舟を編む

投稿日:2月 8, 2019 更新日:

映画『舟を編む』の「あらすじ」「動画を無料視聴する方法」をご紹介していきます!

↓『舟を編む』の動画を今すぐ無料で見たい方はこちらをクリック↓

映画『舟を編む』を見る邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

舟を編むを無料で視聴する!

映画『舟を編む』とは?(あらすじ・見どころ)

映画(詳しくは邦画・日本国内映画)『舟を編む』の作品概要邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

まずは、映画『舟を編む』とはどんな作品なのか?、作品の概要をご紹介します。

あらすじ

映画賞を総なめ!本屋大賞第1位に輝いた三浦しをんによるベストセラー小説の映画化

■見どころ
松田龍平が超マジメな辞書編集者を演じ、愚直に辞書の編纂に挑む姿を描く。
宮﨑あおいが演じる、恋人から妻になる女性との不器用なやりとりが微笑ましく、心が和む。

■ストーリー
出版社の営業部で変人扱いされていた馬締は、人とは違う視点で言葉を捉える能力を買われ、辞書編集部にスカウトされる。
そこで新しい辞書「大渡海」の編纂に関わることになり、辞書作りに没頭する。
その一方で、大家の娘・香具矢と出会い、彼女に恋をする。

U-NEXTキャンペーン『舟を編む』を無料で見る!>>邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

映画『舟を編む』の特別動画(特典映像)

映画(詳しくは邦画・日本国内映画)『舟を編む』の特別動画(特典映像)邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

ここからは、映画『舟を編む』の特別動画(特典映像)をご紹介します。

[動画]『舟を編む』松田龍平×オダギリジョー/ティーチインイベント

[動画]映画『舟を編む』「辞書が出来るまで」の特別映像

女性解説
解説
『舟を編む』の
「テレビ放送を見逃してしまった!」
「フル動画をできるだけ安く見たい!」

…そんなあなたは必見♪

U-NEXTのキャンペーンを使えば動画を無料視聴できる!!

31日間の無料トライアルで視聴する!

邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

↑『舟を編む』をおトクに見る♪

映画『舟を編む』の作品紹介(キャスト・視聴率・OST・DVD情報)

映画(詳しくは邦画・日本国内映画)『舟を編む』の作品紹介(キャスト・スタッフ・視聴率・相関図・OST・DVD情報)邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

ここからは、映画『舟を編む』について、より詳しく作品紹介をしていきます。

映画『舟を編む』の出演者(キャスト・スタッフ紹介)

映画『舟を編む』のキャスト(出演者)やスタッフをご紹介します。

映画(詳しくは邦画・日本国内映画)『舟を編む』の出演者(キャスト・スタッフ紹介)邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

キャスト
(出演者)
松田龍平(役:馬締光也):主人公。玄武書房辞書編集部員。27歳。大学院で言語学を専攻したのち入社して3年目。
宮崎あおい(役:林香具矢):馬締が暮らす下宿「早雲荘」の大家の孫娘で、板前見習い。板前の修行のためにかつて交際相手と別れた経験を持つ。馬締のよき理解者であり、その後結婚する。
オダギリジョー(役:西岡正志):玄武書房辞書編集部員。27歳。入社5年目。
黒木華(役:岸辺みどり):玄武書房辞書編集部員。
渡辺美佐子(役:タケ):馬締の暮らす下宿「早雲荘」の大家であるおばあさん。
池脇千鶴(役:三好麗美):西岡の交際相手。
鶴見辰吾(役:村越局長):
宇野祥平(役:宮本慎一郎):あけぼの製紙の営業部員。
小林薫(役:荒木公平):玄武書房辞書編集部のベテラン。
伊佐山ひろ子(役:佐々木薫):玄武書房辞書編集部の契約社員。
スタッフ 監督:石井裕也
脚本:渡辺謙作
プロデューサー:土井智生、五箇公貴、池田史嗣、岩浪泰幸
撮影:藤澤順一
照明:長田達也
美術:原田満生
録音:加藤大和
編集:普嶋信一
音楽:渡邊崇
衣装:宮本まさ江
ヘアメイク:豊川京子
特殊メイク:M.E.U(中田彰輝、飯田文江)
音響効果:カモメファン(小島彩)
「大渡海」関連 辞書制作指導:瀧本多加志(三省堂)、萩原好夫(三省堂)、山本康一(三省堂)、平木靖成(岩波書店)、桑島寛(三省堂印刷)
デザイン:井上嗣也
ポスタースタイリング:伊賀大介
ポスタースチール:新津保建秀
ポスターヘアメイク:加茂克也
現像:IMAGICA
スタジオ:日活撮影所
製作:「舟を編む」製作委員会(TX、松竹、アスミック・エース、電通、光文社、ABC、TVO、ytv、朝日新聞社、フィルムメイカーズ、リトルモア)
製作プロダクション:リトルモア、フィルムメイカーズ
特別協力:三省堂、三省堂印刷
配給:松竹、アスミック・エース

