岸和田少年愚連隊

投稿日:

映画/邦画『岸和田少年愚連隊』の「あらすじ」「動画を無料視聴する方法」をご紹介していきます!

↓『岸和田少年愚連隊』の動画を今すぐ無料で見たい方はこちらをクリック↓

映画/邦画『岸和田少年愚連隊』を見る邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

岸和田少年愚連隊を無料で視聴する!

映画/邦画『岸和田少年愚連隊』とは?(あらすじ・見どころ)

映画(詳しくは邦画・日本国内映画)『岸和田少年愚連隊』の作品概要邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

まずは、『岸和田少年愚連隊』とはどんな作品なのか?、作品の概要をご紹介します。

あらすじ

ナイナイ、FUJIWARA、宮川大輔ら吉本芸人たちが岸和田で大暴れ!

■見どころ
井筒和幸監督お得意の不良青春映画。
人気芸人たちの若かりし頃が見られるお宝(?)映画でもある。
近年バラエティ番組でブレイクした木下ほうかがナイナイの敵役で出演。

■ストーリー
1975年の岸和田。
中学生のチュンバと小鉄は、仲間のアキラや双子のサンダとガイラとつるんで喧嘩三昧の毎日。
ある日、敵対する西中の安藤らをバットで叩きのめしたチュンバたちは、安藤と手を組んだ宿敵・サダのグループに狙われ、逃げ回る羽目に。

U-NEXTキャンペーン『岸和田少年愚連隊』を無料で見る!>>邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

映画/邦画『岸和田少年愚連隊』の作品紹介(キャスト・視聴率・OST・DVD情報)

映画(詳しくは邦画・日本国内映画)『岸和田少年愚連隊』の作品紹介(キャスト・スタッフ・視聴率・相関図・OST・DVD情報)邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

ここからは、『岸和田少年愚連隊』について、より詳しく作品紹介をしていきます。

映画/邦画『岸和田少年愚連隊』の出演者(キャスト・スタッフ紹介)

映画/邦画『岸和田少年愚連隊』のキャスト(出演者)やスタッフをご紹介します。

映画(詳しくは邦画・日本国内映画)『岸和田少年愚連隊』の出演者(キャスト・スタッフ紹介)邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

キャスト
(出演者)
矢部浩之(役:チュンバ):作者の氏名を麻雀読みしたあだ名になっている。勉強が嫌いで、毎日喧嘩に明け暮れる日々で顔は傷だらけである。女の子にもてるわけではないが、もてないわけでもない。鞄を右手で持つのは、左手でリョウコと手を繋ぐためである。
岡村隆史(役:小鉄):チュンバの親友で、常に一緒に行動している。チュンバと同じく勉強が嫌いで、喧嘩ばかりしている。
大河内奈々子(役:リョーコ):チュンバの彼女。中学の時に関東の方から転校してきた。
石倉三郎(役:おとん):息子と同じく喧嘩っ早い。職業は的屋
秋野暢子(役:おかん):チュンバの母親。夫と息子には呆れている。
笑福亭松之助(役:おじい):チュンバの祖父。近所の少年を集めて野球団をつくるが、裏で賭けの対象にしていたりする
辰巳浩三(役:ガイラ):チュンバと小鉄の仲間
辰巳裕二(役:サンダ):チュンバと小鉄の仲間
宮迫博之(役:サイ):チュンバと小鉄の仲間
宮川大輔(役:アキラ)チュンバと小鉄の喧嘩相手
木下ほうか(役:サダ)チュンバのライバル。小、中学と常に覇権を争い、顔を見れば喧嘩になる。
吉田敬(役:アンドウ)
梁瀬暁生(役:タモツ)
野性爆弾(役:サダの連れ)
高橋智(役:サダの連れ)
ゴリ(役:ハワイアンゴリラ)
原西孝幸(役:サダの連れ)
藤本敏史(役:ゴリの連れ)
山本太郎(役:ダイナマイトの薫):ゴリの兄
高橋美香(役:サダのタレのツレ)
三浦尚子(役:サダのタレのツレ)
小林稔侍(役:カオルちゃん)岸和田界隈をうろつく、ヤクザも恐れる人物
徳井優(役:小鉄の父)
白竜(役:彫師)
志賀勝(役:理髪師)
正司花江(役:お好み焼き屋)
笹野高史(役:杉山):中学の担任教師
塩見三省(役:赤井):中学の体育教師
山田スミ子(役:チュンバらの就職先の先輩)
中田ボタン(役:チュンバらの就職先のガードマン)
大杉漣(役:サイの兄貴分)
山城新伍(役:ゲームセンターオーナー)
八木沙織(役:ウミ)
スタッフ 製作:中川滋弘/木村政雄
プロデューサー:中沢敏明/榎望/米山紳
監督:井筒和幸
原作:中場利一
脚本:鄭義信/我妻正義
撮影/台本:井筒和幸
撮影:浜田毅
照明:渡邊孝一
美術:細石照美
編集:冨田功
録音:鈴木肇助
監督:小笠原直樹
音楽:藤野浩一
プロデューサー補:水ノ江知丈
音楽:プロデューサー /佐々木麻美子
製作:松竹/吉本興業

