オーバー・フェンス

投稿日:

映画『オーバー・フェンス』の「あらすじ」「動画を無料視聴する方法」をご紹介していきます!

↓『オーバー・フェンス』の動画を今すぐ無料で見たい方はこちらをクリック↓

映画『オーバー・フェンス』を見る邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

オーバー・フェンスを無料で視聴する!

映画『オーバー・フェンス』とは?(あらすじ・見どころ)

映画(詳しくは邦画・日本国内映画)『オーバー・フェンス』の作品概要邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

映画(詳しくは邦画・日本国内映画)『オーバー・フェンス』の出演者(キャスト・スタッフ紹介)邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

まずは、映画『オーバー・フェンス』とはどんな作品なのか?、作品の概要をご紹介します。

あらすじ

オダギリジョーと蒼井優共演、純粋で不器用な者たちが織り成す青春ドラマ

■見どころ
芥川賞候補にもなった佐藤泰志の小説を山下敦弘監督が映画化。
人生に挫折した無気力な主人公が、ヒロインとの出会いによって少しずつ変わっていく姿に心奪われる。

■ストーリー
妻に見放され、生まれ故郷の函館に舞い戻った白岩。
彼は実家に顔を出すこともなく、職業訓練校に通学しながら失業保険で生活していた。
漫然と日々を過ごす白岩は、ある日仲間の代島に連れて行かれたキャバクラで、風変わりなホステス・聡と出会う。

U-NEXTキャンペーン『オーバー・フェンス』を無料で見る!>>邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

映画『オーバー・フェンス』の特別動画(特典映像)

映画(詳しくは邦画・日本国内映画)『オーバー・フェンス』の特別動画(特典映像)邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

ここからは、映画『オーバー・フェンス』の特別動画(特典映像)をご紹介します。

[動画]「オーバー・フェンス」特別映像

[動画]『オーバー・フェンス』特報

[動画]映画『オーバー・フェンス』超特報

[オーバー・フェンス 動画]山下敦弘監督『オーバーフェンス』INTERVIEW

[動画]映画「オーバー・フェンス」 豪華キャスト北海道秘話 蒼井優のダンス? オダギリジョー、松田翔太、蒼井優

[動画]松田翔太、オダギリジョーと蒼井優の“人見知り”にボヤキ 「全然しゃべってくれない…」 映画「オーバー・フェンス」プレミア上映会2

[動画]美しすぎる!蒼井優の鳥の求愛ダンス映像解禁 映画『オーバー・フェンス』

[動画]オダギリジョー、つえつきながら登壇 「腰痛めちゃって」 映画「オーバー・フェンス」プレミア上映会1

[オーバー・フェンス 動画]「オーバーフェンス」 アフタートークイベント

女性解説
解説
『オーバー・フェンス』の
「テレビ放送を見逃してしまった!」
「フル動画をできるだけ安く見たい!」

…そんなあなたは必見♪

U-NEXTのキャンペーンを使えば動画を無料視聴できる!!

31日間の無料トライアルで視聴する!

邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

↑『オーバー・フェンス』をおトクに見る♪

映画『オーバー・フェンス』の作品紹介(キャスト・視聴率・OST・DVD情報)

映画(詳しくは邦画・日本国内映画)『オーバー・フェンス』の作品紹介(キャスト・スタッフ・視聴率・相関図・OST・DVD情報)邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

ここからは、映画『オーバー・フェンス』について、より詳しく作品紹介をしていきます。

映画『オーバー・フェンス』の出演者(キャスト・スタッフ紹介)

映画『オーバー・フェンス』のキャスト(出演者)やスタッフをご紹介します。

映画(詳しくは邦画・日本国内映画)『オーバー・フェンス』の出演者(キャスト・スタッフ紹介)邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

映画(詳しくは邦画・日本国内映画)『オーバー・フェンス』の出演者(キャスト・スタッフ紹介)邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

キャスト
(出演者)
オダギリジョー(役:白岩義男)
蒼井優(役:田村聡)
松田翔太(役:代島和之)
北村有起哉(役:原浩一郎)
満島真之介(役:森由人)
松澤匠(役:島田晃)
鈴木常吉(役:勝間田憲一)
優香(役:尾形洋子)
スタッフ 監督:山下敦弘
原作:佐藤泰志
音楽:田中拓人
脚本:高田亮
製作:永田守

映画『オーバー・フェンス』の相関図

映画『オーバー・フェンス』の人間関係をまとめた相関図です。

映画(詳しくは邦画・日本国内映画)『オーバー・フェンス』の登場人物の人間関係・相関図・チャート邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

