トイレのピエタ

投稿日:2月 13, 2019 更新日:

映画/邦画『トイレのピエタ』の「あらすじ」「動画を無料視聴する方法」をご紹介していきます!

↓『トイレのピエタ』の動画を今すぐ無料で見たい方はこちらをクリック↓

映画/邦画『トイレのピエタ』を見る邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

トイレのピエタを無料で視聴する!

映画/邦画『トイレのピエタ』とは?(あらすじ・見どころ)

映画(詳しくは邦画・日本国内映画)『トイレのピエタ』の作品概要邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

まずは、『トイレのピエタ』とはどんな作品なのか?、作品の概要をご紹介します。

あらすじ

人気バンド「RADWIPS」の野田洋次郎が映画初主演!余命わずかな青年の葛藤を熱演する

■見どころ
ドキュメンタリー映画「ピュ~ぴる」の松永大司監督が、手塚治虫の病床日記にインスパイアされた人間ドラマ。
リリー・フランキー、大竹しのぶら脇を固めるキャストも豪華!

■ストーリー
画家になる夢を諦め、空虚な生活を送っていた宏。
バイト中に倒れ、病院に運ばれた彼は、医者から余命3カ月と宣告されてしまう。
漠然とした死の恐怖に怯えるが、偶然出会った女子高生の真衣や入院患者の横田と接するうちに新しい世界を見出していく。

U-NEXTキャンペーン『トイレのピエタ』を無料で見る!>>邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

映画/邦画『トイレのピエタ』の作品紹介(キャスト・視聴率・OST・DVD情報)

映画(詳しくは邦画・日本国内映画)『トイレのピエタ』の作品紹介(キャスト・スタッフ・視聴率・相関図・OST・DVD情報)邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

ここからは、『トイレのピエタ』について、より詳しく作品紹介をしていきます。

映画/邦画『トイレのピエタ』の出演者(キャスト・スタッフ紹介)

映画/邦画『トイレのピエタ』のキャスト(出演者)やスタッフをご紹介します。

映画(詳しくは邦画・日本国内映画)『トイレのピエタ』の出演者(キャスト・スタッフ紹介)邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

映画(詳しくは邦画・日本国内映画)『トイレのピエタ』の出演者(キャスト・スタッフ紹介)邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

映画(詳しくは邦画・日本国内映画)『トイレのピエタ』の出演者(キャスト・スタッフ紹介)邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

キャスト
(出演者)
園田宏 - 野田洋次郎(役:園田宏):画家になる事を諦めていた男。バイト中に倒れ余命3ヶ月と宣告される
宮田真衣 - 杉咲花(役:宮田真衣):偶然出会った高校生
リリー・フランキー(役:横田亨):入院患者
市川紗椰(役:尾崎さつき)
大竹しのぶ(友情出演)(役:園田智恵)
岩松了(役:園田一男)
宮沢りえ(役:橋本敬子)
澤田陸(役:橋本拓人)
MEGUMI(役:武田晴子)
佐藤健(役:金沢)
古舘寛治(役:水谷)
森下能幸(役:田中)
スタッフ 監督:松永大司
脚本:松永大司
原案:手塚治虫
原作:松永大司『トイレのピエタ』(文藝春秋刊)
製作:高橋敏弘/巖本博/和田倉和利/善木準二/岡田哲/小川昭/清水英明
エグゼクティブプロデューサー:吉田剛/江守徹
プロデューサー:小川真司/甘木モリオ
音楽:茂野雅道
撮影:池内義浩
美術:愛甲悦子
作画:林田裕至
照明:原由巳
録音:橋本泰夫
編集:宮島竜治(J.S.E.)
助監督:片島章三
プロダクションマネージャー:梶川信幸
キャスティング:杉野剛
ポストプロダクションスーパーバイザー:大屋哲男
装飾:岩間洋
スタイリスト:荒木里江
ヘアメイク:須田理恵
音響効果:朝倉三紀子
スチール:太田好治
製作:「トイレのピエタ」製作委員会(松竹/巖本金属/シネバザール/voque ting/夢番地/ブリッジヘッド/SPACE SHOWER TV)
制作:シネバザール/ブリッジヘッド
配給:松竹メディア事業部
宣伝:オデュッセイア/ブラウニー
特別協賛:UNIVERSAL MUSIC LLC

映画/邦画『トイレのピエタ』の相関図

映画/邦画『トイレのピエタ』の人間関係をまとめた相関図は見つかりませんでした。
(※公式サイトでも用意されていませんでした。)

