火宅の人

投稿日:

映画/邦画『火宅の人』の「あらすじ」「動画を無料視聴する方法」をご紹介していきます!

↓『火宅の人』の動画を今すぐ無料で見たい方はこちらをクリック↓

映画/邦画『火宅の人』を見る邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

火宅の人を無料で視聴する!

映画/邦画『火宅の人』とは?(あらすじ・見どころ)

映画(詳しくは邦画・日本国内映画)『火宅の人』の作品概要邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

まずは、『火宅の人』とはどんな作品なのか?、作品の概要をご紹介します。

あらすじ

気の向くままに旅をし、女を愛する男の浪漫を深作欣二監督が描く、文芸エンタメ大作

■見どころ
原作は壇一雄の自伝的ベストセラー小説。
娘の壇ふみも主演の母親役で特別出演した。
放浪を繰り返す男と魅力的でたくましい女性たちの命がけのせめぎあいから目が離せない。

■ストーリー
作家の一雄は先妻に先立たれ、後妻にヨリ子をもらう。
ヨリ子は5人の子供を育ててきたが、うちひとりに日本脳炎で重い障害が残ってから、怪しい宗教にすがるようになる。
一方、一雄は新劇女優・恵子の虜になり、やがて家を出て恵子と同棲を始めるのだが…。

U-NEXTキャンペーン『火宅の人』を無料で見る!>>邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

映画/邦画『火宅の人』の作品紹介(キャスト・視聴率・OST・DVD情報)

映画(詳しくは邦画・日本国内映画)『火宅の人』の作品紹介(キャスト・スタッフ・視聴率・相関図・OST・DVD情報)邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

ここからは、『火宅の人』について、より詳しく作品紹介をしていきます。

映画/邦画『火宅の人』の出演者(キャスト・スタッフ紹介)

映画/邦画『火宅の人』のキャスト(出演者)やスタッフをご紹介します。

映画(詳しくは邦画・日本国内映画)『火宅の人』の出演者(キャスト・スタッフ紹介)邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

キャスト
(出演者)
緒形拳(役:桂一雄)
いしだあゆみ(役:ヨリ子)
原田美枝子(役:矢島恵子)
松坂慶子(役:葉子)
利根川龍二(役:一郎)
一柳信之(役:次郎)
大熊敏志(役:弥太)
谷本小代子(役:信子)
浅見美那(役:滝)
檀ふみ(役:桂一雄の母)
スタッフ 監督:深作欣二
原作:檀一雄
音楽:井上堯之
脚本:神波史男、深作欣二

映画/邦画『火宅の人』の相関図

映画/邦画『火宅の人』の人間関係をまとめた相関図は見つかりませんでした。
(※公式サイトでも用意されていませんでした。)

映画/邦画『火宅の人』の平均視聴率・最高視聴率

映画/邦画『火宅の人』の視聴率を調べました。

最高視聴率 不明
平均視聴率 不明

映画/邦画『火宅の人』のOST(オリジナルサウンドトラック・主題歌)

映画/邦画『火宅の人』のOST(オリジナルサウンドトラック)の発売情報はありませんでした。

映画/邦画『火宅の人』のDVD&ブルーレイ発売情報

映画/邦画『火宅の人』のDVD・ブルーレイ発売情報です。

映画(詳しくは邦画・日本国内映画)『火宅の人』のDVD&ブルーレイ発売情報邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

[DVD/ブルーレイ]火宅の人 [DVD]

出演:緒形拳, いしだあゆみ, 原田美枝子, 松坂慶子
監督:深作欣二
形式:Color
言語:日本語
リージョンコード:リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
ディスク枚数:1
販売元:TOEI COMPANY,LTD.(TOE)(D)
発売日 2016/06/08
時間:132 分
価格:2,441円

『火宅の人』を見たい!と思っても、
DVD/ブルーレイはちょっと高い…(^_^;)

でもNEXTのキャンペーンなら『火宅の人』を全話無料で視聴できる!!

