罪の余白

投稿日:

映画/邦画『罪の余白』の「あらすじ」「動画を無料視聴する方法」をご紹介していきます!

↓『罪の余白』の動画を今すぐ無料で見たい方はこちらをクリック↓

映画/邦画『罪の余白』を見る邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

罪の余白を無料で視聴する!

映画/邦画『罪の余白』とは?(あらすじ・見どころ)

映画(詳しくは邦画・日本国内映画)『罪の余白』の作品概要邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

まずは、『罪の余白』とはどんな作品なのか?、作品の概要をご紹介します。

あらすじ

娘を失った父親VS悪魔のような女子高生。追いつめ、追いつめられる究極の心理戦に戦慄

■見どころ
第3回野性時代フロンティア文学賞を受賞した芦沢央の小説を映画化したサスペンス。
狂気へと走る父親を内野聖陽、彼を追いつめる悪意に満ちた女子高生を吉本実憂が熱演!

■ストーリー
名門女子校に通っていた娘が教室のベランダから転落死した行動心理学者の聡。
娘のクラスメートで笹川と名乗る少女から娘の日記を手渡された彼は、咲という少女に娘が苦しめられていたことを知る。
聡は笹川に会いに行くが、その笹川が咲だったことがわかり…。

U-NEXTキャンペーン『罪の余白』を無料で見る!>>邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

映画/邦画『罪の余白』の特別動画(特典映像)

映画(詳しくは邦画・日本国内映画)『罪の余白』の特別動画(特典映像)邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

ここからは、映画/邦画『罪の余白』の特別動画(特典映像)をご紹介します。

[動画]超ショッキング映像『罪の余白』内野聖陽が美しく邪悪な女子高生に 追い詰められて平手打ち!

[動画]罪の余白

[動画]10/3公開映画「罪の余白」予告編

[動画]【吉本実憂】映画「罪の余白」完成披露試写会in有楽町朝日ホール

[動画]内野聖陽、吉本実憂のアドリブに「腹が立って“殺意”」映画「罪の余白」完成披露試写会2

[動画]内野聖陽、“邪悪な女子高生”に物申す「大人をなめるなよ!」映画「罪の余白」完成披露試写会3

[動画]内野聖陽、吉本実憂の“悪女”っぷりに「怖い高校生」映画「罪の余白」完成披露試写会1

[動画]吉本実憂、悪役せりふに“快楽”?「途中から楽しくなってきた」 映画「罪の余白」初日舞台あいさつ2

[st-kaiwa-kaisetsu-woman-no1]『罪の余白』の
「テレビ放送を見逃してしまった!」
「フル動画をできるだけ安く見たい!」

…そんなあなたは必見♪[/st-kaiwa-kaisetsu-woman-no1]

U-NEXTのキャンペーンを使えば動画を無料視聴できる!!

31日間の無料トライアルで視聴する!

邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

↑『罪の余白』をおトクに見る♪

映画/邦画『罪の余白』の作品紹介(キャスト・視聴率・OST・DVD情報)

映画(詳しくは邦画・日本国内映画)『罪の余白』の作品紹介(キャスト・スタッフ・視聴率・相関図・OST・DVD情報)邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

ここからは、『罪の余白』について、より詳しく作品紹介をしていきます。

映画/邦画『罪の余白』の出演者(キャスト・スタッフ紹介)

映画/邦画『罪の余白』のキャスト(出演者)やスタッフをご紹介します。

映画(詳しくは邦画・日本国内映画)『罪の余白』の出演者(キャスト・スタッフ紹介)邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

