ロマンス

投稿日:

邦画(国内映画)『ロマンス』の「あらすじ」「動画を無料視聴する方法」をご紹介していきます!

↓『ロマンス』の動画を今すぐ無料で見たい方はこちらをクリック↓

邦画(国内映画)『ロマンス』を見る邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

ロマンスを無料で視聴する!

邦画(国内映画)『ロマンス』とは?(あらすじ・見どころ)

映画(詳しくは邦画・日本国内映画)『ロマンス』の作品概要邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

まずは、邦画(国内映画)『ロマンス』とはどんな作品なのか?、作品の概要をご紹介します。

あらすじ

元AKB48の大島優子が主演!ある女性の予期せぬ1日を綴ったロードムービー

■見どころ
「百万円と苦虫女」など切なくもユーモラスな人間描写に定評のあるタナダユキが監督。
大島優子が、母親とのわだかまりを抱える26歳女性の心理を繊細に表現している。

■ストーリー
新宿~箱根を往復する特急ロマンスカーでアテンダントとして働く鉢子。
ある日、彼女はある中年の男性客とトラブルを起こし、その上男に母親から届いた手紙を読まれてしまう。
鉢子の母が自殺を考えていると危惧したその男は、彼女に母親を探すよう促すが…。

ここがポイント!

ロマンスカーを運営する小田急グループが全面協力。
ロマンスカー社内や駅構内など、“本物”を使用したロケが実現した。

U-NEXTキャンペーン『ロマンス』を無料で見る!>>邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

邦画(国内映画)『ロマンス』の特別動画(特典映像)

映画(詳しくは邦画・日本国内映画)『ロマンス』の特別動画(特典映像)邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

ここからは、邦画(国内映画)『ロマンス』の特別動画(特典映像)をご紹介します。

[動画]大島優子 主演 映画「ロマンス」タナダユキ監督インタビュー ※予告編付き

[動画]大島優子主演/映画『ロマンス』特報

[動画]祝!大島優子 主演映画「ロマンス」(小田急ロマンスカーアテンダント:北條鉢子 役)<共演:大倉孝二、監督:タナダユキ>シカゴ開催の映画祭で観客賞受賞<上海国際映画祭、JAPANCUTS、正式出品>

[動画]「ロマンス」特別映像

[動画]大島優子、主演映画「ロマンス」の告知で、言い間違いをして爆笑される!(二人の掛け合いがとても面白く、心温まる素敵な作品)<共演:大倉孝二、監督:タナダユキ>シカゴ開催の映画祭で観客賞受賞!?

女性解説
解説
『ロマンス』の
「テレビ放送を見逃してしまった!」
「フル動画をできるだけ安く見たい!」

…そんなあなたは必見♪

U-NEXTのキャンペーンを使えば動画を無料視聴できる!!

31日間の無料トライアルで視聴する!

邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

↑『ロマンス』をおトクに見る♪

邦画(国内映画)『ロマンス』の作品紹介(キャスト・視聴率・OST・DVD情報)

映画(詳しくは邦画・日本国内映画)『ロマンス』の作品紹介(キャスト・スタッフ・視聴率・相関図・OST・DVD情報)邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

ここからは、邦画(国内映画)『ロマンス』について、より詳しく作品紹介をしていきます。

邦画(国内映画)『ロマンス』の出演者(キャスト・スタッフ紹介)

邦画(国内映画)『ロマンス』のキャスト(出演者)やスタッフをご紹介します。

映画(詳しくは邦画・日本国内映画)『ロマンス』の出演者(キャスト・スタッフ紹介)邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

キャスト
(出演者)
大島優子(役:北條鉢子)特急ロマンスカーのアテンダント役
大倉孝二(役:桜庭洋一)
野嵜好美(役:久保美千代)
窪田正孝(役:直樹)
西牟田恵(役:北條頼子)
中村靖日(役:鉢子の上司)鉢子の上司
スタッフ 監督:タナダユキ
音楽:周防義和、Jirafa
脚本:タナダユキ
製作:間宮登良松

邦画(国内映画)『ロマンス』の相関図

邦画(国内映画)『ロマンス』の人間関係をまとめた相関図です。

映画(詳しくは邦画・日本国内映画)『ロマンス』の登場人物の人間関係・相関図・チャート邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