映画『舟を編む』の相関図

映画『舟を編む』の人間関係をまとめた相関図です。

映画(詳しくは邦画・日本国内映画)『舟を編む』の登場人物の人間関係・相関図・チャート邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

映画『舟を編む』の平均視聴率・最高視聴率

映画『舟を編む』の視聴率を調べました。

平均視聴率 -%
最高視聴率 -%

映画『舟を編む』のOST(オリジナルサウンドトラック・主題歌)

映画『舟を編む』のOST(オリジナルサウンドトラック)の情報です。

映画(詳しくは邦画・日本国内映画)『舟を編む』のOST(オリジナルサウンドトラック・主題歌)邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

映画(詳しくは邦画・日本国内映画)『舟を編む』のOST(オリジナルサウンドトラック・主題歌)邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

[舟を編む OST]ディスク

曲順 タイトル
1 端書き
2 早雲荘の夜
3 大渡海と青春
4 尚書き:軽快
5 はじめてのデート
6 逡巡
7 馬締夫妻の朝食
8 袖カバーの継承
9 馬締光也のテーマ
10 月夜の香具矢
11 大渡海編纂行進曲
12
13 走る走る馬締
14 恋の語釈
15 男二人の帰り道
16 新人・岸辺みどり
17 尚書き:温度
18 四校の校正
19 尚書き:行間
20 辞書作りのテーマ
21 パーティー
22 それから

映画『舟を編む』のDVD&ブルーレイ発売情報

映画『舟を編む』のDVD・ブルーレイ発売情報です。

映画(詳しくは邦画・日本国内映画)『舟を編む』のDVD&ブルーレイ発売情報邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

[舟を編む DVD/ブルーレイ]DVD-BOX(豪華版)

価格(税込):6,264円
発売日:2013年11月8日
収録内容:本編ディスク、特典ディスク
特典内容:
劇中の辞書「大渡海」をイメージした外箱仕様
<映像特典>
本編ディスク:
予告編集 (特報・予告・TVスポット)
特典ディスク:
メイキング (横浜聡子監督撮影)
イベント映像集 (完成披露試写会、初日舞台挨拶、公開直前イベントなど)
辞書ができるまでの特別映像
<封入特典>
ブックレット (原作者三浦しをん書き下ろしの短編小説)
アイテム名:DVD
収録時間:02:13:00
字幕:聴覚障がい者用日本語字幕
音声:1:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/日本語2:ドルビーデジタル/ステレオ/日本語3:ドルビーデジタル/ステレオ/日本語/(視覚障がい者用音声ガイド)
リージョンコード:2
色彩:カラー
映像方式:16:9/LB
面層:2枚組
メーカー:松竹
商品番号:DB726
制作年(発売年):2013
制作国:日本

[舟を編む DVD/ブルーレイ]DVD-BOX(通常版)

価格(税込):4,104円
発売日:2013年11月8日
特典内容:
<映像特典>
予告編集 (特報・予告・TVスポット)
アイテム名:DVD
収録時間:02:13:00
字幕:聴覚障がい者用日本語字幕
音声:1:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/日本語2:ドルビーデジタル/ステレオ/日本語3:ドルビーデジタル/ステレオ/日本語/(視覚障がい者用音声ガイド)
色彩:カラー
映像方式:16:9/LB
面層:片面2層
メーカー:SHV松竹ホームビデオ
商品番号:DB727
制作年(発売年):2013
制作国:日本

[舟を編む DVD/ブルーレイ]BD-BOX(豪華版)

価格(税込):7,236円
発売日:2013年11月8日
収録内容:本編ディスク (Blu-ray)、特典ディスク (DVD)
特典内容:
劇中の辞書「大渡海」をイメージした外箱仕様
<映像特典>
本編ディスク:
予告編集 (特報・予告・TVスポット)
特典ディスク:
メイキング (横浜聡子監督撮影)
イベント映像集 (完成披露試写会、初日舞台挨拶、公開直前イベントなど)
辞書ができるまでの特別映像
<封入特典>
ブックレット (原作者三浦しをん書き下ろしの短編小説)
アイテム名:ブルーレイ
形式:ブルーレイディスク
収録時間:02:13:00
字幕:聴覚障がい者用日本語字幕
音声:1:DTS-HD Master Audio/5.1chサラウンド/日本語2:DTS-HD Master Audio/ステレオ/日本語3:ドルビーデジタル/ステレオ/日本語/(視覚障がい者用音声ガイド)
色彩:カラー
映像方式:16:9/LB
面層:2枚組
メーカー:SHV松竹ホームビデオ
商品番号:SHBR196
制作年(発売年):2013
制作国:日本

