めがみさま

投稿日:

映画/邦画『めがみさま』の「あらすじ」「動画を無料視聴する方法」をご紹介していきます!

↓『めがみさま』の動画を今すぐ無料で見たい方はこちらをクリック↓

映画/邦画『めがみさま』を見る邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

めがみさまを無料で視聴する!

映画/邦画『めがみさま』とは?(あらすじ・見どころ)

映画(詳しくは邦画・日本国内映画)『めがみさま』の作品概要邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

まずは、『めがみさま』とはどんな作品なのか?、作品の概要をご紹介します。

あらすじ

松井玲奈と新川優愛がW主演を務めたヒューマンサスペンス

■見どころ
人間の感情が生々しく映し出されていて、社会で過ごす中で何が大事か、人間の欲やその半面の優しさなど、色々な側面を見ることができる。
監督は「gift」の宮岡太郎。

■ストーリー
閉塞的な郊外の田舎町。
佐倉理華は母の過干渉や職場でいじめを受ける日々を、精神安定剤でやり過ごしていた。
ある日、同僚の陰謀で職場を追われた理華は自殺を決意するが、同じような環境で育ちながらも充実した日々を送るセラピスト・ラブの存在を知り…。

U-NEXTキャンペーン『めがみさま』を無料で見る!>>邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

映画/邦画『めがみさま』の作品紹介(キャスト・視聴率・OST・DVD情報)

映画(詳しくは邦画・日本国内映画)『めがみさま』の作品紹介(キャスト・スタッフ・視聴率・相関図・OST・DVD情報)邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

ここからは、『めがみさま』について、より詳しく作品紹介をしていきます。

映画/邦画『めがみさま』の出演者(キャスト・スタッフ紹介)

映画/邦画『めがみさま』のキャスト(出演者)やスタッフをご紹介します。

映画(詳しくは邦画・日本国内映画)『めがみさま』の出演者(キャスト・スタッフ紹介)邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

映画(詳しくは邦画・日本国内映画)『めがみさま』の出演者(キャスト・スタッフ紹介)邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

映画(詳しくは邦画・日本国内映画)『めがみさま』の出演者(キャスト・スタッフ紹介)邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

キャスト
(出演者)
松井玲奈(役:佐倉理華):母の干渉や職場でのいじめを受ける日々を精神安定剤でやり過ごしてる
新川優愛(役:ラブ):セラピスト。理華の同じ様な環境で育ちながらも充実した毎日を送ってる
廣瀬智紀(役:川崎拓海)
梅舟惟永(役:三坂あゆみ)
西沢仁太(役:鹿島)
西丸優子(役:相田)
片山萌美(役:高鷲尚美)
鈴木ちなみ(友情出演)(役:ショップ店員)
筒井真理子(特別出演)(役:佐倉市絵)
尾美としのり(役:尾沢欽一)
スタッフ 監督:宮岡太郎
脚本:大月もも
企画:東城祐司/谷口元一
プロデューサー:浅井千瑞
撮影:根岸憲一
照明:大久保礼司
録音:吉方淳二
美術:丸山信太郎
衣装:藤木伊佐子
ヘアメイク:澤田梨沙
音楽:松本淳一
助監督:坂本栄隆
制作担当:猪怜美
製作:2017 Mcinema
配給/制作:メディアミックス・ジャパン

映画/邦画『めがみさま』の相関図

映画/邦画『めがみさま』の人間関係をまとめた相関図です。

映画(詳しくは邦画・日本国内映画)『めがみさま』の登場人物の人間関係・相関図・チャート邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

映画/邦画『めがみさま』の平均視聴率・最高視聴率

映画/邦画『めがみさま』の視聴率を調べました。

平均視聴率 -%
最高視聴率 -%

映画/邦画『めがみさま』のOST(オリジナルサウンドトラック・主題歌)

映画/邦画『めがみさま』のOST(オリジナルサウンドトラック)の情報です。

映画(詳しくは邦画・日本国内映画)『めがみさま』のOST(オリジナルサウンドトラック・主題歌)邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

曲順 タイトル
1 SHE'S「Ghost」

めがみさま 主題歌 SHE'S「Ghost」

映画/邦画『めがみさま』のDVD&ブルーレイ発売情報

映画/邦画『めがみさま』のDVD・ブルーレイ発売情報です。

映画(詳しくは邦画・日本国内映画)『めがみさま』のDVD&ブルーレイ発売情報邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

[DVD/ブルーレイ]めがみさま DVD

価格:¥4.500

『めがみさま』を見たい!と思っても、
DVD/ブルーレイはちょっと高い…(^_^;)

でもNEXTのキャンペーンなら『めがみさま』を全話無料で視聴できる!!

