花と蛇

投稿日:

邦画(国内映画)『花と蛇』の「あらすじ」「動画を無料視聴する方法」をご紹介していきます!

↓『花と蛇』の動画を今すぐ無料で見たい方はこちらをクリック↓

邦画(国内映画)『花と蛇』を見る邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

花と蛇を無料で視聴する!

邦画(国内映画)『花と蛇』とは?(あらすじ・見どころ)

映画(詳しくは邦画・日本国内映画)『花と蛇』の作品概要邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

まずは、邦画(国内映画)『花と蛇』とはどんな作品なのか?、作品の概要をご紹介します。

あらすじ

美しき人妻が、異様なSM調教を受けるうちに自らの情欲を解放させていく

■見どころ
団鬼六の同名SM小説を、鬼才・石井隆監督が映画化。
主演・杉本彩が見せる、「体当たり」どころではない壮絶な演技は必見。
登場する男たちの曲者ぶりも見逃せない。

■ストーリー
世界的なタンゴダンサー・静子は、彼女に魅入られた裏社会のフィクサー・田代の奸計と、夫・遠山の裏切りによって拉致監禁された。
そして彼女は各界セレブ会員が集うSM殺人ショーの舞台の上で、地獄のような責め苦を受け続けることになる。

ここがポイント!

今作は2004年に劇場公開された東映版。
同じ原作で1974年に、谷ナオミ主演で日活が映画化している。
東映版も日活版も、キャストを変えながらシリーズ化されている。

[st-kaiwa-kaisetsu-woman-no1]『花と蛇』の
「テレビ放送を見逃してしまった!」
「フル動画をできるだけ安く見たい!」

…そんなあなたは必見♪[/st-kaiwa-kaisetsu-woman-no1]

U-NEXTのキャンペーンを使えば動画を無料視聴できる!!

31日間の無料トライアルで視聴する!

邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

↑『花と蛇』をおトクに見る♪

邦画(国内映画)『花と蛇』の作品紹介(キャスト・視聴率・OST・DVD情報)

映画(詳しくは邦画・日本国内映画)『花と蛇』の作品紹介(キャスト・スタッフ・視聴率・相関図・OST・DVD情報)邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

ここからは、邦画(国内映画)『花と蛇』について、より詳しく作品紹介をしていきます。

邦画(国内映画)『花と蛇』の出演者(キャスト・スタッフ紹介)

邦画(国内映画)『花と蛇』のキャスト(出演者)やスタッフをご紹介します。

映画(詳しくは邦画・日本国内映画)『花と蛇』の出演者(キャスト・スタッフ紹介)邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

キャスト
(出演者)
杉本彩(役:遠山静子)
石橋蓮司(役:田代一平)
野村宏伸(役:遠山隆義)静子の夫。
遠藤憲一(役:森田幹造)
未向(役:野島京子)
伊藤洋三郎(役:ピエロの男)
スタッフ 監督:石井隆
原作:団鬼六
音楽:安川午朗
脚本:石井隆

邦画(国内映画)『花と蛇』の相関図

邦画(国内映画)『花と蛇』の人間関係をまとめた相関図です。

映画(詳しくは邦画・日本国内映画)『花と蛇』の登場人物の人間関係・相関図・チャート邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

邦画(国内映画)『花と蛇』の平均視聴率・最高視聴率

邦画(国内映画)『花と蛇』の視聴率を調べました。

最高視聴率 不明
平均視聴率 不明

邦画(国内映画)『花と蛇』のOST(オリジナルサウンドトラック・主題歌)

邦画(国内映画)『花と蛇』のOST(オリジナルサウンドトラック)の発売情報はありませんでした。

映画(詳しくは邦画・日本国内映画)『花と蛇』のOST(オリジナルサウンドトラック・主題歌)邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

邦画(国内映画)『花と蛇』のDVD&ブルーレイ発売情報

邦画(国内映画)『花と蛇』のDVD・ブルーレイ発売情報です。

映画(詳しくは邦画・日本国内映画)『花と蛇』のDVD&ブルーレイ発売情報邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

[DVD/ブルーレイ]花と蛇 [DVD]

出演:杉本彩, 団鬼六, 石井隆, 野村宏伸, 石橋蓮司
形式:Color, Dolby, Widescreen
言語:日本語
リージョンコード:リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
画面サイズ:2.35:1
ディスク枚数:1
販売元:東映
発売日 2004/06/21
時間:115 分
価格:4,456円

[DVD/ブルーレイ]花と蛇【Blu-ray】 [アダルト]

出演:杉本彩, 遠藤憲一, 寺島進, 野村宏伸, 石橋蓮司
監督:石井隆
形式:Color, Dolby, Widescreen, アダルト
言語:日本語
リージョンコード:リージョンA (詳細についてはこちらをご覧ください DVD/Blu-rayの仕様。)
画面サイズ:1.78:1
ディスク枚数:1
販売元:TOEI COMPANY,LTD.(TOE)(D)
発売日 2010/12/03
時間:115 分
価格:4,241円

『花と蛇』を見たい!と思っても、
DVD/ブルーレイはちょっと高い…(^_^;)

でもNEXTのキャンペーンなら『花と蛇』を全話無料で視聴できる!!

