ナビィの恋

投稿日:

映画/邦画『ナビィの恋』の「あらすじ」「動画を無料視聴する方法」をご紹介していきます!

↓『ナビィの恋』の動画を今すぐ無料で見たい方はこちらをクリック↓

映画/邦画『ナビィの恋』を見る邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

ナビィの恋を無料で視聴する!

映画/邦画『ナビィの恋』とは?(あらすじ・見どころ)

映画(詳しくは邦画・日本国内映画)『ナビィの恋』の作品概要邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

まずは、『ナビィの恋』とはどんな作品なのか?、作品の概要をご紹介します。

あらすじ

西田尚美主演、日本全国で沖縄ムービーブームを巻き起こした名作

■見どころ
歌って、踊って、笑って、泣く、色々な幸せが満載。
ナビィおばぁの60年の歳月を越えた恋の行方にハラハラドキドキ。
監督は沖縄を舞台にした映画を撮り続ける中江裕司。

■ストーリー
東金城奈々子は都会のけん騒に疲れ、久しぶりに里帰りをする。
彼女をトラックで港まで迎えに来てくれていたのは、祖父母の恵達おじぃとナビィおばぁ。
その後、おじぃが本土から来た風来坊の青年・福之助を家に連れてきて、奈々子は彼のことが気になりだす。

ここがポイント!

沖縄を代表する俳優・登川誠仁、平良とみのほか、村上淳が共演。

U-NEXTキャンペーン『ナビィの恋』を無料で見る!>>邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

映画/邦画『ナビィの恋』の特別動画(特典映像)

映画(詳しくは邦画・日本国内映画)『ナビィの恋』の特別動画(特典映像)邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

ここからは、映画/邦画『ナビィの恋』の特別動画(特典映像)をご紹介します。

[動画]ナビィの恋 TVCM 予告

[動画]大城美佐子/仲島節 @「ナビィの恋」上映会&トークショーにて

[動画]「白百合クラブ東京へ行く」・「ナビィの恋」中江裕司監督ほっこりトークス

[st-kaiwa-kaisetsu-woman-no1]『ナビィの恋』の
「テレビ放送を見逃してしまった!」
「フル動画をできるだけ安く見たい!」

…そんなあなたは必見♪[/st-kaiwa-kaisetsu-woman-no1]

U-NEXTのキャンペーンを使えば動画を無料視聴できる!!

31日間の無料トライアルで視聴する!

邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

↑『ナビィの恋』をおトクに見る♪

映画/邦画『ナビィの恋』の作品紹介(キャスト・視聴率・OST・DVD情報)

映画(詳しくは邦画・日本国内映画)『ナビィの恋』の作品紹介(キャスト・スタッフ・視聴率・相関図・OST・DVD情報)邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

ここからは、『ナビィの恋』について、より詳しく作品紹介をしていきます。

映画/邦画『ナビィの恋』の出演者(キャスト・スタッフ紹介)

映画/邦画『ナビィの恋』のキャスト(出演者)やスタッフをご紹介します。

映画(詳しくは邦画・日本国内映画)『ナビィの恋』の出演者(キャスト・スタッフ紹介)邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

キャスト
(出演者)
西田尚美(役:東金城奈々子)仕事を辞めて、東京から故郷の島に戻ってきた女性。
村上淳(役:福之助)島にふらっとやってきた若者。
平良とみ(役:東金城ナビィ)奈々子の祖母。恵達より数歳年上。
登川誠仁(役:東金城恵達)奈々子の祖父。
平良進(役:サンラー)元々この島の住人で、ナビィの元恋人。
兼島麗子(役:大濱麗子)商店を営む。オコーナーをダーリンと呼び、作中では妊娠中。
アシュレイ・マックアイザック(役:アシュレイ・オコーナー)麗子の夫。アイルランド人。
嘉手苅林昌(役:嘉手苅老人)長老
大城美佐子(役:美佐子)長老の妻
山里勇吉(役:アブジャーマー男)いつも老人のお面を被っている人。
スタッフ 監督:中江裕司
音楽:磯田健一郎
脚本:中江裕司、中江素子
製作:竹中功、佐々木史朗

映画/邦画『ナビィの恋』の相関図

映画/邦画『ナビィの恋』の人間関係をまとめた相関図は見つかりませんでした。
(※公式サイトでも用意されていませんでした。)

映画/邦画『ナビィの恋』の平均視聴率・最高視聴率

映画/邦画『ナビィの恋』の視聴率を調べました。

最高視聴率 不明
平均視聴率 不明

映画/邦画『ナビィの恋』のOST(オリジナルサウンドトラック・主題歌)

