伝染歌

投稿日:

映画/邦画『伝染歌』の「あらすじ」「動画を無料視聴する方法」をご紹介していきます!

↓『伝染歌』の動画を今すぐ無料で見たい方はこちらをクリック↓

映画/邦画『伝染歌』を見る邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

伝染歌を無料で視聴する!

映画/邦画『伝染歌』とは?(あらすじ・見どころ)

映画(詳しくは邦画・日本国内映画)『伝染歌』の作品概要邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

まずは、『伝染歌』とはどんな作品なのか?、作品の概要をご紹介します。

あらすじ

AKB48映画初出演作品。自殺を招く歌をモチーフにした都市伝説ホラー

■見どころ
大島優子、前田敦子ら、AKB48の初期黄金メンバーが女子高生役で総出演。
ヨーロッパで実際に自殺者を続出させた「暗い日曜日」をモチーフに秋元康が企画・原作を担当。

■ストーリー
女子高生のあんずは、親友の香奈が歌を口ずさんだ後に自殺するのを目撃し、その真相を調べ始めた。
同じ頃、三流風俗雑誌の編集者・陸は、歌うと死ぬという「伝染歌」のうわさを耳にした。
ふたりはあんずの級友たちとともに、歌の呪いから逃げ、死の謎を追う。

U-NEXTキャンペーン『伝染歌』を無料で見る!>>邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

映画/邦画『伝染歌』の作品紹介(キャスト・視聴率・OST・DVD情報)

映画(詳しくは邦画・日本国内映画)『伝染歌』の作品紹介(キャスト・スタッフ・視聴率・相関図・OST・DVD情報)邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

ここからは、『伝染歌』について、より詳しく作品紹介をしていきます。

映画/邦画『伝染歌』の出演者(キャスト・スタッフ紹介)

映画/邦画『伝染歌』のキャスト(出演者)やスタッフをご紹介します。

映画(詳しくは邦画・日本国内映画)『伝染歌』の出演者(キャスト・スタッフ紹介)邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

キャスト
(出演者)
松田龍平(役:長瀬陸):雑誌「月刊MASAKA」の編集者
堀部圭亮(役:望月):月刊MASAKAのチーフM
原田遊人(役:モロ):モデルガンに詳しい陸の同僚
伊勢谷友介(役:太一太一):雑誌「月刊MASAKA」編集者。元自衛隊員。海外での傭兵経験あり。頭部と足を負傷して帰国。脳障害の疑い。
大島優子(少女時代:彩田真鈴)(役:夏野あんず):トライアスロン部の部長
小嶋陽菜(役:キリコ):トライアスロン部のマネージャーであんずのクラスメート
前田敦子(役:高橋香奈):トライアスロン部であんずのクラスメート
河西智美(役:雲早明日香):トライアスロン部であんずの後輩
峯岸みなみ(役:井上瑠美):トライアスロン部であんずの後輩
宮口紗江(トライアスロン部・あんずの後輩) - 小野恵令奈(役:宮口紗江):トライアスロン部であんずの後輩
野呂佳代(役:織部美希):あんずや香奈のクラスメート
矢島健一(役:寄井直弼):校長
矢柴俊博(役:工藤真也):教師
秋元才加(役:松田朱里):香奈の幼なじみで他校の生徒
筒井真理子(役:香奈の母親):香奈の母親
小須田康人(役:父親):あんずの父親
豊川栄順(役:母親):あんずの母親
木村佳乃(カメオ出演)(役:鏑木蘭子):あんずの叔母
中村靖日(役:初川刑事):刑事
小豆畑雅一(役:警官):コージのアパート
羽柴誠(役:山崎刑事):刑事
東風静(役:巡査):あんずの回想
西山知佐(役:紙谷小百合/カミヨン)
小山田サユリ(役:福山貴子/ヒメ)
高橋努(役:藤誠/トーマ)
池津祥(役:長瀬りき/エンマ)
星野みちる(役:五井道子)
宮澤佐江(役:Cちゃん)
高橋みなみ(役:愛ちゃん)
宮嶋剛史(役:テコ)
泊帝(役:タコ)
塚原大助(役:チコ)
松尾諭(役:オタッキー兵士)
安藤彰則/安部高志/岡野裕磁(役:取材者)
榊英雄(役:豊川クン)
田村泰二郎(役:老人)
末野卓磨(役:渡辺コージ)
重松収(役:森助)
工藤俊(役:借金取りダンディー)
賀川黒之助(役:借金取り弟子)
高橋光宏(役:ボディーガードA):ジェイク方丈のボディーガード
森永健司(役:ボディーガードB):ジェイク方丈のボディーガード
竹嶋康成(役:バズーカ)
大島麻衣/篠田麻里子/佐藤由加理/板野友美/増山加弥乃/戸島花/大江朝美/中西里菜7成田梨紗/川崎希/駒谷仁美(役:AKBショーガール)
メイド姿のキャッチガール - 宇治川麗菜(役:キャッチガール):メイド姿のキャッチガール
阿部寛(役:ジェイク方丈):後半の1シーンのみ登場。
スタッフ 監督:原田眞人
脚本:原田眞人/羽原大介
原作:秋元康
製作:松本輝紀
製作総指揮:榎望
音楽:蓜島邦明
撮影:藤澤順一
編集:上野聡一
製作会社:「伝染歌」フィルムパートナーズ
配給:松竹

