受難

投稿日:

映画『受難』の「あらすじ」「動画を無料視聴する方法」をご紹介していきます!

↓『受難』の動画を今すぐ無料で見たい方はこちらをクリック↓

映画『受難』を見る邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

受難を無料で視聴する!

映画『受難』とは?(あらすじ・見どころ)

映画『受難』の作品概要邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

まずは、映画『受難』とはどんな作品なのか?、作品の概要をご紹介します。

あらすじ

大事な部分に人面瘡!?元ミスマガ・岩佐真悠子が体を張った異色のエロティックコメディ

■見どころ
直木賞作家・姫野カオルコの同名小説を、女性監督ならではの感性で映画化した、こじらせ女子の成長物語。
グラビア出身の岩佐真悠子がフルヌードを披露し話題を呼んだ。

■ストーリー
修道院育ちの処女・フランチェス子。
彼女は愛や性について悩み、悶々としながらも禁欲的な生活を送っていた。
ところが、ある日、彼女の陰部に謎の人面瘡が出現。
しかも毒舌をはき出した。
しかし彼女は人面瘡を「古賀さん」と名付けて受け入れてしまう。

U-NEXTキャンペーン『受難』を無料で見る!>>邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

映画『受難』の作品紹介(キャスト・視聴率・OST・DVD情報)

映画『受難』の作品紹介(キャスト・スタッフ・視聴率・相関図・OST・DVD情報)邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

ここからは、映画『受難』について、より詳しく作品紹介をしていきます。

映画『受難』の出演者(キャスト・スタッフ紹介)

映画『受難』のキャスト(出演者)やスタッフをご紹介します。

映画『受難』の出演者(キャスト・スタッフ紹介)邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

映画『受難』の出演者(キャスト・スタッフ紹介)邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

映画『受難』の出演者(キャスト・スタッフ紹介)邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

映画『受難』の出演者(キャスト・スタッフ紹介)邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

映画『受難』の出演者(キャスト・スタッフ紹介)邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

映画『受難』の出演者(キャスト・スタッフ紹介)邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

キャスト
(出演者)
岩佐真悠子(役:フランチェス):クリスチャンの女性。冒頭でモデルの仕事を辞めた後、バイト生活を送る。基本的にコンプレックスの塊でネガティブ思考だが、マイペースな性格で古賀の悪口にめげずに日常を淡々と過ごす
古舘寛治(役:古賀):突然フランチェス子の股間にできた人面瘡。ヒゲ面で強面なおじさんの顔をしている。
淵上泰史(役:まる/くす)男性モデル。モデルをするのんこと付き合っている。のんこのことを愛するあまり疑り深い性格で衝動的な言動をすることがある。また、くすはまるの双子の兄弟。冒頭でモデルの仕事を辞め、趣味を活かして音楽や映像などの仕事を始める。
伊藤久美子(役:いずみ):フランチェス子の女性モデル仲間。ほどなくしてCUSの恋人となる。
スタッフ 監督/脚本:吉田良子
音楽:大友良英
原作:姫野カオルコ「受難」(文春文庫刊)
撮影:芦澤明子
美術:平井敦郎
録音:伊藤裕規
照明:御木茂則
VFXスーパーバイザー:オダイッセイ
編集:平田竜馬
助監督:林啓史
製作者:重村博文/小西啓介/宮路敬久
プロデューサー:山口幸彦 /小林智浩/宮崎大

映画『受難』の相関図

映画『受難』の人間関係をまとめた相関図です。

映画『受難』の登場人物の人間関係・相関図・チャート邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

映画『受難』の平均視聴率・最高視聴率

映画『受難』の視聴率を調べました。

平均視聴率 -%
最高視聴率 -%

映画『受難』のOST(オリジナルサウンドトラック・主題歌)

映画『受難』のOST(オリジナルサウンドトラック)の発売情報はありませんでした。

映画『受難』のOST(オリジナルサウンドトラック・主題歌)邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

映画『受難』のDVD&ブルーレイ発売情報

映画『受難』のDVD・ブルーレイ発売情報です。

映画『受難』のDVD&ブルーレイ発売情報邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

[DVD/ブルーレイ]受難(2枚組 本編DVD+特典DVD)

発売日:2014/5/14
価格:¥3.970
時間:1 時間 35 分
ディスク枚数:2
形式:Color, Dolby, Widescreen
言語:日本語 (Dolby Digital 5.1)
出演:岩佐真悠子/淵上泰史/伊藤久美子/古舘寛治
リージョン:リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。)
アスペクト比:1.78:1
メーカー:キングレコード

『受難』を見たい!と思っても、
DVD/ブルーレイはちょっと高い…(^_^;)

でもNEXTのキャンペーンなら『受難』を全話無料で視聴できる!!