映画/邦画『岸和田少年愚連隊』の相関図

映画/邦画『岸和田少年愚連隊』の人間関係をまとめた相関図です。

映画(詳しくは邦画・日本国内映画)『岸和田少年愚連隊』の登場人物の人間関係・相関図・チャート邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

映画/邦画『岸和田少年愚連隊』の平均視聴率・最高視聴率

映画/邦画『岸和田少年愚連隊』の視聴率を調べました。

平均視聴率 -%
最高視聴率 -%

映画/邦画『岸和田少年愚連隊』のOST(オリジナルサウンドトラック・主題歌)

映画/邦画『岸和田少年愚連隊』のOST(オリジナルサウンドトラック)の情報です。

映画(詳しくは邦画・日本国内映画)『岸和田少年愚連隊』のOST(オリジナルサウンドトラック・主題歌)邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

曲順 タイトル
1 T-REX "Get It On"

[OST]岸和田少年愚連隊 T-REX "Get It On"

映画/邦画『岸和田少年愚連隊』のDVD&ブルーレイ発売情報

映画/邦画『岸和田少年愚連隊』のDVD・ブルーレイ発売情報です。

映画(詳しくは邦画・日本国内映画)『岸和田少年愚連隊』のDVD&ブルーレイ発売情報邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

[DVD/ブルーレイ]岸和田少年愚連隊 [DVD]

発売日:2000/11/1
価格:¥4.027
時間:1 時間 46 分
ディスク枚数:1
形式:Color, Dolby, Widescreen
言語:日本語 (Mono)
出演:ナインティナイン,/大河/内奈々子
リージョン:リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。)
アスペクト比:1.78:1
メーカー:松竹ホームビデオ

『岸和田少年愚連隊』を見たい!と思っても、
DVD/ブルーレイはちょっと高い…(^_^;)

でもNEXTのキャンペーンなら『岸和田少年愚連隊』を全話無料で視聴できる!!

31日間の無料トライアルで視聴する!

邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

↑『岸和田少年愚連隊』をおトクに見るチャンス♪

映画/邦画『岸和田少年愚連隊』の口コミ(感想レビュー・ネタバレ注意)

映画/邦画『岸和田少年愚連隊』のネタバレ感想・レビュー・口コミ・クチコミ・評判)邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

映画/邦画『岸和田少年愚連隊』の口コミ(感想レビュー※ネタバレを含むため注意)

ここでは、『岸和田少年愚連隊』を見た人の口コミ(感想レビュー※ネタバレを含むため注意)をご紹介します。

センスがイイ!

この映画を観て、中場利一の大ファンになり、殆どの作品は読んでいます。
テーマソングのGET IT ONがこんなにハマるとは驚き。
全体のストーリーなんかどうでもいいんです(^^)。
シークエンスが成り立っていればOK。
もともと中場先生が若い頃にオイタした話なんだから。
ここからスピンオフしてカオルちゃんの映画が出来たし。
この映画は観れば観るほど面白さが倍増します。