31日間の無料トライアルで視聴する!

邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

↑『めがみさま』をおトクに見るチャンス♪

映画/邦画『めがみさま』の口コミ(感想レビュー・ネタバレ注意)

映画/邦画『めがみさま』のネタバレ感想・レビュー・口コミ・クチコミ・評判)邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

映画/邦画『めがみさま』の口コミ(感想レビュー※ネタバレを含むため注意)

ここでは、『めがみさま』を見た人の口コミ(感想レビュー※ネタバレを含むため注意)をご紹介します。

[ネタバレ] 何度も観たくなって、語り合いたくなる作品

数本ある松井玲奈主演作品(W主演含む)の中で、最も『松井玲奈』を感じさせなかった映画でした。
つまり、冒頭のシーンからそこに居たのは間違いなく『佐倉理華』であり、ラストのシーンまで『理華を演じる松井玲奈』を感じなかった。それほど物語の中に入り込めたということです。
そういった意味で松井玲奈の女優としての力はこの映画でこそ評価されるべきではないかと思います。
制作費を掛けなかったため、シンプルな画の中で深いストーリーが展開されます。
母親や周りに愛されたい一心で、必死でお利口さんに生きてきたのに...全ては裏目裏目に。努力しても無駄なんだと、死の絶望の果てで出会った1人の女性。引き出される深層心理。初めて味わう『嫉妬』。
自分はどうありたいか。
葛藤し、せめぎあい、、その先にあったのはハッピーエンドなのかバッドエンドなのか。
エンディングの捉え方も観る側に委ねられています。そして、1度目と2度目では感じることも違います。なので『観終わった後に語り合いたくなる作品』としました。
ホラー?サスペンス?ダークファンタジー?恋愛?様々な要素が盛り込まれていますね。
そこここにある伏線、これも一回目でも充分回収出来ましたが、恐らく2回3回観るうちにまた気づくこともあるでしょう。
(頭をフル回転させて観るので、そういう点で、観終えた後は少し疲れますが)
自分達の主張を押しつけるのではなく、観た人がどう思うかは自由で、それが答えだと脚本家も監督も仰っておられます。
一方通行の自己主張映画が多い中、作り手と受け取り側が相互に主張しあえる面白さ。観た後で誰かと討論しあえる楽しさ。
それがこの作品の良さであると思います。
上映館が少ないのと上映期間が短いのが残念。口コミでじわじわ広がるような、息の長い映画になって沢山の人に観て欲しいです。

演技が上手でした。

廣瀬智紀さんと、松井玲奈さんの演技が、想像以上に上手でした。
ミニシアター系では、かなりおもしろい内容だと思います。

W主演の2人の演技が最高

W主演の2人の演技が最高でした。相反する性格の2人がお互いの自我の発露によって悩み葛藤する場面が秀逸でした。後半はサスペンス仕立てになっていて、よりエンターテインメント性が高まったと思います。見る人それぞれによって この作品の真の意味や捉え方が変わってくると思います。この点は 脚本家の方が意図して 自分たちなりに考えて生きていきなさいという 私たちへの宿題を与えて貰ったような気分になりました。色んな人に見てもらいたい映画と思います。

[ネタバレ] くり返し、くり返し観たくなり…

3回鑑賞したが、見るごとに映画の印象、自身の受けとめ方が変わる。
作品中、主人公(理華)が一本道を歩くシーンが多く登場するが、その時の心情や心の移り動きを見て取れるので、見逃せないポイントでもある。
注目度著しい女優の松井さん、新川さん。この主軸2人が織りなす奇抜な演技と、ただでさえ圧迫感あるストーリーに、容赦なく絡みついていく他俳優陣の鋭敏かつデリケートな表現は、すばらしいの一語。登場人物が最少限なのも、際立ちが出て良かった。
主人公2人の関係性を裏付けるため随所に細工が施されており、ひとつずつ見つけていくのもお楽しみ。観るだけでなく、五感すべてを活用できた作品。
また、何度でも、感じたい。

心に響く!

