恋の罪

投稿日:2月 9, 2019 更新日:

映画『恋の罪』の「あらすじ」「動画を無料視聴する方法」をご紹介していきます!

↓『恋の罪』の動画を今すぐ無料で見たい方はこちらをクリック↓

映画『恋の罪』を見る邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

恋の罪を無料で視聴する!

映画『恋の罪』とは?(あらすじ・見どころ)

映画(詳しくは邦画・日本国内映画)『恋の罪』の作品概要邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

まずは、映画『恋の罪』とはどんな作品なのか?、作品の概要をご紹介します。

あらすじ

渋谷円山町で起きた実際の殺人事件をモチーフにした、衝撃の官能サスペンス

■見どころ
過剰な表現で中毒性を生み出す園子温監督がほとばしるエロスを描き、本作でも園子温ワールドが全開。
水野美紀のヘアヌードはじめ女優たちが大胆演技を見せつける。

■ストーリー
どしゃぶりの雨の中、ラブホテル街で女性の死体が発見される。
担当の女刑事・和子は、仕事にも家庭にも恵まれながら愛人との関係におぼれていた。
彼女は事件を追ううちに、エリート大学助教授・美津子と、夫に尽くす清楚な主婦いずみの秘密に触れる。

ここがポイント!

1997年に起きた大手企業OL殺人事件にインスパイアされた問題作。
ダイナマイトボディの神楽坂恵 、狂気の表情が印象的な冨樫真ら女優陣の体当たり演技に引き込まれる。

U-NEXTキャンペーン『恋の罪』を無料で見る!>>邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

映画『恋の罪』の特別動画(特典映像)

映画(詳しくは邦画・日本国内映画)『恋の罪』の特別動画(特典映像)邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

ここからは、映画『恋の罪』の特別動画(特典映像)をご紹介します。

[動画]水野美紀、冨樫真、神楽坂恵らが『恋の罪』初日舞台挨拶に登壇!

女性解説
解説
『恋の罪』の
「テレビ放送を見逃してしまった!」
「フル動画をできるだけ安く見たい!」

…そんなあなたは必見♪

U-NEXTのキャンペーンを使えば動画を無料視聴できる!!

31日間の無料トライアルで視聴する!

邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

↑『恋の罪』をおトクに見る♪

映画『恋の罪』の作品紹介(キャスト・視聴率・OST・DVD情報)

映画(詳しくは邦画・日本国内映画)『恋の罪』の作品紹介(キャスト・スタッフ・視聴率・相関図・OST・DVD情報)邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

ここからは、映画『恋の罪』について、より詳しく作品紹介をしていきます。

映画『恋の罪』の出演者(キャスト・スタッフ紹介)

映画『恋の罪』のキャスト(出演者)やスタッフをご紹介します。

映画(詳しくは邦画・日本国内映画)『恋の罪』の出演者(キャスト・スタッフ紹介)邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

キャスト
(出演者)
水野美紀(役:吉田和子):38歳。主に殺人事件を追う女刑事。表向きには仕事のできるいい女、家庭では夫と子供に恵まれた人妻。
冨樫真(役:尾沢美津子):38歳。いかにして売春婦になったかは語られていないが、母親を憎悪し、その反発心で早くから売春を行っていた。
神楽坂恵(役:菊池いずみ):30歳。ベストセラー作家の夫を持つが、亭主関白な夫にまるで奴隷のように従っているだけの生活に耐えきれない。
スタッフ 監督:園子温
脚本:園子温
製作:鳥羽乾二郎、大月俊倫
プロデューサー:千葉善紀、飯塚信弘
音楽:森永泰弘
撮影:谷川創平
編集:伊藤潤一
製作会社:日活
配給:日活

映画『恋の罪』の相関図

映画『恋の罪』の人間関係をまとめた相関図です。

映画(詳しくは邦画・日本国内映画)『恋の罪』の登場人物の人間関係・相関図・チャート邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

映画『恋の罪』の平均視聴率・最高視聴率

映画『恋の罪』の視聴率を調べました。

平均視聴率 -%
最高視聴率 -%

映画『恋の罪』のOST(オリジナルサウンドトラック・主題歌)

映画『恋の罪』のOST(オリジナルサウンドトラック)の発売情報はありませんでした。

映画(詳しくは邦画・日本国内映画)『恋の罪』のOST(オリジナルサウンドトラック・主題歌)邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

映画『恋の罪』のDVD&ブルーレイ発売情報

映画『恋の罪』のDVD・ブルーレイ発売情報です。

映画(詳しくは邦画・日本国内映画)『恋の罪』のDVD&ブルーレイ発売情報邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

[恋の罪 DVD/ブルーレイ]BD-BOX(初回版)

