きみはいい子

投稿日:1月 29, 2019 更新日:

邦画(国内映画)『きみはいい子』の「あらすじ」「動画を無料視聴する方法」をご紹介していきます!

↓『きみはいい子』の動画を今すぐ無料で見たい方はこちらをクリック↓

邦画(国内映画)『きみはいい子』を見る邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

きみはいい子を無料で視聴する!

映画『きみはいい子』とは?(あらすじ・見どころ)

映画(詳しくは邦画・日本国内映画)『きみはいい子』の作品概要邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

まずは、映画『きみはいい子』とはどんな作品なのか?、作品の概要をご紹介します。

あらすじ

高良健吾が優柔不断な小学校教師、尾野真千子がわが子を虐待してしまう母親を熱演!

■見どころ
「そこのみにて光輝く」で高い評価を得た呉美保監督が、第28回坪田譲治文学賞に輝いた中脇初枝の小説を映画化。
「人が人を愛することは?」というテーマが深く胸に刺さる。

■ストーリー
小学校4年2組を受け持つ新米教師の岡野は、まじめで優柔不堪な性格ゆえに、児童たちが言うことを聞かず、学級崩壊の危機を迎えていた。
一方、夫が海外に単身赴任しているため、3歳の娘とふたり暮らしの雅美は、ダメだと知りつつ娘に手をあげてしまっていた。

U-NEXTキャンペーン『きみはいい子』を無料で見る!>>邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

映画『きみはいい子』の特別動画(特典映像)

映画(詳しくは邦画・日本国内映画)『きみはいい子』の特別動画(特典映像)邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

ここからは、映画『きみはいい子』の特別動画(特典映像)をご紹介します。

[動画]『きみはいい子』高良健吾 尾野真千子インタビュー 希望にあふれているわけではないけど、 希望はある映画

[動画]高良健吾・尾野真千子 主演 映画「きみはいい子」呉美保監督インタビュー ※予告編付き

[動画]映画「きみはいい子」公開 呉監督が舞台あいさつ

[動画]尾野真千子、高良健吾に“親へのハグ”を宿題に 映画「きみはいい子」プレミア試写会2 #Machiko Ono #You Are a Good Kid

[動画]Vol.81 尾野真千子 & 呉美保監督『きみはいい子』

[動画]主演男優賞「悼む人」「きみはいい子」 高良健吾/映画大賞(2015年)

女性解説
解説
『きみはいい子』の
「テレビ放送を見逃してしまった!」
「フル動画をできるだけ安く見たい!」

…そんなあなたは必見♪

U-NEXTのキャンペーンを使えば動画を無料視聴できる!!

31日間の無料トライアルで視聴する!

邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

↑『きみはいい子』をおトクに見る♪

映画『きみはいい子』の作品紹介(キャスト・視聴率・OST・DVD情報)

映画(詳しくは邦画・日本国内映画)『きみはいい子』の作品紹介(キャスト・スタッフ・視聴率・相関図・OST・DVD情報)邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

ここからは、映画『きみはいい子』について、より詳しく作品紹介をしていきます。

映画『きみはいい子』の出演者(キャスト・スタッフ紹介)

映画『きみはいい子』のキャスト(出演者)やスタッフをご紹介します。

映画(詳しくは邦画・日本国内映画)『きみはいい子』の出演者(キャスト・スタッフ紹介)邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

映画(詳しくは邦画・日本国内映画)『きみはいい子』の出演者(キャスト・スタッフ紹介)邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

映画(詳しくは邦画・日本国内映画)『きみはいい子』の出演者(キャスト・スタッフ紹介)邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

映画(詳しくは邦画・日本国内映画)『きみはいい子』の出演者(キャスト・スタッフ紹介)邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

映画(詳しくは邦画・日本国内映画)『きみはいい子』の出演者(キャスト・スタッフ紹介)邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

映画(詳しくは邦画・日本国内映画)『きみはいい子』の出演者(キャスト・スタッフ紹介)邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

