ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない

投稿日:2月 9, 2019 更新日:

邦画(国内映画)『ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない』の「あらすじ」「動画を無料視聴する方法」をご紹介していきます!

↓『ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない』の動画を今すぐ無料で見たい方はこちらをクリック↓

邦画(国内映画)『ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない』を見る邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれないを無料で視聴する!

邦画(国内映画)『ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない』とは?(あらすじ・見どころ)

映画(詳しくは邦画・日本国内映画)『ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない』の作品概要邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

まずは、邦画(国内映画)『ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない』とはどんな作品なのか?、作品の概要をご紹介します。

あらすじ

電子掲示板・2ちゃんねるから生まれた、元ニートによる笑って泣けるIT会社死闘編!

■見どころ
2ちゃんねるに2007年11月から12月にかけて書き込まれた投稿を映画化。
「キサラギ」の佐藤祐市監督が見せた、俳優たちのアンサンブルをまとめる手腕に注目。

■ストーリー
高校を中退後、8年間もニート生活を送っていたマ男は、母の死をきっかけに基本情報技術者の国家資格を習得し、小さなIT企業に入社する。
しかしそこは、無能な人間たちが巣食い、終わりの見えない過酷な仕事が続く「ブラック企業」だった!

ここがポイント!

脚本は、広告会社出身で、「ROOKIES」「南極大陸」などのヒット作を手掛けてきたドラマライター・いずみ吉絋。

U-NEXTキャンペーン『ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない』を無料で見る!>>邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

邦画(国内映画)『ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない』の作品紹介(キャスト・視聴率・OST・DVD情報)

映画(詳しくは邦画・日本国内映画)『ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない』の作品紹介(キャスト・スタッフ・視聴率・相関図・OST・DVD情報)邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

ここからは、邦画(国内映画)『ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない』について、より詳しく作品紹介をしていきます。

邦画(国内映画)『ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない』の出演者(キャスト・スタッフ紹介)

邦画(国内映画)『ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない』のキャスト(出演者)やスタッフをご紹介します。

映画(詳しくは邦画・日本国内映画)『ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない』の出演者(キャスト・スタッフ紹介)邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

キャスト
(出演者)
小池徹平(役:大根田真男(マ男))
マイコ(役:中西亜矢子)
池田鉄洋(役:井出哲也)
田中圭(役:木村翔太)
品川祐(役:阿部道大(リーダー))
中村靖日(役:上原学)
千葉雅子(役:瀬古さだ子)
須賀貴匡(役:柴田)
朝加真由美(役:大根田佳子)
北見敏之(役:大根田真次)
スタッフ 監督:佐藤祐市
原作:黒井勇人
音楽:菅野祐悟
脚本:いずみ吉紘

邦画(国内映画)『ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない』の相関図

邦画(国内映画)『ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない』の人間関係をまとめた相関図です。

映画(詳しくは邦画・日本国内映画)『ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない』の登場人物の人間関係・相関図・チャート邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

邦画(国内映画)『ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない』の平均視聴率・最高視聴率

邦画(国内映画)『ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない』の視聴率を調べました。

最高視聴率 不明
平均視聴率 不明

邦画(国内映画)『ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない』のOST(オリジナルサウンドトラック・主題歌)

邦画(国内映画)『ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない』のOST(オリジナルサウンドトラック)の情報です。

映画(詳しくは邦画・日本国内映画)『ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない』のOST(オリジナルサウンドトラック・主題歌)邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

曲順 タイトル
1 ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない
2 黒井システム株式会社
3 マ男
4 デスマ
5 三国志
6 不条理
7 藤田さん
8 ソルジャー
9 中西さん
10 殺される
11 ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない~崖っぷちver.~
12 ガチホモ
13 先行き不安
14 木村君
15 変わりたかった
16 もう後がない・・・
17 まだ俺は頑張れるかもしれない
18 これが生きてくってこと
19 ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない~Pf ver.~
20 おまけ

邦画(国内映画)『ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない』のDVD&ブルーレイ発売情報

邦画(国内映画)『ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない』のDVD・ブルーレイ発売情報です。