魅力的なリズムのある作品。

嫌でも同監督の『ガキ帝国』や『パッチギ!』を思い出さずにはいられません。
『ガキ帝国』や『パッチギ!』が良くも悪くもメッセージ性が強いのに対して、この作品はひたすらけんかを繰り返すだけ。
物語性に負うところのない、監督の映像作家性が純粋に出ている作品なのではないかという気がしました。
僕は子供のころからおとなしく、暴力的なことも嫌い、どちらかというといい子ちゃんでしたから、ここに登場する人物たちとは正反対、この作品の登場人物で似ているといえばサンダとガイラの勉強のできる方(どっちだったっけ)かな。
おまけに、乱暴な連中によくいじめられてたし。
中学校に入ってからは世渡りがうまくなって、ちょい不良系の友人をたくさん作って保身してましたけど…。
だから、基本的にこんな喧嘩ばっかりの映画なんか好きなわけがないのです。
ところが、この作品、何とも奇妙な魅力があるのです。
特にはっきりした物語もない、ただ喧嘩しているだけ。
中学校から高校にかけてという設定の割には、どう見ても中学生に見えない出演者たち。
早口の関西弁で、何言ってるんだかわからないセリフ。
どれをとってもマイナス点にしかならないはずなのに、見始めると病み付きになってしまいます。
たぶん、それはこの作品のテンポにあるのではないかと思います。
特に、冒頭、主人公チュンバたちが床屋で会話をしているシーン、そこに流れる音楽、内容なんかどうでもいい、心地よさと高揚感を感じさせてくれます。
細かいカット割り、同じセリフの繰り返しがリズミカルで心地よさを倍増させてくれます。
『野生の王国』に象徴される70年代も『三丁目の夕日』(こっちは60年代だけど)なんかよりよっぽど懐かしいのです。
お笑い芸人の使い方も見事ですね。
テレビを殆ど見ないんで、ナインティナインの漫才も全く知らないんですが、この作品の中では魅力的な役者さんとして見ることができます。
そこらへんも『ガキ帝国』に通じますね。

ツンデレ

この映画大好き。
初めて見たのは23歳の頃。
そして今はアラフォー。
今見てもやっぱ好き。
チュンバとリョーコのツンデレな関係が好きなんだな。

吉本芸人大集合!

ひっさびさに岸和田見ましたが、この熱さと勢いが良い。
ナイナイはじめ宮迫やFUJIWARAなど、天素のメンバーが皆大阪弁で掛け合い漫才のようなやり取りがおもろい♪
しかし中学生の設定はさすがに無理があるか(笑)
けんか相手にブラマヨの吉田が出てたのにはビックリ!しっかりボツボツって呼ばれてるし(笑)
裁判所のやり取りなんかも笑えて、こちらのテンポを外さないのはさすがお笑い芸人たち。
チュンボは役柄だが小鉄は岡村そのまんま(笑)

まさに青春!!!

ここまでの青春の葛藤を描いてる映画はそうそうない!!
つか、最近じゃ無理だろ!!
PTAって何だよ!!うるさいよ!!
男は誰しもこんな生き方に憧れる時期がある。
なんかこ~どうすればいいんじゃ~!!というのが映画の活き活きしてる。
喧嘩のシーンも見ていて、すごい気持ちがいい!!
ほんとかっこいいし、おもろいで!!やっぱ映画は爽快感があるんがいい!!!!

青春!!!(昭和の)癖になる世界感!!

嫌いじゃないんです、むしろ好きなんです!
よしもと新喜劇を見て育った関西圏の人間は
多分、おもしろいって思えると思う。
他の県の人は…どうなんだろう。
その中でも1970年以前生まれの方には、
多分懐かしさを感じる映画なんじゃないでしょうか。
出演されてる方々<地元民>は多分完璧に大阪の人間で、
台詞の間なんかも素晴らしい!!!!完璧です!!!!
や、本場大阪の人に、
それもプロのお笑いの方に失礼ですかね!
でももう言わせてください!全部が絶妙!!!
チュンバ<ナインティナイン 矢部>と小鉄<ナインティナイン 岡村>のからみは勿論、
その仲間ガイラ<辰巳浩三>、サンダ<辰巳裕二 >、サイ<宮迫博之>、アキラ<宮川大輔>チュンバとオカン<秋野暢子>、おじい<笑福亭松之助>との会話も最高!!!
サダ<木下ほうか>も地なんじゃないかと思うほど!
みんなヤンキーだけどちょっと哀しさというか哀愁がある感じが
全てのキャラクターにスパイスを効かせていて…
≪木下さんは最近もいろんなドラマや舞台、映画で活躍していらっしゃいます!》
こんだけ言ってますが、
実は最後に観たのは何年か前です。
でも覚えている名シーンというと…
◆サッカーボールが鉄の玉…(笑
◆『野生の王国』観てるオトンとオジイの会話
度肝を抜きました!!
こういうの食卓で見てこういう会話すんのか大阪人は!!!って(笑
◆チュンバが鉄板持って行こうとしたらオジイが止めるんじゃなく
「ちゃんと持って帰ってきてや、ソレ使うんやから~」
ってオイ!!みたいな(笑
◆裁判所での演技派オカン(笑
いや、行く前のバスのくだりも良いです(笑
◆お好み焼きのおばちゃん<元・かしまし娘 正司花江>
からの喧嘩のくだりも良かったなぁ~
◆くくられて石めちゃくちゃに投げつけられてるんだけど
なんでその会話なのみたいな(笑
“痛みがわかる喧嘩”の表現がちゃんとしてるのは素晴らしいと思います
近頃の映画やアニメの世界では“痛み”の表現が無いので
そういう感覚って大事だと思います
恋に喧嘩に、
若さって素晴らしいなっていう映画です
観た後はその若さをちょっと分けてもらえたキモチになります
多分ですが、今の40歳以上の人って若い頃は
大体の人がこんなだったんじゃないですかね
街を歩けば「あーん誰にメンチきっとんじゃ」みたいな
女の子はみんな長いスカートでパーマで
男子は短ランでボンタン!
でもこんな子達も大人になってまともに生活して
その頃なんか無かったかのように今の子は・・と叱る・・・(笑
まぁわかりませんが
言いたい事があるならソレじゃないでしょうか
私の大好きな映画です!!!