映画/邦画『伝染歌』の相関図

映画/邦画『伝染歌』の人間関係をまとめた相関図です。

映画(詳しくは邦画・日本国内映画)『伝染歌』の登場人物の人間関係・相関図・チャート邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

映画/邦画『伝染歌』の平均視聴率・最高視聴率

映画/邦画『伝染歌』の視聴率を調べました。

平均視聴率 -%
最高視聴率 -%

映画/邦画『伝染歌』のOST(オリジナルサウンドトラック・主題歌)

映画/邦画『伝染歌』のOST(オリジナルサウンドトラック)の情報です。

映画(詳しくは邦画・日本国内映画)『伝染歌』のOST(オリジナルサウンドトラック・主題歌)邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

曲順 タイトル
1 主題歌五井道子「僕の花」

[OST]伝染歌 主題歌五井道子「僕の花」

映画/邦画『伝染歌』のDVD&ブルーレイ発売情報

映画/邦画『伝染歌』のDVD・ブルーレイ発売情報です。

映画(詳しくは邦画・日本国内映画)『伝染歌』のDVD&ブルーレイ発売情報邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

[DVD/ブルーレイ]伝染歌 プレミアム・エディション [DVD]

発売日:2008/2/22
価格:¥552
時間:2 時間 8 分
ディスク枚数:2
形式:Color, Dolby, DTS Stereo, Widescreen
言語:日本語 (Dolby Digital 2.0 Stereo)
出演:小嶋陽菜/前田敦子/大島優子/秋元才加/伊勢谷友介リージョンリージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。)
アスペクト比:1.78:1
メーカー:ジェネオン エンタテインメント

『伝染歌』を見たい!と思っても、
DVD/ブルーレイはちょっと高い…(^_^;)

でもNEXTのキャンペーンなら『伝染歌』を全話無料で視聴できる!!

31日間の無料トライアルで視聴する!

邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

↑『伝染歌』をおトクに見るチャンス♪

映画/邦画『伝染歌』の口コミ(感想レビュー・ネタバレ注意)

映画/邦画『伝染歌』のネタバレ感想・レビュー・口コミ・クチコミ・評判)邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

映画/邦画『伝染歌』の口コミ(感想レビュー※ネタバレを含むため注意)

ここでは、『伝染歌』を見た人の口コミ(感想レビュー※ネタバレを含むため注意)をご紹介します。

[ネタバレ]見た後で恐怖を感じるホラー映画

予告で見たよりは全然怖くなかった。だが、見た後に頭の中に伝染歌が残っていて、寝る時に少し恐怖を感じた。
主役のAKBの2人の女の子は、初主演にしてはかなり上手かった。

結構好評価

着信アリに続くいい映画ですね~
続編に期待したいです

青春ホラー

確かにアイドル映画ですが私は十分楽しめました。AKBにはなんの思い入れもありませんが、
30男の琴線に触れる作りにはなっています。

予想に反し…

三十路過ぎの女3人で観ましたが、当初のアイドル映画では‥という予想に反し、とても楽しめました。松田龍平、伊勢谷友介両氏を観れるだけでも価値あります。龍平くんが父の優作さんと重なって、何度もゾクッとしました。
作品としては、観る人それぞれでいろんな解釈のできる奥の深いものになってると思います。賛否両論のようですが、ホラー映画の苦手な私にはうれしいジャンルです。
個人的には、AKBとファンとの内輪盛り上がり的な開演前の雰囲気が気になりました。?伝染歌?はそういったところで勝負せずとも十分魅力的な作品だと思います。

