ケンタとジュンとカヨちゃんの国

投稿日:

邦画(国内映画)『ケンタとジュンとカヨちゃんの国』の「あらすじ」「動画を無料視聴する方法」をご紹介していきます!

↓『ケンタとジュンとカヨちゃんの国』の動画を今すぐ無料で見たい方はこちらをクリック↓

邦画(国内映画)『ケンタとジュンとカヨちゃんの国』を見る邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

ケンタとジュンとカヨちゃんの国を無料で視聴する!

邦画(国内映画)『ケンタとジュンとカヨちゃんの国』とは?(あらすじ・見どころ)

映画(詳しくは邦画・日本国内映画)『ケンタとジュンとカヨちゃんの国』の作品概要邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

まずは、邦画(国内映画)『ケンタとジュンとカヨちゃんの国』とはどんな作品なのか?、作品の概要をご紹介します。

あらすじ

さまざまな問題を抱える3人の若者の逃避行を描いた青春ロードムービー

■見どころ
「まほろ駅前」シリーズの大森立嗣監督、松田翔太、高良健吾、安藤サクラ主演。
社会の底辺で生きる若者たちが、閉塞した日常から抜け出そうともがく姿を描く。

■ストーリー
同じ児童養護施設で育ったケンタとジュンは、劣悪な労働環境の工事現場で働きながら暮らしていた。
ある日、カヨちゃんという女の子と知り合ったジュンは、彼女の家に転がり込む。
一方、ケンタは毎月、先輩の裕也に金を払い続けており…。

U-NEXTキャンペーン『ケンタとジュンとカヨちゃんの国』を無料で見る!>>邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

邦画(国内映画)『ケンタとジュンとカヨちゃんの国』の特別動画(特典映像)

映画(詳しくは邦画・日本国内映画)『ケンタとジュンとカヨちゃんの国』の特別動画(特典映像)邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

ここからは、邦画(国内映画)『ケンタとジュンとカヨちゃんの国』の特別動画(特典映像)をご紹介します。

[動画]『ケンタとジュンとカヨちゃんの国』車破壊シーン&メイキング映像!

[動画]Vol.2 松田翔太主演 ケンタとジュンとカヨちゃんの国 インタビュー

[動画]Vol.3 松田翔太主演 ケンタとジュンとカヨちゃんの国 インタビュー

[動画]Vol.1 松田翔太主演 ケンタとジュンとカヨちゃんの国 インタビュー

女性解説
解説
『ケンタとジュンとカヨちゃんの国』の
「テレビ放送を見逃してしまった!」
「フル動画をできるだけ安く見たい!」

…そんなあなたは必見♪

U-NEXTのキャンペーンを使えば動画を無料視聴できる!!

31日間の無料トライアルで視聴する!

邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

↑『ケンタとジュンとカヨちゃんの国』をおトクに見る♪

邦画(国内映画)『ケンタとジュンとカヨちゃんの国』の作品紹介(キャスト・視聴率・OST・DVD情報)

映画(詳しくは邦画・日本国内映画)『ケンタとジュンとカヨちゃんの国』の作品紹介(キャスト・スタッフ・視聴率・相関図・OST・DVD情報)邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

ここからは、邦画(国内映画)『ケンタとジュンとカヨちゃんの国』について、より詳しく作品紹介をしていきます。

邦画(国内映画)『ケンタとジュンとカヨちゃんの国』の出演者(キャスト・スタッフ紹介)

邦画(国内映画)『ケンタとジュンとカヨちゃんの国』のキャスト(出演者)やスタッフをご紹介します。

映画(詳しくは邦画・日本国内映画)『ケンタとジュンとカヨちゃんの国』の出演者(キャスト・スタッフ紹介)邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

キャスト
(出演者)
松田翔太(役:ケンタ)
高良健吾(役:ジュン)
安藤サクラ(役:カヨちゃん)
宮崎将(役:カズ)
柄本佑(役:洋輔)
洞口依子(役:洋輔の母)
多部未華子(役:ゆみか)
美保純(役:スナックのママ)
山本政志(役:二郎)
スタッフ 監督:大森立嗣
音楽:大友良英
脚本:大森立嗣

