神と人との間

投稿日:2月 8, 2019 更新日:

映画『神と人との間』の「あらすじ」「動画を無料視聴する方法」をご紹介していきます!

↓『神と人との間』の動画を今すぐ無料で見たい方はこちらをクリック↓

映画『神と人との間』を見る邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

神と人との間を無料で視聴する!

映画『神と人との間』とは?(あらすじ・見どころ)

映画(詳しくは邦画・日本国内映画)『神と人との間』の作品概要邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

まずは、映画『神と人との間』とはどんな作品なのか?、作品の概要をご紹介します。

あらすじ

谷崎潤一郎の一大スキャンダル“細君譲渡事件”をもとにしたブラックコメディ

■見どころ
主演の渋川清彦とTEAM NACSの戸次重幸が、1人の女性に翻弄されていく姿を描く。
名脇役とされる主演の2人が挑戦した、これまでのイメージとは違う役柄に驚かされるはず。

■ストーリー
町医者の穂積は熱帯魚店で働く朝子に想いを寄せていたが、親友の漫画家・添田の恋心を知り、身を引く。
やがて朝子と添田は結婚し、東京へ。
2人を心配した穂積は東京へ向かうが、そこで目にしたのは、女遊びに興じる添田と虐待され傷つく朝子の姿だった。

U-NEXTキャンペーン『神と人との間』を無料で見る!>>邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

映画『神と人との間』の作品紹介(キャスト・視聴率・OST・DVD情報)

映画(詳しくは邦画・日本国内映画)『神と人との間』の作品紹介(キャスト・スタッフ・視聴率・相関図・OST・DVD情報)邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

ここからは、映画『神と人との間』について、より詳しく作品紹介をしていきます。

映画『神と人との間』の出演者(キャスト・スタッフ紹介)

映画『神と人との間』のキャスト(出演者)やスタッフをご紹介します。

映画(詳しくは邦画・日本国内映画)『神と人との間』の出演者(キャスト・スタッフ紹介)邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

映画(詳しくは邦画・日本国内映画)『神と人との間』の出演者(キャスト・スタッフ紹介)邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

キャスト
(出演者)
渋川清彦(役:穂積):町医者
戸次重幸(役:添田):売れない漫画家
内田慈(役:朝子):熱帯魚屋の店員
スタッフ 監督/脚本:内田英治
原案:谷崎潤一郎
プロデューサー:佐藤友彦
共同プロデューサー:藤井宏二
共同プロデューサー:小美野昌史
撮影監督:伊藤麻樹
照明:佐藤宗史
録音:伊藤裕規
美術:佐藤希
制作プロダクション:TBSサービス
配給:TBSサービス

映画『神と人との間』の相関図

映画『神と人との間』の人間関係をまとめた相関図です。

映画(詳しくは邦画・日本国内映画)『神と人との間』の登場人物の人間関係・相関図・チャート邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

映画『神と人との間』の平均視聴率・最高視聴率

映画『神と人との間』の視聴率を調べました。

平均視聴率 -%
最高視聴率 -%

映画『神と人との間』のOST(オリジナルサウンドトラック・主題歌)

映画『神と人との間』のOST(オリジナルサウンドトラック)の発売情報はありませんでした。

映画(詳しくは邦画・日本国内映画)『神と人との間』のOST(オリジナルサウンドトラック・主題歌)邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

映画『神と人との間』のDVD&ブルーレイ発売情報

映画『神と人との間』のDVD・ブルーレイ発売情報です。

映画(詳しくは邦画・日本国内映画)『神と人との間』のDVD&ブルーレイ発売情報邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

[神と人との間 DVD/ブルーレイ]DVD-BOX

価格(税込):5,184円
発売日:2018年7月3日
収録内容:【Disc-1】神と人との間
特典内容:メイキング
アイテム名:DVD
収録時間:01:29:00
メーカー:オデッサ・エンタテインメント
商品番号:OED10467
制作年(発売年):2018
制作国:日本

『神と人との間』を見たい!と思っても、
DVD/ブルーレイはちょっと高い…(^_^;)

でもNEXTのキャンペーンなら『神と人との間』を全話無料で視聴できる!!

31日間の無料トライアルで視聴する!

邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

↑『神と人との間』をおトクに見るチャンス♪

映画『神と人との間』の感想レビュー

映画『神と人との間』のネタバレ感想・レビュー・口コミ・クチコミ・評判)邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

映画『神と人との間』の感想レビュー(ネタバレあり)

ここでは、『神と人との間』を見た人の感想レビュー(ネタバレ有り)をご紹介します。

目が離せないこの3人の行方に。

大文豪谷崎潤一郎氏の原作は失礼ながら全く読んだことがないので、何も事前情報なしでの鑑賞。「恋愛」が主軸に置かれているが、テイストは独特であり、世の中の三角関係とは一線を画している。というのも登場人物のキャラクターもかなり癖もあり、これを「純愛」と呼ぶべきかなんと呼ぶべきか、観ていていろいろ考えさせられる。さっさと離婚すればいいのに‥‥という野暮な見方もよぎったが、この登場人物だからこそのこの展開、結末に、最後まで目が離せなかった。笑いのエッセンスこそないが、どこまで狙っているのかわからないが、シュールな演出、やりとりもあるので観ていて退屈しなかった。

これは良作

理解できない恋模様であるため、取っ付きにくいことこの上ない。
が、理解できないのを無理に理解しようとしなければ、この映画が良作であることは紛れもなく理解できるはず。
俳優陣も文句なし。
個人的には根矢涼香さんに萌えた。

罰ゲームみたいな恋

愛する人を親友に譲ってしまう主人公。
主人公の穂積さん、お人好しもいいところですね。
罰ゲームみたいな関係だね。
添田も朝子も屈折してる変態愛の映画かなー。
それぞれの行動にイライラしつつも、それでも、おもしろかったですよ。

ささる

私にとっては最高だった。
気持ちの良いぐらい世間的な品行方正の価値観からズレた人間しか出て来ないけど、先が気になってあっという間に観てしまう。
個人的に悶えるほど好きなシーンは、部屋でよく分からない男(赤の他人)とセックスしてる親友の妻の妹をタバコ片手に眺めながら、徐に近寄って顔に手を添えてピースさせて親友に見せ付けるところ。
こういうのが好きっていう私のような価値観の人にはめちゃくちゃ刺さると思います。

谷崎トリビュート

㊗️広島東洋カープセリーグ三連覇!
今年こそ日本一を!
70年代第一次黄金期のカープ帽が渋川清彦の頭に載っかってるのに惹かれて、谷崎トリビュート第二弾を。
早々に只ならぬバイブスを感じ確認したら、内田英治監督だった!
谷崎の原作があるのかどうかも知らないが、往時の文筆家の屈折した恋愛感情をもっともらしく仕立てあげた小品は存外に読んでみれば大概下らなくて面白い事が多い。
坂口安吾「暗い青春 魔の退屈」とか好きだったなあ。
古き良き昭和の香りを残しつつ現代風に奇妙な味付けが好みだった。
落ち着いた色調、丁寧な言葉、行間のある空気感、実に私小説的文学風味に溢れていて、なんとも心地良い。
メインの三人のやり取りがタナキクマル並みのアンサンブルで魅せる。

面白い‼︎

カープ帽の渋川さん、面白い‼︎
恋愛?入り組んだ関係性って他者から見たら、かなりコミカルなのかも。
その切り離し加減が面白かった。

コメディ寄り?

愛している女を友情故、友に譲る。谷崎潤一郎の同名小説&細君譲渡事件の話。自己嫌悪、羨望、嫉妬等のネガティブな感情が愛を育む。そんな自分や彼女踏まえての愛の形。音や演出がコメディ寄りで、気持ち悪さや、異常さみたいなものが割と身を潜めてた。

渋川清彦

渋川清彦にしては珍しい役柄だったけど
渋川清彦らしさがしっかりと出てて良い
いつも被ってる赤キャップ面白い 笑
内田慈も良かった
内容はよくわからんし
終わり方恐ろしすぎる カオス

良い

KEEさんの新境地だなあ。最初見たとき誰がKEEさんなのか分からなかった(笑)

共感はしないけど、最後まで見てしまう

ここまで全ての登場人物に共感できない映画は珍しい笑
見てる間ずっとイライライライラしてたはずなんですけど、不思議なことに嫌いになれない世界観
この映画で1番邪悪なのは間違いなく添田なんだけども、朝子も穂積も大概狂ってるのである意味お似合い
共依存+1的な狂気と愛憎、愛し愛されたいと言いつつみんな見てるのは基本自分のことばかり
話の中心となる3人も、根本の部分では裸で踊ってた彼女達と大して変わらないんですね
気色の悪い映画、でも最後まで見てしまうのは、自分にもそういう要素が少なからずあるからでしょうか
いや〜それにしても戸次さんはクズ男の役が本当に誰よりハマりますね(褒め言葉

映画『神と人との間』のネタバレ感想(ツイッター・Twitter)

ここでは、『神と人との間』を見た人の声や感想(ネタバレ有り)をご紹介します。

映画『神と人との間』をテレビ放送を見逃した!できるだけ安く見たいあなたに!

女性解説
解説
『神と人との間』の
「テレビ放送を見逃してしまった!」
「フル動画をできるだけ安く見たい!」

…そんなあなたは必見♪

U-NEXTのキャンペーンを使えば動画を無料視聴できる!!

31日間の無料トライアルで視聴する!

邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

↑『神と人との間』をおトクに見る♪

  

-邦画(日本国内映画)

テキストのコピーはできません。

Copyright© クークル[Qooqle]人気おすすめ動画検索サイト , 2019 All Rights Reserved.