映画/邦画『ナビィの恋』のOST(オリジナルサウンドトラック)の情報です。

映画(詳しくは邦画・日本国内映画)『ナビィの恋』のOST(オリジナルサウンドトラック・主題歌)邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

曲順 タイトル
1 下千鳥
2 RAFUTI
3 国頭ジントーヨー
4 十九の春(じゅりぐぁ小唄)
5 六調節
6 クレイグニッシュ・ヒルズ
7 トゥバラーマ
8 モンデヨー
9 十九の春(じゅりぐぁ小唄)
10 アイリッシュ・リール
11 月ぬ美しゃ
12 十九の春(じゅりぐぁ小唄)
13 トゥバラーマ
14 ロンドンデリーの歌
15 ハバネラ
16 サンラーを讃える歌
17 トゥバラーマ・ファンタジー
18 十九の春(じゅりぐぁ小唄)
19 十九の春(じゅりぐぁ小唄)
20 アッチャメー小
21 RAFUTI

ナビィの恋のOST 1 RAFUTI

ナビィの恋のOST 2 十九の春

映画/邦画『ナビィの恋』のDVD&ブルーレイ発売情報

映画/邦画『ナビィの恋』のDVD・ブルーレイ発売情報です。

映画(詳しくは邦画・日本国内映画)『ナビィの恋』のDVD&ブルーレイ発売情報邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

[DVD/ブルーレイ]ナビィの恋 [DVD]

出演:西田尚美
監督:中江裕司
形式:Color, Dolby, Widescreen
言語:日本語
リージョンコード:リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
画面サイズ:1.78:1
ディスク枚数:1
販売元:バンダイビジュアル
発売日 2000/08/25
時間:94 分
価格:5,980円

[DVD/ブルーレイ]ナビィの恋 [Blu-ray]

出演:西田尚美, 村上 淳, 登川誠仁, 平良とみ
監督:中江裕司
形式:Color, Dolby, Subtitled, Widescreen
リージョンコード:リージョンA (詳細についてはこちらをご覧ください DVD/Blu-rayの仕様。)
画面サイズ:1.78:1
ディスク枚数:1
販売元:バンダイビジュアル
発売日 2009/07/24
時間:102 分
価格:5,162円

『ナビィの恋』を見たい!と思っても、
DVD/ブルーレイはちょっと高い…(^_^;)

でもNEXTのキャンペーンなら『ナビィの恋』を全話無料で視聴できる!!

31日間の無料トライアルで視聴する!

邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

↑『ナビィの恋』をおトクに見るチャンス♪

映画/邦画『ナビィの恋』の口コミ(感想レビュー・ネタバレ注意)

映画/邦画『ナビィの恋』のネタバレ感想・レビュー・口コミ・クチコミ・評判)邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

映画/邦画『ナビィの恋』の口コミ(感想レビュー※ネタバレを含むため注意)

ここでは、『ナビィの恋』を見た人の口コミ(感想レビュー※ネタバレを含むため注意)をご紹介します。

忘れられない作品です

とても味わい深く余韻の残る映画でした。
沖縄という土地だからこそ生まれた作品だと思います。

何回、見ても泣けます

この映画を初めて見たのは10年以上も前。
沖縄の素晴らしい景色と沖縄民謡が興味深いですが、何回観ても泣けます。
なんだろうなぁ・・・
初恋、ナビィの思い、おじいの思いが切なくて泣けてきます。
あまり上がり下がりはない映画ですが見ているうちに引き込まれ何故だか最後は涙、涙です。