31日間の無料トライアルで視聴する!

邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

↑『花と蛇』をおトクに見るチャンス♪

邦画(国内映画)『花と蛇』の感想レビュー

邦画(国内映画)『花と蛇』のネタバレ感想・レビュー・口コミ・クチコミ・評判)邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

邦画(国内映画)『花と蛇』の感想レビュー(ネタバレあり)

ここでは、『花と蛇』を見た人の感想レビュー(ネタバレ有り)をご紹介します。

杉本彩あっての作品でしょう。

過去に何度も映画化されてきたSM小説界の巨匠・団鬼六の代表作。
有名なダンサーの静子(杉本彩)の夫である実業家遠山(野村宏伸)はある日、暴力団組長・森田(遠藤憲一)に、脅迫を受ける。
それは静子をさらうための罠だった。
黒幕は、田代一平(石橋蓮司)。
脅しに屈した遠山は、何も知らない静子をパーティに連れて行くが、そこはSMショーを楽しむ秘密クラブだった…。
杉本彩が、過酷な撮影に臨み、文字通り体を張った演技を見せてくれる。
縛り上げられるなど、厳しいSMシーンに挑み、華麗なダンスも披露してくれた、本格的初主演作。
とにかく杉本彩なくして、この作品はありえないし、この映像美もなしえない。
続編も素晴らしいが、本作品あっての続編でしかない。
とにかく、お見事でした。

素晴らしいハードリメイク。ビバ杉本彩

タイトルにまずやられました!えぐい!シジーはこういうふうに使うべきだ!まず脇のかたが良かったです!特に野村さんの弱い社長ぶりは良かったです!おろおろぶりがすごいいい!石井監督の前半のたたみかけるカットとお約束カットにぐいぐいひきこまれ、後半のショーがすごかったです。なにより杉本彩さんがすごい!がちでつばでろーんだしててエッチでした!和服の入場シーンが美しい!これはまた新しい大人の娯楽作の誕生です!彩さん応援してます!

グロテスクな。。

グロテスクな感じもあまりなく石井作品が大好きな人間としては落ち着いて楽しめました。ただただ杉本彩さんの痛さが画面とその音響によりひしひしと感じられ別の意味で背筋がゾッとしました。。でも確かに石井さんは女性を綺麗にとるのがお上手ですよね。こんなに杉本彩って綺麗だったんだわーと感動。彼氏も誘ってもう一回みるべきか、やはり独りで見るべきか大いに悩むところです。

アート?エロス?

ワクワクでDVDをセット。画像の美しさに感動、DVDの凄さですね。杉本彩さんはデビューした時、なんて可愛くてナイスバディなんだと好きだった。誰かに似てる、そう彩さんの後に登場したのが藤原紀香ですね(歳はそんなに離れていないんですけど)改めて実感しました、世代毎にこのタイプの人は登場するんですね。さて内容ですがヘヤ見えてることに感動、彩さんのチャレンジには敬服。初めてSMショーに引出された時の怯える表情はリアルで素敵です。ただ、かつての日活ロマンポルノのそれに比べると淫靡さはないです、でも「淫靡さ」こそがこの世界では重要だと思うのです。拒絶、壮絶、倒錯の世界。肉に食い込む縄、苦渋に満ちた表情、残念ながらアートさは十分でもほんとのエロスということではもう1歩。一番きたのは石橋蓮司とのからみでした。蓮司さん昔すごかったからなぁ、久々はまり役観れた感じです。

花と蛇を見て。

劇場に足を運ぶのに勇気がいり、購入しました。個人で見るのはいいと思います。かなり、強烈なプレイが多かったためびっくりしました。杉本彩さんのスタイルにはびっくりしてしまいました。本当に縛られた跡が生生しく可哀相でした。

