルド人情ドラマ

■見どころ
監督自身の介護経験から着想を得て書き下ろした小説を映画化。
柄本明、坂田利夫、草笛光子、津川雅彦ら、豪華演技派俳優が演じるユニークな登場人物が作品に深みを与える。

■ストーリー
介護ヘルパーの山岸サワはある日、派遣先の寝たきり老人・昭三の娘から「冥土の土産におじいちゃんと寝てくれない?」頼まれる。
結局サワは添い寝だけという条件で引き受けるのだが、当日ある事件に巻き込まれ、人生の崖っぷちに立たされる。

U-NEXTキャンペーン『0.5ミリ』を無料で見る!>>邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

映画『0.5ミリ』の特別動画(特典映像)

映画(詳しくは邦画・日本国内映画)『0.5ミリ』の特別動画(特典映像)邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

ここからは、映画『0.5ミリ』の特別動画(特典映像)をご紹介します。

[動画]『0.5ミリ』Q&A|0.5㎜ - Q&A

[0.5ミリ 動画]Short Cuts! - 0.5mm

[動画]安藤サクラ&安藤桃子/映画って凄いよね!!「0.5ミリ」 Q&A/後編

[動画]安藤サクラ『0.5ミリ』舞台挨拶レポート

https://www.youtube.com/watch?v=Z0ESzyTfX8gs

映画「0.5ミリ」インタビュー動画

[動画]安藤サクラ&安藤桃子/姉妹で登壇!!「0.5ミリ」 Q&A/前編

女性解説
解説
『0.5ミリ』の
「テレビ放送を見逃してしまった!」
「フル動画をできるだけ安く見たい!」

…そんなあなたは必見♪

U-NEXTのキャンペーンを使えば動画を無料視聴できる!!

31日間の無料トライアルで視聴する!

邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

↑『0.5ミリ』をおトクに見る♪

映画『0.5ミリ』の作品紹介(キャスト・視聴率・OST・DVD情報)

映画(詳しくは邦画・日本国内映画)『0.5ミリ』の作品紹介(キャスト・スタッフ・視聴率・相関図・OST・DVD情報)邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

ここからは、映画『0.5ミリ』について、より詳しく作品紹介をしていきます。

映画『0.5ミリ』の出演者(キャスト・スタッフ紹介)

映画『0.5ミリ』のキャスト(出演者)やスタッフをご紹介します。

映画(詳しくは邦画・日本国内映画)『0.5ミリ』の出演者(キャスト・スタッフ紹介)邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

映画(詳しくは邦画・日本国内映画)『0.5ミリ』の出演者(キャスト・スタッフ紹介)邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

映画(詳しくは邦画・日本国内映画)『0.5ミリ』の出演者(キャスト・スタッフ紹介)邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

キャスト
(出演者)
安藤サクラ(役:山岸サワ)介護ヘルパー。
織本順吉(役:片岡昭三)雪子の実父。
木内みどり(役:片岡雪子)専業主婦。
土屋希望(役:片岡マコト)雪子の子。
井上竜夫(役:康夫)お年寄り。カラオケ店に訪れる客。
東出昌大(役:カラオケ店員)カラオケ店の受付で働く。
ベンガル(役:斉藤末男)茂の知人。
角替和枝(役:浜田)介護ヘルパー。
浅田美代子(役:真壁久子)義男の姪。
坂田利夫(役:茂)お年寄り。
スタッフ 監督:安藤桃子
原作:安藤桃子
音楽:TaQ
脚本:安藤桃子

映画『0.5ミリ』の相関図

映画『0.5ミリ』の人間関係をまとめた相関図です。

映画(詳しくは邦画・日本国内映画)『0.5ミリ』の登場人物の人間関係・相関図・チャート邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

映画『0.5ミリ』の平均視聴率・最高視聴率

映画『0.5ミリ』の視聴率を調べました。

最高視聴率 不明
平均視聴率 不明

映画『0.5ミリ』のOST(オリジナルサウンドトラック・主題歌)

