家族はつらいよ

投稿日:

映画/邦画『家族はつらいよ』の「あらすじ」「動画を無料視聴する方法」をご紹介していきます!

↓『家族はつらいよ』の動画を今すぐ無料で見たい方はこちらをクリック↓

映画/邦画『家族はつらいよ』を見る邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

家族はつらいよを無料で視聴する!

映画/邦画『家族はつらいよ』とは?(あらすじ・見どころ)

映画(詳しくは邦画・日本国内映画)『家族はつらいよ』の作品概要邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

まずは、『家族はつらいよ』とはどんな作品なのか?、作品の概要をご紹介します。

あらすじ

熟年夫婦に湧き上がった離婚騒動の顛末を描くハートフル・ホームコメディ

■見どころ
山田洋次が『男はつらいよ』シリーズ以来20年ぶりに手掛けた人情喜劇。
2012年の監督作『東京家族』のキャストが再集結し、どこか昭和の香りが漂う家族を好演している。

■ストーリー
東京郊外に暮らす三世代同居の平田一家。
主の周造はゴルフと酒を楽しむ気楽な隠居生活を送っていた。
ある夜、酔って帰宅した周造は、その日が妻・富子の誕生日だったことを思い出し、欲しいものを尋ねてみる。
だが、富子が持ちだしたのは離婚届だった。

ここがポイント!

「東京家族」の元になった小津安二郎の名作「東京物語」が登場するほか、「男はつらいよ」のテーマソングが流れる場面など、意外な小ネタも楽しい。

U-NEXTキャンペーン『家族はつらいよ』を無料で見る!>>邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

映画/邦画『家族はつらいよ』の作品紹介(キャスト・視聴率・OST・DVD情報)

映画(詳しくは邦画・日本国内映画)『家族はつらいよ』の作品紹介(キャスト・スタッフ・視聴率・相関図・OST・DVD情報)邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

ここからは、『家族はつらいよ』について、より詳しく作品紹介をしていきます。

映画/邦画『家族はつらいよ』の出演者(キャスト・スタッフ紹介)

映画/邦画『家族はつらいよ』のキャスト(出演者)やスタッフをご紹介します。

映画(詳しくは邦画・日本国内映画)『家族はつらいよ』の出演者(キャスト・スタッフ紹介)邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

キャスト
(出演者)
橋爪功(役:平田周造):平田家の父
吉行和子(役:平田富子):平田家の母で周造の妻
西村雅彦(役:平田幸之助):平田家の長男で商社の中間管理職
夏川結衣(役:平田史枝):幸之助の
中嶋朋子(役:金井成子):長女で税理士
林家正蔵(役:金井泰蔵):成子の夫で妻の事務所の雑務担当
妻夫木聡(役:平田庄太):次男でピアノ調律師
蒼井優(役:間宮憲子/平田憲子):庄太の恋人。後に妻となる(第2作から)看護師
風吹ジュン(役:加代)居酒屋の女将
スタッフ 監督:山田洋次
脚本:山田洋次 / 平松恵美子
音楽:久石譲
撮影:近森眞史
美術:倉田智子
照明:渡邊孝一
編集:石井巌
録音:岸田和美
音響効果:帆苅幸雄
予告編ナレーター:キートン山田
記録:鈴木敏夫
助監督:佐々江智明/平松恵美子/濱田雄一郎/豊福昌仁/高崎信久/木戸大地/山下颯大
製作担当:杉浦敬
タイトルデザイン:横尾忠則
VFXスーパーバイザー:オダイッセイ
スタント:炭竃浩司
光学録音:東京テレビセンター
現像:東京現像所
スタジオ:東宝スタジオ
ラインプロデューサー:相場貴和/岩田均
プロデューサー:深澤宏/三好英明
制作/配給:松竹
制作プロダクション:松竹撮影所 東京スタジオ
制作協力:松竹映像センター
製作:「家族はつらいよ」製作委員会(松竹/住友商事、テレビ朝日/木下グループ/博報堂DYメディアパートナーズ/松竹ブロードキャスティング/読売新聞社/博報堂/朝日放送/日本出版販売/GYAO/メ〜テレ/講談社/九州朝日放送/北海道テレビ放送)

映画/邦画『家族はつらいよ』の相関図

映画/邦画『家族はつらいよ』の人間関係をまとめた相関図です。

映画(詳しくは邦画・日本国内映画)『家族はつらいよ』の登場人物の人間関係・相関図・チャート邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

