2つ目の窓

投稿日:

映画『2つ目の窓』の「あらすじ」「動画を無料視聴する方法」をご紹介していきます!

↓『2つ目の窓』の動画を今すぐ無料で見たい方はこちらをクリック↓

映画『2つ目の窓』を見る邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

2つ目の窓を無料で視聴する!

映画『2つ目の窓』とは?(あらすじ・見どころ)

映画『2つ目の窓』の作品概要邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

まずは、映画『2つ目の窓』とはどんな作品なのか?、作品の概要をご紹介します。

あらすじ

奄美に生きる少年少女の成長を通し、連綿と受け継がれる命の尊さに迫った人間ドラマ

■見どころ
神と自然と人間とが共存する奄美という土地が持つ野性の力が全編に。
その中でもまれながら成長する男女を演じた吉永淳と村上虹郎が、共に瑞々しく素晴らしい。

■ストーリー
島民から“ユタ神様”と慕われる母を持つ16歳の杏子は、ある日、母が余命宣告を受たことを知って動揺する。
「神様なのになぜ死ぬの?」そんな怒りを同級生の界人にぶつけるが、彼は彼で別れた父以外の男と付き合う母に対して複雑な思いを抱いており…。

ここがポイント!

本作でデビューした界人役の村上虹郎は、界人の父を演じた村上淳と歌手UAの息子。

U-NEXTキャンペーン『2つ目の窓』を無料で見る!>>邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

映画『2つ目の窓』の作品紹介(キャスト・視聴率・OST・DVD情報)

映画『2つ目の窓』の作品紹介(キャスト・スタッフ・視聴率・相関図・OST・DVD情報)邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

ここからは、映画『2つ目の窓』について、より詳しく作品紹介をしていきます。

映画『2つ目の窓』の出演者(キャスト・スタッフ紹介)

映画『2つ目の窓』のキャスト(出演者)やスタッフをご紹介します。

映画『2つ目の窓』の出演者(キャスト・スタッフ紹介)邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

キャスト
(出演者)
村上虹郎(役:界人):杏子の同級生。
吉永淳(現 阿部純子)(役:杏子):16歳の少女。母が余命宣告を受けていた事に衝撃を隠せない。
杉本哲太(役:徹)
松田美由紀(役:イサ):杏子の母。島民からユタ神様と慕われてる。
渡辺真起子(役:岬):界人の母。
村上淳(役:篤):界人の父
榊英雄(役:刺青の男):刺青が入った男
常田富士男(役:老人):村の老人
スタッフ 監督・脚本:河瀬直美
プロデューサー:青木竹彦/津田正道/河瀬直美
ラインプロデューサー:山本礼二
音楽:ハシケン
撮影:山崎裕
照明:太田康裕
録音:阿尾茂毅
美術:井上憲次
助監督:近藤有希
編集:Tina Baz
音編集:Oliver Goinard/Roman Dymny
サウンドデザイナー:Oliver Goinard
配給:アスミック・エース
企画・制作プロダクション:組画/COMME DES CINÉMAS
製作幹事:WOWOW FILMS/COMME DES CINÉMAS
製作:「FUTATSUME NO MADO」JAPANESE FILM PARTNERS(WOWOW/アスミック・エース/組画/ポニーキャニオン)/COMME DES CINÉMAS/ARTE FRANCE CINÉMAS7LLUIS MIÑARRO

映画『2つ目の窓』の相関図

映画『2つ目の窓』の人間関係をまとめた相関図です。

映画『2つ目の窓』の登場人物の人間関係・相関図・チャート邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

映画『2つ目の窓』の平均視聴率・最高視聴率

映画『2つ目の窓』の視聴率を調べました。

平均視聴率 -%
最高視聴率 -%

映画『2つ目の窓』のOST(オリジナルサウンドトラック・主題歌)

映画『2つ目の窓』のOST(オリジナルサウンドトラック)の情報です。

映画『2つ目の窓』のOST(オリジナルサウンドトラック・主題歌)邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