31日間の無料トライアルで視聴する!

邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

↑『火宅の人』をおトクに見るチャンス♪

映画/邦画『火宅の人』の口コミ(感想レビュー・ネタバレ注意)

映画/邦画『火宅の人』のネタバレ感想・レビュー・口コミ・クチコミ・評判)邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

映画/邦画『火宅の人』の口コミ(感想レビュー※ネタバレを含むため注意)

ここでは、『火宅の人』を見た人の口コミ(感想レビュー※ネタバレを含むため注意)をご紹介します。

監督の力,役者の力

まるで,色あせていない傑作です,このテンポ良さにカメラワーク,そして役者力,
緒形拳…政治家,殺し屋,犯罪者,自堕落者,刑事から色事師,田舎者まで…ある意味変態役者さん,大概の主役を張る役者さんて,その役者がやる役(刑事とか)であり,
良い刑事,悪い刑事の,その役に変態する役者が緒形拳,凄い,
まあ,周りの役者さんも上手いからドンドンのめり込め見いってしまう,
(1人元JACは別だけど…今も変わらぬ微妙な演技力)
生きる事,ひたすら生きて,生きる喜びじゃなく,ひたすら生きる辛さ,
そして太宰治の死ぬ辛さ,
原田美枝子との濡れ場に,美しさは必見,いしだあゆみとの夫婦関係,やりとりは笑える,

3人の女優による、美の競演!

家庭を捨て、新劇女優と同棲するなど、自由奔放な作家の生き方を描いた、檀一雄原作の同名小説の映画化。
監督は深作欣二。
出演は、主人公に緒方拳、いしだあゆみ(妻)原田美枝子(愛人)松坂慶子(旅の道連れ)と、本当に適材適所というか、ベストなキャスティングであります。
主人公はその時々を真剣に生き、対する3人の女性もそれぞれに純粋な気持ちを持っているのが、何ともたまらない。
この映画では二人の女性とのシーンで大きな2つのヤマ場が作られています。
前半のヤマ場である愛人の原田美枝子との瀧のシーン。
ホントに原田美枝子が美しく、惚れ惚れします。
そして後半のヤマは松坂慶子との五島列島・九州の旅。
それまでモンモンとしていた家庭と愛人の間から開放された自由な空気を、スクリーンいっぱいに満たします。松坂慶子の明るさが魅力。
いしだあゆみは、辛い妻の役を見事に演じ、3人の美女による見事な競演がこの映画を素晴らしいものに仕上げています。
深作欣二監督の手腕に感服!

うらやましい人生

あっちに気を使い、こっちに気を使い生きている人間から見ると、自由・奔放そして極めて無責任な生き方がうらやましい。俺も死ぬまでには松坂恵子とあんな関係を持ってみたい。
現実逃避ではあるが、本作のように良く出来た映画は、2時間ほど別の人生を経験させてくれる。これが映画の素晴らしさだ。

原田美枝子が特に良い。

緒方拳と3人の女優が、それぞれらしさを発揮して良い感じでした。特に原田美枝子は、最近ではちょっと地味な感じで、物足りない映画が多いと思っていました。この作品では、大胆な肢体も美しい、勝気な新劇女優にうまくはまってました。緒方拳と真田広之の喧嘩のシーンは、もう少し見たかった。
もっと暗くてじめじめした物語を予想していましたが、案外とさっぱりした後味を残してくれました。