31日間の無料トライアルで視聴する!

邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

↑『受難』をおトクに見るチャンス♪

映画『受難』の感想レビュー

映画『受難』のネタバレ感想・レビュー・口コミ・クチコミ・評判)邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

映画『受難』の感想レビュー(ネタバレあり)

ここでは、『受難』を見た人の感想レビュー(ネタバレ有り)をご紹介します。

男の絶望を打ち砕いた、女の絶えなき愛

女性器が話すという設定から、この映画をシュールとか不条理系と観る者もいるだろう。だが、世界視点で見れば、『ヴァギナ・モノローグ』という名の舞台は今や世界中で古典演劇になっている。にしても、女性器について女たちで語り合うという真っ当な趣旨のものではあるが。
この映画、『受難』の女性器トークは、それ自体が話す。ヒロイン、フランチェス子の女性器に中年男の顔をした人面そうができ、そのオッサンが彼女に終始、「お前は女失格だ!」などと悪口を言い続けるのだ。それは時に、聞くにも耐えない罵詈雑言になる。つまり、女性器という最も女性的な部分に、その本人の女性性を全否定する残酷な男が宿るという事であり、その皮肉さが笑いと哀しみを誘う。
フランチェス子の人面そう、彼女が古賀さんと名づけたそれは、修道女である彼女の内的抑圧のシンボルとも見れる。宗教に生涯を捧げた女たちは誰もが女性性を自ら否定し、いずれは放棄しなければならない。フランチェス子は古賀さんの罵詈雑言を浴びてもシラっと受け流すだけだが、その驚くべき寛容な姿は宗教的な女性たちの内面と重なる。
古賀さんは男性そのもの、あるいは男性の持つ影をシンボライズした存在とも見れる。映画の最終盤で明かされる正体によって、彼が世の中に絶望したシニシストだという事が分かる。それは女性に限らずあらゆるものを差別する男の典型とも言え、常に世の闇の奥に追いやられているような存在だ。
だが、そんな古賀さんにフランチェス子は愛を告白し、プロポーズするのだ。それによって人面そうの呪いは解け、古賀さんは生身の男に戻る。そして、聖書からの引用句らしい言葉が続く。
「愛は寛容であり~~~愛は絶えることがない」
その一文は、この映画で起こったすべての出来事を1つにまとめるものでもあり、構成力の高さを感じさせる。
プライド、つまり、ごう慢と憎悪の地獄に落ちた男に対し、どんなにヒドイ仕打ちや孤立を与えても変わる事はない。ただ1つ、絶えることのない愛を注がれた時にだけ、決定的に何かが変わるのだ。オーゲサに言えば、これは歴史絵巻物レヴェルで、女による男への救済劇を描いた作品だとも言える。
原作を読んでいないが、映画だけでこういうテーマの深みが伝わってくる。もしかすれば原作以上に思考喚起的なものに仕上がっているのかも知れない。そして、この映画『受難』の最も素晴らしい点は、飽くまで“アートポップ”だという所だ。深いテーマを扱いながら、表面はポップであり、コミカルで刺激的でセクシーな造りになっている。
これはおそらく、隠れた名作になるのではないか。ネットを見る限り、少なくとも日本国内では正当な評価を受けていない。だが、これはカンヌなどの主要な国際映画祭でコンペティションにかけられる程のクオリティを持っているハズである。
僕個人は、この映画に“2013年、パルムドール受賞作”という巨大な冠がつけられた上で観たとしても、最後には「なるほど、これは受賞に値するな」と納得した事だろう。冗談ぬきで…。

フルヌードにはワケがある!!!