綺麗な絵です。

往年のロマンポルノは撮影技術が古いけれど、女優さんがしっとりと綺麗です。 最近のデジタル技術のおかげで画面が格段に綺麗になりましたが、女優さんがいまいちだと思っていました。 丁度この作品はこの中間地点で、画面も東映の技術で綺麗ですし、あまり古臭い感じはしません。女優さんもなかなか風情があります。貴重な一本です。

感服しました。

内容がすごいし、杉本彩の迫力ある体当たり演技にエロスを感じました。彼女と一緒に見たのですが絶賛でしたね。ただSM好きなHの女性でないと趣味を疑われるかも。是非お勧めですね。

理解できない世界ではあるが…

見応えはありました。
杉本彩ならここまでやってくれるだろうって言う予想以上の体当りでビビりましたが。反対にここまでやっちゃうとエロさを通り越して芸術になっちゃったかな…って気がしないでもないですが。それにしてもSMについてますますわからなくなった。命懸けの快楽ってとこなんですかね??
これから観る方は特典映像の杉本彩のインタビューを見てから本編を見た方が楽しめると思います。監督vs杉本彩のバトルが垣間みえますので。

BDの恩恵が感じられるソフト

DVDから移植された特典は、杉本×石井監督のオーディオコメンタリーと予告編のみ。
予告編は文字の滲み具合や画質からするとSD素材のブローアップと思われる。
映画本編はもともとフィルム撮影ではないのでグレインは感じられず、
非常にキリッとしたシャープな画質。
ラストシーン近くの空撮カットではブルーレイの恩恵が感じられる綺麗な映像で、
遠方のビル街や建物の照明まではっきり見える。
何度も出てくるSMショーも舞台を見ているかのような照明の使い方をしているので、
HD画質に映える美しさが堪能できると思う。
ショーの観客がつけている仮面の質感もバッチリ。
この映画は杉本彩からのラブコールに応えて、石井隆監督が東映ビデオ主体の企画に
乗っかった形なので、これ以前の石井作品に比べて監督独自のカラーが薄いように
感じるけれど、キャストの使い方やこだわりの撮影技法はさすが石井隆と思わせられる。
音声はDolby TrueHDのみだが、サウンド面もDVDより遥かに向上しているので、
この映画が好きな人には買い替える利点はあると思う。
ちなみにヒロインがベッドから飛び起きる最後を見ると、夢オチの映画に見られがちだけど、
コメンタリーで石井監督が「これはナゾナゾです」と該当部分で話しているので、
表層通りの夢オチ映画ではないとの事。

昔高校生ぐらいの時

谷ナオミとか小川奈津子なんかの「花と蛇」を、18歳以上のふりして見に行ったな。その中に石井隆の「天使のはらわた」なんかがあって、ポルノなのに何かドラマ部分に引き付けられる部分があって、光っていた。この映画にもそんな石井節が流れている。単なる即物的エロに留まらず、心理描写がよく描かれている。女性が見ても大丈夫だ。

邦画(国内映画)『花と蛇』のネタバレ感想(ツイッター・Twitter)

ここでは、『花と蛇』を見た人の声や感想(ネタバレ有り)をご紹介します。

邦画(国内映画)『花と蛇』をテレビ放送を見逃した!できるだけ安く見たいあなたに!

[st-kaiwa-kaisetsu-woman-no1]『花と蛇』の
「テレビ放送を見逃してしまった!」
「フル動画をできるだけ安く見たい!」

…そんなあなたは必見♪[/st-kaiwa-kaisetsu-woman-no1]

U-NEXTのキャンペーンを使えば動画を無料視聴できる!!

31日間の無料トライアルで視聴する!

邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

↑『花と蛇』をおトクに見る♪

  

こちらもおすすめ!Paravi(パラビ)

Paravi

国内テレビドラマが好きなら加入すべし!

Paravi(パラビ)は、TBSやテレビ東京、WOWOW、日本経済新聞といった国内主要メディアが連携し、2018年4月にサービスを開始した動画配信サービスです。

国内ドラマの配信数は、日本最大級!

さらにバラエティ、音楽、アニメのほかスポーツや報道・ドキュメンタリーなど、各局の強みを前面に出した配信ラインナップとなっています。

料金は定額で見放題の「Paraviベーシックプラン」が月額925円(税別)。他の動画配信サービスとほぼ同等の価格帯です。

登録後30日間の無料お試し期間があり、1本単位でレンタル購入できる有料コンテンツも豊富に揃っています。

Paravi(パラビ)に加入する

Paraviでしか観ることができない動画も♪

-邦画(日本国内映画)

テキストのコピーはできません。

Copyright© Qooqle , 2019 All Rights Reserved.