邦画(国内映画)『ロマンス』の平均視聴率・最高視聴率

邦画(国内映画)『ロマンス』の視聴率を調べました。

最高視聴率 不明
平均視聴率 不明

邦画(国内映画)『ロマンス』のOST(オリジナルサウンドトラック・主題歌)

邦画(国内映画)『ロマンス』のOST(オリジナルサウンドトラック)の発売情報はありませんでした。

映画(詳しくは邦画・日本国内映画)『ロマンス』のOST(オリジナルサウンドトラック・主題歌)邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

邦画(国内映画)『ロマンス』のDVD&ブルーレイ発売情報

邦画(国内映画)『ロマンス』のDVD・ブルーレイ発売情報です。

映画(詳しくは邦画・日本国内映画)『ロマンス』のDVD&ブルーレイ発売情報邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

[DVD/ブルーレイ]ロマンス [DVD]

出演:大島優子, 大倉孝二, 野嵜好美, 窪田正孝, 西牟田恵
監督:タナダユキ
形式:Color, Dolby, Widescreen
言語:日本語
リージョンコード:リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
ディスク枚数:1
販売元:TOEI COMPANY,LTD.(TOE)(D)
発売日 2016/02/10
時間:97 分
価格:3,023円

[DVD/ブルーレイ]ロマンス 特別限定版(初回生産限定) [DVD]

出演:大島優子, 大倉孝二, 野嵜好美, 窪田正孝, 西牟田恵
監督:タナダユキ
形式:Color, Dolby, Widescreen
言語:日本語
リージョンコード:リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
ディスク枚数:2
販売元:TOEI COMPANY,LTD.(TOE)(D)
発売日 2016/02/10
時間:97 分
価格:3,023円
【スペック】
●映像特典
◆特報
◆劇場予告
●ボーナスディスク
◆メイキング
◆ロマンスカーイベント
◆ジャパンプレミア上映会舞台挨拶
◆公開初日舞台挨拶
◆予告(アナザーバージョン)
●デジパック ブック型ケース付き
●封入特典(予定)
◆フォトカードセット8枚

『ロマンス』を見たい!と思っても、
DVD/ブルーレイはちょっと高い…(^_^;)

でもNEXTのキャンペーンなら『ロマンス』を全話無料で視聴できる!!

31日間の無料トライアルで視聴する!

邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

↑『ロマンス』をおトクに見るチャンス♪

邦画(国内映画)『ロマンス』の感想レビュー

邦画(国内映画)『ロマンス』のネタバレ感想・レビュー・口コミ・クチコミ・評判)邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

邦画(国内映画)『ロマンス』の感想レビュー(ネタバレあり)

ここでは、『ロマンス』を見た人の感想レビュー(ネタバレ有り)をご紹介します。

見終わると気分がいい

huluで観ましたが、期待をかなり上回ってくれたのでレビューします。確かに地味な映画ではありますが、クスッと笑えたり軸となる子供時代の背景など丁寧に描かれています。主題歌も心地よく絵も可愛いらしいです。

配役が良い

美人とは言えない大島優子だが、この映画は彼女の魅力が出ていると思う。
観終われば、相手役の男優の適度な軽さも合っていたと感じる。

まるで万華鏡。

物語がどこへ終着するのかわからない・・・
「あれ? これ、え??もしかして・・・」
想像を裏切り続け展開していく様
素晴らしいとしか言わざるを得ない。
次の展開の想像が尽きなく見ていて飽きない、そんな映画でした。
起承転結の「起」がとんでもないところから始まり、
そのキナ臭さは物語の終盤まで視聴者の想像を掻き立てます。
また、物語への想像と同時に登場人物の想像も様々に膨らみます。
「この人間はどんな人なんだろう?」
「・・・・え? こういう人なのか? あれ??違う、」
場面場面で形成してゆき、最終的にその人物を知ることができます。
キナ臭さが確信に変わっていく流れ、私は爽快でした。
感情変化の表現も面白いです。人間味あふれてました。すごくリアルです。
シリアスモードの時にアクシデントでコミカルになってしまうと
絶対、人って爆笑しますよね。
きっと作者は人間にすごく興味がある人なんだなぁって思いました。
人間に興味がある人にはお勧めな作品だと思います。s

あっぱれ!