映画/邦画『家族はつらいよ』の平均視聴率・最高視聴率

映画/邦画『家族はつらいよ』の視聴率を調べました。

平均視聴率 -%
最高視聴率 -%

映画/邦画『家族はつらいよ』のOST(オリジナルサウンドトラック・主題歌)

映画/邦画『家族はつらいよ』のOST(オリジナルサウンドトラック)の情報です。

映画(詳しくは邦画・日本国内映画)『家族はつらいよ』のOST(オリジナルサウンドトラック・主題歌)邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

曲順 タイトル
1 妻よ薔薇のように

[OST]家族はつらいよ 妻よ薔薇のように

映画/邦画『家族はつらいよ』のDVD&ブルーレイ発売情報

映画/邦画『家族はつらいよ』のDVD・ブルーレイ発売情報です。

映画(詳しくは邦画・日本国内映画)『家族はつらいよ』のDVD&ブルーレイ発売情報邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

[DVD/ブルーレイ]家族はつらいよ [DVD]

発売日:2016/8/3
価格:¥6.447
時間:1 時間 48 分
ディスク枚数:1
形式:Color, Dolby, Widescreen
言語:日本語 (Dolby Digital 2.0 Stereo), 日本語 (Dolby Digital 5.1)
出演:橋爪功/吉行和子/西村雅彦/夏川結衣/中嶋朋子
リージョン:リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。)
アスペクト比:1.78:1
メーカー:松竹

[DVD/ブルーレイ]家族はつらいよ [Blu-ray]

発売日:2016/8/3
価格:¥2.400
時間:1 時間 48 分
ディスク枚数:1
形式:Color, Dolby, Widescreen
出演:橋爪功/吉行和子/西村雅彦/夏川結衣/中嶋朋子
アスペクト比:1.78:1
メーカー:松竹

[DVD/ブルーレイ]あの頃映画 松竹DVDコレクション 家族はつらいよ

発売日:2018/5/2
価格:¥1.854
時間:1 時間 48 分
ディスク枚数:1
形式:Color, Dolby, Widescreen
言語:日本語 (Dolby Digital 5.1), 日本語 (Dolby Digital 2.0 Stereo)
出演:橋爪功/吉行和子/西村雅彦/夏川結衣/中嶋朋子
リージョン:リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。)
アスペクト比:1.78:1
メーカー:松竹

[DVD/ブルーレイ]家族はつらいよ 豪華版(初回限定生産) [Blu-ray]

発売日:2016/8/3
価格:¥:4.550
時間:1 時間 48 分
ディスク枚数:3
形式:Color, Dolby, Widescreen
出演:橋爪功/吉行和子/西村雅彦/夏川結衣/中嶋朋子
アスペクト比:1.78:1
メーカー:松竹

『家族はつらいよ』を見たい!と思っても、
DVD/ブルーレイはちょっと高い…(^_^;)

でもNEXTのキャンペーンなら『家族はつらいよ』を全話無料で視聴できる!!

31日間の無料トライアルで視聴する!

邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

↑『家族はつらいよ』をおトクに見るチャンス♪

映画/邦画『家族はつらいよ』の口コミ(感想レビュー・ネタバレ注意)

映画/邦画『家族はつらいよ』のネタバレ感想・レビュー・口コミ・クチコミ・評判)邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

映画/邦画『家族はつらいよ』の口コミ(感想レビュー※ネタバレを含むため注意)

