nude

投稿日:

邦画(国内映画)『nude』の「あらすじ」「動画を無料視聴する方法」をご紹介していきます!

↓『nude』の動画を今すぐ無料で見たい方はこちらをクリック↓

邦画(国内映画)『nude』を見る邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

nudeを無料で視聴する!

邦画(国内映画)『nude』とは?(あらすじ・見どころ)

映画(詳しくは邦画・日本国内映画)『nude』の作品概要邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

まずは、邦画(国内映画)『nude』とはどんな作品なのか?、作品の概要をご紹介します。

あらすじ

AV女優という道を選んだ女性の不安と葛藤、前を向いて歩いていく強さを描いたドラマ

■見どころ
多くのファンを魅了したAV女優・みひろの私小説を映画化。
AV女優として生きる女性のリアルな心理描写と、彼女を取り巻く人々の反応や人間模様が興味深い。

■ストーリー
芸能人に憧れる山瀬ひろみは、高校卒業と同時に上京。
AVには出演しないことを条件にヌードモデルをし、次第に演技の仕事も受けられるようになっていく。
彼女の女優になりたいという思いは強くなり、次のステップのためにAV出演を決めるのだが…。

U-NEXTキャンペーン『nude』を無料で見る!>>邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

邦画(国内映画)『nude』の特別動画(特典映像)

映画(詳しくは邦画・日本国内映画)『nude』の特別動画(特典映像)邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

ここからは、邦画(国内映画)『nude』の特別動画(特典映像)をご紹介します。

[動画]『nude』渡辺奈緒子インタビュー

[動画]「nude」初日舞台挨拶1/2~みひろ密着ドキュメント~<無料版>

[動画]ザ・ステージ nude(ヌード)~ひろみがみひろになった理由(わけ)

[nude 動画]みひろ、アダルトといえば想像するものはひとつ!?

[動画]『nude』主演の渡辺奈緒子と原作者のみひろが舞台挨拶に登場

[st-kaiwa-kaisetsu-woman-no1]『nude』の
「テレビ放送を見逃してしまった!」
「フル動画をできるだけ安く見たい!」

…そんなあなたは必見♪[/st-kaiwa-kaisetsu-woman-no1]

U-NEXTのキャンペーンを使えば動画を無料視聴できる!!

31日間の無料トライアルで視聴する!

邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

↑『nude』をおトクに見る♪

邦画(国内映画)『nude』の作品紹介(キャスト・視聴率・OST・DVD情報)

映画(詳しくは邦画・日本国内映画)『nude』の作品紹介(キャスト・スタッフ・視聴率・相関図・OST・DVD情報)邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

ここからは、邦画(国内映画)『nude』について、より詳しく作品紹介をしていきます。

邦画(国内映画)『nude』の出演者(キャスト・スタッフ紹介)

邦画(国内映画)『nude』のキャスト(出演者)やスタッフをご紹介します。

映画(詳しくは邦画・日本国内映画)『nude』の出演者(キャスト・スタッフ紹介)邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

キャスト
(出演者)
渡辺奈緒子(役:山瀬ひろみ(みひろ))ヌードモデル
佐津川愛美(役:河井さやか)ひろみの親友
永山たかし(役:広田英介)ひろみの同棲相手
みひろ(役:みひろの先輩)
山本浩司(役:佐藤)
光石研(役:榎本)
スタッフ 監督:小沼雄一
原作:みひろ『nude』(講談社刊)
音楽:宇波拓
脚本:石川美香穂、小沼雄一
製作:藤岡修、宇田川寧
プロデューサー:永田芳弘、柴原祐一
エグゼクティブプロデューサー:木村有一
撮影:早坂伸
衣装:宮本まさ江
編集:前嶌健治
音楽:宇波拓
ヘアメイク:喜舎場志乃
照明:フクナガヒロアキ
装飾:龍田哲児
録音:小宮元
助監督:江利川深夜
製作:『nude』製作委員会(ハピネット、m-voice、スモーク)
製作プロダクション:スモーク
制作協力:ダブ
配給:アルシネテラン、ハピネット

邦画(国内映画)『nude』の相関図

邦画(国内映画)『nude』の人間関係をまとめた相関図です。

映画(詳しくは邦画・日本国内映画)『nude』の登場人物の人間関係・相関図・チャート邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

邦画(国内映画)『nude』の平均視聴率・最高視聴率

邦画(国内映画)『nude』の視聴率を調べました。

最高視聴率 不明
平均視聴率 不明

邦画(国内映画)『nude』のOST(オリジナルサウンドトラック・主題歌)