キャスト
(出演者)
内野聖陽(役:安藤聡)動物行動心理学が専門の大学講師。
吉本実憂(役:木場咲)ミッション系の私立創律女子学院高等学校に通う女子高校生。
谷村美月(役:小沢早苗)聡と同じ大学の助教授。心理学専門。
葵わかな(役:笹川七緒)加奈たちのクラスメイト。クリスチャン。
宇野愛海(役:新海真帆)加奈や咲と同じクラスの女生徒。
吉田美佳子(役:安藤加奈)聡の高校1年生の娘。細く艶やかな黒髪をしている。
堀部圭亮(役:西崎真)
利重剛(役:宮崎知良)
加藤雅也(役:高山満)
スタッフ 監督:大塚祐吉
原作:芦沢央
音楽:鈴木ヤスヨシ
脚本:大塚祐吉
製作:安達禎文、河内功、目時剛、恩田宏紀、三木明博、坂本健、古賀誠一、清水勝之、鈴木仁行、樋泉実、久保忠佳、大石崇徳、竹下孝司、志水俊太郎

映画/邦画『罪の余白』の相関図

映画/邦画『罪の余白』の人間関係をまとめた相関図は見つかりませんでした。
(※公式サイトでも用意されていませんでした。)

映画/邦画『罪の余白』の平均視聴率・最高視聴率

映画/邦画『罪の余白』の視聴率を調べました。

最高視聴率 不明
平均視聴率 不明

映画/邦画『罪の余白』のOST(オリジナルサウンドトラック・主題歌)

映画/邦画『罪の余白』のOST(オリジナルサウンドトラック)の情報です。

映画(詳しくは邦画・日本国内映画)『罪の余白』のOST(オリジナルサウンドトラック・主題歌)邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

罪の余白のOST 1 【公式】金魚わかな「ダブルバインド」 映画『罪の余白』主題歌スペシャルムービー

映画/邦画『罪の余白』のDVD&ブルーレイ発売情報

映画/邦画『罪の余白』のDVD・ブルーレイ発売情報です。

映画(詳しくは邦画・日本国内映画)『罪の余白』のDVD&ブルーレイ発売情報邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

[DVD/ブルーレイ]罪の余白 [DVD]

出演:内野聖陽, 吉本実憂
監督:大塚祐吉
形式:Color, Dolby, Widescreen
言語:日本語
リージョンコード:リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
画面サイズ:2.35:1
ディスク枚数:2
販売元:Happinet(SB)(D)
発売日 2016/03/02
時間:120 分
価格:3,342円

[DVD/ブルーレイ]罪の余白 [Blu-ray]

出演:内野聖陽, 吉本実憂
監督:大塚祐吉
形式:Color, Dolby, Widescreen
言語:日本語
リージョンコード:リージョンフリー(全世界共通)
画面サイズ:1.78:1
ディスク枚数:2
販売元:Happinet(SB)(D)
発売日 2016/03/02
時間:120 分
価格:3,888円

『罪の余白』を見たい!と思っても、
DVD/ブルーレイはちょっと高い…(^_^;)

でもNEXTのキャンペーンなら『罪の余白』を全話無料で視聴できる!!

31日間の無料トライアルで視聴する!

邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

↑『罪の余白』をおトクに見るチャンス♪

映画/邦画『罪の余白』の口コミ(感想レビュー・ネタバレ注意)

映画/邦画『罪の余白』のネタバレ感想・レビュー・口コミ・クチコミ・評判)邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

映画/邦画『罪の余白』の口コミ(感想レビュー※ネタバレを含むため注意)