不道徳的な生活

道徳に反する行為を人間が切っても切り離せない「煩悩」のせいにし、108個の言い訳を高慢と述べられることはある種の才能だとも思う。憧れも、尊敬の念も全く抱かないが、私小説の作家は道徳的でない生活をあえて送り、日常的とは言えない出来事を作品に投影する人間が多い。その一番の例とも言える意図的な「不道徳的な生活」を描いた作品こそ本作の原作である檀一雄の『火宅の人』である、と小説好きの知人が昔言っていたことを思い出す。
作品の見方にしても、自覚がないのと意図的では意味合いが変わってくるのが面白いところであり「欲が主人公を動かしている」と「欲のために主人公が動いている」とは主人公への感情移入も異なる。不道徳的主義のようにも捉えられるし、父の遺伝だと言い訳を述べる冒頭から己の行為全てに肯定ありきな言い回しにも感じ取れる。それとも女なしでは生きられないダラしのない自分にある種のポリシーや優越感すら感じているようにも見受けられる。
深作欣二監督といえば『仁義なき戦い』のようなバイオレンス描写満載な暴力映画以外にも『蒲田行進曲』のようなテンポ重視で人間臭い映画も残している。緒形拳の低調なナレーションと、時にひょうきん過ぎるほどのテンションの強弱が人生の浮き沈むとも捉えられる本作はどちらかというと後者よりな作風かとも思えた。松坂慶子は上記の作品のような健気さよりも、女性としての哀しみに満ちた表情とコテコテの方言とのアンバランス感が絶妙であった。はじける若さを体全体で表現した原田美枝子も、女の顔と母の顔との二面性を絶妙に使い分けたいしだあゆみも三者三様に女としての人生を歩みつつ、煩悩に負け続ける主人公を支えている。
中原中也や太宰治との若き頃のエピソード(有名な「モ、モ、ノ、ハ、ナ」など)も面白かったのだが、如何せん緒形拳が老け役なら兎も角、青年時代を演じるのには違和感を感じてしまった。ここだけでも若くて勢いのある役者を起用しても良かったと思う。主人公と共に日本全国の四季折々を旅する物語に重要な要素として土地土地の映像が収められており、近年では『剣岳 点の記』(「つるぎ」が変換出来ない…)を監督した名カメラマン木村大作に自然を撮らせたらやはり一級品であると確信した。エロスの表現として定石どおりに「食事」も兼ねて描いており、家族と愛人を交互に行き来する展開に「飽き」が来ないよう工夫も凝らしている一作であった。

家を放置し女遊びにのめりこむ夫

火宅とは「燃え盛る家のように危うさと苦悩に包まれつつも、少しも気づかずに遊びにのめりこんでいる状態」を指す仏教の用語ですが、まさに主人公のことを表すのにふさわしい言葉だと感じました。
妻と子どもを置き去りにして愛人の所へ行っていつ帰ってくるのかわからない夫、このような男性が家族を持つと周りは本当に苦労するだろうな、と何度も感じました。
映像は美しいですが、編集してつなげればちょっとしたアダルトビデオが出来そうなくらい濃厚な濡れ場のシーンが多く長いです。
普通であれば慰謝料と養育費だけもらって離婚して、すぐにも家庭崩壊になるかと思いますが最後までそうならないのが不思議で仕方がありませんでした。 でも、男性には実はこういう風にしたいと感じる方もいるかもしれません。
妻と愛人の元から帰ってきた夫が対面する修羅場のような場面を敢えてコミカルに演出しているのがとても印象に残りました。
苦手なジャンルの映画でしたが、インパクトがある場面が多く忘れられない映画になりそうです。
夢をことごとく破壊しているため子どもにはみせるべき映画ではないです。成人男性向きの映画だと思います。

3人の女性がすごい

一番衝撃だったのは、原田美枝子さん。
若い頃に結構激しい役されてたんですね。
今まで奥ゆかしい感じの役しか見たことなかったので、びっくりしました。
緒形拳さんももちろんすごいですが、
いしだあゆみさん、松坂慶子さんが演じた女性も、
それぞれ個性が強くて、印象に残ってます。
いしださんが演じた本妻さんは昭和初期の奥さんて感じで、
今ではありえないぐらいで、私だったら、絶対耐えられなさそうです。
最後の方のいしださんの笑みが印象に残ってます。
緒形さんのこの頃の作品、数作品観ましたが、どの役柄も雰囲気似てて、
当時こういうイメージだったのかな、と思いました。