映画/邦画『トイレのピエタ』の平均視聴率・最高視聴率

映画/邦画『トイレのピエタ』の視聴率を調べました。

平均視聴率 -%
最高視聴率 -%

映画/邦画『トイレのピエタ』のOST(オリジナルサウンドトラック・主題歌)

映画/邦画『トイレのピエタ』のOST(オリジナルサウンドトラック)の情報です。

映画(詳しくは邦画・日本国内映画)『トイレのピエタ』のOST(オリジナルサウンドトラック・主題歌)邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

曲順 タイトル
1 主題歌:RADWIMPS「ピクニック」

[OST]トイレのピエタ 主題歌:RADWIMPS「ピクニック」

映画/邦画『トイレのピエタ』のDVD&ブルーレイ発売情報

映画/邦画『トイレのピエタ』のDVD・ブルーレイ発売情報です。

映画(詳しくは邦画・日本国内映画)『トイレのピエタ』のDVD&ブルーレイ発売情報邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

[DVD/ブルーレイ]トイレのピエタ [DVD]

発売日:2015/10/14
価格:¥2.747
時間:2 時間
ディスク枚数:1
形式:Color, Dolby, Widescreen
言語:日本語 (Dolby Digital 5.1)
出演:野田洋次郎/杉咲花/リリー・フランキー/市川紗椰/古舘寛治
リージョン:リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。)
アスペクト比:1.78:1
メーカー:松竹

『トイレのピエタ』を見たい!と思っても、
DVD/ブルーレイはちょっと高い…(^_^;)

でもNEXTのキャンペーンなら『トイレのピエタ』を全話無料で視聴できる!!

31日間の無料トライアルで視聴する!

邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

↑『トイレのピエタ』をおトクに見るチャンス♪

映画/邦画『トイレのピエタ』の口コミ(感想レビュー・ネタバレ注意)

映画/邦画『トイレのピエタ』のネタバレ感想・レビュー・口コミ・クチコミ・評判)邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

映画/邦画『トイレのピエタ』の口コミ(感想レビュー※ネタバレを含むため注意)

ここでは、『トイレのピエタ』を見た人の口コミ(感想レビュー※ネタバレを含むため注意)をご紹介します。

ラストが印象的だった

今映画をみました。これが野田さんの初めての舞台と思うと信じられないです...この作品は人の生死という世界を私の世界により身近にさせてくれました。その2つがいかに大切か、どの道を行くとも
けして避けれないものがあり、ひたすら生死の間でもがいているこの映画で今を大切にして生きていきたい、周りの人々に感謝をして生きていきたい。そう気づかせてくれた映画に感謝です。

[ネタバレ]生き生きしていた。

きれいに撮って作った映画じゃなくて、現実そのままが美しい映画だった。
生きる道を選択したラストのシーンがよかった。筆を走らせる音、息をしている音、生きる音そのもので聞こえてくる。
泣かせようとするのが見え見えな映画はよく余命ものであるけれど、まったくそういうのがない。生きていることを映している映画。

良い!

野田さんの自然な演技が良かった!!!野田さんに興味がある人人にとっては野田さんの私生活を見れてる感じになれます!あと、最後はジーンときたね!
けど、家族で見るのはあんまりおすすめしないかも・・・笑

死ぬ間際の…

良かった。
登場する人物のほとんどが死ぬ間際の人たち。
だからこそ、彼らの行動は混じり気のないピュアな行動に写った。
義務とか責任とか社会との同調とか将来の心配とか、そんなものを気にせず生きることが出来たらどんなに素敵なのか。
でもそれって死を意識したときにしか出来ないものなんだろうと感じさせられた。
明日から死ぬ気で生きようと思える作品です。

花さん、あなたの時代です

RADWIMPSのことは知らなかったが、野田さんの才能には気付かされる。
立ち姿、歩く動作だけで演技ができるのはまさに天からのギフトなのだろう。
無論 両手を使ってのピエタ制作の描写は、一気に静から動への転換という見せ場だった。
本職俳優もうかうかしていられない。
しかし、野田さんを凌いでいたのが杉咲さんだった。
世事にたけた頑なな少女、反面 純粋な憧れと現実の落差
に抗う痛々しさが強烈に伝わってきた。
この二人を指名した時点で本シネマは完成していたのかもしれない。
21世紀の日本では、生きていると実感して生きることの難しさを自覚することさえしない人たちの多きこと。
そのアンチテーゼとして、早すぎる「死」を目前にして命の意味を考える人もいることを指示していた。
「死」があるからこそ生きることができる、そんな普通すぎる命題を本シネマは哀しく説き示してくれた。