「 めがみさま 」二回目観ました! またすぐ観に行くと思います!
一度観た後、もう一度観て確かめなければと思い、二度目もまたあらたに確かめなければいけないことが出てきます。エンドレスになったりして。
最初から最後までぐいぐいと引き込まれるような映画です。
役者の皆さんの迫力に圧倒され、特に松井玲奈さんの演技は初めて観たのですが、アイドルの方という感じは全然しなくて観ているうちに自然と涙が流れていました。新川優愛さんとのラストもお二人の熱演が素晴らしく、映画で泣くなんて何年ぶりだろうと、終わった後になんだかうれしくなりました。
梅舟さんもすごかったし、筒井真理子さん、尾美としのりさんはさすがです!
私自身、この映画の中のセリフにすごく考えさせられ、救われたようなところもあります。どなたの心にもきっと響くものがあるような映画だと思います。

「めがみさま」いいじゃない!

「めがみさま」
良かった!
上映館が近いのと、松井玲奈と新川優愛のダブル主演に惹かれて行ったのだが、色々な意味で楽しめる映画だった。
恋愛やアクションという、エンターテイメント性の強い映画ではないが、原作・脚本という物語の力、ストーリーのサプライズで魅せる映画だ。物語にも充分起伏があり、見ていて退屈することはない。
もちろん、出演者が魅力的でなかったということではない。特に松井玲奈は、こんなに女優らしい演技をする人なのか、と思う熱演だった。役作りにのめり込んで、撮影の間ずっと松井玲奈という自分自身に戻れなかった、とコメントしていたが、全編を通じてほぼスッピンというのも、役作りへの傾倒の表れだろう。
ダブル主演の片割れ新川優愛をはじめ、筒井真理子や尾美としのり、廣瀬智紀や梅舟惟永ら存在感のある役者が脇を固め、いずれも熱演である。
映画の楽しみ方として、伏線を見つけるという楽しみ方もある。ネタバレするので詳細は省くが、意外性のある結末、人によって自分や周りの環境で受け取り方が変わるんじゃないか、というのも面白かった。今の日本の世相や時代性を反映したテーマであり、リアルさや奥深さもある。
もう一度見たいというレビューが多いのも、その反映だろう。
もっとお金をかけてシリアスに仕立て直せば、よりインパクトを増す脚本と映画だと思う。

抜け出せない日常からのエスケープ、、

尼崎で拝見。
何もかも噛み合わない日常のヒロイン。
彼女の前に現れたのは、同じような逆境の中から剥い出したラブと名乗る女性。
彼女の誘いで、助手みたいな位置でラブと行動を共にする。
彼女の開催するセミナーで色々目覚めていく参加者たち。。
こういう路線てヒューマンドラマかな?と思っていたんですが、いい意味で裏をかかれました。
人の描き方が濃い?ので、なかなかハラハラしました。
けど、映画だからオーバーな世界感とはいえ、現実もブラックな仕事環境や情の無い世界の中で色々な人の不幸が伝えられるだけに、嘘と言い切れないリアルな人間像を共感しました。
誰しも覚えのある感情からつむぎ出されたストーリーでした。
オチはさて置き、、落ち込んだとき、悲しい曲で自分を慰めるようなタイプの映画かもしれません。