あの空気感にいつまでも浸りたい名作

“私が貴方に惚れたのは、ほんの十九の春でした。今更離縁と言うならば、元の十九にしておくれ・・・”。ほんのり哀愁を込めた「十九の春」のメロディがいつまでも心に残る、日本映画の名作である。
本作が公開された1999年当時、私は大阪に勤めていたので「テアトル梅田」に観に行った。沖縄ブームもあって大変な人気作で、2回ほど満席のため断念し、3回目にようやく観れたときは嬉しさもひとしおだった。
このたびDVDで再見する機会があったので、映画の印象と沖縄に旅行した時の思い出を併せて語ろうと思う。
翌年の2000年には九州・沖縄サミットが開催され(二千円札なんてのもあったね)、さらに2001年にはNHKの朝ドラ「ちゅらさん」が放映され、本作と同じく平良とみが出演している。本作を契機としてちょっとした沖縄ブームが到来したわけだ。
私が初めて沖縄を訪れたのは、本作を観る少し前だった。最初は那覇空港を経由して、石垣島から竹富島にも足を伸ばし、2回目は石垣島からフェリーで西表島に渡った。また沖縄県ではないが、鹿児島空港から奄美大島に行ったこともある。3回目は東京に移ってからで、昨年連れ合いと一緒に沖縄本島のツアーに参加した。
本作で恵達(登川誠仁)が三線を弾くシーンが何度か登場するが、思い出すのが西表島に旅行した時のこと。夕食後にホテルの主人の子供(女の子)が三線を披露してくれて、ビールの酔いと南国の暑気も手伝って、とても良い心地だったのを覚えている。聞くと小学校の授業で三線を教わるとのこと。楽譜を見せてくれたが、普通の音楽の授業で使う五線譜ではなく、特殊な形式だったのが妙に印象に残っている。
映画では、西田尚美が月明かりの中、酒に酔って歌いながら、千鳥足で家に帰るシーンがあるが、まさに三線を聴いていた私の心情とシンクロした。
音楽は本作の重要な要素だ。「十九の春」などの沖縄民謡のほかに、オコーナーの演奏するアイルランド民謡や「ロンドンテリーの歌」、オコーナーの妻・麗子(兼島麗子)が熱唱する「カルメン」、西田尚美の歌う松田聖子の「夏の扉」、そして恵達が演奏する米国国家(劇場内が笑いに包まれた)などが、一種ファンタジーと言えるストーリーを彩っている。
本作は、沖縄ネイティブの会話は標準語の字幕が出るという形式である。これが、日本映画でありながら、どこか別の国のおとぎ話を見ているような効果を与えてくれる。石垣島から飛行機に乗ったときに、近くに地元の有力者らしい夫婦が座ったのだが、ご主人は標準語に近い言葉をしゃべっているが、奥さんの言葉が外国語のようで全く理解できなかったのを思い出した。
恵達は牛の世話で生計を立てているが、竹富島や奄美大島で、散歩道の近くを黒い牛がのんびりと草を食べている光景を思い出して、懐かしかった。俳優陣では、なんといっても登川誠仁の飄々とした持ち味がいい。沖縄民謡を歌う長老や仮面の踊り手、アイルランド人のバイオリン弾きなど、ごった煮状態のキャラクターが本作の魅力になっている。
ナビィ(平良とみ)がサンラー(平良進)一族の墓を墓参するシーンは、沖縄の首里城近くの世界文化遺産「園比屋武御嶽石門」の前で、家族がひざまずいて祈っていた光景を思い出した。それにしても沖縄の墓所の形は独特であり、まるで堅牢な石の家のようだ。
沖縄においては、生と死の境界は本土のそれよりもはるかに曖昧であり、人が死ぬというのは、ラストでナビィがサンラーの船で旅立ったように、別の世界に移動するに過ぎないのかも知れない。
西表島では、タクシーの運転手がこんな話をしてくれた。
「西表島は90%近くが国有地であり、ほとんど畑がない。だから食料は外から調達するしかない。海が何日も荒れると船が通わず、食料の移入が途絶えてしまう。荒れた外海近くに住む住人は、一日がかりで海岸を歩いて波が穏やかな石垣島に近い港に、食料を調達しに行ったものだ。今では島を半周する道路ができたから、そんな苦労は過去のものになった」。
本作の舞台となった栗国島も、劇中では語られないがこんな離島苦や戦争の悲劇と無縁ではないのであろう。
一見閉鎖的に見える島も、実は海で外の世界と繋がっている。ナビィのように島を去る者もいれば、オコーナーや福之助(村上淳)のように新たに来る者もいる。一族の運命を占い師(ユタ)に占ってもらうという因習がある一方で、外部から来た人間をあっさり受け入れる開放的な所もある。昔から他国と行き来してさまざまな文化を取り入れた、海洋国家ならではの懐の深さ。これがそのまま映画の魅力になっているのだろう。

も~最高だよ~。泣けた!

コメントしようか面倒くさいな、なんて思ってたのですが、観た翌日も一週間後もこの映画の事しみじみ思い出してしまうのです。特に、沖縄のジミヘンといわれるおじいがクーッいいんだよね~。部屋でDVD見てて、最後は一緒に踊っっちゃた~!あいしてるランドに小船で向かうおばあの嬉しそうな笑顔!孫に囲まれて幸せそうなおじいの笑顔!みんなが笑ってるよ~。3か月前に宮古に行ったばかりなのに、又沖縄の青い空と海と優しい時間が恋しくなりました!ちょと心が折れかかってる方にお勧めしたいです。きっと心がほっこりして、優しい気持ちになれるはず!!