邦画(国内映画)『ケンタとジュンとカヨちゃんの国』の相関図

邦画(国内映画)『ケンタとジュンとカヨちゃんの国』の人間関係をまとめた相関図です。

映画(詳しくは邦画・日本国内映画)『ケンタとジュンとカヨちゃんの国』の登場人物の人間関係・相関図・チャート邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

邦画(国内映画)『ケンタとジュンとカヨちゃんの国』の平均視聴率・最高視聴率

邦画(国内映画)『ケンタとジュンとカヨちゃんの国』の視聴率を調べました。

最高視聴率 不明
平均視聴率 不明

邦画(国内映画)『ケンタとジュンとカヨちゃんの国』のOST(オリジナルサウンドトラック・主題歌)

邦画(国内映画)『ケンタとジュンとカヨちゃんの国』のOST(オリジナルサウンドトラック)の情報です。

映画(詳しくは邦画・日本国内映画)『ケンタとジュンとカヨちゃんの国』のOST(オリジナルサウンドトラック・主題歌)邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

曲順 タイトル
1 Dust in the wind 1
2 Dust in the wind 2
3 私達の望むものは

ケンタとジュンとカヨちゃんの国のOST1 映画『ケンタとジュンとカヨちゃんの国』 エンディング曲/阿部芙蓉美

邦画(国内映画)『ケンタとジュンとカヨちゃんの国』のDVD&ブルーレイ発売情報

邦画(国内映画)『ケンタとジュンとカヨちゃんの国』のDVD・ブルーレイ発売情報です。

映画(詳しくは邦画・日本国内映画)『ケンタとジュンとカヨちゃんの国』のDVD&ブルーレイ発売情報邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

[DVD/ブルーレイ]ケンタとジュンとカヨちゃんの国 [DVD]

出演:松田翔太, 高良健吾, 安藤サクラ
監督:大森立嗣
形式:Color, Dolby, Widescreen
言語:日本語
リージョンコード:リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
画面サイズ:1.78:1
ディスク枚数:1
販売元:ポニーキャニオン
発売日 2011/01/19
時間:131 分
価格:11.877円

『ケンタとジュンとカヨちゃんの国』を見たい!と思っても、
DVD/ブルーレイはちょっと高い…(^_^;)

でもNEXTのキャンペーンなら『ケンタとジュンとカヨちゃんの国』を全話無料で視聴できる!!

31日間の無料トライアルで視聴する!

邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

↑『ケンタとジュンとカヨちゃんの国』をおトクに見るチャンス♪

邦画(国内映画)『ケンタとジュンとカヨちゃんの国』の感想レビュー

邦画(国内映画)『ケンタとジュンとカヨちゃんの国』のネタバレ感想・レビュー・口コミ・クチコミ・評判)邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

邦画(国内映画)『ケンタとジュンとカヨちゃんの国』の感想レビュー(ネタバレあり)

ここでは、『ケンタとジュンとカヨちゃんの国』を見た人の感想レビュー(ネタバレ有り)をご紹介します。

大好き。

最後の最後、「あっち」って指差して二人して進むシーンにやられた。
この映画が大好きです。

泣いた

最初から最後まであきなかった。
役者がみんなよかったし、全員に感情移入して泣いてしまった。
松田翔太、よかったです。
不器用な人にとっては心にのこる作品になると思います。

綺麗事じゃないけれど

自分の人生を選べない人間がいるだろうし、
壁をぶちやぶったって、そこに新しい世界なんて無いということも現実だと思う。
そんな安らぎのない人生を送る2人でもカヨちゃんの二の腕はとても落ち着くのは嘘じゃない。
人から受けた仕打ちを恨み、仕打ちをそのまま返す、もしくは他の誰かに同じような目にあわし、その繰り返しで、人間の不幸って繋がって行くんだなとこの映画を見ながら思っていたけど
カヨちゃんの存在がそれをぶち壊してくれた。
バカでブスでワキガ…
見た目にこだわらない人間もいるかもしれないけど、見た目が肝心なのも事実だと思う。
そして自分の見た目に愛され要素が無いことを自覚しつつも愛されたいと願うカヨちゃん強すぎ。
ケンタとジュンから受けた仕打ちにはカヨちゃんは怒り狂ってもおかしくないレベルだと思うのにそれでも2人の目の前である意味可愛らしく現れたカヨちゃん…凄いよ。
恨みが恨みをかってしまう不幸のスパイラル。
思えば、会社をぶち壊したケンタの行動も、なぜそこまでしなければならないのか意味はわからなかったけど、他人に危害を加えてしまうその行動も今まで罪のない彼が受けてきた大人からの無情な仕打ち。それと同じ行動なのかな。
それでも、2人を二の腕と太ももでやさしく受け止めるカヨちゃんを見て人間の恨みってどこかで止めれるんだなって思った。
2人がもっと早く二の腕と太もものやさしさに出会っていれば、他人に危害を加えるその行動も防げていたのかもしれない。
安藤サクラすごすぎる女優さんです。毎回見るたびに鳥肌が立ちます。