キャスト
(出演者)
高良健吾(役:岡野匡)桜ヶ丘小学校4年2組を受けもつ新米教師。
尾野真千子(役:水木雅美)夫が海外に単身赴任中のため、3歳の娘・あやねとふたり暮らし
池脇千鶴(役:大宮陽子)雅美と同じマンションに住んでいるママ友
高橋和也(役:大宮拓也)
喜多道枝(役:佐々木あきこ)桜が丘小学校の通学路沿いにある両親が残した家に1人で住む80歳を超えた老女。
黒川芽以(役:丸山美咲)
内田慈(役:岡野薫)
松嶋亮太(役:田所豪)
加部亜門(役:櫻井弘也)「こんにちは、さようなら」と必ずあきこに挨拶していく男の子。
富田靖子(役:櫻井和美)スーパーマーケットの店員
スタッフ 監督:呉 美 保
原作:中脇初枝 「きみはいい子」(ポプラ社刊)
製作:川村英己
プロデューサー:星野秀樹
脚本:高田 亮
音楽:田中拓人
メインテーマ:circles (selective records) Takuto Tanaka
featuring Vasko Vassilev
配給・製作プロダクション:アークエンタテインメント
製作:アークエンタテインメント/日活

映画『きみはいい子』の相関図

映画『きみはいい子』の人間関係をまとめた相関図です。

映画(詳しくは邦画・日本国内映画)『きみはいい子』の登場人物の人間関係・相関図・チャート邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

映画『きみはいい子』の平均視聴率・最高視聴率

映画『きみはいい子』の視聴率を調べました。

最高視聴率 不明
平均視聴率 不明

映画『きみはいい子』のOST(オリジナルサウンドトラック・主題歌)

映画『きみはいい子』のOST(オリジナルサウンドトラック)の情報です。

映画(詳しくは邦画・日本国内映画)『きみはいい子』のOST(オリジナルサウンドトラック・主題歌)邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

曲順 タイトル
1 よせあつめの町
2 この町のこどもたち
3 澱んだ水
4 ふわわのわ
5 笑顔の下
6 いい子になりたい
7 きらきら星
8 がんばって
9 春はまたくる
10 澱みは流れ
11 ママの歌
12 桜の祝祭
13 みんないい子
14 circles ~きみはいい子メインテーマ~ feat. Vasko Vassilev
15 よろこびの歌

映画『きみはいい子』のDVD&ブルーレイ発売情報

映画『きみはいい子』のDVD・ブルーレイ発売情報です。

映画(詳しくは邦画・日本国内映画)『きみはいい子』のDVD&ブルーレイ発売情報邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

[DVD/ブルーレイ]きみはいい子 DVD

出演:高良健吾, 尾野真千子, 池脇千鶴, 高橋和也, 喜多道枝
監督:呉美保
形式:Color
ディスク枚数:1
販売元:ポニーキャニオン
発売日 2016/01/20
時間:121 分
価格:8,100円
<特典映像>
メイキング
舞台挨拶
・プレミア試写会(高良健吾×尾野真千子)
・大ヒット記念トークショー(呉美保監督×高橋和也×池脇千鶴)
特報
予告編

[DVD/ブルーレイ]きみはいい子 Blu-ray

出演:高良健吾, 尾野真千子, 池脇千鶴, 高橋和也, 喜多道枝
監督:呉美保
形式:Color
リージョンコード:リージョンフリー(全世界共通)
ディスク枚数:1
販売元:ポニーキャニオン
発売日 2016/01/20
時間:121 分
価格:13,550円
<特典映像>
メイキング
舞台挨拶
・プレミア試写会(高良健吾×尾野真千子)
・大ヒット記念トークショー(呉美保監督×高橋和也×池脇千鶴)
特報
予告編

『きみはいい子』を見たい!と思っても、
DVD/ブルーレイはちょっと高い…(^_^;)

でもNEXTのキャンペーンなら『きみはいい子』を全話無料で視聴できる!!

31日間の無料トライアルで視聴する!

邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

↑『きみはいい子』をおトクに見るチャンス♪

映画『きみはいい子』の感想レビュー

映画『きみはいい子』のネタバレ感想・レビュー・口コミ・クチコミ・評判)邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

映画『きみはいい子』の感想レビュー(ネタバレあり)

ここでは、『きみはいい子』を見た人の感想レビュー(ネタバレ有り)をご紹介します。

家族みんなに観て欲しい

子育てなどの様々な課題がシームレスに折り込まれた珠玉のストーリー子供たちの演技(あるいはドキュメント?)がまた素晴らしい
身近に特別支援学級に勤める教員がいて、その情報も加わり感動が増した。
最後はどうなるのかどうなって欲しいのか終わり方もよかった

