武士の家計簿

投稿日:

映画/邦画『武士の家計簿』の「あらすじ」「動画を無料視聴する方法」をご紹介していきます!

↓『武士の家計簿』の動画を今すぐ無料で見たい方はこちらをクリック↓

映画/邦画『武士の家計簿』を見る邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

武士の家計簿を無料で視聴する!

映画/邦画『武士の家計簿』とは?(あらすじ・見どころ)

映画(詳しくは邦画・日本国内映画)『武士の家計簿』の作品概要邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

まずは、『武士の家計簿』とはどんな作品なのか?、作品の概要をご紹介します。

あらすじ

堺雅人が幕末のそろばん侍を好演!168年前の実在の家計簿から浮かび上がる当時の生活

■見どころ
偶然発見された古文書から幕末の武士の生活を読み解いた磯田道史の教養書を、森田芳光監督&堺雅人主演で映画化。
そろばん侍を献身的に支える妻を仲間由紀恵が演じている。

■ストーリー
江戸時代後半、代々加賀藩の財政に関わってきた猪山家の八代目・直之は、周囲が認めるほどそろばんにしか興味のない“そろばんバカ”。
そんな彼も縁談の持ち込まれたお駒と所帯を持つが、家計が圧迫しているのを案じ、家計見直し計画を行うことを宣言する。

U-NEXTキャンペーン『武士の家計簿』を無料で見る!>>邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

映画/邦画『武士の家計簿』の作品紹介(キャスト・視聴率・OST・DVD情報)

映画(詳しくは邦画・日本国内映画)『武士の家計簿』の作品紹介(キャスト・スタッフ・視聴率・相関図・OST・DVD情報)邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

ここからは、『武士の家計簿』について、より詳しく作品紹介をしていきます。

映画/邦画『武士の家計簿』の出演者(キャスト・スタッフ紹介)

映画/邦画『武士の家計簿』のキャスト(出演者)やスタッフをご紹介します。

映画(詳しくは邦画・日本国内映画)『武士の家計簿』の出演者(キャスト・スタッフ紹介)邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

キャスト
(出演者)
堺雅人(役:猪山直之):加賀藩御算用者猪山家8代目。初登場の時は御算用方見習い、後に御算用方となって天才的な算盤遣いを揶揄されて同僚からは「算盤馬鹿」と呼ばれる。父と共に御蔵米勘定役を勤めた際、蔵米を巡る藩の不正を上司に訴えるが揉み潰され、婚姻直後に能登輪島への転任を命じられる。
仲間由紀恵(役:猪山駒):直之の妻。
伊藤祐輝(幼少時:猪山直吉 - 大八木凱斗)(役:猪山成之):直之の嫡男。元服後、御算用方として出仕するが、父の生き方に反発し、西洋式陸軍の調練に進む道を見出だす。
桂木悠希(役:猪山春):直之の妹。
濱田帆乃果(役:猪山熊):直之の子で、成之の妹。
林素矢(役:猪山綱太郎):成之の子。父の後を追い、海軍に入る。
藤井美菜(役:猪山政):成之の妻。直之の姪。
松坂慶子(特別出演)(役:猪山常):直之の母。煙草を吸い、友禅に凝っており、嫁いできた駒にも友禅を勧めたりして家計を圧迫させている。
中村雅俊(役:猪山信之):直之の父。猪山家7代目で婿養子。
西村雅彦(役:西永与三八):駒の父。町同心で直之の剣術の師。子煩悩であり、幼き頃の成之の相談に乗ったり、一緒に釣りに出かけたりする。
嶋田久作(役:大村益次郎):明治新政府軍の司令官。成之を新政府軍の会計方に迎える。
山中崇(役:前田斉泰):第12代加賀藩主。
井手浩一朗(役:前田慶寧):最後の(第13代)加賀藩主。成之の御算用方としての腕を見込んで抜擢する。
宮川一朗太(役:奥村丹後守栄実):加賀藩の重臣。直之が藩の不正を暴いたことを記した調書を読んで、目付の調べと同じであることに驚き、藩主斉泰に御次執筆役として登用するよう進言する。
小木茂光(役:安部忠継):加賀藩の役人。
茂山千五郎(役:重永)加賀藩の御算用奉行。
ヨシダ朝(役:合田源次郎):加賀藩御算用頭。信之・直之の上司。
スタッフ 監督:森田芳光
脚本:柏田道夫
製作:元持昌之/岩城レイ子/三沢和子/真壁佳子/池田史嗣製作/総指揮:原正人/飛田秀一/豊島雅郎/野田助嗣
音楽:大島ミチル
撮影:沖村志宏
製作会社:『武士の家計簿』製作委員会
配給:松竹/アスミック・エース