痛いけど、気持ちいい。井筒節

この映画と出会って10年くらい経ちますけど、全く色褪せません。
喧嘩シーンは観てて痛いです。でも気持ちいいんです。
お互いがお互いを特別憎みあってるわけじゃないからなんです。
彼らにとって喧嘩はコミュニケーションであり、スポーツなんです。
そこが気持ちいい。喧嘩の最中の挑発の仕方がクスクス笑えます。
腹を抱えて笑えるシーンなんて、映画には必要ない事をこれが教えてくれました。
まっちゃんもこれ観てみればいいのに

雰囲気

思春期
喧嘩
連れ
吉本

純情
未来
青春
・・・
自分の好きなものが
すべて汚く、
すべて綺麗に、
含まれてる。

関西の人間ではないが大好きな映画

自分は、関西から遠く離れた土地に住む人間ですが、思春期を泥臭くも美しく感じさせてくれる良い映画だなぁと思いました。
ガキ帝国然り。パッチギ然り。井筒監督が好きなんでしょうね。
仲間達がそれぞれの道を歩んで行く展開が泣けます。

最高や!

観終わった後、めっちゃくちゃ元気出ます(^∀^)ノ
当時の雰囲気をかなり忠実に再現してるのでは?
今とは全く違った時代。
物語の背景である75年はまだ私は生まれてないですが、どこか懐かしい…。
そんな感じがする映画です。
コメディタッチですが、暖かくて、深みのある映画です。
批判派の方は恐らく大阪、関西圏の人ではないのでは?
関西圏に住んでる(住んでた)人じゃないと、字幕が欲しい!
と思ってしまうくらい、方言バリバリです(笑)
お好み屋のオバハンの「行け!男前!」は何度観ても元気出ます。
でも!観るならこの96年度版だけ!後に続く作品はもう別作品です…。

映画/邦画『岸和田少年愚連隊』のネタバレ感想(ツイッター・Twitter)

つづいて、『岸和田少年愚連隊』を見た人の声や感想(※ネタバレを含むため注意)をご紹介します。

映画/邦画『岸和田少年愚連隊』をテレビ放送を見逃した!できるだけ安く見たいあなたに!

[st-kaiwa-kaisetsu-woman-no1]『岸和田少年愚連隊』の
「テレビ放送を見逃してしまった!」
「フル動画をできるだけ安く見たい!」

…そんなあなたは必見♪[/st-kaiwa-kaisetsu-woman-no1]

U-NEXTのキャンペーンを使えば動画を無料視聴できる!!

31日間の無料トライアルで視聴する!

邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

↑『岸和田少年愚連隊』をおトクに見る♪

  

こちらもおすすめ!Paravi(パラビ)

Paravi

国内テレビドラマが好きなら加入すべし!

Paravi(パラビ)は、TBSやテレビ東京、WOWOW、日本経済新聞といった国内主要メディアが連携し、2018年4月にサービスを開始した動画配信サービスです。

国内ドラマの配信数は、日本最大級!

さらにバラエティ、音楽、アニメのほかスポーツや報道・ドキュメンタリーなど、各局の強みを前面に出した配信ラインナップとなっています。

料金は定額で見放題の「Paraviベーシックプラン」が月額925円(税別)。他の動画配信サービスとほぼ同等の価格帯です。

登録後30日間の無料お試し期間があり、1本単位でレンタル購入できる有料コンテンツも豊富に揃っています。

Paravi(パラビ)に加入する

Paraviでしか観ることができない動画も♪

-邦画(日本国内映画)

テキストのコピーはできません。

Copyright© Qooqle , 2019 All Rights Reserved.