邦画(国内映画)『nude』のOST(オリジナルサウンドトラック)の発売情報はありませんでした。

映画(詳しくは邦画・日本国内映画)『nude』のOST(オリジナルサウンドトラック・主題歌)邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

邦画(国内映画)『nude』のDVD&ブルーレイ発売情報

邦画(国内映画)『nude』のDVD・ブルーレイ発売情報です。

映画(詳しくは邦画・日本国内映画)『nude』のDVD&ブルーレイ発売情報邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

[DVD/ブルーレイ]nude [DVD]

出演:渡辺奈緒子, 佐津川愛美, 永山たかし, みひろ, 山本浩司
監督:小沼雄一
形式:Color, Dolby, Widescreen
言語:日本語
リージョンコード:リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
ディスク枚数:1
販売元:Happinet(SB)(D)
発売日 2011/01/07
時間:106 分
価格:1,847円

[DVD/ブルーレイ]nude [Blu-ray]

出演:渡辺奈緒子, 佐津川愛美, 永山たかし, みひろ, 山本浩司
監督:小沼雄一
形式:Color, Dolby, Widescreen
言語:日本語
リージョンコード:リージョンA (詳細についてはこちらをご覧ください DVD/Blu-rayの仕様。)
画面サイズ:1.78:1
ディスク枚数:1
販売元:Happinet(SB)(D)
発売日 2011/01/07
時間:106 分
価格:2,515円

『nude』を見たい!と思っても、
DVD/ブルーレイはちょっと高い…(^_^;)

でもNEXTのキャンペーンなら『nude』を全話無料で視聴できる!!

31日間の無料トライアルで視聴する!

邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

↑『nude』をおトクに見るチャンス♪

邦画(国内映画)『nude』の感想レビュー

邦画(国内映画)『nude』のネタバレ感想・レビュー・口コミ・クチコミ・評判)邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

邦画(国内映画)『nude』の感想レビュー(ネタバレあり)

ここでは、『nude』を見た人の感想レビュー(ネタバレ有り)をご紹介します。

良い作品だと思う。

偏見とか受け入れられにくい世界の話だから賛否両論かもしれないけど、
私には物語もリアルで、みひろちゃんの気持ちを感じとれることが出来た良い作品だと思います。
想像してたのより生々しくなくて全体的にキレイな雰囲気で女の私でも観やすかったです。

めっちゃよかったあ!!!\(⌒▽⌒)/

渡辺ナオコちゃん綺麗で超絶可愛いかったよ、
まぢきゅ←ん(о´ω`о)
映画として画面がきれいで
うるうるきた。
AVの映画だし、やらし~おぢさんとか
エロすぎのギャル男(死語)とか出てきたら、
絵がキタナっちくなって
やだな~と思ってたんだ、
ほんとは。。。( ̄Д ̄;)
でも、出て来なくて
よかったよ!!!\(⌒▽⌒)/
一緒に行ったいつめん4人の中に
超モテコ(そのコは半年間だけ
キャバしてたことある)がいたんだケド、
途中でわんわん泣いてた。
どうしてって聞いたら、
みひろが初AVに出るシーンの、
ゆっくり階段降りてくトコでね、
自分がキャバやってたとき、
売り上げ確保のために
イヤイヤお客さんとデートしたときのこと
つい思い出しちゃったって、、、
かわゅいとかオモタ(*´ω`*)
だけどナオコちゃんのこと見てたら、
アタシもがんばろって思えたよ。
ちからをもらったっ。
ありがと~っ!!!
帰り道、すごくいい気分だったから4人でプリ撮った。
いい映画なんだから、
全国の大きなロードショーとかに
したらいいのに!!!
しないの? >偉い方たち。。。
長文スマソ☆
おわりマス(・∀・)