映画/邦画『武士の家計簿』の相関図

映画/邦画『武士の家計簿』の人間関係をまとめた相関図は見つかりませんでした。
(※公式サイトでも用意されていませんでした。)

映画/邦画『武士の家計簿』の平均視聴率・最高視聴率

映画/邦画『武士の家計簿』の視聴率を調べました。

平均視聴率 -%
最高視聴率 -%

映画/邦画『武士の家計簿』のOST(オリジナルサウンドトラック・主題歌)

映画/邦画『武士の家計簿』のOST(オリジナルサウンドトラック)の情報です。

映画(詳しくは邦画・日本国内映画)『武士の家計簿』のOST(オリジナルサウンドトラック・主題歌)邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

曲順 タイトル
1 主題歌Manami「遠い記憶」

映画/邦画『武士の家計簿』のDVD&ブルーレイ発売情報

映画/邦画『武士の家計簿』のDVD・ブルーレイ発売情報です。

映画(詳しくは邦画・日本国内映画)『武士の家計簿』のDVD&ブルーレイ発売情報邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

[DVD/ブルーレイ]武士の家計簿(初回限定生産2枚組) [DVD]

発売日:2011/6/8
価格:¥2.478
時間:2 時間 9 分
ディスク枚数:1
形式:Color, Dolby, Limited Edition, Widescreen
言語:日本語 (Dolby Digital 5.1)
出演:堺雅人/仲間由紀恵/松坂慶子/中村雅俊/草笛光子
リージョン:リージョン1(米国およびカナダのみ)
アスペクト比:1.78:1
メーカー:松竹

『武士の家計簿』を見たい!と思っても、
DVD/ブルーレイはちょっと高い…(^_^;)

でもNEXTのキャンペーンなら『武士の家計簿』を全話無料で視聴できる!!

31日間の無料トライアルで視聴する!

邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

↑『武士の家計簿』をおトクに見るチャンス♪

映画/邦画『武士の家計簿』の口コミ(感想レビュー・ネタバレ注意)

映画/邦画『武士の家計簿』のネタバレ感想・レビュー・口コミ・クチコミ・評判)邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

映画/邦画『武士の家計簿』の口コミ(感想レビュー※ネタバレを含むため注意)

ここでは、『武士の家計簿』を見た人の口コミ(感想レビュー※ネタバレを含むため注意)をご紹介します。

丁寧に作られた映画

最近久々にいいなと思った映画です。丁寧に作ってありました。特に丁寧だなと感じたのは、セットやロケで作り出した江戸末期の金沢藩士の生活。その空間と時間。静謐で質実なものがとても美しい。少し暗めの色合いの中にあざやかに映る友禅の色。着物を売ることになって泣く松坂慶子様がよかったですね。
静かな流れの中で、また俳優たちの演技が丁寧。
この映画、海外でどのような評価を受けたのでしょうか?ヨーロッパに持っていけばよいと思うのですがね。

