ブタがいた教室

投稿日:

映画/邦画『ブタがいた教室』の「あらすじ」「動画を無料視聴する方法」をご紹介していきます!

↓『ブタがいた教室』の動画を今すぐ無料で見たい方はこちらをクリック↓

映画/邦画『ブタがいた教室』を見る邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

ブタがいた教室を無料で視聴する!

映画/邦画『ブタがいた教室』とは?(あらすじ・見どころ)

映画(詳しくは邦画・日本国内映画)『ブタがいた教室』の作品概要邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

まずは、『ブタがいた教室』とはどんな作品なのか?、作品の概要をご紹介します。

あらすじ

賛否両論を巻き起こした小学校の授業を再現。命の尊さと生きることの残酷な側面を説く

■見どころ
ドキュメンタリーとして放映された大阪の小学校の授業を、妻夫木聡主演で映画化。
飼育した豚を食すかどうかの議論を通じ、小学生たちが“命”へ真摯に向き合っていく。

■ストーリー
6年2組の担任・星は豚を飼育して食べることを提案。
他のクラスや保護者を巻き込んでさまざまな問題が発生するが、2組の生徒たちは“Pちゃん”と名付けた豚を愛情込めて育てていく。
しかし、Pちゃんを食べることへの反対意見が増え、熱い議論へと発展し…。

ここがポイント!

Pちゃんを食べるかどうかを話し合うディベート・シーンは、生徒役の子供たちのアドリブ。
その真剣な眼差しや言葉が、リアルな迫力を生んでいる。

U-NEXTキャンペーン『ブタがいた教室』を無料で見る!>>邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

映画/邦画『ブタがいた教室』の作品紹介(キャスト・視聴率・OST・DVD情報)

映画(詳しくは邦画・日本国内映画)『ブタがいた教室』の作品紹介(キャスト・スタッフ・視聴率・相関図・OST・DVD情報)邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

ここからは、『ブタがいた教室』について、より詳しく作品紹介をしていきます。

映画/邦画『ブタがいた教室』の出演者(キャスト・スタッフ紹介)

映画/邦画『ブタがいた教室』のキャスト(出演者)やスタッフをご紹介します。

映画(詳しくは邦画・日本国内映画)『ブタがいた教室』の出演者(キャスト・スタッフ紹介)邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

キャスト
(出演者)
妻夫木聡(役:星先生):6年2組の担任
田畑智子(役:池沢先生):星と同僚
池田成志(役:小鷲先生):星と同僚
大杉漣(役:仁科先生):教頭
原田美枝子(役:高原先生):校長
清水ゆみ(役:音楽教師):学校の音楽教師
ピエール瀧(役:伸哉の父):伸哉の父親
近藤良平(役:雄馬の父親):雄馬の父親
大沢逸美(役:菜野花の母親):菜野花の母親
樋渡真司(役:力也の父親):力也の父親
戸田菜穂(役:甘利花の母親)甘利花の母親:
甘利はるな(役:甘利花):6年2組の児童
東圭太(役:圭太):6年2組の児童
池田彩由佳(役:彩由佳):6年2組の児童
石井千也(役:千也):6年2組の児童
石川すみれ(役:すみれ):6年2組の児童
伊藤奈月(役:奈月):6年2組の児童
鵜木伸哉(役:伸哉):6年2組の児童
大和田結衣(役:結衣):6年2組の児童
大倉裕真(役:太田雄馬):6年2組の児童
小川美月(役:美月):6年2組の児童
岡駿斗(役:駿斗):6年2組の児童
柚りし菓(役:岡本れいな):6年2組の児童
緒方博紀(役:博紀):6年2組の児童
金子海音(役:海音):6年2組の児童
柿澤司(役:柿澤司):6年2組の児童
斉藤みのり(役:みのり):6年2組の児童
影山樹生弥(役:樹生弥):6年2組の児童
櫻木麻衣(役:麻衣羅):6年2組の児童
樺澤力也(役:樺澤力也):6年2組の児童
桜あずき(役:あずき):6年2組の児童
北村匠海(役:拓実):6年2組の児童
新川奈々(役:奈々):6年2組の児童
寺田英永(役:英永):6年2組の児童
夏居瑠奈(役:名波ルナ):6年2組の児童
向江流架(役:流架):6年2組の児童
松原菜野花(役:松原菜野花)
スタッフ 監督:前田哲
原案:黒田恭史
脚本:小林弘利
撮影:葛西誉仁
音楽:吉岡聖治
美術:磯見俊裕
編集:高橋幸一
録音:小野寺修
音響効果:小島彩(カモメファン)
助監督:橋本光二郎
照明:守利賢一
VE:柳慎二
Pちゃんキャラクター原案:仲田まりこ
アニメーション:諸星勲
養豚協力:埼玉種畜牧場/茨城県畜産センター/カワバタ産業/蜂谷畜産川原鳥獣貿易
ロケ協力:東京都北区/北区教育委員会/赤羽台団地/香取市教育委員会
現像・キネコ:IMAGICA
特別協力:グリーンハウス
企画協力:西谷清治
製作者:佐藤直樹
エグゼクティブプロデューサー:馬場清
プロデューサー:椋樹弘尚/田中正/廣瀬和宏/小川勝広
共同プロデューサー:鈴木俊明
製作委員会メンバー:日活/関西テレビ放送/読売新聞/Yahoo! JAPAN
製作プロダクション:日活撮影所/ジャンゴフィルム
配給:日活