どんな世代にも見てほしい

テーマとか年代とか性別関係なく観て欲しいです。現実は甘くないかもしれない。たまたまこの作品はこういう内容だった。なんでもいい。観て何かを感じる事ができたらそれを自分で色々考えてみたらいい。誰かと話してみたらいい。

見ればみるほど

おすすめの邦画としてタイトルだけ知っていたのでレンタルして一度見て、興味深かったので、翌日2度目の鑑賞。
演者さんの表情や行動の意味や
その他の細かい演出に気付くこともできた。
3つのストーリーは別々に進行している話ではあるが、所々で実はどこかで繋がっていて
抱きしめられるという所でストーリーとして繋がっていた。
2度目だから改めて気づいたこともあり
ハンカチとティッシュを用意して、号泣しながら一人で見ました。
出演者の誰かに共通する部分がひとつでもあれば、かなり心に突き刺さったり心動かされる部分はあるハズ。
また、忘れた頃に借りて鑑賞したい作品でした。

心がじんわり温かくなる

児童虐待をテーマにしたドラマや映画はたくさんありますが、この映画は虐待されている子供だけではなく、虐待してしまう親にも焦点を当てており、ただ児童虐待はよくない!子供を守ろう!といった感じではなく、虐待に至るまでの葛藤をとてもリアルに表現していると思います。
最後には心がじんわり温かくなり、誰かを抱き締めて、あなたはいいこだよ、と伝えたくなります。

見てよかった!

レビューが良かったので見てみましたが、めちゃくちゃ良かったです。
クラスのシーンでは、学級崩壊の様子がとてもリアルでどこかのクラスを覗いてるかのようで、みなさん子役さんなんですよね?演技とは信じられないくらい自然な表情や言動でも妙に感心してしまいました。
特に障害がある子の役をした子役さん、脱帽です。上手すぎです。
あと尾野さん、池脇さん、高良さん、元男闘呼組の高橋さん、富田さん、おばあちゃん役の方など演技が抜群にいいですね!テーマも好みでしたが、役者さんの演技に引き込まれたのが1番だったかな。

170625 Amazon

ジャケット写真のこの2枚、まさにこの2つのシーンが象徴的で、子どもは勿論、母であっても、先生であっても、誰かに抱きしめられたい。。。
自分が嫌いでしょう?って訊かれてドキッとする。本当にそう、小さいころに褒められたことがなかった。抱きしめられなかった。
冒頭の衝撃的な虐待シーン。今からでも遅くない。幸せでない子供たちに、何かできることはないかな。他人でも、愛を与えられるなら、そういう子供たちに愛を伝えたいな、と思いました。
姪っ子に抱きしめられるシーン。思わず泣いた。。。子供はみんな愛されるために生まれてきた。愛されて、それを世界に伝えていく。そういう存在。
ただ、障害を持った子どもの反応、その親の苦悩。考えさせられる・・・

文句無しの佳作です

尾野真千子さんの娘役の女の子、富田靖子さんの息子役の男の子、そしてネグレクトで虐げられている役の男の子、三人とも充分に新人賞レベルを軽々と超えてます。見事にその魅力を捉えた呉監督も『冬冬の夏休み』の候監督に匹敵します。文句無しの佳作でした。

切ない・涙・深刻な問題

映画の構成が良かった
尾野真千子の親子だけだと辛すぎて観れないと思う
鬼のような形相の尾野真千子はさすがの演技
怖かった
自分もきっとあんな形相してる時あるかもと
人ごとではない
池脇千鶴が尾野真千子に気づいてくれて良かった
あのまま理解してくれる人がいなかったら尾野の子供はとんでもないことになってた
先生が気にかけてた子の家庭も深刻
再婚するとおかしいことになる場合も多い
あの子のその後が気になる
第三者の介入って難しい
物語のクライマックスはなんとなくいい方向に向かっていきそうで良かった
決して人ごとではない問題の映画です
深刻です
子供が犠牲になってます
助けてほしい時に誰かいてくれる そんな優しい社会であって欲しい