どうして涙が止らないのでしょう・・・

『恋しくて』『ホテル・ハイビスカス』と本作
中江監督作品を三作観ましたが
ヒロインが、みんな元気!!!
でも、ちょっとお行儀が良くないんですよね。
そんなおてんばさんに
意外に「西田尚美さん」が、はまっていました。
悲しさや辛さも歌や踊りで上手に発散して
他人に対してオープンで底抜けに明るい反面
古くから伝わるしきたりや言い伝えも
反故にする事はできない~そんな島の生活。
ユタの一言で、人生が変ってしまう島で
すっと過ごしてきたナビィと
本土の生活に疲れ、島に戻ってきた孫娘の
恋が描かれています。
タイトルには「ナビィ」と付いているけど
この作品は「オジィ」の映画だと思います。
何もかも受け入れ、誰かれを暖かく包み込むオジィ。
その日の朝、ナビィにかける言葉の数々。
どうして涙が止らないの~と戸惑うくらい
あとから、あとからあふれてきました。
♪もとの19にしておくれ♪
してあげられるのは、オジィだけ。
こんなに思われて、ナビィは幸せだなぁ~~
~・~・~・~・~・~
先週、県内某劇場で中江監督作品が
アンコール上映されていました。
お気レビさんも多く足を運ばれたようですが
私は予定が立たず
「おうちDEひとり中江まつり」を開催しました。
でも、やはりこう言う作品は
笑ったり泣いたりを共有したいな・・・残念です。

沖縄に癒される~

中江監督作品のアンコール上映会で観てきました。
青い空、青い海、
砂の道、赤い瓦屋根、縁側、三線の音色、島の人々、
そして、ナビィが育てるブーゲンビリア・・・
もうそれだけで沖縄の雰囲気にどっぷり浸れます~。
沖縄の雰囲気って、
どこか懐かしい「ゆるさ」があって、癒されますね~。
最初の数分で、観に来て良かったと思いました!
島という小さな社会、
繋がっている温かさを感じるけど、
その反面、しきたりとかしがらみとか、
苦しいこともあるでしょうね。
引き裂かれた恋、だからナビィは忘れられなかったのですね。
何十年も連れ添った相手に捨てられて、違う相手を選んでしまうってどんな気持ちだろう・・・
おじぃの立場に自分を置き換えて考えてみたら、
何だか急にぐっときてしまって、
深い涙がこみ上げました。
沖縄の明るい雰囲気に癒され、ちょっと切なさも感じる映画でした。
沖縄に行ったような気持ちになれます。

おばぁラブ!

全てが大好きな作品です。
何回観たか、わかりません。
色鮮やかな南国の風景も、
生活に根ざした色んな音楽も、
役者さんたちも、
ストーリーも・・・
でも何より好きなのは、おばぁ!
私自身、おばあちゃん子なので、平良とみさんのおばぁ役は、本当にたまりません。

こんな生活したい

こんなのどかな生活したくなる。
沖縄 沖縄民謡がすきになる映画。
でも 最後はせつない。

笑顔泥棒

ちょぴりエッチで、ほっこり切ない。19の春、沖縄の小さな島にて。
風が鳴って、舟は出た。三味線の祝音。

19の春

60年の時を超えたナビィとサンラーの純愛物語。
美しい三線の音色と恵達の英語混じりの沖縄口も軽妙。

映画/邦画『ナビィの恋』のネタバレ感想(ツイッター・Twitter)

つづいて、『ナビィの恋』を見た人の声や感想(※ネタバレを含むため注意)をご紹介します。

https://twitter.com/bonuta_movie/status/1088209766193729538

映画/邦画『ナビィの恋』をテレビ放送を見逃した!できるだけ安く見たいあなたに!

[st-kaiwa-kaisetsu-woman-no1]『ナビィの恋』の
「テレビ放送を見逃してしまった!」
「フル動画をできるだけ安く見たい!」

…そんなあなたは必見♪[/st-kaiwa-kaisetsu-woman-no1]

U-NEXTのキャンペーンを使えば動画を無料視聴できる!!

31日間の無料トライアルで視聴する!

邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

↑『ナビィの恋』をおトクに見る♪

  

-邦画(日本国内映画)

テキストのコピーはできません。

Copyright© Qooqle , 2019 All Rights Reserved.