死にたくなくなる映画

賛否両論あるのは仕方がない。
見ている途中は自分の内容理解があっているのかわからず難しい映画かと思ったが、最後までみるとはっきりわかった。わかりやすかった。
ハッピーエンドではなかったが園田は生きたい、生きた証を残したい、そう思うことができた。成長ぶりがわかりやすくて観てるこっちまで嬉しくなった。
観終わった今でもひとつひとつのシーンを思い返して空想をめぐらす。あの時の主人公の気持ちはこうだったのかな、とても深い映画だった。
病気になりたくない。死にたくない。
そう思えた

[ネタバレ]深い映画

最初はただ単に淡々と進んでいく映画だな、と思いましたが、みてるうちにどんどん引き込まれていきました。
この映画は言葉の掛け合いが少なめで、だからこそ、一言一言がとても重く感じました。
女の子はきっと、今まで出会った大人とは違う主人公にどんどん惹かれていったのでしょう。「死にたい」と思っていた彼女が人を愛し、「生きて欲しい」と思えるようになり、本当によかったです。
そしてラストの絵に圧巻しました。
愛する人に包まれて永遠の眠りにつく、主人公はピエタになったんですね。
『ぼく、今いきてますよ』洋次郎さんから紡がれる言葉に思わず涙が零れました。初めての演技にも関わらず、お上手でした。
わたしはこの作品が大好きになりました。

生を感じる

余命3ヶ月を宣告された青年の話。
死がまじかになって、いろんな人に出会うことで、やっと生を感じることができるのは切ないよね。
生きるってことの意味考えちゃう映画でした。もともと、生を感じる瞬間なんてそうそうないですね。
ぐっとくるものがある。
杉咲花さんは、この映画でも強烈な印象を残すなあ。
主人公に素敵な魔法をかけていた。
いい映画だった。

松永大司という人間

松永大司はいい監督なのだろう。
演出力に優れていた。
それぞれのキャラクターを演じた彼らがとても愛おしく、煌めいていたからだ。
きっと野田洋次郎をあんなに繊細に映し出す監督は後にも先にも彼以外いない。
インタビュー記事などを読んでいても分かる。彼を愛し、信じ、この作品を完成させたのだ。
杉咲花、リリーフランキーはもちろん
市川沙揶の場合もそうだ。演技のことは置いといて、彼女は魅力的だった。
脇役ではあるが
宏がトイレですれ違うサラリーマン、朝方道に座り込む酔っ払い、病院で登場する少年たちもいい。
そして映画を観ていると、松永がどれだけ優しく、不器用で、若干歪んだ人間なのかがよくわかる。
これからの日本映画を背負う演出家として、重要人物であることは間違いない。
映像、役者、挿入曲、全てに置いてものすごいエネルギーを感じた。生きていた。
良い映画だった。
最近の若者は、もっとこういう作品を観た方がいい。少女漫画の実写化に酔っている場合ではないのだ。
この作品が日本映画における1つの宝として、この世に残ることを切に願う。

やっと観れた…

見逃していて後悔していた作品でした。
そしたら地元の映画館でやっていたから....
物語が時間通りに進む
わかっている内容に進む
もっと足掻けよ!と思うのに。
でも きっとこんな感じなのかもしれ無い。
それが一番良かったのかも。
映画館では五月蝿い客になってしまったかもしれ無いけど、映画館で観れて本当に良かったなぁ〜

映画/邦画『トイレのピエタ』のネタバレ感想(ツイッター・Twitter)

つづいて、『トイレのピエタ』を見た人の声や感想(※ネタバレを含むため注意)をご紹介します。

映画/邦画『トイレのピエタ』をテレビ放送を見逃した!できるだけ安く見たいあなたに!

女性解説
解説
『トイレのピエタ』の
「テレビ放送を見逃してしまった!」
「フル動画をできるだけ安く見たい!」

…そんなあなたは必見♪

U-NEXTのキャンペーンを使えば動画を無料視聴できる!!

31日間の無料トライアルで視聴する!

邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

↑『トイレのピエタ』をおトクに見る♪

  

-邦画(日本国内映画)

テキストのコピーはできません。

Copyright© クークル[Qooqle]人気おすすめ動画検索サイト , 2019 All Rights Reserved.