ここでは、『家族はつらいよ』を見た人の口コミ(感想レビュー※ネタバレを含むため注意)をご紹介します。

本音トークの応酬

本作は、山田洋次監督の手腕が冴えわたる喜劇作品である。
老夫婦(橋爪功、吉行和子)の熟年離婚という極めて今日的問題に、大家族という昭和の象徴的存在を組み合わせて、喜劇ではあるが、夫婦、家族の在り方を問いかけている。
自分本位で横柄な反面、優しく、照れ屋で、妻に感謝はしていても素直にそれを言葉に出せない、不器用な典型的な昭和の男を橋爪功が怪演している。特に、妻(吉行和子)に離婚届を突き付けられて狼狽しながらも虚勢を張る演技は出色。
老夫婦を心配した子供たちが家族会議を開く。長男夫婦(西村雅彦、夏川結衣)、長女夫婦(中嶋朋子、林家正蔵)、そして、次男と婚約者(妻夫木聡、蒼井優)、家族会議に集まった面々の本音トークの応酬が面白い。シャイな日本人なら普段は口にしないことをハッキリ言ってくれる。特に、男性陣の本音には思わず頷いてしまう。
蒼井優が、作品のメッセンジャー的役割を担っている。
家族会議では、自分の親は本音を言わずに離婚したので、そんな子供達の本音トークを羨ましいと発言する。ラスト近くでは、老夫婦の妻が本音で離婚を切り出したのだから、夫も、本音で応えるべきだと助言する。
気心が知れた家族、夫婦でも、言葉に出して気持ちを伝えなければ相手には絶対に判らないという作品メッセージは納得できる。しかし、昭和生まれの身としては、言葉で表せないものもあるのではと呟きたくなるのも事実

家族愛について考えてみよう!

「東京家族」に出演していた夫婦役・恋人役の8人が揃って、違った切り口の映画が出来ること自体が凄いことだ。
寅さんへのオマージュたっぷりに、家族間・夫婦間のたわいもないやりとりを軸とした喜劇が展開する。
多くの日本の夫婦にとって、夫は妻が妻は夫が互いに必要な存在で、愛情を表現しなくてもそんなことわかっているだろうと思っている。
しかし、今や妻は、家庭の中で夫に顧みられない生活には我慢しないぞと反旗を翻すのだ。本作品は、夫婦にとって、たくさんの「あるある」が散りばめられ、清々しい笑いを共有できる作品に仕上がっている。
山田洋次監督とそこに集う役者たちの情熱は、日本社会のベースであったはずの家族愛について今一度深く考えなさいと迫る。家族が集まる場面を意識的につくらないといけないくらい家族の絆が弱くなっているのが日本の現状である。
家族が集まれば、喜びは倍に悲しみは半分になるものだ。

うまいな

役者もストーリーも上手いな。という感想。特別大事件が起きるわけでもないが安心して笑って見られる作品です。

細かく大きく面白い

どたばた

蒼井優が効いている

全編、落ち着いて、穏やかな気持ちで観ることができた。山田洋次監督の持ち味である、“計算され尽くした台詞、無駄のないストーリー構成”に更に磨きがかかり、完成度が高くなっている。『男はつらいよ』には、熱さ、勢い、があったのに対し、本作には、穏やかさ、落ち着き、がある。山田監督の年齢の違いもあるだろうが、昭和と平成という時代背景の違いが、作風に色濃く投影されている。
本作は、山田洋次監督が最も得意とする喜劇作品である。
長男夫妻(西村雅彦、夏川結衣)と孫二人、そして、独身の次男(妻夫木聡)と3世代同居していて、幸せそうに見える老夫婦(橋爪功、吉行和子)。しかし、妻が突然、離婚届けを夫に差し出したことで、混乱した家族が家族会議を開き、老夫婦の離婚を思い止まらせようとする姿をコミカルに描きながら、家族、夫婦のあり方を問い掛けている。
次男の婚約者である看護師役の蒼井優が、勤務する病院での入院患者の状態を申し送りするシーンが興味深い。細かな文字で埋め尽くされたメモがあるにも関わらず、蒼井優は言葉を発することで情報とともに気持ちも込めて伝達している。作品メッセージである言葉を発することの大切さの伏線になっていると思う。
本作では、蒼井優が、作品メッセージの先導役になっている。家族会議では、自らの両親が本音トークで話さずに離婚したのに対し、家族会議での本音トークが羨ましいとコメントする。また、ラスト近くで、老夫婦の夫(橋爪功)に、妻(吉行和子)が本音で離婚を迫っているのだから、夫も本音で妻に向き合うべきだと助言する。どちらのシーンも前述の伏線が効いているので、蒼井優の台詞には説得力がある。
気心が知れた家族、夫婦であったとしても、黙っていても、自分の気持ちは判ってくれるだろう、判って欲しいは駄目。言葉を発しなければお互いの気持ちは絶対に伝わらないという作品メッセージが明確に観客に示されている。

レトロな笑いと繊細な感情表現

寅さんシリーズを観てきた私には、あのリビングがとらやの座敷に重なりました。
登場人物に悪人がいなくても、ドラマとして成立させるところが山田監督の手腕。
レトロな家族模様の中に若い人を混ぜ込むのもうまい。昔の吉岡やゴクミもそうでした。
若い人にはツッコミどころ満載でしょうが、まさにそれが意図的に仕組まれているところが山田喜劇の魅力です。

ありがとう!