[舟を編む DVD/ブルーレイ]BD-BOX(通常版)

価格(税込):5,076円
発売日:2013年11月8日
特典内容:
<映像特典>
予告編集 (特報・予告・TVスポット)
アイテム名:ブルーレイ
形式:ブルーレイディスク
収録時間:02:13:00
字幕:聴覚障がい者用日本語字幕
音声:1:DTS-HD Master Audio/5.1chサラウンド/日本語2:DTS-HD Master Audio/ステレオ/日本語3:ドルビーデジタル/ステレオ/日本語/(視覚障がい者用音声ガイド)
色彩:カラー
映像方式:16:9/LB
面層:2層(50GB)
メーカー:SHV松竹ホームビデオ
商品番号:SHBR197
制作年(発売年):2013
制作国:日本

『舟を編む』を見たい!と思っても、
DVD/ブルーレイはちょっと高い…(^_^;)

でもNEXTのキャンペーンなら『舟を編む』を全話無料で視聴できる!!

31日間の無料トライアルで視聴する!

邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

↑『舟を編む』をおトクに見るチャンス♪

映画『舟を編む』の感想レビュー

映画『舟を編む』のネタバレ感想・レビュー・口コミ・クチコミ・評判)邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

映画『舟を編む』の感想レビュー(ネタバレあり)

ここでは、『舟を編む』を見た人の感想レビュー(ネタバレ有り)をご紹介します。

名作

好きです。
多分この先何度も繰り返し観ます。
初恋の定義が可愛くて笑いました。

現実はこんなふうであってほしい

いつも同じこと書きますが、原作ではこうだったのに、と思いながら見るのは、最初から映画独自の世界を楽しまないぞと決意してから見るようなものです。
私は単独の作品としてたっぷりと楽しめました。
ただ、本オタク・辞書オタクの私にはめっちゃわかる話が満載ですが、この映画が興行的にも大成功したと知って、そんなに本好きでも辞書好きでもない人たちは、この思いっきり地味~な映画のどこに魅力を感じたのかな、とずっと考えながら見続けていました。
たぶん、マジメくんとカグヤさんの、めっちゃくちゃ不器用だけどすっごく誠実な恋愛物語、っていうところが共感を呼んだんでしょうね。
ただ、こういうタイプの不器用人間って、べつに自己中で他人を馬鹿にしてるからとかじゃなくて、必死で他人のこと考えてるつもりなんだけど、ぜんぜんわかってなくて結果的に他人と衝突する、ということが多いと思うので、実際に辞書編纂に一生を捧げるような人をダンナに持ったらこんな綺麗事じゃぁ済まないだろうな、と思いながら見てました。
実際の辞書編纂のプロセスの苦労は、映画ではメディアの性質上、どうしても描き方が希薄になります。その分、作品の力点は、この徹底的に誠実だけど不器用な変人たちの集まりが織り成す人間模様に置かれることになります。
その変人たちがみんな、そろいもそろって、いい人たちばっかりなんですね。全編を通じて人間関係のトラブルというものがほとんど絶無に等しい。だから、現実にはこうはいかないよな、と思いつつ、だけど、現実は本当はこうであってほしいよな、という夢を描いた映画として、私は大好きです。

人生とは日々の積み重ね

辞書をつくること自体が、
人の生きることそのものをうつしているように感じた。
一日一日の積み重ねは地味なものかもしれない、
でもそのプロセスこそが面白いんだなと。
人生に迷ったとき、一息つきたいときに
また見たいと思える名作。

ああ、こっち!

プライムビデオにて鑑賞。
原作未読 → アニメ → 映画
という流れでの鑑賞です。
さて。
映画、ドラマ、アニメ、マンガ、小説…
エンタメのフォーマットは色々ありますが、「最初に触れた作品が最高」の法則ってのがあると思います。
マンガ←→アニメを例に取ると。
マンガ原作を気に入ってアニメを観てみたらば、「絵のタッチが違う」「話が変わってる」「声がイメージと違う」などなど気になる点が見つかるし。
アニメから入って原作に手を出すと、「うーん、なんか物足りん…」となることがしばしば。
しかし本作は上記法則が当てはまりませんでした。
アニメ版も面白かったですが、実写の説得力にうなりました。
部屋の小汚さ、辞書の紙質、キャラクターの人間臭さ等々。
そのどれもが、画面に映るだけで、「ああ、こっち!」と頬ずりしたくなるような質感とリアリティで迫ってきます。
アニメで映像化したほうがいいエンタメもあれば、実写の方がしっくりくるエンタメもあります。
本作は後者ではないでしょうか。
(注:繰り返しになりますが原作未読です。「お前、読んでから言えよ」というツッコミはとりあえず脇に置いといて頂けると幸い)
もちろん。
ジャストフィット感の裏には、演技・演出・撮影・美術・音楽など、全スタッフのセンスと努力があることは言うまでもありません。
特に撮影が素晴らしいですね。
画面のブレで心情を表現する、という手法は、ややもすると野暮ったくなりますが、揺らすタイミングと揺らし方が絶妙でした。
高評価が気になりつつスルーし続けてきましたが、観てよかった。
お見事。
☆5。