映画『オーバー・フェンス』の平均視聴率・最高視聴率

映画『オーバー・フェンス』の視聴率を調べました。

最高視聴率 不明
平均視聴率 不明

映画『オーバー・フェンス』のOST(オリジナルサウンドトラック・主題歌)

映画『オーバー・フェンス』のOST(オリジナルサウンドトラック)の情報です。

映画(詳しくは邦画・日本国内映画)『オーバー・フェンス』のOST(オリジナルサウンドトラック・主題歌)邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

曲順 タイトル
1 それでもいく
2 オーバー・フェンス (Clarinet ver.)
3 からっぽ
4 朽木の大工
5 義父からの手紙
6 ふきだまりの女
7 オーバー・フェンス (のこぎり ver.)
8 朽木の仲間
9 ふきだまりの祈り
10 はねのなか
11 さざ波のうえ
12 朽木の祭り
13 毎日が沈殿する
14 オーバー・フェンス メインテーマ
15 地元の店
16 とんでいけ (ノブ・ヤマシタ ほろ酔いカラオケ風 ver.)
17 Spanish Eyes
18 素直になれたら
19 Don't Lead Me On
20 Accessorize Me
21 Home feat. Hamish Stuart

映画『オーバー・フェンス』のDVD&ブルーレイ発売情報

映画『オーバー・フェンス』のDVD・ブルーレイ発売情報です。

映画(詳しくは邦画・日本国内映画)『オーバー・フェンス』のDVD&ブルーレイ発売情報邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

[DVD/ブルーレイ]オーバー・フェンス 通常版 [DVD]

出演:オダギリジョー, 蒼井 優, 松田翔太, 北村有起哉, 満島真之介
監督:山下敦弘
形式:Color, Dolby, Widescreen
言語:日本語
リージョンコード:リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
画面サイズ:2.35:1
ディスク枚数:1
販売元:TCエンタテインメント
発売日 2017/03/10
時間:112 分
価格:3,196円

[DVD/ブルーレイ]オーバー・フェンス 豪華版 [DVD]

出演:オダギリジョー, 蒼井 優, 松田翔太, 北村有起哉, 満島真之介
監督:山下敦弘
形式:Color, Dolby, Widescreen
言語:日本語
リージョンコード:リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
画面サイズ:2.35:1
ディスク枚数:2
販売元:TCエンタテインメント
発売日 2017/03/10
時間:112 分
価格:3,629円
【特典映像】
・山下組 密着ドキュメント
・函館完成披露試写会
・東京プレミア上映会
・初日舞台挨拶&オダギリジョー凱旋舞台挨拶
・釜山国際映画祭ダイジェスト
・劇場予告編&スポット集
※内容は変更の可能性がございます。
【封入特典】ブックレット

[DVD/ブルーレイ]オーバー・フェンス 豪華版 [Blu-ray]

出演:オダギリジョー, 蒼井 優, 松田翔太, 北村有起哉, 満島真之介
監督:山下敦弘
形式:Color, Dolby, Widescreen
言語:日本語
リージョンコード:リージョンA (詳細についてはこちらをご覧ください DVD/Blu-rayの仕様。)
画面サイズ:2.35:1
ディスク枚数:2
販売元:TCエンタテインメント
発売日 2017/03/10
時間:112 分
価格:4,409円
【特典映像】
・山下組 密着ドキュメント
・函館完成披露試写会
・東京プレミア上映会
・初日舞台挨拶&オダギリジョー凱旋舞台挨拶
・釜山国際映画祭ダイジェスト
・劇場予告編&スポット集
※内容は変更の可能性がございます。
【封入特典】ブックレット

『オーバー・フェンス』を見たい!と思っても、
DVD/ブルーレイはちょっと高い…(^_^;)

でもNEXTのキャンペーンなら『オーバー・フェンス』を全話無料で視聴できる!!

31日間の無料トライアルで視聴する!

邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

↑『オーバー・フェンス』をおトクに見るチャンス♪

映画『オーバー・フェンス』の感想レビュー

映画『オーバー・フェンス』のネタバレ感想・レビュー・口コミ・クチコミ・評判)邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

映画『オーバー・フェンス』の感想レビュー(ネタバレあり)

ここでは、『オーバー・フェンス』を見た人の感想レビュー(ネタバレ有り)をご紹介します。

情景にぎゅっと胸を締め付けられた

函館の閉鎖的な街の職業訓練校生の
男たちの覇気のない気だるさ。
それとは真逆の爽やかすぎるくらいの
函館の夏。
各々いろんな事を抱えている人間模様。
反する情景が、より切なさを増し何とも言えず胸を締め付けられました。
作品は淡々と気だるく流れていくのですが、役者さん達の演技力が素晴らしく、引きこまれていきました。
オダギリジョーの心を閉ざしているのに、
奥さんの前で、さらけ出して号泣した
シーンでやっと本心が見えて、すごく強がっていた気持ちに感情移入して泣けました。
原作を読まずに観ましたが、作家の方の
実体験であり、後に自ら命を絶たれた事を
知り、さらに切ない思いでいっぱいです。
もう一度、できれば気だるい夏の午後に
観たいなと思う作品でした。

もう「しま」が最高!!!!!!!

本当にいそうで超自然。面構えからスタイリングまで珠玉で、この俳優さん初見だがポテンシャルすごくて、大好きになった
キャストが秀逸、サントラ含め全てセンスよくてもう、、たまんない。
中でもサトシの乗る「赤のゴルフ ポロ」リヤウインドウに貼られた「ゴンザレス」のステッカーにぶっ倒れる程やられた(笑)
山下監督の血が通った土くさい原作を、現代的アップデートしてカジュアルに昇華させてくれるセンスがたまんないわ 流石

坂道と自転車

記憶に残るのは主人公が坂道を漕ぐ場面。
坂の途中で力つきて、降りて自転車を押して歩いてたのに。
次に坂道を登る場面では
自転車から降りることもなく、立ち漕ぎで力強く登っていました。
善き人(サトシ)と出会ったことで、抜け殻に魂が入ってく感じ。
明るい希望もなく、倦怠感ただよう田舎の日常ですが、
いい巡り会いというのはココロの有り様において
大事だなと感じました。
面倒くさい人は嫌いではないです。

よかった

オダギリジョーの、合コン?の席での、
若い女達に向かってキレて淡々としゃべる姿が同世代としてめちゃめちゃグッときた。
人間が愛を見失って人生の糧も見失って
過去の心の傷で覇気もなくなった姿が
とてもリアルだった。
そんな時に出会う頭オカシイけど
感情の起伏が激しい女に引き込まれる
感じが理解できた。
蒼井優は相変わらず名女優だった。

何気なく観たら引き込まれた。

良い俳優ばかり出てますね。
職訓が刑務所だと思えた笑!
蒼井優が演じる聡と似たような彼女と付き合ったことあるのでビビった。
全体の流れも良く、最後のシーンも鳥肌が立った。良い映画でした。

遅ればせながらDVDで観ましたが、

久しぶりに、映画っぽいのを観た気がしました。
日本映画っぽいというか、最近の、わかりやすい、熱いメッセージとかのエンターテイメントとは違う、感性でつぶやくような映画。
エンタメも好きですが、こういうのも、やっぱり大切にしなきゃいけませんね。
山下監督はラブストーリーも演出できるのか、と、驚かされたし、オダギリさんや、蒼井さんのヒキダシの多さにも驚かされました。
他にも、まだまだ、ほめるところがいっぱいある映画です。
まだ、こういうのを観て、感動できる自分もほめてあげたいです。

義務、愛情、そして普通とは?

妻に愛想をつかされて、職も失い、故郷函館に出戻った白岩という男と、函館で愛情に飢えて自分を失っているホステスの聡。その2人のとってもぶきっちょな恋。
白岩は、自分が妻をぶっ壊したと言い、聡は、自分がぶっ壊れていると言う。
白岩は、普通になりたかった。ただ生きているだけの何の楽しいこともなく、ただ働いて死ぬだけの人生が、普通だと思っていた。
聡は、男は、ただただ、言葉で行動で、愛情を表現しなければだめだと諭した。
「義務の話で感情の話をごまかすのは反則じゃない?」と男を批判した。
男にとって普通でありたいという義務感が、女にとっては、けっして普通ではなかった。
白岩は、職業訓練校で知る。義務を果たせないでいる人間たちの不器用な愛情表現らしきものを。
そこには、聡が求める言葉で行動で愛情を表現する世界は存在しない。
でも、既に普通ではないことを自覚した人間たちの開き直りが、程良い距離感となって、愛情とは異質の人間らしさとなって撥ね返ってくるのだ。
「おれからおめえに教えてやるよ。学校の外にはおめえが思っているより、いろんな人間がいるんだ」。
唯一義務を果たして、年金を貰っていて、孫のために家を建てたいと思っている最年長の生徒が、実は社会を知らない教官に言う言葉が胸をすく。まさに愛情とは異質な人間らしさだ。
働かなければならないという義務感なんてものは、所詮愛情とは相容れない感情だ。でも白岩は、聡といるとうっすらと落としどころが見えてくる。
義務感すらも忘れてしまった世界において、愛情とは異質な人間らしさが、実は愛情の出発点なのでは?職業訓練校の面々の日常を見ていると、輪郭はぼやけているが、そういう気になってくる。
そして、全体的には、何が普通で、何が普通でないかなんて、誰にも決められないという解放感が、この作品の根っこをきちっと支えている。

職業訓練校ってこんな感じなの?