ここでは、『罪の余白』を見た人の口コミ(感想レビュー※ネタバレを含むため注意)をご紹介します。

武田玲奈が出演していた

もう武田玲奈を発見してからウォーリーを探せ状態になってしまった。
れなれなが可愛くてストーリーとは関係ないところでキュンキュンしてました。

レビューの低さにビックリ

レンタルしてきて、さぁ観るぞ!の前にレビューを開いたらかなり低くて『あちゃー(´・_・`)こりゃ失敗か?』とテンション低めに再生してみて、何故こんなにレビューが低いのかと逆に驚きましたw
確かに、撮り方とかカット割りが【B級映画臭】プンプンな感じでしたが、監督をググったら納得。大塚さんっていつもこーゆー感じなんだよなwってな具合。何て言うか、ゆっくりなんだよね。分かる人いるかな?
内野さんは言うまでもなくさすがですが、
サキ役の吉本実憂ちゃんは今後の活躍もかなり期待できるほど、憎たらしい演技や罪の意識がないサイコパスを見事に演じていました。
美人さん、お見事です。
他の俳優陣も、それぞれ役に入り込んでいる感じが全体としてしっかりまとまっていたと思います。
原作を買ってまで読もうとは思いませんが(個人的にサイコパス系苦手なので。)機会があれば図書館でゆっくり読んでみたいなと思いました。
君は牢屋に入れられるんだ。何故だと思う?
ーーアタシから自由を奪いたいから?
(↑セリフうろ覚えですが↓)
このシーンで、内野さんが普通は罪の意識があるから、そう聞かれた人間は悪いことをしたから?と答えるのに、君はその罪の意識さえないんだ。と言うベランダのシーン。
緊張感ある二人のやりとりが一番印象的でした。
結局サキは逮捕されるのですが、罪の意識が全くないので、【余白】に繋がるんだと思いました。
あれ?書いてるうちに原作を読んでみたくなったかもw
長くなりましたが、私はオススメの映画として高評価です(^^)

美しい悪、女子高生サイコパスの映画、

県庁所在地の映画館へ出かけて、見ることが出来ました。
美しい悪、女子高生サイコパスの映画、
名門女子高の高層建物、ある日ベランダ手すりに立つ加奈の姿が、ーーそして直後に転落、
彼女の死の原因は自殺か事故か強要か?
2つに一つの選択を迫るダブルバインド、これから逃れる方法はその場にいない事。
父親の安藤聡は大学の行動心理学の教授、妻を亡くし娘の加奈と静かに暮らしていた父親は、
娘の転落の原因が知りたくて、彼女の日記が書かれている娘のパソコンのパスワードを解明、
そこには、学校カーストの頂点に君臨する木場サキの事が書かれていた。
彼女が娘の加奈を強要してベランダの手すりに立たせたことを証明することは不可能、
そこで、安藤はサイコパスのサキに命がけの勝負を挑む。
ーー恐るべき女王様サキを演じ切った吉本美憂の演技が秀逸でした!

迫真の演技のぶつかり合い

渋くてスタイリッシュな演技が魅力の内野聖陽と、
アイドルとしてのキュートな一面もありながら
目力がハンパないクールビューティな吉本実憂。
二人の絶妙な掛け合いにはまさに息がつまりました。
そのピリピリした雰囲気をこわさないように
撮影時はまったく馴れ合おうとしなかったというエピソードを聞いて、
なるほどなあと役作りの難しさを感じました。
欲を言えば、もっとクラスの他の女の子もからんでくればよかった。
あと原作を読んでない人には、説明不足に感じるところがあるかも。

結構、引き込まれた

こちらが咲を腹立たしく見ていたということは
吉本実憂のキャスティングと演技は成功だったのだろう。
実際は どんな子なのかググったら、役柄みたいな憎たらしさは無く
可愛い子じゃん。 当たり前か...
ドキュメンタリーじゃないから
ラストが「それでも僕はやってない」みたいな
不条理さのまま終わらなくてよかった。
ラストの突き落としは、狙って挑発を仕掛けたんだろうけど
助かったのが偶然なら運が良すぎる。 それとも?彼女を呼んで
クッションになるように、あそこに車を止めておくように頼んでいたなら
えらい賭けが成功したもんだな。
ところで、担任だった岩崎先生は、クレジットでは名前が
三浦朋香 になってたけど、ググっても全然データが出てこなくて
調べたら、中川朋香 だったよね。 なんでやねん

