俳優 亀岡拓次

投稿日:

映画/邦画『俳優 亀岡拓次』の「あらすじ」「動画を無料視聴する方法」をご紹介していきます!

↓『俳優 亀岡拓次』の動画を今すぐ無料で見たい方はこちらをクリック↓

映画/邦画『俳優 亀岡拓次』を見る邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

俳優 亀岡拓次を無料で視聴する!

映画/邦画『俳優 亀岡拓次』とは?(あらすじ・見どころ)

映画(詳しくは邦画・日本国内映画)『俳優 亀岡拓次』の作品概要邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

映画(詳しくは邦画・日本国内映画)『俳優 亀岡拓次』の出演者(キャスト・スタッフ紹介)邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

まずは、『俳優 亀岡拓次』とはどんな作品なのか?、作品の概要をご紹介します。

あらすじ

“最強の脇役”役者に訪れた人生最大の転機!安田顕が演じる不器用な男の人生賛歌

■見どころ
作家・戌井昭人の同名小説を原作に、“名前は知らぬがどこかで見たことのある”脇役俳優の日常を描く。
新井浩文、染谷将太ら実力派の共演に加え、業界あるあるも見どころ。

■ストーリー
声がかかればどんな撮影現場にも行き、現場と酒場を往復する生活を送る37歳独身の脇役俳優・亀岡拓次。
ロケ先の居酒屋で出会った若女将のアズミに恋をしてしまった彼は、ある日、自分が心酔する世界的巨匠の新作オーディションを受けるチャンスを得るが…。

U-NEXTキャンペーン『俳優 亀岡拓次』を無料で見る!>>邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

映画/邦画『俳優 亀岡拓次』の作品紹介(キャスト・視聴率・OST・DVD情報)

映画(詳しくは邦画・日本国内映画)『俳優 亀岡拓次』の作品紹介(キャスト・スタッフ・視聴率・相関図・OST・DVD情報)邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

ここからは、『俳優 亀岡拓次』について、より詳しく作品紹介をしていきます。

映画/邦画『俳優 亀岡拓次』の出演者(キャスト・スタッフ紹介)

映画/邦画『俳優 亀岡拓次』のキャスト(出演者)やスタッフをご紹介します。

映画(詳しくは邦画・日本国内映画)『俳優 亀岡拓次』の出演者(キャスト・スタッフ紹介)邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

映画(詳しくは邦画・日本国内映画)『俳優 亀岡拓次』の出演者(キャスト・スタッフ紹介)邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

キャスト
(出演者)
安田顕(役:亀岡拓次):脇役専門の映画俳優。37歳独身。ホームレスや泥棒、チンピラなど様々な役を演じ、「現場に奇跡を呼ぶ男」と呼ばれている。
麻生久美子(役:室田安曇):長野県諏訪市で「居酒屋ムロタ」を父と共に営む若女将。バツイチで、息子が一人いる。
宇野祥平(役:宇野泰平):亀岡の俳優仲間。演じる宇野は上述の通り亀岡のモデルの一人。
新井浩文(役:山之上):Vシネマの監督。亀岡の以前の出演作を見て感動し、亀岡をキャスティングした。
三田佳子(役:松村夏子)弟子舞台「陽光座」の女優兼座長。
スタッフ 監督:横浜聡子
脚本:横浜聡子
原作:戌井昭人
音楽:大友良英
撮影:鎌苅洋一
編集:普嶋信一
制作会社:ジャンゴフィルム製作会社『俳優・亀岡拓次』製作委員会
配給:日活

映画/邦画『俳優 亀岡拓次』の相関図

映画/邦画『俳優 亀岡拓次』の人間関係をまとめた相関図は見つかりませんでした。
(※公式サイトでも用意されていませんでした。)

映画/邦画『俳優 亀岡拓次』の平均視聴率・最高視聴率

映画/邦画『俳優 亀岡拓次』の視聴率を調べました。

平均視聴率 -%
最高視聴率 -%

映画/邦画『俳優 亀岡拓次』のOST(オリジナルサウンドトラック・主題歌)

映画/邦画『俳優 亀岡拓次』のOST(オリジナルサウンドトラック)の発売情報はありませんでした。

映画/邦画『俳優 亀岡拓次』のDVD&ブルーレイ発売情報

映画/邦画『俳優 亀岡拓次』のDVD・ブルーレイ発売情報です。

映画(詳しくは邦画・日本国内映画)『俳優 亀岡拓次』のDVD&ブルーレイ発売情報邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

[DVD/ブルーレイ]俳優 亀岡拓次 DVD(通常版)

発売日:2016/8/24
価格:¥2.500
時間:2 時間 3 分
ディスク枚数:1
形式:Dolby
言語:日本語 (Dolby Digital 5.1)
出演:安田顕/麻生久美子/宇野祥平/新井浩文/染谷将太
リージョン:リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。)
メーカー:アミューズ

『俳優 亀岡拓次』を見たい!と思っても、
DVD/ブルーレイはちょっと高い…(^_^;)

でもNEXTのキャンペーンなら『俳優 亀岡拓次』を全話無料で視聴できる!!