[ネタバレ]なかなか面白いじゃない

さすが、「バウンス ko GALS」の原田監督。女子高生をナマっぽく、あぶなっかしく、弱くも強くもなれる、おっかない存在としてとても魅力的に描いている。
冒頭からもう目が離せなくなる。「近松」を授業で取り上げる・取り上げないで、いきなり、あぶない女子高生たちと、壊れてる高校教師たちの言い争いを活写、この映画がこれから描いていく「不安定な」世界を暗示する。
この始まりから、自殺を遂げた友人をめぐってその謎を探ろうとする女子高生たち、それに加わるカルト雑誌の記者たち、手がかりとなる人物の家の中を探ろうとして、彼らが入り乱れるシーン(俯瞰ショットを流動的に使った大変魅力的なシーン)へなだれ込み、カラオケで自殺ソングをみんなで歌う、そして、主要な人物が狂気の自殺を遂げて・・・・という展開は、もう傑作の域に達しているんじゃないか。目が釘付け状態、興奮状態で見てしまった。
「自殺」というのは伝染する。少し前に、日本の各地で中・高生たちの自殺者が連続したておこったことは記憶に新しい。
理由は様々でも、高校生くらいの年代に「自殺」という「感情」は心の中に巣食うことがあるはずだ。
この作品は、確かにその原因を、かつて非業の死を遂げた歌手の怨念に置いてはいるものの、それをうまく使いながら、高校生(女子)たちの心の不安定さや、そういうものがすぐに「死」へ結びついていくあぶなっかしい彼女たちの姿を浮き彫りにしていっている。
「自殺を考えると言うことは、生きると言うことも考えることになる」というような台詞を最後に松田龍平演じる主人公に言わせるが、確かにそうなのだ、この映画を見ていて、「死ぬ」っていうことがいとも簡単に感情の中に入り込み、それをどう処理していくことが実はけっこう難しいということを感じてしまうのだった。
非業の死を遂げた歌手が、実は、自殺ではなく人を救おうとして死んでしまったことが分かり、命を救われた女の子がそのことに目をそらさず、感謝することによって「自殺ソング」の呪縛は解ける。命へのプラスの思考が「自殺」を止めた・・・そういった結末も、ちょっとベタかもしれないけど、メッセージがストレートに伝わってきて、僕的には「あり」だ。そもそも、原田監督の別の傑作「金融腐食列島 呪縛」にしても、ベタでストレートな語りだからこそ、何とかして「正しいこと」を再生しようとする男たちのメッセージが強く伝わってきたではないか。
この映画に出てくる大人たちも全員、ある意味「壊れている」。まともな人は一人もいない。かれらも、かつては、不安定な感情をどうしようもなく過ごしてきた高校生たちだった。
「伝染歌」、全編、映画の遊びやこだわり、メッセージに溢れ、面白かった。

みなさんとまったく違う感想

最初は、馬鹿にしてました。暇だったからはいったわけで、期待してませんでした。見ていたら 女子高生がいっぱい出てきたんで なんか楽しいと。最後には なんか 感動したなあという映画。
でも 帰ってきて皆さんの レビューを見ると評価は低い。でも 私的には、終わってみれば90点、見ててよかったという映画。
なぜか。私には、この映画はホラーではなく、傷ついた魂の再生、家族の愛の崇高さを問いかけている映画だと思うんですよね。この感想は、皆さんから見ればおかしいかもしれない。でも 私には、そう感じました。
世の中 いろいろ事件が起こっています。私は、子供のスポーツにかかわっているのでいつも思うんですけど、小さい時に愛情をいっぱいうけた人間は、問題を起こさないと思うし、兄弟っていくつになっても
親の愛情を求めて あらそっているような気がします。それほど 幼児のころの愛情は大事。
でも 主人公は そこに問題があったわけです。
最後は、その点、解決されハッピー。
真面目なテーマをマジメに取り上げても今の世の中受け入れてくれないかもしれない。だから ホラーに事寄せたんだけど、愛情万歳っていうメッセージがつたわってくるようです。
満点にしなかったのは、女子高生でなくジャニーズ系がメインなら
同じテーマでも 酷評していただろうという 私にたいする自戒です。