乳揉みまくり拳

やっぱり昭和の芸に携わる人達を描いた作品は豪快でイイ。
こんな出鱈目な生き方しか出来ない人だからこそ、訴えかけてくるモノがハンパないんじゃないんか?って気がする。
壇(役名では桂)役の緒形拳さんの濡れ場のシーンは、何とも生々しくて笑ってしまいます。
当時「何でこの男ばかりが、名だたる女優の乳を揉めるのか?」という週刊誌の見出しを見たことがありますが、この頃の緒方さんの凄まじい演技力を見せられたら誰も文句は言えないでしょう。
あと、チラと太宰治も描かれてますが、あまりにも深作チックな太宰になってて、そこも個人的に面白かっです。

深作監督の理想?

脱ぎっぷりのいい豪華女優陣。
なぜか、モテる作家の緒方拳。
主人公は、深作監督の理想像かも。
物語は単調だけど、内容が濃く感じるのは
俳優の力だと思う。
まさに大人の映画だ。
昔って、映画なら裸OKの女優が
多かった気がするが、
最近、そういうのないね…

三人三様

いしだあゆみ、原田美枝子、松坂慶子の三女優がそれぞれの役柄を
見事に演じていました。
無表情の中に女の執念を感じさせるいしだあゆみ、はちきれんばかりの
若さと美しくも妖しい肉体を持つ原田美枝子、カラッとした中に苦悩を
抱え、それでもひたむきに前向きに生きる松坂慶子。
それぞれの女優が素晴らしく、その周りで右往左往する緒方拳・・・
深作欣二監督の描く女性はいつでも魅力的です。
緒方拳と原田美枝子の喧嘩のシーンは手加減ナシだと思い、
ある意味で緒方拳の狂気を垣間見た瞬間でした。
それにしても男と言うのは、本当にしようのないモノですね。

映画/邦画『火宅の人』のネタバレ感想(ツイッター・Twitter)

つづいて、『火宅の人』を見た人の声や感想(※ネタバレを含むため注意)をご紹介します。

https://twitter.com/ianoianoianoo/status/1040990460653723648https://twitter.com/TAGROchang/status/1067773626512924672

映画/邦画『火宅の人』をテレビ放送を見逃した!できるだけ安く見たいあなたに!

[st-kaiwa-kaisetsu-woman-no1]『火宅の人』の
「テレビ放送を見逃してしまった!」
「フル動画をできるだけ安く見たい!」

…そんなあなたは必見♪[/st-kaiwa-kaisetsu-woman-no1]

U-NEXTのキャンペーンを使えば動画を無料視聴できる!!

31日間の無料トライアルで視聴する!

邦画・日本国内映画、洋画・海外映画

↑『火宅の人』をおトクに見る♪

  

こちらもおすすめ!Paravi(パラビ)

Paravi

国内テレビドラマが好きなら加入すべし!

Paravi(パラビ)は、TBSやテレビ東京、WOWOW、日本経済新聞といった国内主要メディアが連携し、2018年4月にサービスを開始した動画配信サービスです。

国内ドラマの配信数は、日本最大級!

さらにバラエティ、音楽、アニメのほかスポーツや報道・ドキュメンタリーなど、各局の強みを前面に出した配信ラインナップとなっています。

料金は定額で見放題の「Paraviベーシックプラン」が月額925円(税別)。他の動画配信サービスとほぼ同等の価格帯です。

登録後30日間の無料お試し期間があり、1本単位でレンタル購入できる有料コンテンツも豊富に揃っています。

Paravi(パラビ)に加入する

Paraviでしか観ることができない動画も♪

-邦画(日本国内映画)

テキストのコピーはできません。

Copyright© Qooqle , 2019 All Rights Reserved.