映画/邦画『ブタがいた教室』の相関図

映画/邦画『ブタがいた教室』の人間関係をまとめた相関図は見つかりませんでした。
(※公式サイトでも用意されていませんでした。)

映画/邦画『ブタがいた教室』の平均視聴率・最高視聴率

映画/邦画『ブタがいた教室』の視聴率を調べました。

平均視聴率 -%
最高視聴率 -%

映画/邦画『ブタがいた教室』のOST(オリジナルサウンドトラック・主題歌)

映画/邦画『ブタがいた教室』のOST(オリジナルサウンドトラック)の情報です。

映画(詳しくは邦画・日本国内映画)『ブタがいた教室』のOST(オリジナルサウンドトラック・主題歌)邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

曲順 タイトル
1 主題歌 花のように 星のように
2 劇中歌 Prayer
3 フランス民謡 クラリネットをこわしちゃった
4 Smile Again

[OST]ブタがいた教室 主題歌 花のように 星のように

[OST]ブタがいた教室 フランス民謡 クラリネットをこわしちゃった

[OST]ブタがいた教室 Smile Again

映画/邦画『ブタがいた教室』のDVD&ブルーレイ発売情報

映画/邦画『ブタがいた教室』のDVD・ブルーレイ発売情報です。

映画(詳しくは邦画・日本国内映画)『ブタがいた教室』のDVD&ブルーレイ発売情報邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

[DVD/ブルーレイ]ブタがいた教室 (通常版) [DVD]

発売日:2009/4/10
価格:¥2.100
時間:1 時間 49 分
ディスク枚数:1
形式:Color, Widescreen
出演:妻夫木聡/原田美枝子/大杉漣
リージョン:リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。)
アスペクト比:1.78:1
メーカー:NIKKATSU CORPORATION(NK)(D)

『ブタがいた教室』を見たい!と思っても、
DVD/ブルーレイはちょっと高い…(^_^;)

でもNEXTのキャンペーンなら『ブタがいた教室』を全話無料で視聴できる!!

31日間の無料トライアルで視聴する!

邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

↑『ブタがいた教室』をおトクに見るチャンス♪

映画/邦画『ブタがいた教室』の口コミ(感想レビュー・ネタバレ注意)

映画/邦画『ブタがいた教室』のネタバレ感想・レビュー・口コミ・クチコミ・評判)邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

映画/邦画『ブタがいた教室』の口コミ(感想レビュー※ネタバレを含むため注意)

ここでは、『ブタがいた教室』を見た人の口コミ(感想レビュー※ネタバレを含むため注意)をご紹介します。

[ネタバレ]命を繋ぐ

「頂きます」とはどういうことか。
ある小学6年生のクラスが1年を通じて豚を育て、最後には食べるのか、どうするのかを本気で討論していくお話。
最後に「食べる」に至らなかったらどうしようかとハラハラしていた。
「育てる」ことに意味があるんじゃなく、「育てて食べる」という事がどれだけ大事か。
それこそが命に感謝して「頂きます」という事につながるんだと思う。
このクラスの子達はとても素晴らしい体験をしたと思う。
募ったPちゃんへの感情を乗り越えるって並大抵じゃなかったなかっただろうな。
「命を繋ぐ」という、ゆうまの言葉が印象的。