基礎体力のある作品

全体的に骨格のしっかりした、基礎体力のある作品という印象。
良いシーンがたくさんあった。
みひろが初AV出演の直前、よりによって日ごろ世話になっているマネジャー氏に「うるさい!」と叫ぶところ。
気合いというか、気迫というか、AVで勝負してやるという女の凄味が出ていた。
渡辺奈緒子という女優自身、本作品で堂々の主役を張り、しかもAV女優という、演技をする上で、物理的にも心理的にもハードルが恐ろしく高い大勝負に挑んだわけで、結果を鑑みるに将来は大物女優に育つのではないかと思う。
みひろが出演しているAVを自宅で見ながら、さやかがスナック菓子をバリバリと頬張るシーンも良かった。
洗練されていない田舎の子であるがゆえ、第三者的な男に裸を見せる仕事に大いなる抵抗を持っていて、親友だったひろみがヌードやAVに出演することに猛反対し続ける。
さやかの「耐えられない!」という気持ちを、セリフではなく、何とスナック菓子を暴食するシーンで見せるとは、脚本家と監督の力量を見せつけられた感あり。
垢ぬけていないのだけれども、ああいう純真というか純粋な心を持った友達思いの子は非常にチャーミング、かついとしく写る。佐津川愛美の声がキャラにぴったりで参った。
中年のマネジャーさんがみひろを有形無形に気遣うシーンはすべて秀逸。男として、自身の中に渦巻く複雑な心境をとてもうまく表現していた光石研には、同じ男として共感するところ大であった。
みひろ(本人)がほんの少ししか出て来なかったのは、ちょっと残念だった。
敢えて意図的に出番を少なくしておいて、観ている人間の飢餓感をあおったのだろうかと邪推したくなった(笑)。それでもひろみに芸名を命名するというキーとなる場面での重要な役割だったので、よしとしよう(偉そう)。
マネジャーに続いて「あたしにファックス来てる?」には思わず笑わされた。
結局、みひろは可愛い(むかつく)。
お客さんに女性が多かったのも特徴的だろう。
そこで驚いたことがひとつ。
私は学生時代の友人(男)と観に行ったのだけれども、我々のすぐ近くに年配の女性と若い女性との二人組が座っていた。
何気なく耳に入って来る会話を聞いていたら、何とお二人は母娘だった。
AVを扱う映画を母娘(おやこ)で見る時代が来たとは……!
みひろが『国民的AV女優』として果たした役割は大きかったんだなあと男二人で感動。
もちろんみひろ本人にしてみれば、ここまで来る苦労には並々ならぬものがあったはず。
この作品の基礎体力の強さや奥深さはそういうところから来ているのだと思われる。
だからこそ小説になり、それが感動を読んで映画になりコミックになりと大きく育って来たのだろう。
やったな、みひろ。

みひろの想いが伝わってくる人間ドラマ

AV女優の中でも、脱がなくてもアイドルやタレントとしてやっていけるのではないかと思えるほど可愛く美しい子がいる。
七海なな、つぼみ、伊東遥、そして、みひろである。
先頃AVから引退した彼女だが、本作は「AV女優みひろ」の誕生秘話とも言える。
AVを題材にしたものでは「名前のない女たち」という作品も先週鑑賞したが、本作とはまるで格が違う作品だった。
つまり本作は映画として非常によくできているということだ。
ちなみに「名前のない女たち」はいわゆる「企画女優」を扱った作品で、みひろは「単体女優」の代表的存在だ。
ン万円程度で1本ずつ出演する企画女優と違い、単体女優は、特にみひろのようにグラビアなどの実績がある子は、期間と本数(例えば本作みひろの場合は2年で24本)を決めた契約を結び、金額もン千万円単位になることもある。
女優の格や質もあるが、事務所の力も大きく影響する。
高額なギャラが魅力とも言えるが、これはある意味恐ろしい契約だ。
「やっぱりAVはイヤ」だとか、周囲の人間(親や恋人)にばれたからという理由でこの世界から去る女優も多いと聞く。
このような契約を交わせば、簡単に辞めることはできない。
もしも彼女が別の事務所にスカウトされていたら、全く別の人生を歩んでいただろう。
企画女優や無修正が出回る女優になっていたかもしれないし、裸とは縁のない女優やタレントとして成功していたかもしれない。
人生とは巡り合わせに左右されるものだと、つくづく思ってしまう。
本作はみひろが私小説を書き綴る形で展開されていく。
冒頭、「AV女優がどんなに大変な仕事かを書いて下さい」という出版社の要望が彼女に伝えられる場面がある。
しかしそういう話には全くなっていない。
おそらくこの仕事にもつらいことや嫌なことは多々あったであろう。
だがそれに対する愚痴めいた描写は一切ない。
本作が表現するものは彼女の「罪」。
そして感じられるものは彼女の「懺悔」の念だ。
無理解な世間の目を「偏見」と切り捨て、自己弁護的愚痴を並べることは簡単だろう。
しかし本作からはそのような自己本位的な気持ちは微塵も感じられない。
だからこそ本作は、心に響く作品となった。
本作中、彼女はAV女優になることで、2人の人間を深く傷つける。
裸の仕事を辞めることを願っていた恋人と、故郷に残してきた親友・さやか(佐津川愛美)である。
グラビアで裸をさらしたひろみ(みひろ)は故郷でも話題になる。
侮蔑的な言葉を吐く別の友人に食ってかかるさやか。
しかしさやかもひろみの仕事を理解できない。
理解しようと努力はするが、ついにAVに出演したひろみを見て絶縁の手紙を送る。
このさやかの描写が非常に印象的だ。
本作では彼女の家族についての描写はない。
他のAV女優の父親が事務所に怒鳴り込んでくるシーンはある。
だが、これは私の推察だが、親友・さやかこそ彼女の家族をも象徴する存在として描いたのではないだろうか。
「みひろ」の淫らな姿を見たさやかが、嗚咽を漏らしながら泣き崩れる姿が忘れられない。
みひろ自身の姿ではないが、この姿こそが、みひろの「罪」と「懺悔」を同時に象徴したものではないだろうか。
みひろを演じた渡辺奈緒子が実に素晴らしい。
AV撮影のシーンでも下手にごまかさず、見事にAV女優に成りきる。
まさにAVそのものの淫らな姿を見せてくれる。
作品前半ではあまりみひろのイメージがないような気もしたが、話が進むに従って磨かれていき、このAVシーンでは実際のみひろと見事に重なった気がした。
体当たりの演技とは、まさにこのことだ。
AV関連作品ということで、多少軽く見ていたところはあったが、とんでもなかった。
本作はまさに人間ドラマ。
女優である以前に、一人の人間としての彼女の想いが伝わってくる作品だ。
アイドルからAV女優に転身する子までいる今の世の中。
時代は変わったとは言え、これから芸能界で生きていく中で、まだまだ世間の偏見や冷たい目が彼女に注がれることもあるだろう。
だがそれに負けず、AV女優だったことを封印することなく活躍してほしいと、切に願う。
がんばれ、みひろ。