スリラーのような冷たさもある作品

少々粗い作りであるが興味深いストーリーを描いた心理サスペンスの良作。
安藤と咲の、完璧超人二人による対決。と思っているレビューが多いように感じたけど、二人は完璧超人どころか弱さの方が多くて、弱さと弱さのぶつかり合いだったろう。
特に咲のほうは、出だしこそ完璧超人のように描写されているが、徐々に弱さが露呈していき序盤の姿はハリボテで本当は見栄と強がりとうぬぼれしかなかった。だからこそ彼女は無駄に安藤に仕掛けていくし、自分が負けることを想定していない。どうやり込めるかしか考えていないのだ。そもそも仕掛けてやり込める必要すらないというのに。
一方、安藤は、出だしはどん底であった。そこから徐々に、真相に近付くにつれ心理的に回復していく。
落ちてくる者と上がってくる者、その距離が近付くほど面白さが増してくるのだ。
本作の心理サスペンスとは、安藤と咲の心理的駆け引きのことではなく、二人の心理状態を探るサスペンス。つまり観ている者と作品の心理的駆け引きだ。

この感じ何処かで見たことあるぞ~

音楽の使い方とか、映像の質感とか、既視感があってなんだろうと思った。
なんと、監督調べたら大塚監督じゃないですか!
なるほどと思った。
僕は嫌いじゃないです、この映画。てか、大塚監督の映画の雰囲気が好き。
作品としては粗は目立ちますが、雰囲気に飲まれて☆4。

こ、怖い!こんなJK関わりたくない・・・

娘を持つ父親として、自分の娘がこんな目にあっていたらと考えると、身につまされる一本でした。
内野さんの切なさが、ホンッとひしひしと伝わってきました。が、それよりなにより、あの吉本実憂!
いや~、ビックリしました。こんな女優さんいたんですね。
自分はこの作品で初めて見たと思うんですが、彼女すごいですね。あんなきれいな顔して、こんな憎まれ役を・・・。
こんな子が近くにいたら、自分も引きこもっちゃうかもしれない。それを淡々と演じちゃうんだからホンットにすごい。
彼女がこうなった理由をはっきり示さないのが、また今っぽくてリアルなんじゃないですか。この作品のつくり。
何気なく見た一本でしたが、結構ズシ~~~ンと来る作品でした。

高校生でも、すでに悪女。恐るべし。

ミッション系女子高で起こった不審死の事件。死亡した女の子の父親と死に追い込んだ女子高生との心理戦の迫力に圧倒される。
追及する父親は大学で心理学を教える先生、応戦する女子高生は才色そろった女。この女の憎々しさに目を引かれ、劣勢の父親に応援しながら画面にのめり込む。
この事故は、事実が全部明らかになっても法律上の犯罪にはならない。被害者の父親は良心的な罪を追求するしかない。しかし、加害女性はそのことを知った上で、追及をかわし逆に攻めに転じる。良心というものがない。
良心はなくて、妙に才長けた番長格の女ってのは手強い。担任の先生などの手には負えない。逆に人権侵害?で押し戻される。警察も立証の困難性を見通して捜査にしり込みする。心理学者の追及にはその道の対応術で応戦する。こうして、うやむやのうちに悪女たちの“人権”が守られて、後味悪く忘れられていく、というケースは珍しくはないようだ。
本作ではそうはさせない。悪女会の心理と行動が分かってきた父親は、相手側の土俵に乗る。父親の本職は心理学の教師なのだ。我が身を呈して悪女の弱点を攻める。そして、勝つ。
勝って目出度しめでたしとならないのがこの種事件の常で、一体どうしてこんなことになるの、と世代の違う者にはやりきれなさが残る。