文部科学省選定

真面目に生きることは、必要だ。

未知の世界。

知る機会がほぼ無いであろう辞書作りの過程。
地味な作業で、気が遠くなりそうです。
あんま見る事が無いちょっとギャルっぽい黒木華さん、凄く新鮮で良かったです。

最も好きな映画のひとつ

淡々と辞書作りの話が続く。大きな山もなければ谷もない。でも長いと感じることはなく、ずっと目が離せない。
キャストも最高。個性あるキャラをしっかり演じている。
もちろん原作の方が面白いとは思うけど、限られた時間の中でよくここまでできたな、と感動。たぶんこれからも何度も観ることになると思う。

静かに熱くなれる物語

当時映画館で見る前に、文庫版を一気読みしました。派手な物語ではないし、わかりやすい構成の進み方なので、映画になった時はどんな風かなと楽しみにしていました。
とてもあたりの映画で、またふと見たくなって、レンタル2回目。
辞書づくりは何年もの長い長い制作期間を経てやっと世に送り出されるので、周りの景色も、文化も、そして言葉でさえも、どんどん移り変わっていきます。それを追いかけながら留めつつ、選抜してその時代にあった内容を作る。淡々としながらも面白い流れです。個性的な辞書、という言葉にも新鮮味を覚えました。
口下手なまじめ君のよき理解者タケおばあさんが、胸に刺さるあたたかいことを言うんです。
「他の人の気持ちがわからないなんて当たり前じゃないか。わかんないからその人に興味持つんだろう、わかんないから、話をするんだろう。辞書づくりっていうのは、言葉を使う仕事だろう。だったらその言葉使わなきゃ」。
あと、辞書がなぜ必要なのか。根本的なことですが改めてストンと響きます。人の気持ちを正確に知りたいから言葉を調べる。言葉を理解して、相手を知る。
伝えることの大切さが身に沁みます。
中盤、まじめ君と西岡さんの距離が縮んで辞書編集部の結束力が強まったのに、というところが切ないですね。西岡さんのまじめ君に対する信頼がわかる場面です。そして辞書編集部に愛情があるから、部署異動後も気にかけて協力している姿がなんとも言えないです。
荒んだ時や、淡々と心を整えたいときに見るのがおすすめな映画です。

好きです。

割りと前に本屋さんでズラり並んでいたのを記憶していました。
好きな映画です。
数々の本に囲まれて生活をしている馬蹄さん。言葉も人との接し方も苦手な馬蹄さんが天職であろう辞書作りに翻弄する。
仕事仲間と恋人に支えられながら成長していく樣も見応えあり。
ラストは残念な結末ですが
音楽も物語に合っていて綺麗でした。
辞書作りがこんなにも歳月と労力が必要だとは知りませんでした。
もっともっと続編で見たいです。
役者さんも好演していて面白かったです。
松田龍平、はまってました。

地味だけど……。

最初に辞書を作ると聞いた時、「地味だし大変そう」と思いました。
観終わってもやはり「地味だし、すごく大変そう」という感想は変わりませんでしたが、とても面白かった。
なにがあんなに面白かったんだろう……。
1つのものをみんなで作り上げる一体感?
職場の仲間達との人間模様?
恋愛?
とても面白かったです。

映画『舟を編む』のネタバレ感想(ツイッター・Twitter)

ここでは、『舟を編む』を見た人の声や感想(ネタバレ有り)をご紹介します。

https://twitter.com/Caira_annin8/status/1063006568352870400

映画『舟を編む』をテレビ放送を見逃した!できるだけ安く見たいあなたに!

女性解説
解説
『舟を編む』の
「テレビ放送を見逃してしまった!」
「フル動画をできるだけ安く見たい!」

…そんなあなたは必見♪

U-NEXTのキャンペーンを使えば動画を無料視聴できる!!

31日間の無料トライアルで視聴する!

邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

↑『舟を編む』をおトクに見る♪

  

-邦画(日本国内映画)

テキストのコピーはできません。

Copyright© クークル[Qooqle]人気おすすめ動画検索サイト , 2019 All Rights Reserved.