価格(税込):6,264円
発売日:2012年6月2日
収録内容:本編ディスク、特典ディスク
特典内容:
<映像特典>
メイキング映像&インタビュー
公開までの軌跡 ~カンヌ映画祭&完成披露報告会&初日舞台挨拶~
予告篇集:
特報
劇場予告
TVスポット
3女優キャラ別予告
幻の第4の女
キャラ別予告
<音声特典>
女むきだしのオーディオコメンタリー (水野美紀×冨樫真×神楽坂恵)
罪深き男たちのオーディオコメンタリー (園子温(監督)×千葉善紀(プロデュサー)×飯塚信弘(プロデュサー)×谷川創平(撮影)
アイテム名:ブルーレイ
形式:ブルーレイディスク
収録時間:02:24:00
音声:1:DOLBY True HD/5.1chサラウンド/日本語
色彩:カラー
映像方式:16:9/LB
面層:2層(50GB)
メーカー:ハピネット
商品番号:BBXN1083
制作年(発売年):2011
制作国:日本

[恋の罪 DVD/ブルーレイ]DVD-BOX(初回版)

発売日:2012年6月2日
価格(税込):5,076円
収録内容:本編ディスク、特典ディスク
特典内容:
<映像特典>
メイキング映像&インタビュー
公開までの軌跡 ~カンヌ映画祭&完成披露報告会&初日舞台挨拶~
予告篇集:
特報
劇場予告
TVスポット
3女優キャラ別予告
幻の第4の女
キャラ別予告
<音声特典>
女むきだしのオーディオコメンタリー (水野美紀×冨樫真×神楽坂恵)
罪深き男たちのオーディオコメンタリー (園子温(監督)×千葉善紀(プロデュサー)×飯塚信弘(プロデュサー)×谷川創平(撮影)
アイテム名:DVD
組数:2枚組
収録時間:02:24:00
音声:1:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/日本語
リージョンコード:2
色彩:カラー
映像方式:16:9/LB
面層:2枚組
メーカー:ハピネット
商品番号:BBBN1084
制作年(発売年):2011
制作国:日本

[恋の罪 DVD/ブルーレイ]BD-BOX

価格(税込):3,780円
発売日:2015年1月6日
特典内容:
<映像特典>
劇場予告編
<音声特典>
女むきだしのオーディオコメンタリー (水野美紀×冨樫真×神楽坂恵)
罪深き男たちのオーディオコメンタリー (園子温(監督)×千葉善紀(プロデュサー)×飯塚信弘(プロデュサー)×谷川創平(撮影)
アイテム名:ブルーレイ
形式:ブルーレイディスク
収録時間:02:24:00
音声:1:DOLBY True HD/5.1chサラウンド/日本語2:ドルビーデジタル/ステレオ/日本語
色彩:カラー
映像方式:16:9/LB
面層:1層(25GB)
メーカー:ハピネット
商品番号:FBBXN1083
制作年(発売年):2011
制作国:日本

[恋の罪 DVD/ブルーレイ]DVD-BOX

価格(税込):2,700円
発売日:2015年1月6日
特典内容:
<映像特典>
劇場予告編
<音声特典>
女むきだしのオーディオコメンタリー (水野美紀×冨樫真×神楽坂恵)
罪深き男たちのオーディオコメンタリー (園子温(監督)×千葉善紀(プロデュサー)×飯塚信弘(プロデュサー)×谷川創平(撮影)
アイテム名:DVD
収録時間:02:24:00
音声:1:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/日本語2:ドルビーデジタル/ステレオ/日本語
リージョンコード:2
色彩:カラー
映像方式:16:9/LB
面層:片面1層
メーカー:ハピネット
商品番号:FBBBN1084
制作年(発売年):2011
制作国:日本

『恋の罪』を見たい!と思っても、
DVD/ブルーレイはちょっと高い…(^_^;)

でもNEXTのキャンペーンなら『恋の罪』を全話無料で視聴できる!!

31日間の無料トライアルで視聴する!

邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

↑『恋の罪』をおトクに見るチャンス♪

映画『恋の罪』の感想レビュー

映画『恋の罪』のネタバレ感想・レビュー・口コミ・クチコミ・評判)邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

映画『恋の罪』の感想レビュー(ネタバレあり)

ここでは、『恋の罪』を見た人の感想レビュー(ネタバレ有り)をご紹介します。

愛のむきだしに負けず劣らず

本当に面白かった。誰の心にも潜む、けれど決して日常には顔を出すことのない「顔」が、その監督の作品では描かれているといつも思う。常識や日常、普通の映画と比べているようではこの方の作品のおもしろさは理解できないだろう。「ありえないだろう(笑)」という笑えるシーンも含めて、人の頭の中での自分勝手な妄想の世界では“ありえる”ことばかり。