これはすごいよお。

映画「罪の余白」観了
観了後すぐ、この見事な題名に、私は舌打ちした。
2時間のフィクションと呼ぶには、あまりに現実的で現代的なストーリーを、たった4文字で正当に象徴していることに、嫉妬を覚えた。
罪とまでは呼ぶことのできないきっかけで起きてしまった事故。
しかし、その事故には、「罪」と書かれた一枚の紙がテープで止めてあった。書かれた罪という文字の周りには、ノートのように疑いを書き込める余白がある。
未必の故意か、それとも、純白の過ちか・・・
娘の事故の真相を探るべく、暴走しがちになった父親安藤(内野聖陽)の代わりに、世にも美しい悪魔・女子高生の木場咲(吉本美優=こ、ここここの19歳の女優は凄い!誰なんだいったい)に話を聞きに行った安藤の同僚、30歳前後とおぼしき小沢早苗(谷村美月)に対し、開口一番、
「突然学校へ現れるのやめていただけませんか。連絡して欲しいんですよね。そうすれば断るのに。
・・・あなた安藤さんの同僚ですか?その髪型、服装、シャツを見れば、ずっと部屋にこもりっきりで勉強だけやってきて、男性経験もなく、友達もいないのが、すぐにわかりますよ。心理学という箔で一応社会人の仲間になれたつもりでいるかもしれないけど、誰もあなたのことなんか気にしてませんから、今まで通り、外に出てこないで部屋にこもって心理学やっててくれませんか。はい、おわり!」
と、木場咲は、両手でひとつ手を打つと立ち上がり、去って行った。
一言も反論もできず、一方的にやり込められた小沢は、安藤のもとに向かい伝える。
「安藤さん、彼女はすごく強い子です。彼女が加奈ちゃんを追い詰めたんだと思います・・・」言って堪えていたものが一気に吐き出され泣き崩れる小沢。安藤は小沢を抱え、ありがとう、と心から礼を言う。
そして安藤は、あることを決意する。
小人、大人、そして中人、いろいろな要素が入り混じって、どんなことでも言えてしまう、解釈させてしまうサスペンスミステリーだけど、主演の内野が何度も霞んでしまうほどの若い女優人たちが揃いすぎてる。
天性、知性、向上心、妬み、嫉み、疑心暗鬼、裏切り、苛め、嘘、怒り、笑い、手をつないで階段を下りていく女の子・・・だけど、匂いだけはしない。
実に面白い映画。
かなりお勧め也。

映画/邦画『罪の余白』のネタバレ感想(ツイッター・Twitter)

つづいて、『罪の余白』を見た人の声や感想(※ネタバレを含むため注意)をご紹介します。

映画/邦画『罪の余白』をテレビ放送を見逃した!できるだけ安く見たいあなたに!

[st-kaiwa-kaisetsu-woman-no1]『罪の余白』の
「テレビ放送を見逃してしまった!」
「フル動画をできるだけ安く見たい!」

…そんなあなたは必見♪[/st-kaiwa-kaisetsu-woman-no1]

U-NEXTのキャンペーンを使えば動画を無料視聴できる!!

31日間の無料トライアルで視聴する!

邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

↑『罪の余白』をおトクに見る♪

  

こちらもおすすめ!Paravi(パラビ)

Paravi

国内テレビドラマが好きなら加入すべし!

Paravi(パラビ)は、TBSやテレビ東京、WOWOW、日本経済新聞といった国内主要メディアが連携し、2018年4月にサービスを開始した動画配信サービスです。

国内ドラマの配信数は、日本最大級!

さらにバラエティ、音楽、アニメのほかスポーツや報道・ドキュメンタリーなど、各局の強みを前面に出した配信ラインナップとなっています。

料金は定額で見放題の「Paraviベーシックプラン」が月額925円(税別)。他の動画配信サービスとほぼ同等の価格帯です。

登録後30日間の無料お試し期間があり、1本単位でレンタル購入できる有料コンテンツも豊富に揃っています。

Paravi(パラビ)に加入する

Paraviでしか観ることができない動画も♪

-邦画(日本国内映画)

テキストのコピーはできません。

Copyright© Qooqle , 2019 All Rights Reserved.