重苦しいけど、観てよかった。

3回観ました。
初見で消化できず、2回目は続けて観ました。
それからしばらく時間を空けて、もう一度観ました。
見終わった直後に、「おもしろかった」とか、「素晴らしい」と手放しで拍手できませんでした。
ロードムービーといっても、スカッとする痛快さも感じません。
見終わった後は、鎖骨のくぼみ辺りに何かが詰まっているような、そういう息苦しさを感じました。
それでも、観てよかったと思った作品です。
女性(とくにカヨちゃん)の扱いは酷いし、出てくる時間が圧倒的に少ないのですが、この映画で圧倒的に強かったり恐ろしかったりするのは女性です。
カヨちゃんしかり、なにより、ケンタの友人である洋輔の母(洞口依子さん)のたたずまいには、息を飲みました。
監督は、女性への畏れのような思いを感じていらっしゃるのでしょうか。
男性はといえば、ケンタやジュンたちに絶対的に強く見える裕也でさえ、や×ざには弱い。比較する対象があって自分の存在を主張しているような気がしました。
また、作品から強烈に感じたのは、『血』でした。ここでいう『血』は、単純に血液というだけではなく、血縁などといったことも含めた物です。
そこから一番自由なのがジュンです。肉親のいないジュンは、ケンタの存在だけを求めます。ケンタにも、一緒にいる事以外に何も求めません。実はそれが一番深い絆なのではないかしら、と考えました。
ケンタとジュンが選んだ最後に『救い』を、それを目の当たりにしたカヨちゃんが取る行動に、ほんの少しだけ、弱々しいのですが、『希望』を感じました。
どちらのシーンでも『血』が非常に印象的です。
また時間を空けて見たいと思いました。

閉塞感ロードムービー2

導入部からぐいぐい引き込まれた。
(このままこの二人の青年に身を委ねておけば、
どこかしらへ連れて行ってくれるだろう・・・。
きっとこの映画は面白くなる。)
そんな確信が持てた。
実際、予告を裏切らない面白さだった。
現代版イージーライダーとでも言おうか?
孤児院育ち。
粗雑な現場仕事。
パワハラ。
明日が見えない。
たまらない閉塞感だ。
モヤモヤした日常を、
現場で壊すコンクリートさながらに
ぶっ壊して二人は飛び出す。
・・・どこへ?
・・・何をしに?
いざとなると行く当ても、する事もないとは。
視野が狭いのだ。世間を知らないのだ。
“幸せ”という状態が分からないのだ。
無知で無学というのは何と残酷だろう・・・。
光を見つけたくてもがくケンタ。
自分を持てないジュン。
居場所が欲しいカヨちゃん。
三人とも共通して孤独だ。
そして哀しい程愚かだ。
幸せに・・・・・なれない人種だと思う。
日本は格差社会と呼ばれて久しい。
第一希望の大学や企業に入れなければ、
人生という名の路線の変更はなかなか難しい。
ましてや底辺の人々が、自力で高いステージに
這い上がるのは困難極まりない。
夢を持てない国なのだ。
幼年期から低いステージにいる者達の見通しは、
他者の援助でもない限りおそらく暗いだろう。
どこまで行っても暗いトンネルから抜け出せない。
光は遠くに見えているのに近づけない。
三人の旅はそんな風に感じた。
明日が見えず、見通しが暗いからこそ、
ジュンの取った行動は納得がいく。
二人は入っていった海の先にあるのは多分“無”だろう。
愛されたくて誰とでも寝てしまうカヨちゃんといい、
現代の縮図を見ている様だった。
ケンタとジュンとカヨちゃんの国は、
結局見つからなかった。
いや、視野が狭くて見つける事ができなかった。
強いて言うなら、三人で寄り添って眠っている姿・・・
あの時間だけが三人の国・・・、
孤独でもなく、自由に解き放たれた、
三人だけの国のカタチに見えた。
結論として、とても見応えがあった。
賢くない三人はボキャブラリーに乏しい。
そこを補ってなお余りある丁寧な心理描写で、
感情のひだが伝わってくる。
たとえばケンタにとって兄は光だ。
服役中の兄に、夢や憧れやを抱いて面会に訪れたケンタ。
兄はにべも無く、無気力に、帰れと言う。
やるせない再会。
打ち砕かれた幻想。
「行くところも帰るところもないんだよ!」
と、訴えるケンタに思わずホロリとさせられた。
こんなに面白いオリジナル作品があって、
映画界を担う若手が多く出演していること
を誇りに思った。
この作品が大好きだ。
主題歌も非常に世界観が似ていてマッチしていた。
唯一多部さんさんの演技が、
高校演劇レベルだったのが気になるが(わざと?)、
目立って差し引く点が見当たらないので☆5で。

