重力ピエロ

投稿日:

映画/邦画『重力ピエロ』の「あらすじ」「動画を無料視聴する方法」をご紹介していきます!

↓『重力ピエロ』の動画を今すぐ無料で見たい方はこちらをクリック↓

映画/邦画『重力ピエロ』を見る邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

重力ピエロを無料で視聴する!

映画/邦画『重力ピエロ』とは?(あらすじ・見どころ)

映画(詳しくは邦画・日本国内映画)『重力ピエロ』の作品概要邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

まずは、『重力ピエロ』とはどんな作品なのか?、作品の概要をご紹介します。

あらすじ

哀しい過去を抱えながらも、力強く生き抜こうとする家族を描いたヒューマンミステリー

■見どころ
不幸な現実の先にも、懸命に希望を見出そうとする家族の物語。
卑劣な犯罪によって翻弄される兄弟を加瀬亮&岡田将生が、彼らを温かく見守る父親を小日向文世が演じる。

■ストーリー
大学院で遺伝子の研究をする泉水と、街中の落書き消しの仕事をする春。
2歳違いの兄弟である2人は、ある日、父親がガンに侵されていることを知る。
一方、街では連続放火事件が起きており、その現場には犯人からのメッセージと思われる落書きが残されていた.。

ここがポイント!

重たいテーマを扱いながらも、シリアスになりすぎないのは、伊坂幸太郎原作ならでは。
タイトルに込められた意味は、終盤になって明らかに。

U-NEXTキャンペーン『重力ピエロ』を無料で見る!>>邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

映画/邦画『重力ピエロ』の特別動画(特典映像)

映画(詳しくは邦画・日本国内映画)『重力ピエロ』の特別動画(特典映像)邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

ここからは、映画/邦画『重力ピエロ』の特別動画(特典映像)をご紹介します。

[動画]加瀬亮、岡田将生、吉高由里子ほか/『重力ピエロ』 完成披露舞台挨拶

[動画]映画『重力ピエロ』 特報

[st-kaiwa-kaisetsu-woman-no1]『重力ピエロ』の
「テレビ放送を見逃してしまった!」
「フル動画をできるだけ安く見たい!」

…そんなあなたは必見♪[/st-kaiwa-kaisetsu-woman-no1]

U-NEXTのキャンペーンを使えば動画を無料視聴できる!!

31日間の無料トライアルで視聴する!

邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

↑『重力ピエロ』をおトクに見る♪

映画/邦画『重力ピエロ』の作品紹介(キャスト・視聴率・OST・DVD情報)

映画(詳しくは邦画・日本国内映画)『重力ピエロ』の作品紹介(キャスト・スタッフ・視聴率・相関図・OST・DVD情報)邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

ここからは、『重力ピエロ』について、より詳しく作品紹介をしていきます。

映画/邦画『重力ピエロ』の出演者(キャスト・スタッフ紹介)

映画/邦画『重力ピエロ』のキャスト(出演者)やスタッフをご紹介します。

映画(詳しくは邦画・日本国内映画)『重力ピエロ』の出演者(キャスト・スタッフ紹介)邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

キャスト
(出演者)
加瀬亮(役:奥野泉水)大学院生。大学では遺伝子学を学んでいる。
岡田将生(役:奥野春)泉水の弟。泉水によると見た目が良くて女性にモテるが、今のところ恋愛に興味はない。
小日向文世(役:奥野正志)泉水と春の父親。
吉高由里子(役:夏子)春の高校時代からのストーカー。本名は不明。
岡田義徳(役:山内)泉水の大学院の同級生で同じ研究室仲間。
柏木陽(役:遺伝子学者)遺伝子学者
コッセこういち(役:大学の研究員)大学の研究員
熊谷知博(役:奥野泉水(幼少期))奥野泉水(幼少期)
北村匠海(役:奥野春(幼少期))奥野春(幼少期)
スタッフ 監督:森淳一
原作:伊坂幸太郎
音楽:渡辺善太郎
脚本:相沢友子
製作:小川真司、阿部秀司、亀山慶二、吉村晴樹、橋本修、二木清彦、喜多埜裕明、一力雅彦、大澤善雄

映画/邦画『重力ピエロ』の相関図

映画/邦画『重力ピエロ』の人間関係をまとめた相関図です。

映画(詳しくは邦画・日本国内映画)『重力ピエロ』の登場人物の人間関係・相関図・チャート邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