生きることに行き詰まりを感じていた男が、吹っ切れるまでを描いた作品。
オダジョに蒼井優という安心安定のキャストで、複雑な男女の心の葛藤を描いています。
主人公の男女の交流のほかに、職業訓練校で繰り広げられる、色々な問題を抱えた男たちの群像劇にもなっていて面白かった。
オダジョのちょっと困った顔がカワイイ。

“普通”ということを考えさせられた

挫折や長い葛藤、いろんな経験を経てきた人には響くものがあると思う。
“普通”ということを、あらためて考えさせられた。
淡々と静かな映画かもしれないけれど、何かしら自身の中で沸き上がる思いを感じるのでは。
オダギリジョーはやはり表情や佇まいで訴えかける力を感じ、さすがオダギリジョーと思った。蒼井優の鳥の求愛ダンスが美しくて予想以上に見とれていた。彼女の無邪気さと女性らしさが匂い立つように感じる。
松田翔太の役も良かったけれど、満島真之介の演技に圧倒。
もう一度観たい映画。

傑作!物繊細な作品

函館独特の閉塞的かつもの悲しさが漂う空気感を見事に表現されていた。
かと思えば海の見える坂を自転車で登るシーンや遊覧船のシーンなどは夏の爽やかな臭いが漂ってくる。
観光地以外の函館日常風景をリアルに撮られていたと思います。
主演のオダギリジョーさん、蒼井優さんの演技も素晴らしかったです。
オダギリジョーさんは哀愁漂う役が本当に上手い。
蒼井優さん演じる聡は、ただのぶっ飛んでてイタイ女かと思いきや、
身体を拭かないと自分が汚れている錯覚に陥る清潔強迫(?)を持つ
とても繊細な心の持ち主ということがわかり、見ていくうちにどんどん引き込まれていきました。
それから脇を固める俳優陣の「こんな人いるいる!」っていう感じ自然な演技のまた素晴らしいこと!
函館弁がお見事でした!
特に鈴木常吉さん演じる勝間田さんがその辺にいる地元の人かと思うほど自然すぎ。
最後のソフトボール大会の時に孫の手を引いて現われた勝間田さんに職業訓練校のクラスメイト達が駆け寄って行って「勝間田さんって天涯孤独系だと思ってたのに~」と言われているシーンは思わず笑ってしまいました。
あと個人的には満島真之介さん演じる森くんがキレる場面が心に突き刺さりました。
不器用で暗い性格故に島に馬鹿にされ、教官にも無神経なことを言われる森。
何も言わずずっと我慢してきたけどとうとうプッツンしてしまう、しかも殺意まで抱いてしまうほどに・・・
本当に悲しいほどに不器用な人なんだなと、取り押さえられる彼を見つめじんわり涙が溢れてきました。(ここで涙?と自分でも不思議でしたが・・・)
そのほか北村有起哉さん安藤玉恵さんも光ってました。
一人一人に人間味があって良かった。
曇り空にカモメが一羽飛んでいくシーンと、もう一度同じ曇り空に何羽かのカモメが飛んでくるシーンになにか深いものを感じました。
余韻が残るとてもいい映画でした。

映画『オーバー・フェンス』のネタバレ感想(ツイッター・Twitter)

ここでは、『オーバー・フェンス』を見た人の声や感想(ネタバレ有り)をご紹介します。

映画『オーバー・フェンス』をテレビ放送を見逃した!できるだけ安く見たいあなたに!

女性解説
解説
『オーバー・フェンス』の
「テレビ放送を見逃してしまった!」
「フル動画をできるだけ安く見たい!」

…そんなあなたは必見♪

U-NEXTのキャンペーンを使えば動画を無料視聴できる!!

31日間の無料トライアルで視聴する!

邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

↑『オーバー・フェンス』をおトクに見る♪

  

-邦画(日本国内映画)

テキストのコピーはできません。

Copyright© クークル[Qooqle]人気おすすめ動画検索サイト , 2019 All Rights Reserved.