[ネタバレ]また観たいと思いました

観終わった後、直ぐにもう一度観たくなって、2回目もこんなにも面白く見方が変わった映画は初めてでした。
初めて観た時は、直感的に素直な気持ちで理華や川崎に自分を重ね合わせ、ラヴのセラピーセミナーに参加してるかのように観てました。言いたい事が言えないもどかしさが少し解き放たれ、救われたようにも思えました。
観終わって結末を知った後、直ぐにもう一度観たくなって観ました。
2回目は、全ての色んな違和感が繊細で緻密な伏線だと気が付き感銘しました。特に小道具や川崎の立ち振る舞いに。
「めがみさま」を観て、光と闇、表裏一体、阿吽、太極図、善悪などの言葉が思い浮かびました。
「めがみさま」で好きな所は、出演者全員の熱演さと、最初、自分の耳鳴りかと思ったキーンと鳴るハウリングの音です。
特に最後のクライマックスのシーンは圧巻だったし、また普通は嫌がられ出してはいけない音のハウリングが、重要な意味をなしている所が好きです。
「めがみさま」は、捉え方や考え方を観ている人に委ねる所が、とても面白いと思います。
しばらくたって、またもう一度観たいと思います。たぶん、その時に私は、また違う感想を抱くはず
(追記)
入間市ティーチインイベントで、3回目を観ました。
やっぱり、1、2回目と少し違った感想を持ったし、色々なお話が聞けてとても嬉しかったです。
様々な捉え方がある中、私は、最後、ラヴは理華に受け止めらかれて、ひとつになったのだと思いました。
めがみさまを観て、「どうしたいの?」「どうしたいんだろう。」と、自問自答し、自分と、自分の闇までと向き合っているような感覚になりました。
私の中に、理華とラヴのような人格がいて、理想と現実の間で、必死に、その二人をコントロールしようとしているのかもしれません。
自分を見失いそうになったり、自分と向き合いたい時には、また観たいなと思いました。

[ネタバレ] 観るごとに進化する心理と真理。

鑑賞し終わった途端、え?…となり、すでに3回観てしまいました。
ひとことで言えば凄惨。みんな自分のことばかりで、やさしい人など1人もいなくて。けっきょくのところ、みんな心が壊れていく。。これが現代社会の反映だと言うならば、本当に恐ろしく思います。
ただ、ハンパな救い合いや関係の甘さが、作品の途中で少しでも垣間見える場面があったとしたら、クライマックスに届けられた、あの至極の狂気を、こうして観ることはできなかったかもしれないなぁとも。
魂のギリギリまで追い込み追い込まれ、最終的に不要な自己を浄化する…そんな役割が、各々の配役たちに必然で備わっていたようにも感じます。
現時点での個人的感想としては、『己れの人生…己れと闘い、己れで生きよう。 懸命に(命かけて)! 必死で(死ぬまで)!! 大丈夫、死ぬことはないから。。』そんなところでしょうか。
とにかく、人に厳しい映画。それこそ目を伏せたい部分もあるかも…です。あぁでも、唯一、廣瀬智紀さん演じる川崎拓海という青年だけは、終始変わらない態度で、主人公2人に寄り添っていました。
彼のあまりの毒気なさが作品中のオアシスのような存在になっており、何度も観ていると、この重圧感強い排他的なテーマ vs 純粋無垢な川崎拓海でバランスを保っていたのではないかとさえ思えて来ました。間違いなく彼は物語のキーパーソンであり、天使だったのかなと。
“ めがみさま ” はいなくなっても…それぞれの心にある天使が、いつもどこかで見守ってくれている世の中であってほしいと願います。

松井玲奈の凄み

W主演とうたっていますが間違いなく松井玲奈さんの主演映画です。
もっさりしたメイクや服装でも美しいのですが、演技が凄い!
そして物語は、途中で不自然だなと思ってた疑問が解けるラストでした。
色々な伏線を思い出しながら松井玲奈さんの演技の凄さを再確認しています。
見落としている部分がありそうなのでもう1回見たいです。

映画/邦画『めがみさま』のネタバレ感想(ツイッター・Twitter)

つづいて、『めがみさま』を見た人の声や感想(※ネタバレを含むため注意)をご紹介します。

映画/邦画『めがみさま』をテレビ放送を見逃した!できるだけ安く見たいあなたに!

女性解説
解説
『めがみさま』の
「テレビ放送を見逃してしまった!」
「フル動画をできるだけ安く見たい!」

…そんなあなたは必見♪

U-NEXTのキャンペーンを使えば動画を無料視聴できる!!

31日間の無料トライアルで視聴する!

邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

↑『めがみさま』をおトクに見る♪

  

-邦画(日本国内映画)

テキストのコピーはできません。

Copyright© クークル[Qooqle]人気おすすめ動画検索サイト , 2019 All Rights Reserved.