不器用な男の家族愛

遅まきながら鑑賞しました。物語は幕末から明治にかけてを加賀藩に仕えた御算用者の家族を軸に描いた作品です。そろばん馬鹿と呼ばれるほどの御算用者の猪山直之。武士なのに剣の腕はからきしだめで、取り柄は算盤と筆という変わり種。しかも、不正や曲がったことは許せずに、上司や息子ともぶつかることもたびたびながら、決してぶれることなく己の信念を貫く、それが故に困難な環境にもなるが、それでも夫を支える妻。ここにも大いなる愛があります。また主題である財政破綻状態にあった猪山家の再建方法は、まず、家の財政状況を詳らかにしたのち、売れるものは全て売り払い、それにより、元金の一部を一括返済。残りを10年の無利子の分割払いにしてもらう。それに加え日々の生活は体面よりも実質重視で質素倹約に過ごすというものです。その中でも子供の教育には注力する。これを今の日本になぞらえて語る経済評論家(国有財産の売却、支出の削減、成長分野への投資など)もおりまたが、既得権を持つ人々や、役人の壁の前にはとうていかなうとも思えず、猪山家の様に再建出来るとも思えず暗澹たる気持ちになります。少し話がずれましたが物語は終始、家族への愛が貫かれており、温かい気持ちにさせられます。

“そろばんバカ”でも、あなた達を守りたい

巷では、刀を持たない鞘だけの“侍”が持て囃されていますが、
こちらも、刀を持たないその名も“そろばん侍”
私もそうであったように、若年層にはなかなか受けがよろしくない時代劇。昔風に言えばチャンバラ映画ですが。
若い頃は派手なハリウッド映画を好みまして、時代劇~?などと敬遠しがちだったね。それが不思議なもので年輪を重ねるごとに日本映画の生粋なる時代劇を好んで鑑賞することになるんですね。当時の父親の気持ちに近づいてきちゃいましたよ。
そんな時代劇というジャンルの中で、この作品は趣向を変えてあり若い方にも女性層にも受け入れられるハートフルな作品になっていてとても微笑ましいと思えました。
時代劇ならではの血生臭い描写はいっさい省きまして、それぞれの時代時代にはこんな御算用者というお役目の武士たちも暗躍しておられたのであると再認識。今までの時代劇では紹介すらされて来なかった藩の台所事情を支える武士たちの姿。私にとっては作品導入部から驚きとなりまさに目から鱗でしたね。
私がこの作品を嫌味なしで鑑賞できた要因として取り上げるのは、キャスティングの成功にあったと思うんですね。それは主役級の方はもちろんのことで脇を固める味のある俳優さんたちのそれぞれの立場で成し遂げている名演技。それはもう観ていて嬉しくもあり楽しくもあり。大袈裟に言うならば、小川に流れる水であり道端に転がる石ころでさえもすべてが共鳴しあいひとつの作品を作り上げてたように肌で感じられましたね。
殿様の家系に生まれればお世継ぎに、剣豪の父を持てばまた剣豪をめざし、そろばん侍として“家督”を継ぐことに疑問を抱きながらも成長していく姿に和の心が涙してしまうのです。
いつのまにか親の背丈を越え、いつのまにか自分よりもひと回りもふた回りも小さくなって年老いた親の有難みを背負った温もりで感じ・・・こんなにも軽くなって、と。
あれほど大きい存在であった父親を息子が背負う心に響くシーン。この作品の集約的な見ごたえあるシーンで私は好きでした。
たとえ幼き頃におぶってもらった記憶が消え失せていても・・・大丈夫必ずあなたもおんぶしてもらっているから。我が子を抱かないおぶわない親はいませんからね。
勇ましく刀を振り回す描写が無くも充分素敵な時代劇がここに誕生しましたね。家長を支える女房と父親の背中を追う息子との家族愛に満ち溢れる作品です。
“武士は食わねど高楊枝”というが、この作品に表される武士は気高く剣豪の武士に優るとも劣らない武士でした。