アソコに、人面瘡ができるって、
どんな話だ?!とやや疑い気味に試写会で観てきました。
人面瘡と主人公フランチェス子のおかしな共同生活。
「おまえはダメ女だ!」「男から相手にされないかわいそうな女だ!」
と罵倒された挙句、周囲の男性に、「私とセックスをしたいと思われますか?」
とトンデモナイ質問を健気に投げかける、愛や性とは無縁のフランチェス子。
さらに、自分の家の空いている部屋を、友人カップルに貸出し、
セックス部屋として提供・・
しかし、次第に、そんなおかしな行動も愛おしく思えてくるから不思議。
そんなフランチェス子の奇妙な毎日が、
セックスによって開花するシーンは圧巻!!
今回、岩佐真悠子は、ただ脱いだだけじゃないんです。
この物語では、脱ぐ理由がきちんとあったのです。
妖艶で、刺激的で・・
男女問わず、これは大スクリーンでたっぷり堪能してほしい!!

大当たり

岩佐真悠子が好きで、ヌードシーンを期待して、飛ばしながらみて、そこだけ見たら終わるのだろうなと思っていたところ、1秒も飛ばさずに全部見たどころか、大傑作だと思いました。
岩佐真悠子の演技がこんなにいいとは思わなかった。

岩佐真悠子さんが美しいです!

人面お○んこ・・・・
コメディなのでいいでしょう。
いきなり自分のお○んこが人面お○んこになりしゃべり出したのに
意外に適応してしまう真悠子さんが素敵です。
さて、真悠子さんのおっぱいですが61分くらいに見られます!
おっぱい目当ての方は参考にしてください。
ベッドシーン、シャワーシーン、疾走シーン。
全裸で疾走するシーンで正面からお乳を撮っていますが、走っているので右に左に揺れます。
最高!
まだまだ脱ぎますよ!
90分頃からベッドシーンです。ファンタスティック!

合格です。

岩佐真悠子さんが好きな人ならば、買ってはずれはない。
テレビなどで見られないシーンは4回あります。
1.寝ているところを強引に、張りの少しおちたバストをしだかれ
2.シャワーでかわいいバストとかわいいヒップ
3.生まれたままの姿で道路を疾走、大丈夫?
4.おじさんとのいとなみ
もう見られないかもしれないので
損はしないかなぁ。

岩佐真悠子のおっぱい!

これでも彼女は昔より演技がうまくなったと思いました。
内容はまぁ特別面白くはないんですが不思議と嫌いではない感じです。
退屈で下品な前半部にも関わらず意外にも私は飽きずに楽しめました。
あと古賀さんのキャラが松尾スズキと被る。
「愛される人は良い匂いがする」
「たった一本ちんちんが入っただけなのにね」
これは男女関わらず共感できるセリフだと思いました。
何より年齢を重ねてかつ美しい
岩佐真悠子のおっぱい!が見られる素晴らしい映画でした。

ダメ女子トーク

主人公と人面瘡とのダメ女子トークがおもしろかった。
罵詈雑言を浴びても一緒に誰かがいて、意見を交わし続けるというのは、楽しいことだな。全くへこたれないというか、あまり気に病んでいる風でもない主人公が魅力に感じる。
主人公の清貧的な生活も寂しい限りでしたが、愛の思想的に

変な映画

世界観が、変である。
異変を受けて入れてる女性。
不思議なことに飽きはしなかった。

映画『受難』のネタバレ感想(ツイッター・Twitter)

ここでは、『受難』を見た人の声や感想(ネタバレ有り)をご紹介します。

映画/邦画『受難』をテレビ放送を見逃した!できるだけ安く見たいあなたに!

[st-kaiwa-kaisetsu-woman-no1]『受難』の
「テレビ放送を見逃してしまった!」
「フル動画をできるだけ安く見たい!」

…そんなあなたは必見♪[/st-kaiwa-kaisetsu-woman-no1]

U-NEXTのキャンペーンを使えば動画を無料視聴できる!!

31日間の無料トライアルで視聴する!

邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

↑『受難』をおトクに見る♪

  

-邦画(日本国内映画)

テキストのコピーはできません。

Copyright© Qooqle , 2019 All Rights Reserved.