光の差すほうへ…

今の自分を変えたくて…
もっと違う自分になりたくて…
もっと違う世界がどこかにあって…
その世界で違う生き方が出来るんじゃないかって…
地べたを這いずり回ってるような生活から抜け出せるんじゃないかって…
きっとどこかに…
暗闇の中で一筋の光が差し込んで…その光を追いかけて、追いかけて、追いかけて
でもその光を捕まえられなくて、でも追いかけて…
その飢えた瞳が求めたもの
愛情って何?
幸福って何?
きっといつか…
目指す光がこの手に掴めたら…
その光に包まれたなら、きっとどんなにか幸せなんだろう。
作品からパワーを感じました。
みんな誰もがもがいているんじゃないだろうか?
自分なりの目指す光を追い求めていて…
探して、見つけて、捕まえて、でも見失って…
一体いつになったら、その光を自分の物に出来るのでしょうか?
松田翔太さん
他の作品とは何か印象が違いました。
それはいい意味で印象が違っていました。
それまでが微妙にクセのある役ばかりの印象だったので、その“クセ”が良くも悪くも彼の印象になっていたので、この作品のように感情を曝け出すような役はカナリの好印象です。
こんな役が出来るんだなと改めて思ったし
こういう雰囲気の方が好きだなって思いました。
高良健吾さん
いい意味で無邪気な印象でした。
素直で悪気はないんだけど、でもその行動が不可解。
なぜケンタと行動を共にしているのか?とか
その深い部分に謎を残したまま作品が終わったように思いました。
でも…
その謎はわからないほうがイイとも思いました。
見た人それぞれが自分なりの解釈を持てばいいんじゃないかと。
安藤サクラさん
妖艶。
最後のシーンの表情がいつまでも印象に残ります。
ある意味とても怖かったし、同時に妖艶でもありました。
無邪気であり、孤独であり、でも何かを悟っているような…
作品中ではいろんな表情を魅せてくれました。
最近スクリーンでよく見るんですが、改めてスゴイ存在だなって思いました。

人間ってそんなもの

去年の東京フィルメックスでミーハー気分で見ました。
主演の3人が本当にすばらしい!!!
松田翔太はついに演技力開花♪♪
ドラマに出るより、もっといい映画にたくさん出てほしい。
事務所での怒りを爆発させたあのシーンは忘れません。
高良健吾は日本映画界になくてはならない存在です。
映画で見せる強烈な目がいつも忘れられません。
人懐っこく、ずるで、無邪気なジュンを好演してました。
安藤サクラにはひたすら脱帽。
寺島しのぶのように、カメレオン女優として日本映画界で生きていってほしい。
カヨちゃんのダラダラしたしゃべりが、似合ってました。
この映画は評価は割れましたが、
私は心に突き刺さるものを感じました。
当時私が就職活動をしていたため、「選べる人生、選べない人生」が心に残りました。
「仕事を選んでいる私は幸せ」だと。
ケンタとジュンは最後は
生きることに疲れたんだと思います。
だからあの結末になったと解釈しています。
カヨちゃんに対する2人のやったことは、女として許せませんが・・・
でも人間ってそういう醜さがあると思うんです。
弱者がさらに弱者をいじめるって現実にあると思うんです。
そこを描いたと解釈しています。
映画として強烈な印象を残したこの作品を絶賛します。
このごろの大作日本映画が全部うすっぺらく感じてしまう中で、
多くの人に見てもらい、考えてほしいです。