渡辺奈緒子

彼女の演技はこの原作者みひろさんの生き方をよりリアルに伝えてくれる
素晴らしいものです。この映画に賭ける彼女の女優としての覚悟がストーリーに
重なっているようでかなり引き込まれました。

『憧れ』『後悔』『懺悔』

この作品を見て正直みひろ作品をみれなくなった。
この物語が本当にホントならばみひろの見方が一変する。
空港職員になりたいんだという乙女心が
東京でスカウトされ、ヌードモデルから、どうするんだという物語。
結構前の作品を借りようかな、どうしようかな?
みひろのファンでもあるので
どんな人生感で今まで至ったのかがめちゃ興味深深で借りた。
でも悲しい。
悲しすぎる。
今現在のみひろからは想像も出来ないぐらいの悲しさ。
極端に言うとこの作品を見ればみひろ作品をなんか切なくというか
なんてこんな純粋な女の子に…。とも思う。
ただみひろ自身がテレビやDVDで楽しそうにはしゃいでる姿を見ると
どうなんだろう?と思う作品でもある。
物語が本当ならの話。
作品中に出てるみひろも可愛い!

淡々と進むが考えさせられた

みひろが中途半端と言われて、なぜAVに出る決意したのかと、なぜそんなに頑張っているのか
というのが気になっていたので見た。
自伝的小説という事なので、どこまでが事実かは分からないが、AVを見る者としては
考えさせられるものがあった。みひろのAVは初期に1本しか見てないが。
AVに出始めた頃は、他の女優達と仲良く出来なかったと言ってたから、相当悩んでたんだろう。
AVに出る人が凄く多いから、こうゆう流れで出てる人もいるのかな。
そんなに女優になりたかったのか。AVとvシネマは大分違うと、私も思うが中途半端なのか。
言った人の予想通りになってるから、これで良かったとは思うが、失った物も多いと思う。
マネージャーも売り込むのが大変だとは思うが、自分からAVに出た人はともかく、こうゆう風に
ステップアップの為に出させるのは、どうなんだろうと思った。最終的には自分が決める事とはいえ。
全体的にあっさりしていてもう少し描いて欲しい部分もあったが、ナレーションが淡々としていて良い。
AVでは撮影風景はあまり写さないので、機材やモニターチェックが興味深かった。
小説の方が詳しく書いてあると思うので、映像を思い出しながら読みたくなった。
みひろは惜しまれながら引退するAV女優役で、少しだけ出てる。
印象に残ったのは「出来るだけ顔をカメラの方に、向けてください。その方が見てる人も喜びます」
という台詞だった。
次作があるなら、勘当されたが仲直りしたのを見てみたい。