ドキュメンタリー映画のよう

前知識一切無しであらすじも知らず観ましたが
なんとも引き込まれる映画でした。
パッケージから、高良くんと尾野さんがどういう風にストーリー上絡んでくるのかなぁなんて思いながら見ていましたが
同じ世界の中で起こる群衆劇的な内容だったんですね。
自分は特に高良くん演じる新任教師を中心とした場面が好きになりました。
まず、学校の生徒たちのリアルさ。
これみんなどういう風に演技指導されたんでしょうか、エンドロールに全員の名前載ってましたが、みんな子役なんですかね
まるで実在するどこかのクラスの生徒たちに普段通り振る舞ってもらっているような、先生の舐めっぷり含めて本当にリアルで驚きました。
家族に抱きしめられた感想を一人一人述べていくシーン、あれは完全にドキュメンタリーでしたね。 話を聞く高良くんも先生そのものって感じだったし
映し方としても、この映画の伝えたいことをよく感じ取れました。
あと演出面で、新任先生のまだ先生に成りきれてなく、いろいろな事にイライラしてしまう感じを、例えば先生の質問にやたら間を置いて答える神田くんとか、観てるこっちもじれったくイライラしちゃう様にうまく作ってるなと感じました。
細かい事ですが、ラストの先生が神田くんの家までダッシュして息切れしてる所、タバコ吸ってる人って感じのゼーゼー感、これは狙ってるのか分からないけど妙にリアルでふふっとなりました。
生徒に対して〇〇さん呼びしないとダメとか、そういうどうでもいいよっていうルールを皮肉めいてるのもよかったですね。
尾野真千子編では、池脇千鶴のスーパーマン感にちょっと笑ってしまいましたが、少なくともレストランの時点ではもう気づいてたんだろうなとか、後からじわーっとそれまでの場面が活きるのも良く、
演技が上手すぎてこの映画内では少し浮いてた気もしますがそれでもやっぱ池脇千鶴って凄いなと感じさせてくれました。
こっちのストーリーでも子供たちが自然体で凄かった。
こちらは自ら児童虐待をしている母の話なので終始暗い雰囲気でしたが、スーパーマン池脇によって尾野さんの心と同調するように画面も明るくなる効果を与えていて、シンプルですが良い演出でした。
おばあちゃんの桜が今年も綺麗発言とラストの桜の花びら舞ってる意味がちょっとよくわからなかったので、(心の温かさの象徴みたいなもの?としてなぜ季節外れの桜なのか?)それは他のレビュー等観てみようと思います。
全て万事解決、とはいかず神田くんの家庭の問題はこれからも困難がありそうな終わり方でしたが、それも含めて
リアリティがあり、観ていて各ストーリーの主人公の気持ちを感じながら、全て観終ったあとはなんだか優しい気持ちになれる映画でした。

誰かを抱きしめようと思った

高良健吾さん、良かったです。
教師1年目の「先生って大変なんだぞ~」「親も生徒もめんどくせぇ」感がある、頼りない先生から、自分を見つめなおして、生徒と向き合っていく姿がよく表現できていて、良かったです。
特に、放課後、家に帰らない生徒に雨の中、家庭の事情を聞いた時の真剣な表情、その時からすこしずつ気持ちが変わっていく感じが伝わってきて、印象に残っています。その子役もとてもよかったです。
「家族に抱きしめられる」という宿題を出だされて、その家庭に問題のある生徒が「必ずやってくる」と泣きながら走って立ち去るシーンは、ぶわっと号泣してしまいました。尾野真千子さんも、池脇千鶴さんも、安定の良さ。
子供を虐待してしまうシーンなど、とても観ていて辛かったですが、
虐待してしまった後、トイレで泣いてしまう母親のシーンは
観ていてとても痛々しくて泣きました。
だんだん桜が咲いてきて春の訪れを感じるような、観た後じんわり、暖かい気持ちになる映画でした。いつか子供ができたら、たくさん抱きしめて、抱きしめられたいと思いました。

映画『きみはいい子』のネタバレ感想(ツイッター・Twitter)

ここでは、『きみはいい子』を見た人の声や感想(ネタバレ有り)をご紹介します。

邦画(国内映画)『きみはいい子』をテレビ放送を見逃した!できるだけ安く見たいあなたに!

女性解説
解説
『きみはいい子』の
「テレビ放送を見逃してしまった!」
「フル動画をできるだけ安く見たい!」

…そんなあなたは必見♪

U-NEXTのキャンペーンを使えば動画を無料視聴できる!!

31日間の無料トライアルで視聴する!

邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

↑『きみはいい子』をおトクに見る♪

  

-邦画(日本国内映画)

テキストのコピーはできません。

Copyright© クークル[Qooqle]人気おすすめ動画検索サイト , 2019 All Rights Reserved.