曲順 タイトル
1 STILL THE WATER(2つ目の窓テーマ曲)
2 ASABANA-BUSHI(朝花節、奄美民謡)
3 KAITO AND KYOKO PART1
4 FROM THE SKY
5 KAITO AND KYOKO PART2
6 KAITO AND ATSUSHI

2つ目の窓 OST1 STILL THE WATER

2つ目の窓 OST2 ASABANA-BUSHI(朝花節、奄美民謡)

映画『2つ目の窓』のDVD&ブルーレイ発売情報

映画『2つ目の窓』のDVD・ブルーレイ発売情報です。

映画『2つ目の窓』のDVD&ブルーレイ発売情報邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

[DVD/ブルーレイ]2つ目の窓 [DVD]

発売日:2015/1/21
価格:¥6.800
時間:2 時間
ディスク枚数:1
形式:Color, Dolby, Widescreen
言語:日本語 (Dolby Digital 2.0 Stereo), 日本語 (Dolby Digital 5.1)
出演:村上虹郎/吉永淳/杉本哲太/松田美由紀/渡辺真起子
リージョン:リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。)
アスペクト比:1.78:1
メーカー:ポニーキャニオン

『2つ目の窓』を見たい!と思っても、
DVD/ブルーレイはちょっと高い…(^_^;)

でもNEXTのキャンペーンなら『2つ目の窓』を全話無料で視聴できる!!

31日間の無料トライアルで視聴する!

邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

↑『2つ目の窓』をおトクに見るチャンス♪

映画『2つ目の窓』の感想レビュー

映画『2つ目の窓』のネタバレ感想・レビュー・口コミ・クチコミ・評判)邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

映画『2つ目の窓』の感想レビュー(ネタバレあり)

ここでは、『2つ目の窓』を見た人の感想レビュー(ネタバレ有り)をご紹介します。

美しく激しい

鹿児島県の奄美大島を舞台に、様々な出来事の狭間で揺れ動く高校生の少年少女の姿を描くヒューマン映画。鑑賞しながら同じ日本に住みながらこんな美しい所があるのかと驚く。奄美大島の景色の美しさに目を奪われるが、そこに置かれた人間ドラマはまるで海底火山の様に噴出し激しい。

美しい

奄美の美しさが伝わってきました。生きる意味が少しわかった気がしました。

スクリーンの前で感じる映画

観ると言うより感じる映画です。映画館のスクリーンで観て欲しい。映像、音楽、役者、そして奄美大島の風景がごく自然で、スクリーンの前で気持ちのよい時間を過ごせました。主演の男の子と女の子、これからも期待できそうです。

生と死について

最近、命が生まれる前になくなってしまう経験をした私にとっては、とても重たいテーマの映画だった。
それでも見て良かったと思っている。
生と死や魂について、映画のセリフの中から心に響いて、涙が止まらなかった。
ドキュメンタリー映画のようで、主演の二人の眼差しが印象的。
奄美の美しいだけではなく時に厳しい自然が映し出されていて、また奄美に行きたいと思った。

二つ目の窓

「2つ目の窓」とても好きな映画でした。河瀬さんの作品は「生」と「性」への意識のさせ方が毎回印象的です。「火垂」での蝋燭や陶芸の炎との対比や、今回の山羊や人の命が消えることへの恐れと恵み。ドキュメンタリータッチの長まわしに疲れることもあるタイプの監督の作風ですが、今回はそれもあまり感じず、もっと観ていたい気持ちにもなりました。比喩が上手な監督です。

命の故郷

映画館で一回観て、だいぶ現実に戻れなくなった。
何度も愛しくなって、我慢できなくて二回目。
二回目はラフに構えて行って観たのにまた戻って来れなくなってしまった
あの世界から
大切な人に会いたくなるし
大切な場所に戻りたくなる
故郷ってどこだろう
この命の
永遠に考えてしまう
愛しい作品です

新鮮!鮮烈!爽快!

哀しくも美しい…切なく、甘酸っぱくも、希望の光に満ちた営みがそこにある!

