欲望

投稿日:

邦画(国内映画)『欲望』の「あらすじ」「動画を無料視聴する方法」をご紹介していきます!

↓『欲望』の動画を今すぐ無料で見たい方はこちらをクリック↓

邦画(国内映画)『欲望』を見る邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

欲望を無料で視聴する!

邦画(国内映画)『欲望』とは?(あらすじ・見どころ)

映画(詳しくは邦画・日本国内映画)『欲望』の作品概要邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

まずは、邦画(国内映画)『欲望』とはどんな作品なのか?、作品の概要をご紹介します。

あらすじ

男女が抱える性と情熱、そして愛のありようを正面から描いた官能恋愛ドラマ

■見どころ
小池真理子の同名小説を、篠原哲雄監督が繊細な映像美で描き出す。
エロティックな激しいシーンが随所にあるものの、それはリアルな純愛の形として美しさすら感じられる。

■ストーリー
妻子ある男との肉体関係に溺れている類子は、中学時代の親友・阿佐緒の結婚披露パーティーに出席。
そこでクラスメートだった秋葉正巳と出会う。
時を経て再会した3人は付き合いを濃くしていくが、それぞれ抱える性的な苦悩が関係を複雑なものにしていく。

[st-kaiwa-kaisetsu-woman-no1]『欲望』の
「テレビ放送を見逃してしまった!」
「フル動画をできるだけ安く見たい!」

…そんなあなたは必見♪[/st-kaiwa-kaisetsu-woman-no1]

U-NEXTのキャンペーンを使えば動画を無料視聴できる!!

31日間の無料トライアルで視聴する!

邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

↑『欲望』をおトクに見る♪

邦画(国内映画)『欲望』の作品紹介(キャスト・視聴率・OST・DVD情報)

映画(詳しくは邦画・日本国内映画)『欲望』の作品紹介(キャスト・スタッフ・視聴率・相関図・OST・DVD情報)邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

ここからは、邦画(国内映画)『欲望』について、より詳しく作品紹介をしていきます。

邦画(国内映画)『欲望』の出演者(キャスト・スタッフ紹介)

邦画(国内映画)『欲望』のキャスト(出演者)やスタッフをご紹介します。

映画(詳しくは邦画・日本国内映画)『欲望』の出演者(キャスト・スタッフ紹介)邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

キャスト
(出演者)
板谷由夏(役:青田類子)
村上淳(役:秋葉正巳)
高岡早紀(役:袴田阿佐緒)
利重剛(役:水野克利)
大森南朋(役:能勢五郎)
スタッフ 監督:篠原哲雄
原作:小池真理子
音楽:池頼広
脚本:大森寿美男、川崎いづみ
製作:鈴木光

邦画(国内映画)『欲望』の相関図

邦画(国内映画)『欲望』の人間関係をまとめた相関図です。

映画(詳しくは邦画・日本国内映画)『欲望』の登場人物の人間関係・相関図・チャート邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

邦画(国内映画)『欲望』の平均視聴率・最高視聴率

邦画(国内映画)『欲望』の視聴率を調べました。

最高視聴率 不明
平均視聴率 不明

邦画(国内映画)『欲望』のOST(オリジナルサウンドトラック・主題歌)

邦画(国内映画)『欲望』のOST(オリジナルサウンドトラック)の発売情報はありませんでした。

映画(詳しくは邦画・日本国内映画)『欲望』のOST(オリジナルサウンドトラック・主題歌)邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

邦画(国内映画)『欲望』のDVD&ブルーレイ発売情報

邦画(国内映画)『欲望』のDVD・ブルーレイ発売情報です。

映画(詳しくは邦画・日本国内映画)『欲望』のDVD&ブルーレイ発売情報邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

[DVD/ブルーレイ]欲望 [DVD]

出演:板谷由夏, 村上淳, 高岡早紀, 利重剛, 大森南朋
監督:篠原哲雄
形式:Color, Dolby, Widescreen
字幕:英語
リージョンコード:リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
画面サイズ:1.78:1
ディスク枚数:1
販売元:バンダイビジュアル
発売日 2006/06/23
時間:133 分
価格:3,338円

『欲望』を見たい!と思っても、
DVD/ブルーレイはちょっと高い…(^_^;)

でもNEXTのキャンペーンなら『欲望』を全話無料で視聴できる!!

31日間の無料トライアルで視聴する!

邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

↑『欲望』をおトクに見るチャンス♪

邦画(国内映画)『欲望』の感想レビュー

邦画(国内映画)『欲望』のネタバレ感想・レビュー・口コミ・クチコミ・評判)邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

邦画(国内映画)『欲望』の感想レビュー(ネタバレあり)

ここでは、『欲望』を見た人の感想レビュー(ネタバレ有り)をご紹介します。

切なくはかない物語

けっして満たされることがない欲望の連鎖。
やっぱり精神的な結びつきだけだと駄目なのかな。
板谷由夏さんと村上淳さんが素晴らしく素敵。
原作のイメージにぴったりくるな。
切なく悲しく情熱的なラブシーンもよかったかな。
美しくもはかない話で、おもしろかった。