伝染歌

怖いホラーでは無い。
独特の雰囲気が面白かった。

[ネタバレ]なかなか

AKB目的でレンタルしました。そのためどんな内容か全く知らずに見てみたんですが、フツーにおもしろかったです。
松田龍平さんのラストシーンに謎が残ります。

感服する

素晴らしいと思った。豪華な俳優、AKB48、どんな人でも楽しんでみれる作品だと思います。
確かにホラーなのか?という疑問が残る映画ではありますが、
僕は、そもそもこの映画はホラー映画として認識されるべきではないと思います。
今時の、女子高生、学校、先生、社会人、社会、東アジア人特有の心、魂などを取り入れた素晴らしい作品です。コメディタッチというよりはコメディなのか。。。気が重くなるような内容を最後までみさせ続ける脚本。
豪華俳優を特別扱いせず、一役者としてただそのキャラクターに変化させる(事ができる)
監督の指導方法を知りたい!
前々から思っていた事ですが、俳優目的で映画を見るのは当たり前。
が、自分の想像する芝居と違った芝居をしていたからといってそれは悪いとは限らない。
むしろ普通と違う一面を引き出すのは監督。監督がしっかりしていなければ俳優はいい芝居ができない。
いい芝居、(その映画にあった芝居)ができなければその映画はよくならない。
あげ足を取るばかりの人はひねくれた人だ。そんな人たちに評価される原田眞人監督が気の毒。
芝居に何の期待も持てなかったAKB48,こんな事を言う資格はないかもしれませんが、見直しました。
原田監督の映画特有のカメラワーク、見ている人が飽きないようなカット割り、スタイリッシュでかっこいい。
あくびをする暇がない日本映画は久しぶりです。

[ネタバレ] 久しぶりに震えた、映画好きは見ろ

コンビニの惣菜を使って高級フレンチを作った感じの映画です。
普通に撮っていたら詰まらないB級アイドル映画で終わっていたでしょうが、
この作品は、極上のB級映画に料理されています。
カット割が神がかってます、台詞が飛びぬけてます。
もう、映画学校の教材に使っても良いくらいの演出です。
映画好きならば、大笑いできます。
他の方のレビューで、女子高生の台詞が聞きづらいとありますが、
たぶん、小嶋陽菜の事だと思います、もともとああいうしゃべり方なので
問題ないですし、彼女の台詞回しは、彼女の事を知っている人にはツボだと思います。
これを初めから計算していたとしたら、秋元康は天才過ぎですね。

映画/邦画『伝染歌』のネタバレ感想(ツイッター・Twitter)

つづいて、『伝染歌』を見た人の声や感想(※ネタバレを含むため注意)をご紹介します。

映画/邦画『伝染歌』をテレビ放送を見逃した!できるだけ安く見たいあなたに!

[st-kaiwa-kaisetsu-woman-no1]『伝染歌』の
「テレビ放送を見逃してしまった!」
「フル動画をできるだけ安く見たい!」

…そんなあなたは必見♪[/st-kaiwa-kaisetsu-woman-no1]

U-NEXTのキャンペーンを使えば動画を無料視聴できる!!

31日間の無料トライアルで視聴する!

邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

↑『伝染歌』をおトクに見る♪

  

こちらもおすすめ!Paravi(パラビ)

Paravi

国内テレビドラマが好きなら加入すべし!

Paravi(パラビ)は、TBSやテレビ東京、WOWOW、日本経済新聞といった国内主要メディアが連携し、2018年4月にサービスを開始した動画配信サービスです。

国内ドラマの配信数は、日本最大級!

さらにバラエティ、音楽、アニメのほかスポーツや報道・ドキュメンタリーなど、各局の強みを前面に出した配信ラインナップとなっています。

料金は定額で見放題の「Paraviベーシックプラン」が月額925円(税別)。他の動画配信サービスとほぼ同等の価格帯です。

登録後30日間の無料お試し期間があり、1本単位でレンタル購入できる有料コンテンツも豊富に揃っています。

Paravi(パラビ)に加入する

Paraviでしか観ることができない動画も♪

-邦画(日本国内映画)

テキストのコピーはできません。

Copyright© Qooqle , 2019 All Rights Reserved.