映画/邦画『重力ピエロ』の平均視聴率・最高視聴率

映画/邦画『重力ピエロ』の視聴率を調べました。

最高視聴率 不明
平均視聴率 不明

映画/邦画『重力ピエロ』のOST(オリジナルサウンドトラック・主題歌)

映画/邦画『重力ピエロ』のOST(オリジナルサウンドトラック)の情報です。

映画(詳しくは邦画・日本国内映画)『重力ピエロ』のOST(オリジナルサウンドトラック・主題歌)邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

曲順 タイトル
1 a place in the sun
2 光 (熊木杏里)
3 flows slowly (PAX JAPONICA GROOVE remix-)
4 matter (note native remix-)
5 最後の嘘 (臼井嗣人)
6 dizzy (PAX JAPONICA GROOVE remix-)
7 a place in the sun (Takeshi Hanzawa remix-)
8 Sometimes (Zentaro Watanabe remix- S.R.S )
9 seek (DJ4TH(Anneagram) a.k.a. YOSHINORI OKADA remix- )
10 flows slowly

重力ピエロのOST 1 渡辺善太郎「a Place In The Sun」

重力ピエロのOST 2 渡辺善太郎「matter」

映画/邦画『重力ピエロ』のDVD&ブルーレイ発売情報

映画/邦画『重力ピエロ』のDVD・ブルーレイ発売情報です。

映画(詳しくは邦画・日本国内映画)『重力ピエロ』のDVD&ブルーレイ発売情報邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

[DVD/ブルーレイ]重力ピエロ [DVD]

監督:森 淳一
形式:Color, Dolby, Widescreen
字幕:日本語, 英語
リージョンコード:リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
画面サイズ:1.78:1
ディスク枚数:1
販売元:角川書店
発売日 2013/04/19
時間:119 分
価格:4,927円

[DVD/ブルーレイ]重力ピエロ 特別版 [DVD]

出演:加瀬亮, 岡田将生, 小日向文世, 鈴木京香, 吉高由里子
監督:森淳一
形式:Color, Dolby, Limited Edition, Subtitled, Widescreen
バリアフリー字幕:日本語
バリアフリー音声ガイド:日本語
リージョンコード:リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
ディスク枚数:1
販売元:角川エンタテインメント
発売日 2009/10/23
時間:119 分
価格:3,980円
★映像特典
メイキング オブ 重力ピエロ、「重力ピエロ」舞台挨拶集、主題歌ミュージッククリップ:S.R.S「Sometimes -.B.C-」(監督:森 淳一 出演:岡田将生)、特報/予告/TV-SPOT
★初回限定仕様 外箱&ブックレット付き

[DVD/ブルーレイ]重力ピエロ Blu-ray スペシャル・エディション

出演:加瀬亮, 岡田将生, 小日向文世, 鈴木京香, 吉高由里子
監督:森 淳一
形式:Color, Dolby, Widescreen
バリアフリー字幕:日本語
バリアフリー音声ガイド:日本語
リージョンコード:リージョンA (詳細についてはこちらをご覧ください DVD/Blu-rayの仕様。)
画面サイズ:1.78:1
ディスク枚数:1
販売元:TCエンタテインメント
発売日 2012/09/05
時間:119 分
価格:3,414円
【特典映像】
●メイキング・オブ・重力ピエロ ●重力ピエロ 舞台挨拶集
●主題歌ミュージック・クリップ S.R.S「Sometimes-B.C.-」 ●予告編集

『重力ピエロ』を見たい!と思っても、
DVD/ブルーレイはちょっと高い…(^_^;)

でもNEXTのキャンペーンなら『重力ピエロ』を全話無料で視聴できる!!

31日間の無料トライアルで視聴する!

邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

↑『重力ピエロ』をおトクに見るチャンス♪

映画/邦画『重力ピエロ』の口コミ(感想レビュー・ネタバレ注意)

映画/邦画『重力ピエロ』のネタバレ感想・レビュー・口コミ・クチコミ・評判)邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

映画/邦画『重力ピエロ』の口コミ(感想レビュー※ネタバレを含むため注意)