愛が溢れてる

びっくりするほどエロい。けれど羨ましくなるほど愛が溢れている。
板谷由夏がいやらしくない。
というか女性の本音なのだと思う。
働いている時はきりっと理性を働かし、SEXを感じさせない。
実は好きな男と一つになることを考えている。
もともと板谷由夏が好きだけど、すべてをさらけ出し、
類子を演じている彼女がもっと好きになった。
知性の雰囲気と母性の出し方がすてきな女優さんだと思う。
村上淳の迫力もすごい!
演じているというより、正巳自身。
静寂の中に悲哀が満ちていて、
途中何度もかわいそうで、切なくなりました。
それを、板谷由夏が母性で包んでいる感じ。
あんな2人になれたら、どんなにいいだろう!
見ていて何度も気持ちがきゅーっとなった。
板谷由夏演じる類子と村上淳演じる正巳の関係。
もどかしく一生懸命な2人の愛。
同級生ってところがまたいいんだよね。
R-18だけど、公開中していた2005年、私は20歳だった。
それでもまだ早いと思う。
それなりに仕事をして恋愛をした今でないと、
この映画を受け入れられなかったと思う。
R-25でもいいのでは?
受け入れたというより、とても大事な映画になった。
好きな男との関係に悩んだらこの映画をまた見よう。

良く出来たエロ映画

不能な男が何故女に謝り続け、挙句の果てに死ななければいけないのか?女にとって肉体的セックスがそれほど重要なのか?このセックス・メニアックとも言うべき原作者のこだわりには、60年以上人間の男として生きてきたが、同感することが出来ない。性的なことも気になるが、結構退屈な行為でもあり、もっと気になることが人生には沢山あるように思われる。その意味で、原作者の視野は狭すぎる(あるいは読者に迎合し過ぎており、これでは三島由起夫に脱皮は出来ない)と思うが、その狭い範囲での話の展開は大変巧妙で、同じようにエロ本を文学の体裁にすることに長けた渡辺淳一より遥かに上手である。
同じように、取り澄ました演技の映画「失楽園」より、板谷由香以下の力演も素晴らしい。裸が必然で説得力を持つ状況では、役者は裸になるべきであり、出し惜しみはプロの役者とは言えないと思う。主演二人の裸は日本人としては恵まれたもので、映画の裸として辛うじて楽しめる水準には達している。
総じて、素晴らしく良く出来たエロ映画だと思う。

良かったです!!

ストーリーが しっかりしていて 見ごたえありました。
2箇所 自然と涙がでました。
音楽も とてもマッチしていたし
『見て良かった』と思いました。
男性一人で見ている方が多かったですが
女性にこそ 見て欲しいと思います。

よかった。

原作がすごく好きで何度も読み返していたので結末も当然知っていましたが、やっぱり泣けました。板谷さんをはじめ、役者の皆さんは原作のイメージどおりでした。久々に良い日本映画だったと思います。

完璧です

原作そのまま。よくぞ映像にしてくれたという感じです。類子、原作のイメージ通りです。

泣いた

久しぶりに映画をみて泣きました。
他の人は分かりませんが私は3カ所泣きました。
主演の板谷さんは本当に美しく、セックスシーンもフランス映画のようで、見ごたえ有りです。ネタばれになってしまうので言えませんが、ラストはもう号泣。

脇を固める役者の力

裸・セックスシーンはあるが、それはあくまで人の営みとして描かれているものであってエロいという気は全くしないですね。瞠目すべきは脇に回っている役者の凄さだと思いました。彼らの存在がこの作品を狭義の成人映画とはせず、文学作品たらしめている気がします。特に高岡早紀さん、津川雅彦さん、そして冴えない同僚教師役の大森南朋さんはそのまんま、他にはまる人を探すのが難しいくらいなように思います。

切ない詩

女の欲望。男の欲望。
みんな満たされてなくて… 何かを渇望していて…
泳いでくるって言った時、ドキッとしたけど、やはり…
切ない詩を読んでいるかのような映画。

やりきれないがキレイ

深夜のテレビでたぶんカットされてるだろう
この作品をを見ました
正巳(村上淳)の表情
類子と体を合わせた後くるしんで
その後に二コリとする表情がたまらなくいとおしく
結局ツタヤでレンタルして全部見ました
究極の純愛・・・
ジワジワと泣けました
人を愛した事があるならば
愛した人がもし正巳のようだったら
どんなにせつない気持ちになるかと
重ね合わせて見てしまう事でしょう
好きな人が目の前で死なれたら
きっと一生後をひくけれど
それほど類子に正巳は忘れて欲しくなかったのかな・・・
美しい青年の正巳の美学として
キレイなうちに死にたかったのかな・・・
といろいろ考えてしまいました
なぜかわからないけど
とてつもなくひきつけられる作品です
その後原作と
この作品に重要な要素の三島の
春の雪、天人五衰
篠山紀信の撮った三島邸の写真集なども
図書館で見かけかったぱしから見ています
袴田邸が三島邸そっくりの建物だった事など
予算的、時間的に無理だったとしても
どこかに入ってるとまた違う見方が出来て
おもしろかったかも知れませんね

邦画(国内映画)『欲望』のネタバレ感想(ツイッター・Twitter)

ここでは、『欲望』を見た人の声や感想(ネタバレ有り)をご紹介します。

邦画(国内映画)『欲望』をテレビ放送を見逃した!できるだけ安く見たいあなたに!

[st-kaiwa-kaisetsu-woman-no1]『欲望』の
「テレビ放送を見逃してしまった!」
「フル動画をできるだけ安く見たい!」

…そんなあなたは必見♪[/st-kaiwa-kaisetsu-woman-no1]

U-NEXTのキャンペーンを使えば動画を無料視聴できる!!

31日間の無料トライアルで視聴する!

邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

↑『欲望』をおトクに見る♪

  

-邦画(日本国内映画)

テキストのコピーはできません。

Copyright© Qooqle , 2019 All Rights Reserved.