醜悪な実話にこそ、学ぶべき事がある。

小学校の新任教員が、食育を目的に、担任クラスでブタを飼育する。
しかし、子供たちはブタの世話を通じて、そのブタに愛着が湧いてしまい、殺して食べることをためらい、ひどく悩む。
クラスで討議をくりかえした結果、やはりブタは殺されることになるが、子供たちのこころには、消し去りがたい痛みや悲しみが残った、というお話。
賛否両論あり、この実話自体には私も嫌悪感をおぼえたゆえ、しばらく観ずにいたのですが。
結局は観て良かったと思います。
まずひとつ言えることは、「映画の存在価値」と「登場人物の醜悪さ」とを混同して評価するべきではないということ。
「ヒトラー」という人物は醜悪ですが、だから「ヒトラーを主人公にした映画」もひどい映画だ、ということにはなりません。
なぜこんな醜悪な事態が発生し、その後、どのような経過をたどったのか、それをありのままに伝えてくれたこの映画を、私は評価します。
ふたつめに言えることは、大学出たての、20代の若い教員に対して「教師失格だ」とか言うよりむしろ、そういう教員が暴走しないシステムでない状況を憂うべきだということ。
例えば、本来、校長が責任を持って、この先見の明なき実験を止めねばならなかったと私は考えます。
もしくは、子供たちが「ブタを殺したくない」という選択をした場合、学校で飼いつづける責任を教員みなで果たすべきでしょう。
それが上に立つ者の責任であり、組織の構成員としての責任です。
にもかかわらず、たかが20歳そこそこの若者1人にその責を負わせた学校のシステム、その現状を描いた点、興味深く感じました。
とはいえ、これを以って「だから教師はぜんぶ無能だ」という結論を出すのは非常に短絡的だと思いますが、まあしかし、その結論で満足したい人は満足すれば良いでしょう。
みっつめに言えることは、では、この若い教員ほどのエネルギーが、どれだけの人間に有るのか、なかなか無いのではないかということ。
この教員の未熟さを部外者が遠くから坐して非難することは簡単ですが、「では、自分なら、子供たちのこころに響くどんな教育を成せるというのか」と自問すれば。
私には彼を非難する資格など無いのだと思い知るばかりです。
確かに、彼は子供たちのこころをひどく傷つけたけれども、とはいえ、子供たちはこの実験を通して大きな成長を遂げたにちがいありません。
もちろん、その対価が大きすぎるゆえ、彼の教育は失敗だったと言わざるを得ませんが。
しかし、我々は、彼の無鉄砲なエネルギーから、何某かを学ぶべきではないでしょうか。
坐して非難するだけの、くだらない大人であってはならないと思うのです。
経験の未熟な子供という存在に対して、ただ綺麗な「ことば」を並べたてても、何も響きません。
けれども、だからといって実際に、子供のこころに大きな傷を負わせることは許されないことです。
したがって、例えば、いじめをする子供に、いじめられる子供の気持ちを理解させることが安易ではないのと同様に。
命の大切さをもまた、「大切な命」が失われる実体験を通じてしか、学べないのだとするならば。
いったい、どうやって教育は成されると言うのでしょうか。
私はこの映画を通じて、そこに在るもどかしいジレンマについて、改めて考えさせられました。
それが、私がこの映画から言える、よっつめのことです。

文部科学省選定

ホモサピエンスは、ブタを食べなければいけない。

現実性のある命の教育の良い物語だった

昨日の金曜ロードショウーを見ると、新ためてこの映画に込められているメッセージ「命の尊さ」が伝わってくる。実話もあり原作小説も良い。私は今小学校長だがこんな部下が教師だった場合ブタを飼う時点で校長命令で止めていたがブタを飼うことを許した心の広い学校長、新任教師でも6年生担任は男なら今は珍しくないが保護者達からの反発をカバーする学校長。P-ちゃんと言うブタは6年2組の児童だけでなく全校児童によって育てられた気がする。ラストはバッドエンドになったがこれが現実性を出している。ハピーエンドなんかは現実ではこのケースは起こらない。実話をもとに絵描かれた良い映画だとはっきりわかる。また命の大切さや食育教育にも役に立つ良い映画である。

子供たちから学ぶこと

先生が言っていたように飼育したブタを引き継いでもらうか
食べるかでどちらが正しいということはないと思うが、
それでも一生懸命に子供たちがそれぞれ考え意見交換。
一生懸命やっても後悔する時もあるけれど
もしチャンスがあれば次はこうしようと思える。
仕事にしろ恋愛にしろどっかでもうこの辺でいいかな?と
思ってしまう時があるんじゃないか?
映画の話とは少しズレてしまったが
もっと何事にも毎回全力を尽くせるように頑張ろうと
自分自身に思わせてくれる内容だったと俺は思う。

[ネタバレ]生きる意味

とても考えさせられました。
何が正しいとかではなく
命と向き合う。
そんな事が少し欠けている今の時代に持ってこいだと思いました。
命と向き合うことは生きることなんですよ。