日本人として誇りに思う、今後の人生観に

この映画を見終わった後、涙か止まらなかった。日本人を凝縮してる作品、この一人一人の力があってこそ、今日の豊かな国があると、あらためて実感。正直物はバカを見るので無く、正直は信用されること、社会からも同じ意味を持つ。亡き祖父も「騙されても騙すな」とよく話していました。この作品に出会えて本当によかったと思う。正直、この映画で人生観が変わりました、キャスト、演出、脚本、すべて完璧、この映画は10年に1本の大作だと思う。

日本人による、日本人のための映画

実在の人物をモデルにした時代劇でありながら、時代劇お得意の
チャンバラは一切ありません。
なぜなら、現代のサラリーマンにも通じる「お勤めする武士」を
描いているからです。
そして、その武士の家族を描いたホームドラマでもあります。
質素倹約の精神は、不況の現代人こそ参考にしたい部分です。
下手すれば、「ただのドケチ」に見えなくもないのですが
そこは『武士』よりも『家族』に焦点を当てているため
見ている人の気持ちがひいてしまうような部分はありません。
家族を守る一人の父親が、武士という肩書きを背負いながらも
生き抜く男の生き様は、一味違う武士の物語として楽しめます。
殺陣のかっこ良さを見たい海外ファンには向きませんが
日本人による、日本人のための映画、そして
これこそが日本人の姿と思える映画です。

[ネタバレ]現代にも通じるものがあると思います

普通の時代劇で、「勘定方」、なんて言葉は
聞いたことがあっても「御算用者(ごさんよう
もの)」なんて初めて聞きました。
しかも、あんなに大勢の武士がそろばん教室
みたいにそろばんをはじいているのは異様な感じ
さえします。
江戸時代の地方の武士がどんな暮らしをしていた
か、そこにスポットを当てた時代劇は少ないと思
います。唯一垣間見られそうな水戸黄門も放映が
終わってしまいましたし。
原作は、実話が元になっているとのことです。
印象に残るシーンは、幕末の加賀藩の下級武士で
ある主人公の猪山直之は、藩が飢饉の被災者に分け
与える救い米がどこかで横流しされていることを疑い、
徹底的に調べ、上役に報告。余計なことをするな、
と、返って、その行為を咎められ、左遷されそうに
なるも、その実直ぶりが評価され出世するという
シーン。現代にも通じるところがあるような気が
します。正直者が馬鹿を見ない、というのはすがすが
しいです。
もう一つは親子の関係。落としたお金を別な場所で
拾ったお金でごまかそうとした息子を厳しく叱責。
一見、可哀相だけれども、息子の考え方の一生を
左右する大事なしつけです。子供の頃は恨んでいても
大人になってから父親に感謝するようになるものだと
思います。
単なる倹約した武士の物語だけにとどまらず、親子関係
などとても感動させられました。

素晴らしい

映画館で、そしてDVDで購入して観て改めて思う。
借財の返済により、当初は暗澹たる状況からの【恥も外聞も無く】【着実な計画返済】により、【貧相な弁当】から時が経ち【見栄えバッチリの素敵な弁当】へ。
少しずつ状況が改善されているのが、良く分かる。観ていて【心にゆとり】が出来る映画だと思う。