映画(詳しくは邦画・日本国内映画)『ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない』のDVD&ブルーレイ発売情報邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

[DVD/ブルーレイ]ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない [DVD]

出演:小池徹平, マイコ, 田中圭, 品川祐, 田辺誠一
監督:佐藤祐市
形式:Color, Dolby, Widescreen
言語:日本語
字幕:日本語
リージョンコード:リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
画面サイズ:1.78:1
ディスク枚数:2
販売元:アミューズソフトエンタテインメント
発売日 2010/04/23
時間:104 分
価格:3,380円
【特典映像】
●あなたにとって仕事とは?(キャストインタビュー)
●あなたにとって限界とは?(キャストインタビュー)
●監督&キャスト座談会
●メイキング・ドキュメンタリー
●ミニドラマ(社長と瀬古、木村と上原)
●初日舞台挨拶 ほか(予定)

『ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない』を見たい!と思っても、
DVD/ブルーレイはちょっと高い…(^_^;)

でもNEXTのキャンペーンなら『ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない』を全話無料で視聴できる!!

31日間の無料トライアルで視聴する!

邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

↑『ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない』をおトクに見るチャンス♪

邦画(国内映画)『ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない』の感想レビュー

邦画(国内映画)『ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない』のネタバレ感想・レビュー・口コミ・クチコミ・評判)邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

邦画(国内映画)『ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない』の感想レビュー(ネタバレあり)

ここでは、『ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない』を見た人の感想レビュー(ネタバレ有り)をご紹介します。

テレビで観た。

購入したDVD「キサラギ」の監督か、味のある作品だね。
平成不況前、職種は、一般事務を希望していたが、IT業界の底辺ではない会社に、大学も出ていない未経験で、システムエンジニアにされた経験があるが、どうしようもない日本の労働の現実だ。
今も、同じ会社に事務系の職種で、勤務しているが、上場企業でなくなり、ブラック企業の色は、残ったままだ。
「親のすねをかじらずマイペースで生きる」や「働きながらの勉強による復讐」の気持ちで、勤続年数を重ねていくうちに、過去に誇れる生き方があったことに気づき、今は、住宅ローンを組んでの引っ越しも考えていて、生涯現役を目指している。

働く人間の話

新卒でブラック企業に入ってしまった時に、冗談半分で借りたんですが、その当時は結局、辛すぎて見れませんでした。主人公が最後辞めてしまうのか、残るのか、その結末さえも見たくない、見る気力がなかったです。
ブラック企業を辞めてから数年が経ち、決して経済的に余裕のあるいい企業に入れてはいないですが、ようやく自分の中でケリがついたのか、今度こそ見ようと決意。
結論、面白かったです。
レビューにもあるように、ブラック企業に勤めている当事者にとっては、「ブラック企業を肯定してる映画じゃん」
「本当のブラック企業はこんなもんじゃねぇ」
って受け取ってしまうのも頷けます。
でも冷静に見ると、これってあくまで「仕事をする人間」の人間ドラマなんだなと思いました。
自己実現、葛藤、自分との戦い、そういう部分がテーマなので、リアルに戦わなきゃいけない相手(ブラック企業)が存在している、ブラック企業勤めの方に対しては、確かに反感を買ってしまいますね。
私も当時見なくてよかったです…。
本題ですが、とにかく、泣いてしまいました。通しで一回しか見ていないのですが、5箇所ぐらい隙を衝かれる箇所があり、涙腺がゆるみっぱなし。
序盤の観客へのストレス(いい意味で)がハンパなく、進むにつれてそれがほんの少し昇華されると思いきや、また地獄がはじまる。1歩進んで10歩下がるレベルの地獄が繰り返されていきます。
でも、それでも諦めないマ男。自分に勝ちたいマ男。そんな姿に、気付いたら心を奪われてしまいました。
そして、それがクライマックスで爆発します。マ男(小池徹平)が爆発することで、観客の溜まりに溜まったストレスも発散されます。この構成はすごいなぁと思います。
しかもそのあと、それをきっかけに、会社の人たちがマ男を認めはじめる。
マ男が爆発直前での、会社の人たちの行動が、全部序盤のブーメランになっていて痛快でした。
爆発後の会社の人たちの変わりようは、若干「都合良すぎない?」とも思いますが、それでもマ男の目的はあくまで「会社の人をひれ伏せる」ためではなく、「まともになりたい」という部分から芯がぶれないので、まともになるために納期に間に合わせたい、という願望に、会社の人たちが寄り添ってくれるからこそ、なんとなくハッピーエンド感があるんですね。
さて、ブラック企業ってなんですかね。
誰が決めるんですかね。
このあたりのラインが難しいからこそ、社会問題になってるんじゃないかと思いました。
「辛かったら辞めていいんだよ」とマ男に言ったお父さんのセリフこそが、無責任ながらも本当のブラック企業に勤めてる人に届いて欲しいなと思います。
そんなことを考えさせられる、個人的にはすごく好きな作品になりました。