映画『0.5ミリ』のOST(オリジナルサウンドトラック)の発売情報はありませんでした。

映画(詳しくは邦画・日本国内映画)『0.5ミリ』のOST(オリジナルサウンドトラック・主題歌)邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

映画『0.5ミリ』のDVD&ブルーレイ発売情報

映画『0.5ミリ』のDVD・ブルーレイ発売情報です。

映画(詳しくは邦画・日本国内映画)『0.5ミリ』のDVD&ブルーレイ発売情報邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

[DVD/ブルーレイ]0.5ミリ [DVD]

出演:安藤サクラ
監督:安藤桃子
形式:Color, Dolby, Widescreen
言語:日本語
字幕:英語
リージョンコード:リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
ディスク枚数:1
販売元:TOEI COMPANY,LTD.(TOE)(D)
発売日 2015/05/13
時間:196 分
価格:3,136円

[DVD/ブルーレイ]0.5ミリ 特別限定版 [DVD]

出演:安藤サクラ
監督:安藤桃子
形式:Color, Dolby, Widescreen
言語:日本語
字幕:英語
リージョンコード:リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
ディスク枚数:2
販売元:TOEI COMPANY,LTD.(TOE)(D)
発売日 2015/05/13
時間:196 分
【スペック】
●映像特典
◆劇場版予告編
●ボーナスディスク
◆「メイキング・オブ・0.5ミリ」
撮影の舞台裏、本作への熱い想いが伝わるキャスト・スタッフのインタビューなど見どころ満載! (約57分)
◆「高知・東京 初日舞台挨拶」
本作のロケ地となった高知県と、東京での初日舞台挨拶の模様を収録。(約18分)
◆「フォトギャラリー」
オフショットも収録、本編とはまた違った魅力が全開!

『0.5ミリ』を見たい!と思っても、
DVD/ブルーレイはちょっと高い…(^_^;)

でもNEXTのキャンペーンなら『0.5ミリ』を全話無料で視聴できる!!

31日間の無料トライアルで視聴する!

邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

↑『0.5ミリ』をおトクに見るチャンス♪

映画『0.5ミリ』の感想レビュー

映画『0.5ミリ』のネタバレ感想・レビュー・口コミ・クチコミ・評判)邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

映画『0.5ミリ』の感想レビュー(ネタバレあり)

ここでは、『0.5ミリ』を見た人の感想レビュー(ネタバレ有り)をご紹介します。

私を変えた作品

細々とした構成の気づきや、それぞれの登場人物の視点などは鑑賞者が自分で気づくもので、人から教えられるものではないので書きません。
こんな事を書くと上から目線だし、映画を変に高尚なものにしてしまうので、それぞれが好きなタイミングでこの作品に触れてほしいなと思います。
私は誰に感情を揺さぶられたのだろうか分からなくなるほど、登場人物全員の目線でこの作品を何度も見返しました。
エンドロールまでの数分間は何度も心揺さぶられ、安藤サクラという文字で何度も鳥肌が立ちました。
本当に素敵な作品です。

現実的

どの場面の老人も現実的で哀愁があり引き込まれた。俳優陣もベテランで見ごたえがあり演技とは思えない迫力があった。主役の安藤さくらさんの演技は自然で本当にうまい役者さんですね。あの気張らない演技ができる役者さんはなかなかいない。この映画を観て将来の自分たちの生活を見るようで不安でもあり、どうにかしないといけないと考えを深くした。いい映画でした。

問答無用、狙った獲物は逃さない、笑えます

お年寄りの弱みをにぎってから、家にあがりこみ住み着く、
やっていることは、かなり性悪ですけど、
住み着いた家には、手の込んだ料理をしたり、お年寄りのお世話をしたりと、きっちりと一宿一飯の恩義を返していきます。
取り込まれた老人が次第に幸せになっていくので、
そこが見ていていい気分になりますね。
見どころとしては、
サワがお年寄りに応じて、ほしいものをあたえていく所
お年寄りにしかけるときの表情
介護するならこんな人に介護されたいと思うような介護っぷり
先生の妻に化粧をして車いすにのせるシーン、妻のひとこと、
一番よかった。
映画は3時間ほどあります。
ゆったりと過ぎる時間が描かれていて、見ていて、あぁ映画っていいなと思える映画です。
ところどころ波乱あり。ゆったりしていても飽きさせない。