救いようが無い悲しさ

公開してすぐに終了しそうになっていたので,慌てて見に行ってきた。
3人に共通する,強烈な見捨てられ不安と居場所を求める気持ちが痛々しい。
カヨがどうしてそこまでジュンに縋るのかが映画の中で語られていなかったので,色々と想像をめぐらした。
どこに行く当てもなく,希望も見えず,そんな旅の終りは必ずしもハッピーではない。
施設を巣立った子どもたちが,皆,ケンタやジュンのようになるわけではないだろうが,その後,どのような人生を送っているのかは,実はあまり分かっていないことの方が多い。
彼らは,どこで思い出を見つけ,どこに居場所を見つけているのだろうか。

映画を観て

見た事あるキャストが多いのに、
映画は今まで観たことのない感じだったので、
衝撃を受けました。
普段見ている映画は、観ているときだけが楽しい、
アミューズメントパーク的な映画ばかりだけど、
この映画は観た後も心に深く残り、
映画について、また自分自身について考えずにはいられませんでした。
私は最後に彼らが選んだ結末に疑問が残りました。
死を選択しなくても、他にいい方法があったはず・・・
でも、そんな考えや選択肢を持てる時点で私は恵まれているのかなと考えました。
もちろん彼らのような状況になったことはないけど、
自分が育ってきた環境から、あらゆる情報を手にでき、考え、選択することができるのです。
そして、その恵まれた環境にいる自分は今まで何をしてきたのか、これからどうするのか・・・
今まで観たことのない映画の衝撃は、私の中の「映画」を変えました!

お、おもしろかったです!

私は映画や演技のことはあまり知らないド素人ですが、
この映画は素直に「おもしろい!」と思いました。
主人公たちのそれぞれの“葛藤”がありありと伝わってきました。
葛藤や矛盾した行動が生じるのは、やはり心の奥底ではそれぞれが
まだ生きることに対して、又自分や他人に対して、
何かを期待し、求めているからでしょう。。
けれども、「ぶっ壊した先に何かがある」ということや「愛されたい」
という執着が自分たちを深く傷つけていることに
おそらく気がついていないのではないかと思います。
この世で生きている限りは、人間、今よりもより高いところに行きたい、
愛されたいという“欲”があるのは当然だと思いますが、執着することに
よって苦しみが生まれてしまう。。。
この映画ではそんな人間の哀れさ・悲しさがよく表れているのではないかと思いました。
安藤サクラさんは映画「愛のむきだし」で初めて知りましたが、
「なんじゃこの人はーーーー!!!すごく強烈だ!!!」と思っていましたが、
今回も裏切りませんでした。
独特の雰囲気があってミステリアスで品のある女優さんだなぁと思いました。
(カヨちゃんは品はあまりないですが・・・)
又、松田翔太さんの演技が演技と思えず、役そのものになりきっていて、
そのことにただただ感動しました。これはきっと観た皆さん感じたことでしょう。。
ということで★4つです!

邦画(国内映画)『ケンタとジュンとカヨちゃんの国』のネタバレ感想(ツイッター・Twitter)

ここでは、『ケンタとジュンとカヨちゃんの国』を見た人の声や感想(ネタバレ有り)をご紹介します。

https://twitter.com/yamada_490/status/601598180447227905

邦画(国内映画)『ケンタとジュンとカヨちゃんの国』をテレビ放送を見逃した!できるだけ安く見たいあなたに!

女性解説
解説
『ケンタとジュンとカヨちゃんの国』の
「テレビ放送を見逃してしまった!」
「フル動画をできるだけ安く見たい!」

…そんなあなたは必見♪

U-NEXTのキャンペーンを使えば動画を無料視聴できる!!

31日間の無料トライアルで視聴する!

邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

↑『ケンタとジュンとカヨちゃんの国』をおトクに見る♪

  

-邦画(日本国内映画)

テキストのコピーはできません。

Copyright© クークル[Qooqle]人気おすすめ動画検索サイト , 2019 All Rights Reserved.