駒の心遣いに涙

猪山家に受け継がれる武士の魂「そろばん」・・
武士にも色んな役割があって、たしかに藩政をちゃんと運営していくためには、きちんとした財政運営が必要なのはもちろんですネ・・
時代劇といえば「十三人の刺客」に代表される、いわゆる チャンバラ=殺し合い ですけど、この作品は剣道の試合はありましたが、真剣での斬り合いがまったくなく、安心して見られましたヨ・・
主人公「猪山直之」が貫いた愚直なまでの「正しさ」
それは、「御算用者」としてのプライドなんでしょうネ・・
子から父(直之→信行 成之→直之)への「愛」もいっぱい感じましたヨ・・
ほんと、礼節を決して忘れない親子関係っていいですネ・・(^^)
そして猪山家がみせた徹底した倹約・・某電力会社も、あの位のことはやってほしいです・・(笑)
*******
ところで、私が感心したのは仲間さんが演じた「駒」・・
夫を陰でささえつつ、家族どころか、使用人にも細かい心遣いを見せてます。
一番泣けたシーン・・
夫の「直之」が、義母が大切に大切にしていた着物を倹約のために売ってしまっていたんですが、義母の臨終の際、その着物を、質?から借りてきて、そっと羽織ってあげたところ・・義母のうれしそうな笑顔に・・(T_T)
私の夫は二男で、夫の実家からは離れて暮らしているんですが、義理の両親、祖父母にもあんな気遣いができたらいいな~って、改めて思いましたヨ、もちろん自分の両親、祖父母も・・
ちなみに、今義母は私の「フラ仲間」になってます・・(^^)
*******
おわりに・・今作品をはじめたくさんの素敵な映画を私たちに遺していただいた「森田芳光監督」のご冥福を深く深くお祈りいたします・・(合掌)

心に染み入る算盤の音

代々加賀藩に算用者(会計係)として仕えてきた猪山家の八代目、猪山直之とその家族の姿を描く時代劇。どんな困難が降りかかろうと前向きに算盤を弾いてゆくその姿が心に染み入る。前編に渡って猪山家の温かな柄が滲み出ており素晴らしい。直吉が泣かせる。

地味で地道な武士道

傑作とはこういう作品の事,
チャンバラシーンは一切無く地味な話だが,役者と脚本が良いと,こんなにも面白い作品になる,
侍の世界も考えたら会社,戦は毎日ある訳ではなく,生活は毎日,戦だって,戦術よりも物量が一番,その為には,経済的な算段が大切な事,強い兵士より上かもしれない,戦うにしたって,武器も必要,食い物だって,但し一番目立たず,地味な所,
そこに脚光をあてているこの作品,
役者が上手くないと,ボ~っとした作品になりがち,
侍の世界のこういう所を世界的に宣伝してもらい,如何に日本が凄い国であったかを,伝えてもらいたい,しかし中村さん,一人だけ,夕日ヶ丘の総理大臣しています,
主役の堺さんが老けメイクした方がまるっきり年寄りに見える,

映画/邦画『武士の家計簿』のネタバレ感想(ツイッター・Twitter)

つづいて、『武士の家計簿』を見た人の声や感想(※ネタバレを含むため注意)をご紹介します。

映画/邦画『武士の家計簿』をテレビ放送を見逃した!できるだけ安く見たいあなたに!

[st-kaiwa-kaisetsu-woman-no1]『武士の家計簿』の
「テレビ放送を見逃してしまった!」
「フル動画をできるだけ安く見たい!」

…そんなあなたは必見♪[/st-kaiwa-kaisetsu-woman-no1]

U-NEXTのキャンペーンを使えば動画を無料視聴できる!!

31日間の無料トライアルで視聴する!

邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

↑『武士の家計簿』をおトクに見る♪

  

こちらもおすすめ!Paravi(パラビ)

Paravi

国内テレビドラマが好きなら加入すべし!

Paravi(パラビ)は、TBSやテレビ東京、WOWOW、日本経済新聞といった国内主要メディアが連携し、2018年4月にサービスを開始した動画配信サービスです。

国内ドラマの配信数は、日本最大級!

さらにバラエティ、音楽、アニメのほかスポーツや報道・ドキュメンタリーなど、各局の強みを前面に出した配信ラインナップとなっています。

料金は定額で見放題の「Paraviベーシックプラン」が月額925円(税別)。他の動画配信サービスとほぼ同等の価格帯です。

登録後30日間の無料お試し期間があり、1本単位でレンタル購入できる有料コンテンツも豊富に揃っています。

Paravi(パラビ)に加入する

Paraviでしか観ることができない動画も♪

-邦画(日本国内映画)

テキストのコピーはできません。

Copyright© Qooqle , 2019 All Rights Reserved.