ここでは、『重力ピエロ』を見た人の口コミ(感想レビュー※ネタバレを含むため注意)をご紹介します。

光と闇の対比

春の季節のポカポカとした温もりを感じたと思ったら、次の瞬間には背筋がぞっとするような思いをする。光パートと闇パートの対比の激しい作品、という印象でした。
<光パート>
・両親の出会いから現在の生活に至る、家族の仲の良さ
・兄から弟への愛情(弟「レイプって何?みんな言ってる…」→兄「レイプグレイプファンタグレイプ」のシーンは涙が出ました)
・弟から兄への愛情と信頼(怪我してないのに兄の真似をしてトイレットペーパーを巻いた弟、弟が残した放火現場の遺伝子の暗号など)
<闇パート>
・24年前に母に起きた痛ましい事件
・ハルの実父(渡部篤郎)の考え方と生き様
・兄がハルの実父を殺そうと画策するところ
・弟が実父を殺したこと
放火、殺人は犯罪です。また、犯罪をした人は刑に服する必要があります。
常識や倫理面で考えて、この話を不愉快だと感じる人も少なからずいると思います。けれども私はあの終わり方を社会通念を超えた「光」パートだと思いました。
光で終わって良かった。
ちなみに夏子さんも、普通に考えればストーカーなので「闇」です。
しかしその彼女も光にするような描き方。
懐の深い作品です。

家族とは。

原作は読んでいません。
なのでどちらが作品として優れているかはわかりません。
ただ「家族」を考えるいい作品でした。
それぞれ「苦悩」という重力を感じながら、それでも生きて。
私は女性なので、「産もう。そして育てよう」と夫が言ってくれたときの
妻の気持ちが痛いほどよくわかりました。
半分は自分の血。
そして自分の中に宿った命。
ただその夫の決断に、感服です。
そして妻が亡きあとの、家族へのやさしく厳しい思い。
原作が読みたくなりました。

笑ってれば空も飛べるかも。

伊坂幸太郎の原作映画初鑑賞かと思ってましたが
「陽気なギャングが地球を回す」もそうだったんですね。
全く知りませんでした。
最近話題?の伊坂作品は一度も読んだことはありませんが
「重力ピエロ」の原作もきっと「春が二階から落ちてきた。」の
一文から始まるんでしょう。
それほどインパクトがあり興味がそそられる言葉でした。
映画も見始めたらもう止まらない。
このクソ暑いのに扇風機もつけずエアコンもつけず
見始めてしまったもんだから汗だくだくの
涙ぼろぼろの鼻水だらだらのさすがにもらしはしなかったけど
穴という穴からもう汁が出っぱなし(笑)
多分原作も一度読み出したら止まらないぐらい
はまってしまうんでしょう。
確かに映画の内容はとても重いものなんですが
テーマのひとつ?の重力という部分で
小日向文世さんの満面の笑顔や
夏子のストーカーっぷり(完全に心霊写真だけど)
なにより心地いい音楽がその重力を開放してくれていた気がする。
ラストにしても渡部篤郎の心のそこから憎たらしく思う
演技によって泉水と春の実際した行動は良くないかもしれないが
あの非現実的なラストにすることによってやっぱり重力から開放され
なんだか爽快感すら感じる。
現実的なことなんか描きたいんじゃなくて
その重石をはずされた開放感を描きたかったんだろう。

面白かったです。

犯罪に関しては色々あるけど、
最強の家族です。

よい。

見てよかったです。
放火の必要性など、映画を観るうえでそういう理屈を考えるのは私は好きではないので、純粋に血のつながりを超えた家族のあり方に心うたれました。

高1生物の予習勉強になりました

遺伝子の配列が出てきてすごく
勉強になりました。
元々SPECで加瀬亮さんの映画を全部見てやろう!
という気持ちから見ることになりました^^
これを見た一ヶ月後位に生物の授業にDNAとRNAがでておおぉ??
と、なりました。
とにかく勉強になりました。(*^^*)

涙、涙、はるを助けたい

最初は春カッコいい!とうっとりほのぼのと見ていました。
精神異常者の考えにびっくり、こんな人もいるのだと思いました。
中盤から涙涙でした。
とっても暖かい家族で、両親に育てられた2人は優しい心をもっています。春がかわいそうで、自分がのうのうと生きているのが辛くなりました。
できるならば犯人を殺させたくなかったです。お兄さんにとめてほしかったです。