シナリオがしっかりしているから、単調になりがちなストーリーが秀逸なものとなっています。ラストの交番のシーンで本日の交通事故者数の掲示板をシーンに入れるところに監督の素晴らしさを感じました。おっさんの演技にだんだん引き込まれていくところもすごい。オススメの一本です。

ハートウォーミングムービー

なんだか心がホッコリする映画です。
大島優子の演技も良かった。

なんか心地よい…

大島優子と大倉孝二の自然な会話がスゴくいい。
なぜか何度も観たくなる、不思議な作品。
人生、後悔してもその後悔に納得出来ればいいんだ…そんな今までの自分を肯定してくれた。
大島優子のアテンダント、カッコいいです。ロマンスカー乗りたくなりました。
また、劇中の‘いい日旅立ち’を聞いて何処かへ旅したくなりました。

あるの?ないの?

なんてことない1日のようでなんてことある。そんなこと起きないようで起きるかも。97分の中に悲しく切なく、そして面白いエッセンスが詰まってる映画です。気持ちをラクに観に行ってみてください。もっとラクになりますから。笑。

大倉孝二さんが素晴らしい

全く期待していなかったが、とっても好ましい映画。
何よりも大倉孝二さんが素晴らしい。バランスの難しい桜庭という役を、とても魅力的なキャラに作り上げた。お見事の一言。
劇中で桜庭が語る『映画には夢がある』という言葉、映画好きにはたまらない一言であると同時に、映画も旅も現実を少し忘れて『夢』に浸る時間という点で共通していることに改めて気付かされた。桜庭も『夢』を見たかったのだと思うと何だかとても切ない。
箱根の曇天の空が二人の心にそっと寄り添う。主役二人の会話の妙。二人の『ロマンス』をずっと見ていたいと思わしてくれる。
派手さはなく、序盤の展開も幾分強引な感が否めないが、何だか好ましい。
主役の2人以外はほとんど知られていない役者さんなのだが、この役者さん達の『顔』選びが的確。
大島さんも『普通の女性』を好演。作品選びが良く、彼女のクレバーさを感じる。
劇場を出た後、すっと少し心が軽くなる、愛らしい佳作です。

心地よい余韻に浸りたい、そんな作品

他の方も書いてますが、特に何が起こるわけでもなく、赤の他人がとあるきっかけでたった一日箱根の旅をするという何てことないストーリー。
二人が一緒に行動するいきさつはやや強引な所はありますが、その二人のやり取りが非常に心地よく、大爆笑というわけではないけれど、終始クスクスと笑っていました。
笑える所もあれば、見入ってしまうシーンもあって大島優子さんと大倉孝二さんのほぼ二人で物語は展開していきますが、上映時間の短さもあって、あっという間に時間が過ぎてしまいました。
大島さん、大倉さんのキャストはぴったりハマっていたと思います。
大島さん、地味な感じがまたいいなぁ。なんかとっても可愛かった。
上映が終わってエンディングテーマを聞きながらなんとも言えない暖かい気持ちになりました。しばらく映画の余韻に浸っていたいような、そんな気分。
最近は原作ありきの作品が多い中、オリジナルは貴重。
こういう作品をもっと観たいと思いました。

オリジナル映画はすばらしい

好きだなータナダユキ。
題材のチョイスで落とす監督じゃない。
全編通してもの凄い軽いノリで進むのに、
じわじわと言いようもない感情が沸く。ぐーっとくる。
みどころはやはり大島優子演じる鉢子と大倉孝二演じる桜庭の掛け合い。
間が見事!
脚本も素晴らしいが、ここに関しては二人の役者の上手さで成り立ってるのだろう。
あとパンフもおすすめ。

邦画(国内映画)『ロマンス』のネタバレ感想(ツイッター・Twitter)

ここでは、『ロマンス』を見た人の声や感想(ネタバレ有り)をご紹介します。

邦画(国内映画)『ロマンス』をテレビ放送を見逃した!できるだけ安く見たいあなたに!

女性解説
解説
『ロマンス』の
「テレビ放送を見逃してしまった!」
「フル動画をできるだけ安く見たい!」

…そんなあなたは必見♪

U-NEXTのキャンペーンを使えば動画を無料視聴できる!!

31日間の無料トライアルで視聴する!

邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

↑『ロマンス』をおトクに見る♪

  

-邦画(日本国内映画)

テキストのコピーはできません。

Copyright© クークル[Qooqle]人気おすすめ動画検索サイト , 2019 All Rights Reserved.