現代の恋愛の罪(くだらなさ) とは何か。

下の現代人共には心底腹が立つな。「内容が理解出来ませんでした」、「読解力が足りない」と自認しているのに感想を書き、評価を下すという。現代人って頭ん中は空っぽのアホンダラの癖に、とにかく自分の優秀性を誇示したいんだよなあ。
では、早速改題へ。
まあ、説明的に作らない、真の芸術家肌の監督だから、中々難しいと思う作品だと思うよ。
しかし、感ずる人間には強い「何か」を感ずる。心の中に何事かが残るんですね。
結論から言えば、これは現代人が陥っている「恋愛」というものを描いたものだ。
その恋愛が我々に何をもたらすのか、ということ。
だから劇中で何度も出て来る田村隆一のあの詩は「恋愛なんて覚えなければよかった」ということに置き替えるとわかるんです。
恋愛を知ってしまったが故に、現代人はすべて苦悩の中を彷徨うことになる。
そこではインテリもダメ。裕福な人間もダメ。警察官もダメ、聖職者もダメなんだな。
人間である限りは逃れ得ない。
美津子は大学の助教授をしていて、結構なインテリだよな。しかし、父親への歪んだ恋愛によって正しい人生に入れない。
恋愛が自分の人生観の中心になっているので、助教授にまで上り詰めても彼女の人生は何も得られていない。
イズミは著名な作家の妻となり、何不自由のない生活を手に入れながらも、常に虚しい。
あの女刑事は市民を守るという高貴な使命を持ちながら、また温かい家庭を持ちながらも浮気をしてしまう。
彼女らに共通する渇きの癒しが「恋愛」というものなんです。何故に美津子は円山町で売春をするのか。それは恋愛を求めているからなんです。
恋愛の本質がセックス(肉欲)であることが、彼女には分かっているんですね。それが美津子にとっての「言葉」なんです。言葉に体が出来る、ということはその言葉が示す本質を理解する、ということなんですよ。
だから、恋愛とはセックスである、ということが分かることで、彼女は恋愛を自在に得ることが出来た。
だが、イズミにはまだそれが分かっていない。彼女の中では恋愛は美しいもので、素晴らしいものだという間違った幻想がある。
しかし、彼女も薄々とは分かっているんです。自分の求める恋愛というものが実はどうしようもなく物質的なものなのだ、ということが。だからそれを認める勇気を求めて、美津子に接近するんですね。
あの帽子の男は恋愛というものの権化であり、メフィストフェレスを思わせる悪魔なんですね。あの男にかかれば、皆が恋愛=セックスに絡め取られてしまう。
彼が持ち歩くカラーボールはピンク色じゃないですか。イズミはあれを浴びせられて、悪魔の罠に落ちるんですよ。つまりあれは「色情の象徴」なんですね。
泣き喚いて帰りたいと言う彼女に、あの男は次々と色情を叩きつけるんです。
カフカの『城』の象徴は、恋愛では決して辿り着けない、真の愛というものを示しているんですね。
現代人は恋愛(SEX)が素晴らしいものだと思い、恋愛が人生の頂点であり、終着駅にしたがっている。
しかしらそれでは人間の真の幸福には至らないということを示しているんですよ。
美津子の死は、恋愛(SEX)を求め続けた人間の悲劇であるわけだけど、その終結を齎らす者が誰なのか。
それは「旧家」であり、即ち旧き日本の正しさ、道徳律ということなんです。
恋愛(SEX)を至上のものとする現代人の誤りを正すのは、正しい歴史観だということなんですね。
それを敢えて残酷で冷酷で狂気のような様で行わせたことが、園監督の凄さなんですよ。「芸術性」というもの。芸術とは「隠す」ことだから。
あの殺人が美津子への嫉妬だと思えば何も分からない。そうではないんです。
あの母親は言う。
「これで家名は安泰だ」と。
あの台詞はこの先の日本の安泰が、今の恋愛至上主義の駆逐にあることを示しているんですね。
でも今の社会ではそれを正面から声高に叫んでも無理なんです。誰も理解しない。反発されるだけ。だからああいう芸術的な手法で描くしかないんですね。
いずみは美津子を喪い、場末の売春婦となる。もはや夫との生活には戻れないから。しかし彼女は尚も恋愛を求める。
それしかないと彼女は思いこんでいるんですね。その悲惨な様は悲しい。
恋愛(SEX)を追い続ける者は、あの惨めで悲しい境遇に落ちるんです。
By 偽kamiyawar(知恵袋)