私も一番好きな映画

偶然前の方も同じことを言われててびっくりしました。
私もこの映画が一番好きな映画なんで。
淡々とした演出とは裏腹にすごくスリリングなストーリーです。
清らかな春が時折凶悪な一面を見せたり、優しい泉が優しさゆえの犯罪に手を染め始めたり…。
でも、何より心に残ったのは、「俺たちは最強の家族だ」という穏やかなお父さんの言葉。
この映画で起こる様々な悲劇を包み込んで浄化してしまうほど、衝撃を受けました。
親となった私ですが、あの状況であんな風に言えるのか、思えるのか。
でも、できれば、どんなに辛いことがあってもそう思って生きてたい。
私の中では人生のバイブル的な映画でもあります。

1番好きな映画

もともとは小説が好きで
映画はあまり観る気はおきなかったが、なんとなく観てみることに。
大抵は、原作に先に触れていると、特に映画化された物は時間短縮のために、いろんなモノがカットされたり、変にあらすじが変わってたりしますが
少し違う部分もありましたが、良い部分は残しつつ、いらない部分は切り取りとよくできてたと思います。
原作では、サーカスでピエロを観るときの回想は結構、最初の方に描かれていますが、映画ではラストに持ってきてあったりと、監督のこだわりというか、ちゃんと考えてあるなあと想いました。
あさーくなんとなーく観ていてもこの映画の良さは解りずらいものだとは思います。
しかし、家族愛や、兄弟愛、いろんな面で奥が深く、いろんな解釈ができる素敵な映画です。
一つ一つの言葉が重く。また軽く話すので、スムーズに物語が進む感じ。
なんか文書が変になってしまいましたが、たまに観たくなる映画です。
何度観ても、ラストの、父が岡田将生に言う言葉と笑顔、母がサーカスで家族に向かって言うところかで涙が流れてしまいます。
薄っぺらいそのへんの映画よりは最高に良い映画なので、じっくり観れる環境で、軽く考えながら観てもらえたら良さが分かってもらえると思います。

連続放火と落書き事件の謎を追い始める兄弟

「春が2階から落ちてきた」
という一文から始まり、かなり引き込まれてしまった。
暖かく、ほんわかした雰囲気とは背中合わせに、冷たく重いストーリー。
だけど約2時間苦にはならなかったし見ていて飽きなかった。ほんわかするような余韻を残してくれる。
「苦悩」という「重力」を背負った、家族の生き様がよく描かれているなって思った。
観たあとは家族愛というより、兄弟愛のが強かった印象を受けたが凄く考えさせられる映画。
ストーリーは放火犯探しだけど謎解き主題を置いていない。家族と人とのつながりを描いている。
悲しい過去、逃れられない真実。
ピエロみたいな家族が一つの事件と絡めて物語は進んでいく。
お父さんが言う「俺達は最強の家族だ」凄い家族愛を感じた。
あと所々、伏線が張られていて楽しめる。
結末も非現実的なラストにすることによって、なんだか重力から解放されたように感じたから良かった。

映画/邦画『重力ピエロ』のネタバレ感想(ツイッター・Twitter)

つづいて、『重力ピエロ』を見た人の声や感想(※ネタバレを含むため注意)をご紹介します。

映画/邦画『重力ピエロ』をテレビ放送を見逃した!できるだけ安く見たいあなたに!

[st-kaiwa-kaisetsu-woman-no1]『重力ピエロ』の
「テレビ放送を見逃してしまった!」
「フル動画をできるだけ安く見たい!」

…そんなあなたは必見♪[/st-kaiwa-kaisetsu-woman-no1]

U-NEXTのキャンペーンを使えば動画を無料視聴できる!!

31日間の無料トライアルで視聴する!

邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

↑『重力ピエロ』をおトクに見る♪

  

こちらもおすすめ!Paravi(パラビ)

Paravi

国内テレビドラマが好きなら加入すべし!

Paravi(パラビ)は、TBSやテレビ東京、WOWOW、日本経済新聞といった国内主要メディアが連携し、2018年4月にサービスを開始した動画配信サービスです。

国内ドラマの配信数は、日本最大級!

さらにバラエティ、音楽、アニメのほかスポーツや報道・ドキュメンタリーなど、各局の強みを前面に出した配信ラインナップとなっています。

料金は定額で見放題の「Paraviベーシックプラン」が月額925円(税別)。他の動画配信サービスとほぼ同等の価格帯です。

登録後30日間の無料お試し期間があり、1本単位でレンタル購入できる有料コンテンツも豊富に揃っています。

Paravi(パラビ)に加入する

Paraviでしか観ることができない動画も♪

-邦画(日本国内映画)

テキストのコピーはできません。

Copyright© Qooqle , 2019 All Rights Reserved.