私はすきです。

あまりに別世界の人にとってはこんなもん?って感じかもしれない…。
でも、なんとなく夢見た芸能界の夢、現実、恋人、親友、そして仕事で出会った人や仕事で変わった全てのこと…。
本人もまだ人生の通過地点でしかない。
そんなみひろの立場にたって、みひろの気持ちになれると色々感じることがあり、私はこの作品が結構すきです。
動機やヌードに対してAVに対しての感覚は意外と最近の若い女性のリアルに近いのではないかとさえ思いました。
そして彼女は、人よりはるかに演技をすることが好きなんじゃないだろうかと思いました。

単なるエロ映画じゃないです。

シネマート新宿で観ました。
いい意味で予想外の映画でした。
ちょっとしたエロの期待も半分持ちながら劇場に足を運びましたが、映画自体も良いデキで、若干ラストシーンで感動してしまいました。。
主演の渡辺奈緒子の演技もかなり気合が入っていて見ているうちにどんどん映画に吸い込まれていくようでした。しかもいい脱ぎっぷり!
映画としても◎、エッチなシーンも◎
非常に満足できる映画でした。
ブルーレイのきれいな映像でもう一度観てみたいと思います。

「大人」に洗脳された、とある少女の物語。

ちやほやされたい、有名になりたい、きれいな自分を見て欲しい・・・、
どれも10代の女の子、特に自尊心の低い女の子にありがちな、
ごく自然な願望だけど、
その気持ちを大人が「利用」すると、AV女優のできあがり!
元夫がさんざんエロビデオを買い込んでいたので、大方見知っている自分ですが、
売れっ子で、突き抜けちゃってるごく一部の女優さんは置いといて、
本当に、見ていて痛々しい女の子ばかりです。
何が、彼女をAV女優にしてしまったんだろうって。
みひろさんは、田舎の「普通」の女の子ってことだけど、
映画を見る限り、みひろさんの気持ちの流れは「普通」です。
(理解できます)
一線を超えるか超えないかは、
洗脳する大人が身近にいるかいないかの違いだけじゃないかな。
そういう大人のところに飛び込んでいったのは、彼女自身ですが、
ハタチそこそこの女の子に、人を見る目なんてないでしょう。
ヌード、そしてVシネマと、徐々に感覚を麻痺させて、
将来不安をあおりAVに出演させる。
この映画ではいい人っぽく描かれているけど、
いい人ヅラしてひとりの人間を「異常」にしていく、
彼女のマネージャーの人生を、映画化して欲しいなと思いました。

邦画(国内映画)『nude』のネタバレ感想(ツイッター・Twitter)

ここでは、『nude』を見た人の声や感想(ネタバレ有り)をご紹介します。

邦画(国内映画)『nude』をテレビ放送を見逃した!できるだけ安く見たいあなたに!

[st-kaiwa-kaisetsu-woman-no1]『nude』の
「テレビ放送を見逃してしまった!」
「フル動画をできるだけ安く見たい!」

…そんなあなたは必見♪[/st-kaiwa-kaisetsu-woman-no1]

U-NEXTのキャンペーンを使えば動画を無料視聴できる!!

31日間の無料トライアルで視聴する!

邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

↑『nude』をおトクに見る♪

  

こちらもおすすめ!Paravi(パラビ)

Paravi

国内テレビドラマが好きなら加入すべし!

Paravi(パラビ)は、TBSやテレビ東京、WOWOW、日本経済新聞といった国内主要メディアが連携し、2018年4月にサービスを開始した動画配信サービスです。

国内ドラマの配信数は、日本最大級!

さらにバラエティ、音楽、アニメのほかスポーツや報道・ドキュメンタリーなど、各局の強みを前面に出した配信ラインナップとなっています。

料金は定額で見放題の「Paraviベーシックプラン」が月額925円(税別)。他の動画配信サービスとほぼ同等の価格帯です。

登録後30日間の無料お試し期間があり、1本単位でレンタル購入できる有料コンテンツも豊富に揃っています。

Paravi(パラビ)に加入する

Paraviでしか観ることができない動画も♪

-邦画(日本国内映画)

テキストのコピーはできません。

Copyright© Qooqle , 2019 All Rights Reserved.