子役のリアルな演技

子供達のリアルな演技。たどたどしいセリフ。
というより子供が言いそうなそのままの言葉。
とても脚本とは思えない自然なセリフ。
感情むき出しにして泣きながらの意見交換。
子役同士の喧嘩までリアル。
あまりにリアル過ぎるのでなんなんだろこの映画?。
と思って調べてみたら台本の結末とセリフは全て白紙だったとか。
全部子供達の生の言葉、ほんとの涙だったのです。
号泣してしまいました。
自分も「どうしたらいいんだろう」と悩んでしまいました。
とても考えさせられる映画です。ひとつ怖く感じてしまったのは、「責任を取る為に」と
殺す事を考えてしまう点。
そう考える人が一家心中などしてしまうのでしょうか。
生きる物全てには生きる権利がある。と思いたいです。
私は肉は食べますが、スーパーに並ぶ手前までは見ないで食べたいです。

私は小学校教師ですが

深く感動。
12歳の子供達が、これほど切実に「命」について考え議論していることに、衝撃を受けました。
しょせん映画
とはまったく思えない、真に迫った作品だったと思います。
子役達も演技を超えて、本気で悩んでいるのが伝わってきました。
妻夫木君も素晴らしい。
考える素材を提供した後の、あの距離感。
批判も多くあったと思いますが、芯を貫く姿勢・情熱は、同じ若年教師として最高級の尊敬を感じます。
新任教師があんなでしゃばったことすることは、本当に困難。先輩教師達が快く思わないのは間違いない。
あの子供たちは、きっと御飯を残さない人間に、命を大切に思う人間になるはずです。
教師として、一年に一回は見直していこうと思える映画でした。
あと、観てて自分も悩みました。
食べることが正しいんだとは思います。けど妻夫木君が、
「こんなツラい思いは、もういいかな」
と言ったのを聞いて、実際に一年間飼った人達にしかわからない、深い深い想い・問題なんだと思わされ。
映画の二時間でわかった気になっちゃいかんぞ、と自戒するのでした。

[ネタバレ]食べるということと生かすということを問う

新人教師が持つ教育に対する情熱に、先輩教師が少々迷惑がるということは、ありがちだけれど、女性校長がその思いをしっかり受け止め、大切にしようとする。
なかなか現実にはできそうに無いですよね。「ブタを1つのクラスが飼う」ってことは。
映画を観るということを通して、疑似体験できると思います。
ブタを飼うにあたって学校全体が議論し、考えなくてはならなくなる。しかも期限付きで。
生き物を殺して食べるということを真剣に考え、自分が生きるために多くの生き物の命を貰って生きてきているんだということに気付くきっかけになるので、子どもにも大人にも見て欲しい映画だなーと思いました。

切なくなりました

以前から気になっていた映画でしたが、なかなか借りる勇気がなくて…
6年生のクラスで子豚を食べる事を前提に飼う事になって…
でも、いざ飼ってしまうと情も移るし、最後にその子を殺して食べるなんて、やっぱり残酷だし出来ないですよ…
子供達が真剣にブタのPちゃんの事を話しあった場面では、私も真剣に見入ってしまいました。
最後のシーンはなんか切なくて涙が出ました

映画/邦画『ブタがいた教室』のネタバレ感想(ツイッター・Twitter)

つづいて、『ブタがいた教室』を見た人の声や感想(※ネタバレを含むため注意)をご紹介します。

映画/邦画『ブタがいた教室』をテレビ放送を見逃した!できるだけ安く見たいあなたに!

[st-kaiwa-kaisetsu-woman-no1]『ブタがいた教室』の
「テレビ放送を見逃してしまった!」
「フル動画をできるだけ安く見たい!」

…そんなあなたは必見♪[/st-kaiwa-kaisetsu-woman-no1]

U-NEXTのキャンペーンを使えば動画を無料視聴できる!!

31日間の無料トライアルで視聴する!

邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

↑『ブタがいた教室』をおトクに見る♪

  

こちらもおすすめ!Paravi(パラビ)

Paravi

国内テレビドラマが好きなら加入すべし!

Paravi(パラビ)は、TBSやテレビ東京、WOWOW、日本経済新聞といった国内主要メディアが連携し、2018年4月にサービスを開始した動画配信サービスです。

国内ドラマの配信数は、日本最大級!

さらにバラエティ、音楽、アニメのほかスポーツや報道・ドキュメンタリーなど、各局の強みを前面に出した配信ラインナップとなっています。

料金は定額で見放題の「Paraviベーシックプラン」が月額925円(税別)。他の動画配信サービスとほぼ同等の価格帯です。

登録後30日間の無料お試し期間があり、1本単位でレンタル購入できる有料コンテンツも豊富に揃っています。

Paravi(パラビ)に加入する

Paraviでしか観ることができない動画も♪

-邦画(日本国内映画)

テキストのコピーはできません。

Copyright© Qooqle , 2019 All Rights Reserved.