未だ犯人が捕まらず、未解決のままの東電OL殺人事件がベースとなっています。でも、母との病んだ関係を描いていたり、フィクション要素も強いです。
東電OLもエリートでありながら夜は売春を繰り返してた、更には外での排泄行為、拒食症など裏の顔があったらしいが、監督はかなり取材をして、色んな方に話を聞いて映画を作るうちに、女性賛歌の映画になっちゃった、と話されていた
映画では、冨樫真さん演じるミツコが、危険だが魅力的で引き込まれた。はっきり言えば異常者だが、あんなに生々しい性をさらけ出す(さらに内臓まで(笑))生き物は、やはり美しいとさえ思えてしまう。神楽坂恵が演じるいずみも、彼女に魅せられ、彼女の生き方をなぞるようになる。私にはこの2人の関係は師弟関係を超えた、愛のようなものを感じたい。
ミツコは病んで、危険な生き物だが、悲しく美しかった。ミツコを手にかけた(トドメを刺したかわからないけど)、いずみの悲しさが伝わって来た。
この作品を観て、曽野綾子の『女神出奔』という作品を思い出した。

さすが園子温

実際にあった事件を元にした映画が大好き。
そして園子温の世界観も好き!!
全裸で、おいしいですよ!いかがですか?のシーンが忘れられない。笑
愛のないセックスは、お金を貰わないと。
うん、その通りだ。

殺人事件物ではなく娯楽作として見れる

OL殺人事件が元になっているというが、骨格の部分だけであとはほとんどオリジナル。
(あとちょい阿部定事件かな)
とある凄惨な殺人事件が起こり、犯人、被害者は誰か全くわからない。
その事件を警察(水野さん)が追いかけます。
この映画には全く立場の違う三人の女性が登場します。
警察、セレブ妻、売春婦。
主役の警察役の水野さんにも黒い部分があり、異常に対してまともという分かり易い対比構造になしていない。
ある意味、”踊る大走査線”みたいな良い人はとても爽やかで正義感持ってて素晴らしく、悪い人はとことん醜く気持ち悪ければいいという短絡的な作品に対するアンチテーゼを表現する為に水野さんを刑事役に起用した感じがします。
踊るを観てからこの映画観るのもまた一興。
その辺からぐらんぐらんに揺さぶってくるのがさすがは園さん。
妻帯者は怖くなってしまうかもしれません。
謎を抱えたまま二転、三転するので最後まで目が離せませんでした。
最後のあの男の行動などちょっと辻褄的にあれ?な所もあったけど楽しめました。
実話物が苦手な人も見れると思いますよ。

狂気の世界へようこそ

93/100点 登場人物がほぼ全員狂ってます。
女性には堪えれない内容かも知れません。
内容がエロいからとかではなく、女性に容赦がないから。
それが夢物語なのか本質なのか。
賛否両論の映画はそういう映画が多い様な気がします。
未見であれば是非。

星4

80点

神楽坂恵のポージング

あの、鏡の前で全裸ポーズ。
洗練されたグラビア時代の様々な決めポーズ又は、悩殺ポーズを
全裸で一通り披露して貰えます。
このシーンだけで5億点の価値があると思います。
彼女はグラビア界では、それなりに知名度(バリュー)があったただけに
露悪的な演出をつけた園子温監督に脱帽です。

私のところまで堕ちてこい!

この映画は東電OL殺人事件をベースにして作っているが、ほとんどホラーに近い。
まず、出てくる登場人物にまともな人がほとんどいない。みんなどこか狂ってる。でも、それは実際の人間もそうなのかも。
そして、この映画の本当の主役は神楽坂恵
(監督の嫁)だと思う。
とにかくエロい。
そして巨乳(笑)
そして、放尿シーンにはびっくりした。
なんでもありだな、この監督は(笑)
今時、ヘアヌード見てもさほど驚かないが、
このシーンにはびっくりした。
よく女優もOKしたものだと思う。
娼婦になった女性のすさんだ感じがよく出てる映画だった。
人間のいやらしさを見せつける作品だった。
先輩娼婦 「ババア死ねよ!」
おばあさん「あなたが死ねばいいのにねー」
には笑った。
こんなセリフを入れる園子温って面白い監督だなと思った。

この監督すげーなー!おい

この監督は人間の本質をよく理解しているよ。
何をすれば人を引き付けるのか?
様々な本質を融合させた作品だった。

映画『恋の罪』のネタバレ感想(ツイッター・Twitter)

ここでは、『恋の罪』を見た人の声や感想(ネタバレ有り)をご紹介します。

映画『恋の罪』をテレビ放送を見逃した!できるだけ安く見たいあなたに!

女性解説
解説
『恋の罪』の
「テレビ放送を見逃してしまった!」
「フル動画をできるだけ安く見たい!」

…そんなあなたは必見♪

U-NEXTのキャンペーンを使えば動画を無料視聴できる!!

31日間の無料トライアルで視聴する!

邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

↑『恋の罪』をおトクに見る♪

  

-邦画(日本国内映画)

テキストのコピーはできません。

Copyright© クークル[Qooqle]人気おすすめ動画検索サイト , 2019 All Rights Reserved.