めちゃ楽しかった

バブル時代の元PGです。
オタク気質、デスマ、システムエラー
どれをとっても当時を思いだし、楽しかった!
さほどブラック会社に思えなかったな、こんなもんなんじゃないのって思った。仕事がない時は死ぬほど暇になるし。
ストーリーについては、主人公のシリアスな面を小池さんが上手に演技し、飽きることなく観れたので、ほんといい映画じゃないでしょうか。
まおとこ君にありがとうといいたい。

面白過ぎる!

結構頻繁に映画は見ている方ですが、
最近見たものではあまり印象に残るものがなく
レビューを書く気になれないまま過ごしていたけど、
久しぶりに感想を書きたいと思う映画に出会えました。
笑い、泣き…色々考えさせられました。
楽な仕事はないので、
みんなそれぞれ大変な思いをして働いていると思うけど
あんな風に自分をソルジャーに例えて
三国志妄想(?)をするのも楽しいかも。(笑)
楽しいだけの作品ではなく、
母親の事は結構衝撃的だったし(父親の事も)
ああ、こういう人、いるいる!って思う同僚や、
知らない人には「何言ってんだ?」と思うような
ガンダムの台詞にもウケまくり、
見てて非常に楽しかったです。
徹平君の奮闘は見事だったし、
田辺さんみたいな人がいたら、
私だって頑張れます。(笑)
少々大袈裟気味だったけど、
池田さんも品川さんも面白くて良かったし
マイコさんも良い味を出していました。
「何のために働いているんだ」って台詞が
頭の中でグルグルします。
劣悪な所だと思う職場ほど、
大きな変化や成長が期待できるのかも。
どんな職場にも変な人や嫌な人はいるけど(断定)
素敵な人もいる…と、思いたいです。(希望)
特にあの人の良さ気な社長の最後のとぼけた台詞には
爆笑でした。
見終わって、私も頑張れるかも~と思えた作品でした。

高校中退・ニート・ひきこもりにオススメ

自分自身もいじめられた経験があり、ニート経験もある。
しかも高校中退ときてこの主人公とドンピシャ。そんな映画まずないから
一番この主人公に寄り添えた感じがした。
マ男君は自分を変えたかったといっていたが
自分も自分を変えたくて新聞配達をしています。
でも最近はそれも限界にきてて、そんな時にこの映画に出会えてよかった。
最後のブラック会社に勤めてるんだが、頑張ろうと思うってセリフは
励みになる。
自分だけの為に生きるって難しい。
でも藤田さんみたいな方がそばにいて理解してくれるだけで
僕もそんな上司や同僚がいればなぁ…ってこの映画をみて想った。
世の中同じ経験をする人少ないけど、
そんな経験を自分の強みに出来る人ってすごいと想う。
彼自身高校中退で中卒という学歴コンプレックスをかかえながらも
会社に再び戻った点はハートが強いと感じた。
あまり評判のよくない映画だが、タイトルに騙されず
素直に見て楽しめる映画です。

ブラック会社というものを楽しめる作品

本作の業者はプログラマだが、自分の勤めている会社とダブらせたりして、結構楽しめて観た。初々しい印象を持つ徹平君のキャスティングはGOOD!である。

まさか泣くとは思わなかった!