真面目にテーマと向き合った映画

生きること、死ぬこと、命をつないでゆくこと。そういう大きくて原始的なテーマに対して、奄美大島の大自然を舞台に(その力を借りて)、多感な年齢である男女2人の高校生を主役に置いて、真正面から向き合った映画だった。
奄美で生まれ育ち、生と死や自分の心に対して真っ直ぐに向き合おうとする少女と、両親の離婚を機に東京からやって来た、そうした未知のものから目を背けようとする繊細な少年。
男女の成長の違い(一般的に女性の方が早熟と言われてるけれど)なんかも考えたときに、そのあたりのコントラストも上手く描かれているなぁなんて思った。
そして二人の演技や表情も自然だった。というか、あの年頃にしか出せない種類のエネルギーみたいなものを、演者から感じることができた。
もちろん、それも周りの脇役の安定した演技があってこそなのだろうけど。
映画全体の印象としては、あるいは冗長に感じるかもしれない。台詞は少な目、表情や風景の映像が長目、説明はほぼなし。
しかし、それは作り手が、この映画のテーマに対して、真摯に逃げずに取り組んだ結果ではないだろうか。
人が生きる上での本質的なもの(それゆえに単純には言い表せない様々な矛盾や葛藤を含んだもの)を、下手に分かり易い表現や演出で「それらしいもの」を提供することを良しとせず、時間の許す限りで全力で取り組んだ、そういう覚悟みたいなものが、少なくとも僕には感じられた。
感覚とかイメージを重視している雰囲気映画だととらえる人がいるかもしれないけど、決してそうではないと思う。
分かり易い感動話ではないし、こういう種類の「真面目さ」に好き嫌いはあるだろうけれど、個人的には見て良かったと思える映画だと思う。

感覚的に自然を感じるように

感覚的に眼や耳で自然を感じるように,相手を受けとり,暮らしていくという表現がすばらしい。今まで見てきた何100本の映画のうちでももっとも好きになった映画だ。ある意味絵画的であり,感情的であり,分かりにくいと言う人は,気の毒に思う。

自然と生きる

風も波も言葉も「生きている」映像ばかりで、各シーンを思い出し胸にぐっときています。「生きること」は痛みもあるけど、何とすばらしい時間を与えられているのだろうと改めて思い、気付く事が出来ました。生きていることの喜びを思わず叫びたくなる映画です。命の繋がりを思い、心臓の辺りがぎゅんとします。登場人物もすばらしく、タイトルの出し方も絶妙でした。

映画『2つ目の窓』のネタバレ感想(ツイッター・Twitter)

ここでは、『2つ目の窓』を見た人の声や感想(ネタバレ有り)をご紹介します。

映画/邦画『2つ目の窓』をテレビ放送を見逃した!できるだけ安く見たいあなたに!

[st-kaiwa-kaisetsu-woman-no1]『2つ目の窓』の
「テレビ放送を見逃してしまった!」
「フル動画をできるだけ安く見たい!」

…そんなあなたは必見♪[/st-kaiwa-kaisetsu-woman-no1]

U-NEXTのキャンペーンを使えば動画を無料視聴できる!!

31日間の無料トライアルで視聴する!

邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

↑『2つ目の窓』をおトクに見る♪

  

こちらもおすすめ!Paravi(パラビ)

Paravi

国内テレビドラマが好きなら加入すべし!

Paravi(パラビ)は、TBSやテレビ東京、WOWOW、日本経済新聞といった国内主要メディアが連携し、2018年4月にサービスを開始した動画配信サービスです。

国内ドラマの配信数は、日本最大級!

さらにバラエティ、音楽、アニメのほかスポーツや報道・ドキュメンタリーなど、各局の強みを前面に出した配信ラインナップとなっています。

料金は定額で見放題の「Paraviベーシックプラン」が月額925円(税別)。他の動画配信サービスとほぼ同等の価格帯です。

登録後30日間の無料お試し期間があり、1本単位でレンタル購入できる有料コンテンツも豊富に揃っています。

Paravi(パラビ)に加入する

Paraviでしか観ることができない動画も♪

-邦画(日本国内映画)

テキストのコピーはできません。

Copyright© Qooqle , 2019 All Rights Reserved.