安藤サクラの微妙な表情のずれが0.5ミリ

0.5ミリの距離感って何だろう。それは津川雅彦扮する老教師が言うように、一人一人の心の距離なのかもしれない。
一人一人の心の数ミリを微妙に調整しながら、押しかけヘルパーのサワは、老人の心を捉えていく。
元海軍兵の老教師は、戦争体験の激白をカセットテープに録音し、サワに渡す。
”人は生と死をかけて疾走し、意識の目覚め、究極の光明を見出すのかもしれない。そして守るべき愛を見出すのである”。
ある意味サワは、究極の光明と守るべき愛を無意識のうちに、老人に分け与えていたのかもしれない。
サワはうどんをすすりながらぼそっと言う。
”今日生まれる子も明日死ぬじいさんも、みんな一緒に生きているんだよ。お互いちょっとだけ目に見えない距離を歩み寄ってさ”。
彼女の押しかけヘルパーの相手は、すべて孤独な老人。介護も絡む。彼女は、栄養のバランスのとれた料理をもてなし、身の回りの世話をする。それは押しつけでもなく、突き放しているでもなく、程良い距離感を醸し出している。
監督・脚本の安藤モモ子は言う。サワ役の安藤さくらの姉である。
”(安藤サクラは)予想の範疇を遥かに超えるような表情を持っていて、ここから先もどれだけの顔があるんだろうと思うくらい未知の生き物なんです”。
安藤モモ子が、僕の安藤サクラ観を代弁してくれた。
彼女の微妙な表情のずれが、0.5ミリなのだ。わかるかわからいかの表情のずれを演技できる女優なのだ。
そのほんの数ミリの表情のずれで、不思議な時間、空間が創出される。そして、その予想の範疇を遥かに超えるような表情が、絶望の向うに見える愛らしきものさえも、僕らにちらつかせてくれるのだ。

嫌だけど逃げられない家族

僕が好きな安藤さくらが主演だし、妻も興味があるであろう介護の話しだっていうんで、妻を誘って見に行きました。
安藤さくらは相変わらず怪しくていい。
真面目な、でもちょっとサービス精神旺盛すぎる、ヘルパーのサワ(安藤サクラ)は、依頼されたとんでもない要求、老人に添い寝するというものを受け入れたがために、失職してしまいます。
しかし、天性の人を見抜く力と、料理の腕前で、老人たちに取り入り、押しかけヘルパーとなって食いつないでいきます。
冒頭からの描き方がブラックコメディの雰囲気で、安藤サクラの演技もそんな雰囲気を醸しているのですが、その実、コメディなどではなく、今日の家族の在り方を残酷に描いていました。
バラバラに切り離され絆が見えないかと思えば、その反面、血のつながりが異様なほどの抑圧感を与えているというあたり、一筋縄ではいかない家族とやらを見事に描いていました。
押しかけヘルパーという設定は、ちょうど筒井康隆の『家族八景』のテレパス七瀬が、家政婦という形で家庭に入り込み、家族の隙間を見つめるのと同じような役割を果たしているように思えました。
一見老人問題を描いているようで、実は老人問題なんかどうでもいいようです。
ラストのエピソードは冒頭のサワの失敗ともつながり、重苦しい中にも人間の解放を描いていました。
テーマも面白いが、何と言ってもこの作品の成功の原因は安藤サクラの演技でしょう。
家族総出で作ったようなこの作品、安藤サクラの魅力を引き出すように丁寧に作られているように思えました。