だって、コメディーっていうから…。
でも、いろんな意味でギリギリ感をもって働いている人だったら誰でも、見入ってしまうと思う。
舞台になっている会社は小さいけど、どの会社にも「なんか、あの人に似ているような…」な人がいそうですね。困ったちゃんのオンパレードのなかで、もまれていく主人公の顔が、だんだん変わって行くのが、とてもよかったです。ヤマ場の主人公のタンカも「よっしゃ!」てな気分になりました。
そんなこんなで、思わず、頑張れ~頑張れ~と応援しながらみてしまう映画です。
天国のお母さん、ラストのセリフを聞いて、微笑んでいると思う。「あ~、この子は、もういろいろあっても社会のなかでやっていけるわ」って。
そんな母ゴコロをもって、☆5プラスお気に入り映画入りです。よかったら、ぜひぜひ観て下さい!

スカッとする映画

主人公、マ男は応援してやりたくなる感じで素直に共感できた。マ男を取り巻く周りのキャラも変わり者ばかりで可笑しい。中だるみもせず、最後はジーンときました。スカッとする映画。また視たいな。

自分が変わりたいから仕事をする。

少しずつ更新されるweb漫画を楽しみながら、ツタヤの100円セールでレンタル。
脚本が原作に着実で嬉しい。
ストーリーの進め方もテンポが良くて、最後まで飽きることなく観ることができます。
主人公マ男が小池徹平くんか・・・イケメソすぎるやろ!!
と思っていたが、観進めるうちに、おおお・・・小池徹平くんはマ男だわ。不思議。
藤田さん、良い人だー。惚れるよね。
マ男の入社は、藤田さんにとっても人生の分岐点となる。
人間の相互作用ってすごいですね。
マ男の
「あんたら学歴もキャリアもあるんだろ!
なのに、なんでちゃんと仕事ができねえんだよ!!
なんで仕事を人に押し付けたり逃げたりするんだよ!!
俺は中卒だけど、俺なりにがんばってきたんだ!!」
だったかな?セリフが良かった。
社会人でも、いじめがはびこっている職場、ありますもんね。
(この黒田株式会社はすごすぎるけど・・・)
頑張れる仕事があるだけ華なんだろうな。
自分を好きになれるよう、仕事をがんばろうと思う。

小池、品川、田辺、池田、マイコ、レオ

DVDにて鑑賞しました。
ストーリーとしては
小池徹平演じるマ男が、母の死をきっかけにニートを止めて
働くことを決意するもなかなか雇ってもらえず。
ようやく入れた会社が森本レオが社長をしているブラック会社。
一緒に働く同僚がどうしようもないやつらばかり。
品川演じる鬼リーダー
池田演じる「井出」
マイコ演じる派遣社員「中西」さん
千葉雅子演じる「瀬古」
中村靖日演じる「上原」
そして‥‥‥田辺誠一演じる「藤田」さん!!
誰がどういうキャラであるかまで説明したいですが
あえて多くは書きません。ぜひ、見てください!
際立ったキャラだけど、いるいるそんなやつ!って思う人がいると思います。
私は感情移入しまくりでした。
見終わった後、何か、仕事に対する考えが少しは変わっていると思います。
俺なんかまだまだマシだ。
もっと頑張らなきゃ。
そして、「藤田」さんみたいなりてぇな!
と俺は思いました。
ぜひ皆さんも
頑張りすぎずに
この映画でも見て一息ついてください!!

邦画(国内映画)『ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない』のネタバレ感想(ツイッター・Twitter)

ここでは、『ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない』を見た人の声や感想(ネタバレ有り)をご紹介します。

邦画(国内映画)『ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない』をテレビ放送を見逃した!できるだけ安く見たいあなたに!

女性解説
解説
『ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない』の
「テレビ放送を見逃してしまった!」
「フル動画をできるだけ安く見たい!」

…そんなあなたは必見♪

U-NEXTのキャンペーンを使えば動画を無料視聴できる!!

31日間の無料トライアルで視聴する!

邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

↑『ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない』をおトクに見る♪

  

-邦画(日本国内映画)

テキストのコピーはできません。

Copyright© クークル[Qooqle]人気おすすめ動画検索サイト , 2019 All Rights Reserved.