我が家の危機が、この映画で回避できました!
先日、仕事先から久々に帰宅した息子に、いそいそとご飯を作り、仲よく食事をした母親であるわたくし。翌朝も寝坊した息子に朝食のスープを温めつつ、洗濯物を干していたら、「なんかチリチリ音がする」、と椅子にふんぞり返った息子がのたまう。スープだ、と思い出した私は、「見てよー!」と語気を荒げて言うと、「俺の彼女は、お母さんみたいな口のきき方はしない!」と、そこからバトル開始。
墓参りから帰宅した主人も息子の肩を持ち、「お母さんは時々乱暴な口のきき方をする。」と。
10年に及ぶ主人の単身赴任中、思春期から青年期の息子を、受験させ、部活のバックアップをし、
部活の怪我で入院した時の世話はし、就活もハラハラしながらエントリーシートを点検したのは母親のわたくしです。
で、息子の帰った後、主人とバトル開始。
しかし、まあ、どこかで折り合いをつけようと、夫婦50割引きで見に来たのが、この映画。
なーんだ、我が家なんてふつーじゃん。
ご主人も会社を我慢しているというなら、奥様方も相当我慢と忍耐でつれそっているんじゃん。
帰宅した主人が、洗濯物を取り入れたり、風呂掃除をしたりし始めましたね。
家庭は会社ではありません。スーツを着たうら若い女性が、「お茶をどうぞ」と差し出すのではなく、パジャマ姿の妻がお茶を出すのです。
それがいやなら結婚しないことです。
結婚とはお互いに思いやり助け合うこと。
「ありがとう」「おいしいよ」「荷物持とうか」「助かるわ」こういう言葉があれば、夫婦家族は円満でいられるのです。
ありがと、山田太一さん。映画を見てから、じじばばで仲よく大相撲を見ています。

笑いっぱなし

私は40代ですので、最後まで笑いっぱなしでした。
いや~楽しかった。久しぶりにストレス解消になりましたよ。

山田洋次監督のまさに喜劇

まさに山田監督の喜劇ですね。笑いが散りばめられ、安心して観ていられて、その上、やっぱりジーンとはまってしまいす。家族愛があって、あったかい!久しぶりの日本喜劇映画です。俳優陣も、橋爪功さん、吉行和子さん、西村雅彦さん、夏川結衣さん、妻夫木聡さんらが、おもしろくて、いい味出してます。

これは傑作!面白く、癒される映画です

あまり期待せず、見に行きいましたが、面白かったですよ。今はなかなかない3世代同居。突っ込むとあの平均的一戸建てでは、みんな住めないよ、と思いました。一階、ダイニング、リビング、ふろ。二階、ジジババの部屋、父ちゃん母ちゃんの部屋、弟の部屋、兄弟の部屋。これだけ、必要なのに、どう見てもあの外観からは無理でしょう。まあこういうことに突っ込む人はあまりいないかな~。
じいちゃん中心かと思いきや、それがいろいろな仕掛けがあり、奇想天外。まあ、これは見てから、楽しんでください。犬のトトもよかった。最後は小津の「東京家族」へのオマージュか、憎い演出。あまり言えないので劇場へ、ぜひ!
期せずして星5つ。いい日本映画でしたよ。

映画/邦画『家族はつらいよ』のネタバレ感想(ツイッター・Twitter)

つづいて、『家族はつらいよ』を見た人の声や感想(※ネタバレを含むため注意)をご紹介します。

映画/邦画『家族はつらいよ』をテレビ放送を見逃した!できるだけ安く見たいあなたに!

女性解説
解説
『家族はつらいよ』の
「テレビ放送を見逃してしまった!」
「フル動画をできるだけ安く見たい!」

…そんなあなたは必見♪

U-NEXTのキャンペーンを使えば動画を無料視聴できる!!

31日間の無料トライアルで視聴する!

邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

↑『家族はつらいよ』をおトクに見る♪

  

-邦画(日本国内映画)

テキストのコピーはできません。

Copyright© クークル[Qooqle]人気おすすめ動画検索サイト , 2019 All Rights Reserved.