31日間の無料トライアルで視聴する!

邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

↑『俳優 亀岡拓次』をおトクに見るチャンス♪

映画/邦画『俳優 亀岡拓次』の口コミ(感想レビュー・ネタバレ注意)

映画/邦画『俳優 亀岡拓次』のネタバレ感想・レビュー・口コミ・クチコミ・評判)邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

映画/邦画『俳優 亀岡拓次』の口コミ(感想レビュー※ネタバレを含むため注意)

ここでは、『俳優 亀岡拓次』を見た人の口コミ(感想レビュー※ネタバレを含むため注意)をご紹介します。

ファンタジー

脇役俳優の人間ドラマを期待していましたが、ドラマチックな展開ではなく、リアリティを重視した「脇役俳優の日常」が描かれています。
現場を舞台に、本人と役柄の双方を通じて、二面的にエピソードが語られるのが興味深いです。
バイクで長野に向かうシーンで、この作品がファンタジーであることに気が付きました。賛同が得られるとは思いませんが、個人的には、テリー・ギリアムのバロンやティム・バートンのビッグ・フィッシュのような作品と同じような印象を持ちました。
安田顕さんは、抑えた演技も見事で、俳優亀岡拓次を演じ切っていました。そして、安曇役の麻生久美子さんも、とても魅力的な女性を演じていて、ファンタジーを膨らませていますし、その一方で、現実に引き戻す役割も見事でした。

ヤスケンの魅力全開。

遅ればせながら地元の映画館で観ました。
星5つ以外の評価をした皆さん、本当はヤスケンファンではないのでは?
裏を返せばヤスケンファン以外の方にとっては少し分かりにくく、さして盛り上がりもないままエンディングを迎えるストーリーかもしれません。
「ガラスの仮面」のマヤのように役になりきるヤスケンはファンなら必見です。
できればガラガラの映画館でしみじみ観るのが一番おすすめです。

笑えた

笑えて、見終わったあと元気になれた。

傑作ですよ

レビューの評価が随分低いが、これは傑作です。
アラビアのロレンスやら死刑台のエレベーターあるいはタンポポやらへのオマージュというよりも茶化しが入っていたり、映画ファンは、にそにそしてしまう。
映画の中で、映画の奇跡なんていう話が出てくるが、アンゲロプロスが来ると風が必要な場面で必ず風が吹くとか、そんな神話を小馬鹿にしているようでいい。何より、映画がどのように出来るのか、よくわかる。作家主義とかなんとかいったも、一人の監督がどんなに頑張っても役者やスタッフが動かなきゃ所詮よい作品はできない。そういう点で映画には、偶然性に多く依拠する産物だということがよくわかる。だからといってやっぱりすごいものはすごいものになっていく、そこに「映画の神様」がいるのだということをこの監督は信じているのだと思わせる。
別にシネフィルでなくても、素直に見れば充分楽しめる。ただ、こちらの感受性を解放しないとだめ。自身の思いをストレートに表現するのが下手な、気取った東京人には向かないかな。
亀岡卓治が、利き手を負傷して、左手でサインをする辺り一人で笑っていた。周りの人は、クスリともしなかったが。とにかく、笑えるし、しんみりさせくれるし、良い映画をみたなあという気分になった。

意外と

面白かったです。肩の力を抜いて見れました。

麻生さんに癒されますね。

いろんな役で奇跡を起こす。
お見事な仕事っぷりで重宝されてる感がいい。
麻生久美子さんは、やっぱり素敵。癒される対応に惚れますね。
ぐだぐたなスナックの現場とかおもしろい現場いっぱいでした。

俳優。安田顕。

これはきっと
「安田顕による
安田顕の
安田顕ファンのための映画」ではないでしょうか。
そう思えば納得できました。
全くヤスケンを知らない方が見たら
えええええ???って思ってしまう内容ですが、
私はヤスケンの大ファンなので大爆笑して見れました。
狭い館内でみんな大声出して笑っていらしたので
ファンの方が見たら面白いのかなと思います。
ヤスケンの1人芝居は圧巻で、かなりヤスケンワールドに引き込まれました。
牛乳リバースしてたonちゃんがこんなすばらしい俳優さんになるなんて
誰が想像したでしょうか。。。
大泉さん然り、NACSメンバーのお芝居はほんとうにすばらしいです。