淀んだ場所に風を吹かす

介護の話だと聞き、どれだけ御涙頂戴なのだろうと思って見始めた。
その予想は完璧に裏切られた。
爽快。
介護問題や閉鎖的な家族問題に向き合うと
そこは風が吹かない淀んだ空気になる。
にっちもさっちもいかない。
そこを主人公のサワちゃんは、力づくで窓をこじ開け風を通す。
最後のマコトの部分が私には全部は読み取れず、ネットで色々な解釈を読み、なるほどと思った。
ここからはネタバレです。
赤いワンピースは汚された象徴。
近親相姦で産まれたマコトを同じ目に合わせたくないと、母親は男の子として育てた。
ここからは自由に女の子として生きていくという決意、今までの悔しさと恐怖。
女版虎さんと書いてるのも見たけど、まさに。
3時間超と詰め込まないで、シリーズにしてくれればいいのに、とも思った。
老人たちと出会って住むまでは「動」なのに
住み始めると、清々しいほど「静」で
あまりの緩急に驚く。
安藤サクラ。
大ファンになった。
魚を捌く手付き
股にスプレーを吹き付ける姿
多面的な要素を演じ、それが奇妙に映らない稀有な人。
いつか迎えるだろう介護をするとき、されるとき
サワちゃんのように寄り添いたいし寄り添われたいなと感じた。
私も風を吹かせたい。

お助け人 サワ!!

ファンタジー介護と言ってしまおう
生活のいとなみのなかで
介護が普通に溶け込んでいけるような
こんなやり方ができたらいいのに
当人の生活は生活のままに
実際に介護に向き合っている人に
見てもらいたいけど
実際自分が介護をしていた時に
こういうテーマの映画を見ようという気持ちには
なれなかったし
そんな時間もなかったし

自分の時間があるから
こうやって映画を見て、涙も出るけれど
人は
これまでの人生によって
今を生きているのだ
あたりまえだけど
老人にも、さまざまな想い出があって
大切な人がいて
人生を生きてきての今があるのだ
「ひと」なのだ、ということが
置き去りにされている介護が蔓延している現代
とはいえ、介護する側にも人生がある
さすらうように人と出会うサワの
ラストエピソードは、急きょ介護から離れて
初めのエピソードに出てきた老人の孫と再会
独りの老人によりそってきたサワは
ここでは老人を独りにして去っていく
ロードムービーのように終焉を迎える物語
この先、二人はどこへ行くのか
どう生きていくのか
流れる歌が
輝く海を背景にやさしく沁みる

さすらいのヘルパーさん

介護される側の年齢に近い自分 しんみりと ゲラゲラと観ました。
奥田ファミリーのもとで 豪華キャストが結集した映画です。
長い映画は苦手だけど 長さを感じさせない映画でした。
さすらいの押しかけヘルパーさん
すべて吉に転がれば いいですね。
現実は 世知辛く なかなかね……。

とても切ない物語

長い作品ではあるが、いくつかのエピソードから構成されているせいで、
まったく長さを感じない。
DVDや録画で観るなら、エピソードごとに区切って観てもいい。
最後はとても切なくなるが、ラストも良かった。

サクラ後ろ姿で

やっと鑑賞しました。
時間の長さはまったく感じません。
日本の来るべき老人大国を
厳しく描いています。
サクラは多分存在していませんね。
それにしても
サクラは後ろ姿で演技が出来る事を
証明しました。
特に、後期高齢者は全員見てください。
大いに参考になります。
必見。

映画『0.5ミリ』のネタバレ感想(ツイッター・Twitter)

ここでは、『0.5ミリ』を見た人の声や感想(ネタバレ有り)をご紹介します。

https://twitter.com/recbif_3399/status/1087887225856024576

映画『0.5ミリ』をテレビ放送を見逃した!できるだけ安く見たいあなたに!

女性解説
解説
『0.5ミリ』の
「テレビ放送を見逃してしまった!」
「フル動画をできるだけ安く見たい!」

…そんなあなたは必見♪

U-NEXTのキャンペーンを使えば動画を無料視聴できる!!

31日間の無料トライアルで視聴する!

邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

↑『0.5ミリ』をおトクに見る♪

  

-邦画(日本国内映画)

テキストのコピーはできません。

Copyright© クークル[Qooqle]人気おすすめ動画検索サイト , 2019 All Rights Reserved.