かめたくの。

俳優亀岡拓次。
私にとってはファンタジー。
それも、地に足の付いたファンタジー。
何より、監督が素晴らしい。
映像、そのリズム、流れる時間。
それに、安田顕を起用した事、
安田顕の演じる「亀岡拓次」と言う生き物が
とても生々しい。
その生々しさがあの映像のファンタジックな所とかみ合い、
地に足を付けさせる絶妙のバランスなのだろう。
若者だけでなく、
50代60代の、何気ない日常を贈っている男性に観てもらいたい。
パート2があるとは想えないが、
是非とも観たい。
そして、横浜監督の次回作がとても楽しみでもある。
この作品で横浜ファンになったと自覚します。

[ネタバレ]心の熱さ、チラ見せの極意。

ポスターのビジュアルが教育映画っぽく期待しないで見たんですが、安田顕ファンだったら必見の作品。
現在で最もカメレオン的(?)役者の彼にしかできない役者の役。(←文章、変?)
結構、心の中は熱いんだけど、表面は淡々、ってのを演じさせればピカイチですね。
これまで不得手でことわっていた舞台の仕事を受け入れる。
スペインの巨匠監督のオーディションに挑戦する。
麻生久美子演じるバツイチ女性に恋をして、自分なりの告白をしようとする。
他の俳優が演じれば盛り上がりが期待されるエピソードを、安田は淡々と演じ、ほんの僅か、1%ぐらいの熱い思いをチラ見せする。
この辺が安田の真骨頂ともいえるでしょう。
ほんとに地味になりそうなこの映画を、かなり豪華な俳優が周りを固めていて、メジャー映画っぽくしているのも悪くない。
若手監督役の新井浩文、染谷将太、クセのある大物監督役・山崎努。
ちょっとダメな、でもかわいいアラサ―女性・麻生久美子。
(↑いつものパターンの役だけど、やはりこの役はこの人!)
そしてなんといっても大物女優役の三田佳子。
この方はもう何年「大物女優」をやっているんだろう。
薬師丸ひろ子の「Wの悲劇」からもうかれこれ30年以上も「大物女優」といえば三田佳子ですよね。
今回の「大物女優」も、ちょっと枯れてて、妖艶で、安田との絡みも緊張感とセクシーさを醸し出す。この映画の中での、かなりのスパイス役です
たぶん、途中で寝るか、ツボにはまるか、どちらかに評価は分かれる映画。
もちろん私は◎

人生はこんなものかなと思わせる

淡々と描かれる。
亀岡拓次は、名脇役。食べるには困らない。才覚がある。
独身。スペインまでオーデションを受けに行く。
外国映画にも出演する。
人生は、途上である。
恋もするが、ふられる。
自由に生きて、うらやましい。
人生は、この程度、こんなものかなと思わせる。
生きる途上を描いた映画。

映画/邦画『俳優 亀岡拓次』のネタバレ感想(ツイッター・Twitter)

つづいて、『俳優 亀岡拓次』を見た人の声や感想(※ネタバレを含むため注意)をご紹介します。

https://twitter.com/shiba_nyagi/status/691201411384672256?s=19

映画/邦画『俳優 亀岡拓次』をテレビ放送を見逃した!できるだけ安く見たいあなたに!

[st-kaiwa-kaisetsu-woman-no1]『俳優 亀岡拓次』の
「テレビ放送を見逃してしまった!」
「フル動画をできるだけ安く見たい!」

…そんなあなたは必見♪[/st-kaiwa-kaisetsu-woman-no1]

U-NEXTのキャンペーンを使えば動画を無料視聴できる!!

31日間の無料トライアルで視聴する!

邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

↑『俳優 亀岡拓次』をおトクに見る♪

  

こちらもおすすめ!Paravi(パラビ)

Paravi

国内テレビドラマが好きなら加入すべし!

Paravi(パラビ)は、TBSやテレビ東京、WOWOW、日本経済新聞といった国内主要メディアが連携し、2018年4月にサービスを開始した動画配信サービスです。

国内ドラマの配信数は、日本最大級!

さらにバラエティ、音楽、アニメのほかスポーツや報道・ドキュメンタリーなど、各局の強みを前面に出した配信ラインナップとなっています。

料金は定額で見放題の「Paraviベーシックプラン」が月額925円(税別)。他の動画配信サービスとほぼ同等の価格帯です。

登録後30日間の無料お試し期間があり、1本単位でレンタル購入できる有料コンテンツも豊富に揃っています。

Paravi(パラビ)に加入する

Paraviでしか観ることができない動画も♪

-邦画(日本国内映画)

テキストのコピーはできません。

Copyright© Qooqle , 2019 All Rights Reserved.